解明済み人物

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-323-JP-EX

オブジェクトクラス: Explained

特別収容プロトコル: SCP-323-JP-EXは標準人型収容房に収容されます。SCP-323-JP-EXに関する全ての事象は解明済みであり、SCP-323-JP-EXは規定の処置を受け記憶処理の後解放されました。

説明: SCP-323-JP-EXは執筆時点で20代のコーカソイド系男性です。遺伝子的異常などは見られず、多少病弱であることを除けば一般的なヒト科男性と同一です。

SCP-323-JP-EXは当初、複数の異常現象を発生させる人型実体として収容されました。しかし、実験により全ての事象が既知の原理により説明できることが判明したため、オブジェクトクラスがExplainedに再指定されました。

解明事案323-JP-EX.1

実験内容: SCP-323-JP-EXに目隠しをした状態で新品のトランプ1組を裏返した状態で並べ、指定したカードを当てさせる。

結果: SCP-323-JP-EXは全てのカードを当てることができた。しかし終了後、実験担当のドゥ博士によって目隠しが透けておりカードに付いていた傷からカードの数字とマークを記憶していたことが証明された。

解明事案323-JP-EX.7

実験内容: SCP-323-JP-EXを酸素の存在しない部屋に入室させる。

結果: SCP-323-JP-EXは問題なく室内に30分滞在することができた。しかし終了後、実験担当のドゥ博士によって室内のドアノブを握った際に発生した静電気で空気中の水蒸気が分解され、酸素が生成されていたことが証明された。

解明事案323-JP-EX.12

実験内容: SCP-323-JP-EXに指定した物体を手を触れない状態で持ち上げさせる。

結果: SCP-323-JP-EXは約75kgのD-1758を手を触れずに移動させることができた。しかし終了後、実験担当のマーク博士によって筋肉運動により体内で発生する微弱な電気信号と地球から発生する磁場から発生したローレンツ力でD-1758を移動させていることが証明された。

以下はSCP-323-JP-EXに対して行われたインタビューです。

インタビュー記録323-JP-EX

インタビュアー: ジェイムズ博士

対象: SCP-323-JP-EX


[記録開始]

ジェイムズ博士: それではSCP-323-JP-EX、インタビューを始めます。

SCP-323-JP-EX: ええ、お好きにどうぞ。

ジェイムズ博士: 今回は前回のインタビューの続きです。では、カメラに向かって氏名と年齢の宣言をしてください。

SCP-323-JP-EX: [深呼吸] えー、私はSCP-323-JP-EX、正式な名前は[編集済]、年齢は26──これで結構?

ジェイムズ博士: 結構です。それではインタビューに移りましょう。

[既知の内容であるため編集。]

ジェイムズ博士: それでは、次の質問ですが──

SCP-323-JP-EX: ところで博士、哲学者のソクラテスはご存じですか?

ジェイムズ博士: ソクラテスですか?ええ、もちろん。

SCP-323-JP-EX: それなら有名な思想の1つぐらい諳んじられますよね。

ジェイムズ博士: [ジェイムズ博士は答えることができない。] それとインタビューになんの関係が?

SCP-323-JP-EX: 思想の1つもご存じないのですか?

ジェイムズ博士: もちろん、知っています。

SCP-323-JP-EX: それじゃあ言ってみてください。

ジェイムズ博士: [沈黙。ジェイムズ博士は答えることができない。] ですから、それがインタビューとどう関係しているのかと私は聞いているんです。

SCP-323-JP-EX: 無知の知、ぐらいはご存知ですよね?

ジェイムズ博士: 当たり前でしょう。

SCP-XXX-JP-EX: それならどういったものか述べてみてください。

ジェイムズ博士: [咳払い。ジェイムズ博士は答えることができない。] 無駄話はいい加減にしましょう。あなたは一体どういう理由でこんな話を──

SCP-323-JP-EX: 理由はあなたがご存じのはずです。

ジェイムズ博士: もちろん。

SCP-XXX-JP-EX: [笑いながら] それは実に良いことです。これで私について知りたいことは結構?

ジェイムズ博士: ええ、ご協力ありがとうございました。

[ジェイムズ博士がインタビュー室から退出する。規定の処理の後、SCP-323-JP-EXは解放された。]

[記録終了]

付与予定タグ: scp-jp explained 人間型 知識


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The yzkrt's portal does not exist.


エラー: yzkrtのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3205804 ( 02 Jun 2018 12:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License