タイムライン η-5

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

黒の女王・ヤスナ、ページ作成中です。

黒の女王・ニーチェが記録係をやろう。

くろのじょおうがあそびにきたよ


ベースライン

まだ完全には解明できていませんが、この実体または現象は特定の女王の中に取り憑くことができるようです。言うまでもなくこれは由々しき事であり、妹たちの誰もが取り憑かれないよう警戒しなければなりません。 どっかから出てきて、アンタを完全にアホで何もかも頭からすっぽ抜けたバカタレにした奴のことだよ。 なんのことかわかんない。 おねえちゃんたちいっぱいいるんだし、そのなかにはあたまのさえないひとだっているでしょ、にーちぇ。 自分のハンドルネームすら忘れているのはまさにピッタリです。主要な実例であると見做して良いでしょう。 そうだね、コイツ私のことバカにしてくるんだけど、ヤスナ。

必須条件

このロクデナシが出る必須条件、あるいはこれがこの場に居る女王のような何かの個人の問題じゃなさそうな理由。それは財団に対する高度な計略性と容赦の無さを見せるL.S.たちの中に奴が出現して、眠っている最中の彼女たちを易々と乗っ取ることだ。 ねているひとをざいだんがかってにあやつってるってこと?なんてひどいの。 「財団」という単語は理解できるんですよね、自分の名前も覚えてないのに。どうやって憑依しているのかは不明ですが、特定タイムライン上の被害者が全く別のタイムラインから来たかのように振る舞い始め、以前に私たちと交流していた時と比較して大幅な精神退行を起こしているように見えるのは確かです。 …あおいことばがいっぱいある。ことばがいっぱい。 どうでもいいけど、なんでアンタは未だにふざけてるわけ?

実用性

我々の同胞を弱体化させる効果に実用性があるとは思えません。 ヤスナは即断しすぎだと思うな。財団に忠実な女王を拐って、アホにして送り返すのはどうだ。それならちゃんと役立つだろう。 目の付け所がいいですねニーチェ。良いアイデアです。 やだああ、やめてよそんなこと。とってもいじわるだわ。いじわるはきらいよ .c こんなかおだもん 'c

傷つきやすさ

彼女らを殺ることはできるだろうけど、ちょっとばかり酷だな。他のタイムラインとかに転送しちゃうのが一番だろう。 賛成。 やだああ、ひどいよおおお!


実例: タイムライン X-7:

このタイムラインは、女王が財団を陥れてから1週間程度の状態でした。災いが彼女に降りかかった時、 彼女は財団の監督評議会に2つの議席を持つ所まで行っていました。彼女が眠そうにしていたと思っていたら、次の瞬間にはもう、明らかに赤子じみた状態になっていたのです。 2議席だって!そのアマちゃんが一体どこでそんな権力を持てたってんだよ。 大体の流れはリタイア前の彼女から聞いてあります。 ざいだんにも、それなりのちゃんすくらいあげたっていいでしょ? いい加減このバカはほっといて良いよね、ヤスナ?


実例: タイムライン X-13:

このタイムラインには財団を完璧にぶっ潰しかけてたヤバい女がいた。ヤツには蛇の歯に属する黒の軍事組織があった、蛇の毒だったか何だか、名前は忘れちまったけど。財団のクソどもを叩き潰し、いよいよO5評議会を殲滅するって段になって、ヤツが急に何の理由もなくテレビの前でボケッとして、テレタビーズの再放送を観ることに決めた、ってのが問題。 てれたびーず! テレタビーズ? 人間をプラシ天の着ぐるみに突っ込んでサイバネティクスで強化して、子供達のために死ぬまで歌って踊らせる。悪魔のような番組だよ、間違いなく。これが子供向けになるタイムラインもあるんだろうけどさ。 ゾッとします。 そんなのちがうよ。てれたびーずは、らーら と ぽー がでてくるおもしろいてれびだもん。 そうさ。捕らえたO5に食らわせてやる仕打ちのアイデアをヤツが番組から得ようとしてたんだと思いたいけど、実際のところヤツはただバカ笑いしてただけで、何の抵抗もせずO5に御用にされて放り出されたよ。


実例: タイムライン η-5:

なんだこりゃ?有効なタイムライン指定じゃないだろ。 そうなのですが、実例に取り憑かれた女王との拡張された…すなわち、痛みを伴う…対談によれば、彼女はこのタイムラインからやってきたと主張しているのです。 ほんとに?これがあたちのたいむらいんなの?

ERROR

The O-92_Mallet's portal does not exist.


エラー: O-92_Malletのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3129932 ( 03 Jun 2018 14:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License