3000-JP
評価: 0+x
blank.png

オブジェクトクラス: Tiamat


Chapter1: 白+青背景

  • 太陽の消失イベント

既知のタイムライン:

  • 2050年X月: 中国の砂漠地帯で最初のイベントが確認される
  • 2050年7月: イギリスで同様のイベント発生開始
  • 2050年9月: 天照神勅
  • 2050年後半: ラシード・ビン・サイードによる「落日」イベント(
  • 上同: JSCAの神楽陽仁による日本軍(自衛隊)のアジア進駐
  • 2051年6月: ミレニアム・ワンとズィーク・マギアが出陣

世界情勢:

  • 2047年に化石燃料消失、世界エネルギー需要の大部分は神格工学に切り替わっているので大損害は免れているが、一定以上の影響はある
  • 2050年にプロ研の本社爆沈。第三次大戦サイレント・ウォーで難攻不落の小宇宙として名を挙げていたばかり。これの余波で多くのキーパーソンが基底次元へ追い出された?
  • アースワン建設開始は2053年。表向きの建設目的は化石燃料消失の補填と宇宙開発の円滑化

記事で書くところ:

  • アクパラの出自とその活躍。インドからガラパゴス諸島に行っていたのかな?
    • (当初の)目的はサイードの落日ミームが中国インドに拡がっているのを抑制する目的で記憶補強材を手に入れること。認知現実論の世界なので
  • 日本支部自体にはあまりズームインしない予定だが、JSCAのアジア進駐の意図については触れる
    • 太陽消失は天照大御神の存続にかかわるのでそれ関連っぽそう
  • 「乳海攪拌」に相当するイベントとして何を置くか。Ttt社の助言があった形にしたい
    • 宇宙寺院「ローカパーラ」を経由してガネーシャ(アナート集団と懇意)と接続、サイードの目論見などの情報を得る
    • 「乳海」は人類が存続不能となった土地。今回は爆発したプロ研跡地を使ってみるか。現実空間とは離れた『幻想』の地(夢破れた場所でもある)
  • アクパラによるミーム破りには成功したはずなのに、世界中が闇に落ちてしまう
  • この章の最後に、ニュスから"放浪者の図書館"(から持ち出されたブックモービル内の資料)の提供を受ける。その内容がChapter2

Chapter2: 黒+橙背景

  • 太陽の黒点化イベント(マハーカーラ)

記事で書くところ

  • 太陽の重大な変質が予測される(どうやって?)。1360-JPとか「破暁」クラスの破滅的なやつ
    • 可能なら444-JPを絡めたい…
  • やることは2つ。まず事象発生までに太陽光を遮る。そしてその隙に太陽を修復する
    • 前者は、サイードが別の目的で何かやってたのを援用できそう。後者は大黒天=シヴァ=マハーカーラの登場
  • サミオマリエの協力を得て、インド洋沖のアナンタシェーシャと接触。「暗闇に適応した存在の記憶」を餌にしてY-909を作り、これを使って全世界にアンニュイを発生させる
    • 何を喰わせるか: ビッグフット(ニュス?)
    • 天照の分霊とかでも良さそうだが手に入るものか。JSCAの反乱でもあった?
    • こちらでもガネーシャが関与してる。というかChapter1と2で登場人物は概ね同じである(やっていることは違う)
  • 何者かの妨害でサイードの天幕が破られるが、入れ替わりに財団主導のアンニュイが間に合う。
  • ラストではズィーク・マギアからの入電で、Chapter1の内容を知らされる
    • 同じ人物が同時に全く別のオブジェクト収容を「3000-JP」として行なっている。いずれかは『幻想』のはずだ

Chapter3: 灰

  • 自分らの住む世界が『幻想』である事実の打破。競合対象を『幻想』に押し込めようとする

記事で書くところ

  • 太陽の破局の真相とは、太陽光が「真実を暴く」力を得ること。『幻想』は照らされることで焼却される
    • マハーカーラの第三の目は欲望(カーマ)を焼却する。それは地球上の全てを認識する
    • 破暁とNonameとのビジュアル的共通点
  • アクパラとアナンタシェーシャが合体して「玄武」が復活
    • ミームの記憶変容と反ミームの記憶補強を同時に持つことで、認識の権化たる「朱雀」と渡り合う鍵となる
    • 厳密にはシヴァ神と444-JPに接点は無さそうだが…
    • 緋色の鳥出すと2844-JPと内容被りそうね
    • アンニュイ・プロトコルの破壊が起こる。
  • 両方のルートで消失している天照大御神を復権させる。それが太陽の復活の象徴
  • JSCAの神楽殿にはこの辺りでお引き取り願う。加齢を「若返り技術の前借り」で抑えてそうなので、自身が望む未来像を断てば倒せそう
    • 98世界は使える兵力と技術が桁違い、とEian氏に「紹介」されている。出すとしたらここ
    • 太陽より来たるものとの全面対決も含めるべきか
  • ミレニアム・ワンとズィーク・マギアの対決。両者とも数多くの世界を知る者
    • ミレニアム・ワンにとってはChapter1の世界が故郷であり正史。マギアはアンニュイを引き起こす力がある=より将来の安定性が高いChapter2の世界を存続させようとしている
    • イギリスだけは他と異なる原因で太陽消失が起こっている?
  • Nobody「人類の総意」。アースワン建設開始がいよいよ決まる時期だが、彼(彼女?)は太陽消失の一件を見て何を考えるか
    • 人類の総意は時間異常部門とは協力関係なさそうな気がするけど、ベンヌの一件で面識はありそうな気配
    • ベンヌ絡みなのならTtt社の出番もここに来るはず
    • 宇宙開発さっさとした方が良さそうなのは間違い無いよね…
  • 98社会の一般層が「別タイムライン」を朧げにでも知る機会となる?
  • 我らが憩うべき影。光でも闇でもなく、闇を照らす光が作る影
    • それを見出す形で終筆としたい

  • コンテスト終了後に作動させる仕掛けを用意する。
    • コンテストではありえないスロットに…?

付与予定タグ: scp jp esoteric-class 太陽 影 記憶影響 k-クラスシナリオ 3000jp 1998 犀賀派 蛇の手 黒の女王 夜闇の子ら プロメテウス awcy ttt社 scp-2050-jp-a etcetc

/o-92-malletscp-3000-jp

原案(存在しない記憶): EianSakashiba氏

3000-JP落選時の希望No
(1) 3092-JP

1998年カノンの「2050年」の根幹にして事件の全容を1記事に収める。
太陽の不可視化問題。

  • 「我らが憩うべき影は何処に?」が与えられたテーマ
  • 幻想=現実にはないことをあるかのように心に思い描くこと。また、そのような想念。(デジタル大辞泉、小学館)
  • 認知現実論
  • もし地球上から太陽がなくなったら?という思念を世界中の人間が共有することで太陽がなくなる
  • 太陽なき世は夜の闇 人類が逃げ隠れする恐怖の闇 光なき 影もなき闇
  • 夜闇の子ら ニュス(nws.) ブックモービルの運転士
  • ミレニアム・ワン ようやく「自分の足で前進する」ことを知る
  • 魔術師ズィーク・マギア(ヘキサ) この辺で命運尽きる
  • 夜明けを見るための絶対条件から引き続く蛇の手勢。そのうち一人(SL-H)が松明の子供達の擁護派をやってる
  • 図書館の資料群を財団の報告書に載せる方法は
  • 森野教授は多分どっかで一枚かんでくる
  • JSCA全盛期の日本からアジアへの進出 中国は砂漠化あり んで今回のテーマは印…?
  • ヴェールなき1998のTiamatは「全人類が総力を上げて収容すべき存在」(by EianSakashiba氏)
  • 異常社会の一般人の描写、加えて財団職員にスポットを当てる
  • 2050年ともなるとメインカノンのネームドはだいたい退場してそう。色々こしらえなければ
  • 大黒天のシヴァ的側面の顕現を抑制することは一般大衆でも研究対象になっていた
  • 3000-ENはアナンタシェーシャ、記憶処理の権化 これと対になる存在が欲しい
  • →玄武のジョージ?あれ関与させる?大昔のcrow109氏の没ネタ
  • →シヴァと亀って関連あるっけ
  • ヒンドゥー教で亀というとシヴァじゃなくてヴィシュヌの方なのかい!
  • ヴェールなき世においてはありえないはずの誕生を迎える、財団だけの切り札・アンニュイプロトコル
  • オブジェクトに対抗できちゃったらTiamatじゃないし、対抗できない=前進できなかったら1998じゃないし
  • 「オブジェクトの大衆社会露呈による混乱よりも早い情報共有のため」、「各国政府の軍事力や資源の集約化(Tiamatオブジェクト収容のための)」が、ヴェールなしTiamatの理由づけになる?(by EianSakashiba)
  • 「宣言」としてのTiamat(by carbon13)
  • 「マハーカーラ」=「偉大なる暗黒」の意 影をもたらさぬ闇
  • 光が日常、闇が恐怖であるのならば、光から生み出される影とは何を意味するか?そこに憩いはあるんか?
  • 全地球が巻き込まれて太陽を含む宇宙と相対する事例については、この世界だとベンヌの一件が先例となっている(肝心のベンヌが未完!)。あれの構想を逆側からこっちに先出しちゃうのは択の一つ
  • ベンヌでは確固を持たぬ宇宙知性が黒幕やるので、こちらのマハーカーラは地球由来にしたい 人類の意志から生み出される怪物
  • 天照大神の御神勅の回収、スコットランド極夜事件の導入、ゆくゆくは液晶の空が必要とされた理由まで追えるかも
  • http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3202952-45-9b02 (by santou)
  • 軌道エレベータ建設開始のタイミングや、エピメテウス・ラボ(コングロマリット?)出現もこの時期になるはず。
  • →ホローポイントは関連匂わせ程度かな 本人はお呼びでない
  • 報告書として作るので使える視点が少ない。原則は財団側が知り得る情報のみで作る必要がある。当時の一般人でも知ってるような内容から、財団ならではの機密までを。
  • 98ではほとんど扱われてこなかった「記憶処理」をテーマに持っていきたい
  • この前「スコットランドでなんかやります」って言っちゃってたなそういや。インドとイギリスはまま関係あるけど…実際これは世界規模の話だからなあ
  • 執筆予定の記事に空リンクを貼っていく所業。パラレルビーインロックフェスで出す概念とかこっちでも結構使えそうなのよね。エドはイギリス人だし(2050年で彼は41歳。まだ現役やれてるだろうか)
  • 軌道エレベータ関連との連絡。ちょうどプロメテウスが爆発四散した時期と重なり、アースワンが本格的に建設始まるあたりにも合致する。本来なら90度に南中する赤道太陽があったはずの空の真下に建つ塔
  • 「幻想」。98におけるいわゆる剪定事象は現在は時間異常部門がらみで語られることが多いが、「他の世界線における現実」は幻想とは言わない。必要なのは「虚構」だ
  • →なので今回はNobodyはなるべくお呼びでない
  • 今のところ、1998のSCPは全てフォーマットスクリュー無しである。
  • ガネーシャ(2811-JP)がAWCYと関与あるらしい
  • ミレニアム・ワン

2051年時点ではスコットランドのドレイクにいる。放浪者の図書館の蔵書の一部を積んだブックモービルを所有。このイベントを持ってヘキサとの完全な縁切りに成功する。

  • ズィーク・マギア

ヘキサと同一存在。彼は外部からの観察で太陽不可視化の原因は知っているので、98世界がマハーカーラに晒されないよう闇の維持を行おうとするが、ミレニアム・ワンに出し抜かれて世界の前身に置き去りにされ「幻想」の住人となる。

  • ニュス

ビッグフット。98世界では超常部族として市民権を得ている(ホモ・サピエンスが唯一の支配種でなくなったことを以て「ゆるす」ことにしたらしい)。ブックモービルの運転士であり、夜行性なので闇の帷もなんのその。当初は太陽不可視化の原因とあらぬ疑いをかけられたり。

  • ラシード・ビン・サイード

santou氏の過去作(削除済み)に出ていた。サハラ戦争まわりの経験者でのちにAWCY所属。中印戦争の幻想を利用して太陽の不可視化を試みる。そこに芸術作品の制作以上の意図はあったのだろうか。

  • 神楽陽仁

JSCAのトップ(任期20年は長くないか?)。天照神勅に従って中国への日本軍進駐を指示する。財団アレルギー。

  • (財団)

この時代だとネームドがあまりいない気がする。上層部はアナンタシェーシャから取れる記憶処理薬を使ってアンニュイ・プロトコルを初実行し、太陽を隠す。逆に末端部はアクパラ(=玄武)から記憶補強薬を作ることで帳の解除に挑む。
* 森野教授のスクラントン賞受賞についてコメントしていた職員: 催馬楽綾香氏(hitsujikaip氏の人事)。荒事にはむかなさそう
* 色々な大物記事で活躍している収容スペシャリスト、ベッドロック・エンダース(Enderman_desu氏の人事のようなもの)。形式部門の関連者でもある

  • 「マハーカーラ」

シヴァ=大黒天の別名。3000-JPのこと。太陽の黒点として現れ、太陽を暗黒に変えその黒光をもって98世界に破壊をもたらす。この破壊を生き延びるために各組織が密かに試したのが太陽の不可視化である。黒の光源という現実を、光源自体の喪失という幻想で塗り潰そうとしたのである。

  • 森野雄太郎教授

アキヴァ放射等の神学現象の理論的根拠を示した人物としてスクラントン賞を受賞している。在野の科学者であり、98世界における一般層のパワーアップを示す存在。

  • 天照大御神

ご存じ2050-JP-A。顔出しNGの要人として扱われており、神勅を発して中国への自衛隊進駐などを進めさせている。中国での皆既日食持続が日本へ波及すれば自分の身元が危ないので致し方なし。

  • アナンタシェーシャ

ご存じ3000。98世界における記憶処理の手法は原則的にはそれほど血腥くないものが用いられていると思うが、アンニュイ級の効果が必要となるとY-909などの強力なものが必要だろう。でもアンニュイするのにY-909は適応微妙じゃないか?他人の記憶を挿入する効果だったような。コロンビア(流石にもうそろそろ片付いているだろう)のパラドラッグとの合わせ技でなんとかするか、「他人」の選定をうまくやるかか。
* そばにいるだけの人間の「過去の記憶」をバラして周囲へ挿入する力を持つ。
* なお、元記事ではアザック・プロトコルの制定は1998年10月となっている。

  • アクパラ

元ネタは乳海攪拌の手伝いをした巨亀で、のちに世界を支える亀クールマと同一視された。今回は「ぼっちのジョージ」役。つまり記憶補強財を作って偽の太陽を破る役。かつて存在したこいつの尻尾がアナンタシェーシャで、2つ合わせて玄武=黒の神、という役回り。認識の鳥に齧られて塵へと帰れ。

  • ガネーシャ

2811-JPの作成者で、のちにAWCY等のアナート界隈と親交を持ったようである。自力で這い上がる人類が好きで神に縋る奴は嫌い。父上(=シヴァ・マハーカーラ)への言及は2811-JPの時点で既にされている。今作ではアドバイザー枠だけど、上記の性格を考えると間違いなく素直には協力してくれない。

「太陽の不可視化」は、人類が太陽の存在を忘却したことによる。この忘却がアンニュイ・プロトコルである(となる)。
ラシードは中印40億の人口に対するミーム操作を仕掛けて、認知現実論を利用して太陽を消した。同様の結果をもたらす手法が他に複数あり、様々な組織がそれを実行した。そのうちの一つが財団によるアンニュイ。
98カノン上に出現する幻想(=現実にないことを有るかのように思い描く)がこの太陽不可視化であり、人類はこれに打ち勝ち、現実における夜明けを見にいくわけ。
一方でさまざまな組織が太陽を消した理由は「太陽そのものの致命的な異常化」であり、こっちが本当の3000-JPことマハーカーラ。原因に大黒天のシヴァ化が関わっている(=なんらかの理由による破壊の要請)。前進する人類がほどなく帳を破るまでの期間で、事実を知るものたちは太陽を元に戻すか、あるいは代替物を見つけるかしなければならない。
→液晶の空はここで更なる時間稼ぎが必要となって産まれたか?
→マハーカーラ=偉大なる闇なので、ビジュアル的には黒点なのではないか

  • ちょっと捻ると1000〜6000まで全部チョイ役で出せるのではないか説。なんなら7000も?
  • 記事全体を表と裏に分ける サモトラケ方式

表は太陽の不可視化がオブジェクト指定されたTiamat
裏は黒点神格VSアンニュイ こっちもTiamat
両方が並行して同じ時系列で起きて、それぞれの陣営がそれぞれに対応する
最後どうやって合流させよう 正しい夜明けが見えるエンド
ヘキサはどこに消せば良いのか


さて、じゃあ天照大御神様をはじめとする神格実体ってなんなんだよと思ったそこのあなた、正常です。

かの神は「信仰」により「エネルギー」が「現実」に「もはや生物たらしめる程の具体性と指向性」で「干渉」する「エネルギー」です。

JSCAほか日本の超常研究団体が取り扱っている神格、理論をきちんと立てて実装されている感がある
ニンカヒメもそうだが
表ルートの強いJSCAはタイムライン観測でもって信仰の可能性を濃縮する試みへと転用していそうだ
人類に研究され解明されることでより強いコントロールを人類へと渡す神格 天照はこのパターンなのではないか
JSCAが天照神勅を使って中印進駐するのは「幻想」の強化にあたる


2つの世界線が交錯する発端となったのは、それぞれの記憶処理薬or補強薬散布の任務にあたった機体だろう
仮初の闇の暗雲の中で両者は光を見て、「真実でない存在」を見た
両機は交戦してしまった
その認識が罅となって、2つの世界は顔を合わせた
ドッペルゲンガーはどちらかが消えなければならない


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The O-92_Mallet's portal does not exist.


エラー: O-92_Malletのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3129932 (03 Jun 2018 14:38)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License