【没】SC-00/092-01/911

このページの批評は終了しました。

マンハッタン・クライシス最中のカオス・インサージェンシー勢力の動向は他の人に任せる!

このページは当初の構想跡として置いておこう


  • ※プロット仮置き中なのでステップ数とかは適当です
CI%20Document.png

DeCIROカタログナンバー: SC-00/092-01/911

ドキュメント・タイプ: ステップ・コンピレーション

受諾された日付: 04-13-2000 から 09-20-2001

作戦状態: クローズド

序文:

以下に我々デルタコマンドはエンジニアによって書き写されたプランのステップを記録する。

DeCIROカタログナンバー: FR-11/089-001

ドキュメント・タイプ: 結果報告書

受諾された日付:

著者:

結果報告書:

DeCIROカタログナンバー: POR-01/903-001

ドキュメント・タイプ: 作戦後結果報告書

受諾された日付: 09-16-2001

著者:

結果報告書:

XX. ステップ 00/122

[[テロ計画書の回収]]

[[ADXフローレンス刑務所を破ってボジンカ計画作者のラムジ・ユセフと接触する。爆発物の適切な配備方法についての助言もついでに頂く。2000年6月くらい?]]

[[ADXフローレンス、世界有数の堅牢さを誇る監獄であるとはいえ所詮は非異常である。CIなら正面突破は造作ない。でもなるべく隠密にしないと世界の注目ひきそうだから工夫はしそうだ。サイオニックとかの技術を使う感じだろうか?ユセフ本人を脱獄させるかが決まっていない]]

[[※ビンラディンはショパンセミにドン引きし、聖戦のターゲットを米国から超常文明の勢力たちに変更した。彼はテロを没にしてイニシアチブへ逃げてしまったので、ユセフをはじめとする囚人たちは彼のことを恨んでいる。]]

[[作戦報告書を誰に書かせるか。コロラド州のセルの人員?本番で自爆したメンバーに書かせるかな]]

XX. ステップ 00/463

[[カリスト作戦 - UE-1109の素体錬成]]

[[ギリシアにあるエリスの町とアルカディアの街は隣接している。そこから名辞災害が発生し、エリス(ギリシャ神)を祀った神殿にアルカディアのアタリ勢力が襲来する。その隙を突いてキリアコフが神殿内部のタイプブルーを殲滅し、必要な魔道士を拉致する。この成功を称賛されてキリアコフはガンマクラスになり、ステップコンピレーション内で発言権を持つ。2000年末のことである]]

[[イタリアにカスターズ・リベンジが投棄されていたらしい。使う?ジェノヴァなのでローマからはかなり遠いようだが。筐体があれば異常存在の召喚が可能なようなので、普通に筐体を運べばそれでいいか→原案はセンチピード]]

[[作戦報告書は当然キリアコフ担当]]

  • カリスト絡みを独立したTaleとして先行させることを検討中

XX. ステップ 01/350

[[ラプターテックとCIの接触]]

[[CIフロント企業を通して「異常次元における過酷な環境の下でも活動可能な軍事兵器」の募集を行う。ラプターテックの営業から返答あり売り込みに来る]]

[[2001年6月。ラプターテックと財団の初接触があり、互いに敵対するようになっている。正史ではラプターの超常機器が一般市場に出ることを財団が妨害する状態だったが、1998年カノンの場合は超常市場自体は開かれているので…プロ研と仲が悪い点にフォーカスするか?ラプター自身は政治的思想を持たないので、CIのテロ事件そのものに賛同しているわけでないことに留意]]

[[終了報告書はバシャール担当]]

XX. ステップ 01/488

[[マンハッタン・クライシスに関わる部隊が結集し始める。2001年7月〜8月をかけて徐々に。NY市のセルが彼らの滞在地となる。]]

[[構成員個人のアクの強さにはここではなるべくフォーカスしないこと]]

[[終了報告書はアイザックス担当]]

XX. ステップ 01/666

[[ヤルゼルスキによる実戦部隊配備の開始。パラヒューマンは生贄に使う。数えるのが面倒なので頭が1個の奴だけを使うことにする。“人間爆弾”の作成はキリアコフを先頭とする実働隊が行なっていく]]

[[オブライエンの件について触れる]]

[[パラヒューマンに対する憎悪を前面に出すシーン。奴らに帰りの便はいらない(犠牲として消費し尽くすつもりだから)。ただし理由はまだ取り上げない]]

[[終了報告書はヤルゼルスキ担当]]

XX.ステップ 01/706

[[特殊戦闘資産の展開。具体的には悪夢姫のカップケーキ爆弾]]

[[空に浮かぶ雲全体を徐々にカップケーキの塊に置換。悪夢姫は空を飛べるので、キリアコフがヘリで監視する形で行う。敵味方の区別ないから危険だぞ!]]

[[爆弾の配分はユセフの助言を参考にしている]]

[[(狂騒序曲でジュードが見上げていたどんよりとした雲、あれ大体カップケーキです。雨降るぶんの水はあったっぽいけど)]]

[[終了報告書はキリアコフ担当]]

XX. ステップ 01/899

9/10。最後の打ち合わせ。ここは会話ログを入れる予定。

[[アイザックスのネーミングセンスのなさに一同文句]]

[[デルタコマンドは不規則発言には寛容だ。実行に移しさえしなければ不問!どうせキルスイッチあるし]]

[[ヤルゼルスキがハイジャックさせる飛行機は5機で良かったか確認。バシャールは予備含めて5機で問題ないと回答]]

[[タニムラ「予想される敵兵の勢力はいかほどか」→ヤルゼルスキ「5機すべてが正しく爆発すれば、敵方に一切の猶予を与えずに勝敗が決する。多少の不備があってもせいぜい4日、その間に異常次元に即席で送り込める軍備などたかが知れている。悪いが今回の作戦はあんたの死に場所には相応しくない」]]

[[アイザックス「モントークからマンハッタンに緋色の王が顕現するとの予言を受けた」→タニムラ将軍「戦力にはなる」→キリアコフ「流石に止めに入った方がいいのでは」→バシャール「止めなくていい。敵対勢力との戦闘で力の放散は必要十分〜やや多いくらい。ダエーバイトが建つにしろ、世界中の文明崩壊までは行かない」]]

[[バシャール「我々の時は3年前の初夏に止まった。メキシコ湾体制を崩壊させることで全てを棄却し、真の夏の空を取り戻すのだ」]]

XX. ステップ 01/900

開戦。デルタコマンドの声明に合わせて自爆開始。

[[世界は異常存在と共存し得ないということを教えてやる。本来の異常存在が持つ隠された牙を改めて示す。3年前の悪夢を世界は忘れようとしている。世界には後退の選択肢が必要だ。我々デルタコマンドは今一度、世界に再考を請う…]]

〜〜〜〜〜

XX. ステップ 01/901

9/11。5機中1機が予定通りの自爆に失敗したものの、WTC崩落には成功。マンハッタンの完全崩落までには4日ほどを見込む。イマーゴの蛹化はOK。地獄の悪魔もバッチリ手先になった。出だしは快調。視察に来た財団部隊を追い払う。

XX. ステップ 01/902

9/12。ある意味最も忙しい日。主な仕事はサイト-28を攻め落とすこと。ゴーレム部隊が中心で、悪魔の群勢を引き連れて正面から正々堂々と叩き潰す。異常次元内で身動きの取れない防衛部隊など敵ではない。倒した財団職員の死体の中に、何故か身元不明の女児たちが混じっている。財団は子供を使うような組織ではないはずだが。同じ頃にエンパイアステートビルも落としたので、ディスコルディアの運び込み。ヤルゼルスキ主導で迅速に展開。ジェファーソン・ミラー教会方面はラプターテックの自律兵器に任せるので様子を見に行く。島の南の海はサファギンで一杯、橋はGOCが落とす、遠くにはがしゃどくろも見える(島民の被害の多さを示唆する)。

XX. ステップ 01/903

9/13。タイムリミットが15日10時であるとデルタコマンドから通達あり、それまで島を守り抜けば勝ちだ(部隊はピチカートのことを知らない)。セントラルパーク周辺の混乱に乗じて北上し、ガンダム(プロト版)やT-REX等を見て仰天する。緋色の王を確認。とりあえず適当に北部を蹂躙させる方針で決定。ディスコルディア展開OK、合計6体を島の各所へ。概略の命令はよく聞く。夜、タイムリミットまで36時間、敵が最後の攻勢をかけることに警戒。互いの生存を祈って通信終了。

XX. ステップ 01/904

9/14。ついに財団・連合・イニシアチブの本隊と激突する。マンハッタン中に展開したCI戦力を結集させ総力戦を挑む。相手は少人数だが精鋭揃い、悪魔狩り装備も万端。準備が早い!オブジェクトや神格を用いて緒戦は有利に進むが、相手の進行を止め難い。想定外の変な勢力(擬似タイプブルーたち・如来観光客の石仮面集団・トランプタワー”アイアンキング”等)による種々の妨害が入りまくるようになり、バシャールが真っ青になる。キリアコフやタニムラは陣頭指揮に立ち、決死の攻防を挑む。

XX. ステップ 01/905

9/15、審判の日。デルタコマンド側は兵士の生還を前提にしていないため、終了報告書以外の形式での報告も許可する。

タニムラは悪夢姫にフレンドリーファイアされてしめやかに爆発四散(死に場所には相応しくない!)。ヤルゼルスキは北部の残存部隊にハッパをかけようとしたらアイアンキングと激突して敗れ、如来観光勢にお持ち帰りされる。ディスコルディアは魔女たちに翻弄されてWTC本隊との合流に失敗し、エンパイアステートビルの奪還に伴い戦力から脱落。完成するはずのなかったガンダムに緋色の王が撃破され異界へと送還される。悪夢姫は魔法の力を得たクレフと切り結び、数々の呪術的攻撃を物ともせず攻め立てるが、最後に不意打ちで「ただのショットガン」を脳天にくらって死。

残ったキリアコフは財団ベータ隊・アルファ隊を全滅させるがクレフは取り逃し、追いかける過程で次元ポケットに半身はまる。周囲にデルタ隊の自殺死体が浮かぶ異常空間の中で最期の通信を行い、世界が人類の腕の中から失われることを危惧する発言を残す。イマーゴと共に消失したWTC跡地からは彼の血痕のみが発見される。

時間が前後してNYのインサージェンシーセルがGOCとUIUにより暴かれる。アイザックスはUIUのサツたちと相討ち。バシャールは2023年からの時間遡行者としてGOCにより粛清されるが、遺体が回収できなかった。

[[アイアンキングの設定がわからん。ヤルゼルスキの戦闘風景は輪をかけてよくわからん。彼ってどうやって島内の軍備確認をやってたんだ?]]

[[トランプタワー、思ったより中央だった。セントラルパークを見下ろす感じ。幸いロックフェラーセンターよりは北。タワー周囲には結界あったっぽいけど、いっそタワー自体に機動兵器になって北へ飛んでもらったほうが話が楽なのでは…鎹総監督にお伺いを建てるか…]]

XX. ステップ 01/911

ハドソン川協定を受けたデルタコマンドの声明。正常性維持機関はその手を異常に染めた。世界を正常に戻す退路はもはや存在せず、滅亡に続く無限の混沌を前進する道しか残されていないと説く。人類はこの選択を必ずや後悔するだろう、として締める。


結果報告書の束(清書時に各ステップへ分割します)

DeCIROカタログナンバー: POR-00/688-001

ドキュメント・タイプ: 作戦結果報告書

受諾された日付: 12-23-2000

著者: ソルジャー ヴァシリー・キリアコフ

私からデルタコマンド司令部への報告を許可して頂けることを光栄に思う。

襲撃は大成功だ。神殿を包む白の大理石は瞬く間に真紅の血飛沫に染まった。妖術使いのシスターたちを血祭りに挙げるのには矢張り使い慣れたヨールカが一番だ、奴のディナーには十分過ぎる人数だった。クリスマスには少々早いが、司令部に贈るプレゼントはきちんと用意してある。黄金林檎の核だ。非異常性の文化に基づく神格であれば、生きたブルーの10人もいれば足りると聞いている。皆健康だ…そして二度と目覚めることはないだろう。

DeCIROカタログナンバー: FR-12/498-001

ドキュメント・タイプ: 結果報告書

受諾された日付:

著者:

結果報告書:

DeCIROカタログナンバー: FR-01/902

ドキュメント・タイプ: 結果報告書

受諾された日付: 09-12-2001

サイト-28は火の手を上げて陥落した。前情報が正確であるのなら、10種を超えるSCP指定オブジェクトが混沌の島へと解き放たれたことになる。力押しの正面突破を挑むのであれば、ゴーレムの火力と耐久性は信頼可能だと思われる。アダマーは良い働きをした。

作戦中もシャルロットからは片時も目を離していない。戦闘資産として暴力性の高いタイプ・グリーンを用いる以上、見張りに労力を割かれるのは不可避の事象だ。より簡易な監視方法の開発が待たれる。

コマンダー ヴァシリー・キリアコフ

異常次元領域が島の中央部を取り込んだ。悪魔の軍勢は思考力こそ乏しいが、物量面では申し分ない働きを見せている。人的資源の乏しい我々の陣営からすれば、やはり奴らを当面の主力として戦わせておくのが正解だろう。

陥落させたエンパイア・ステート・ビル内へ、カリスト作戦より獲得された物資の搬入を既に完了している。上手くいけば、13日未明からディスコルディアの顕現が開始するだろう。島中に撒かれた不和と争乱の種が、6体の蜃気楼として結実するのだ。

コマンダー カシアン・ヤルゼルスキ

マンハッタン南の海上部隊より報告が入った。多数のサファギンに埋め尽くされた海面の更に向こう、島から15km程度の沖合に「がしゃどくろ」なる怪物が出現したという。極東の地から遥々やってきた彼らに言わせれば、がしゃどくろは多数の人命が失われる災害や海難を察知して現れるそうだ。つまりこれは、我々が島の敵対勢力たちに相当な打撃を与えることに成功した証左であると言えるだろう。

今やマンハッタンの島の上では異常に染まっていないものを探す方が難しい。我々は世界に示さなければならない…まともな人間社会には危険な異常存在どもと寄り添う力など備わっているはずが無いのだということをな。

コマンダー ファイサル・バシャール

今のところ戦線は好調のようだね。ラプターテックの営業担当と掛け合った甲斐があって、彼らの自律ロボットたちは過酷な異常次元でも十全のパフォーマンスが引き出せるということを、その身で余すところなく示してくれた。彼らにデモンストレーション用の素晴らしい会場を提供できたことを嬉しく思うよ。

エーリッヒから聞いた話だけど、サイト-28から回収した死体の中には、明らかに10歳そこそこな小さい女の子が何人かいたらしいよ。いくら財団だからって、年端もいかない幼子を少年兵として警護に駆り出すほど落ちぶれてはいないと思うんだけどなあ。でも、財団の差し金じゃないとしたら、彼女たちはどこから奇跡術の知識を仕入れたのかな。マンハッタンの島で起きているカオスの渦、ひょっとしたら僕らが思い描いているのよりもっと複雑で先が見通せないものかもしれないぞ。緒戦の勝利に酔わずに、十分な警戒を続けないといけないだろうな。

コマンダー サイラス・アイザックス

DeCIROカタログナンバー: FR-01/905-006

ドキュメント・タイプ: 結果報告書

受諾された日付: 09-15-2001

著者: コマンダー カシアン・ヤルゼルスキ

備考: 本文書は当該隊員が残した最後の通信記録ログからの書き起こしである。

[[記録開始 - 09/15 07:12]]

[[ヤルゼルスキが搭乗するエアボードはエンパイア・ステート・ビル頂上から発進し、マンハッタン中心部の上空を飛行している]]

ヤルゼルスキ: 軍需部隊より報告。事態は最悪だ。再分割された後のディスコルディアはさっきからずっとトボトボ歩くばかりで何の役にも立ちやしないし、スカーレットも全く姿を見せない。雲爆弾の深刻な不足に対応する手段は未だ模索中…ワールドトレードセンターが発見できない。今からシャルロットと合流するのは非現実的だ。朝日が眩しい。敵勢力は勝鬨とばかりに航空部隊を投入してくるだろう。我々にそれらを撃ち落とす手立ては極めて乏しい。残る手は一つ…タイムリミットの到来まで逃げ切るしかない。

[[巨大な実体が崩壊したものとみられる金属的な轟音]]

ヤルゼルスキ: 敵勢力が当然のように投入している多数の超常部隊は何なのだ?奴らには正常性維持機関としての矜持がないのか?パラヒューマン人権家に超常国家の大使だ?奴らはなぜ明らかな人間の脅威となる連中を徹底的に支援しようとしている?奴らがそこまでして維持させようとしているメキシコ湾体制とは一体なんなのか?3年前から奴らの首は一つ残らず挿げ変わったのか?正常からかけ離れた世界に向かうことが真の幸福だと奴らは本当に考えているのか?改めて私は問う…おかしくないか、と -

不明な女性-1: アンジー、見つけたわ!ビル屋上から逃げた奴よ!

不明な女性-2: よし!行くわよマリー!

ヤルゼルスキ: 追いついてきたか、死に損ないの魔女どもめ。来い!血祭りに上げてやる。

[[エアボードに装填された機関銃の掃射音]]

不明な女性-2: ちょっと、私たちが白い化け物から生き延びた相手だってこと分かってるの?今更機関銃が何よ。

不明な実体-1: まだ余力はある。ファンタジックなトリップの仕上げに、ちょっと面白いものを見せてやろうか?

ヤルゼルスキ: イカれた異常者どもめが!人間を舐めるなッ!

[[エアボードの駆動音が急激に増大。ヤルゼルスキが不明な女性2名に向け突撃したものとみられる]]

不明な実体-2: この世界ならではの古代魔法・特別版、とくとご覧あれ!

[[空間の開裂音が響き渡り、ヤルゼルスキの周囲は故フレデリック・フランソワ・ショパン“華麗なる大円舞曲”の少しずつテンポのずれた合奏で埋め尽くされる。多数の小型飛行実体が音声の発生源であると推測される。実体群の演奏はヤルゼルスキの悲鳴で掻き消される]]

ヤルゼルスキ: 畜生!セミだ!私の故郷を焼いた悪夢の軍勢!やはりおかしくないか!?

不明な実体-1: 魔法に重要なのは感情のエッセンスだ。焦り、戸惑い、そして恐怖。よく効いたな?

[[ヤルゼルスキは返答せずに逃走を図る。セミ実体群の合奏に紛れてエアボードの高度上昇音が記録される]]

ヤルゼルスキ: まずい!雲に突っ込む - 白熱している -

[[徐々に音量を増していく長大な連続爆発音が記録される。マンハッタン島の南西を起点としたカップケーキ雲の連鎖爆発が、数分をかけて島の中央まで到達したものとみられる]]

[[ヤルゼルスキの乗るエアボードが雲に突入する前に爆発が発生したため、ボードは爆風を受けて高度を大幅に下げる。セミ実体群は爆風によって一掃されたとみられ、合奏は記録されなくなる。暫くの間、エアボードのコントロールを回復させようとして多数の操作を加えるヤルゼルスキの唸り声が記録される]]

[[エアボードの風を切る降下音が急停止し、人間大のサイズの不明な機械実体の駆動音が記録される。おそらくはエアボードは当該実体によって支えられている]]

不明な機械音声: おやおや、国際指名手配犯、カシアン・ヤルゼルスキ君じゃないか。私の国へようこそ。

ヤルゼルスキ: 今度は何だ!お前は私の何を知っている?

不明な機械音声: ボストンの空港の連中から聞いたが、君には「帰りの便など必要ない」そうだね?それは勿体無い。“アイアンキング”、又の名をダイヤモンド・サーティーン、アメリカ実業家世界の王者、つまりこの私が、君を遥かポーランドまで送ってあげようじゃないか。

ヤルゼルスキ: 断る。

不明な機械音声: 遠慮しなくていい。私のタワーオフィスからはOKの返事が既に出ている。マンハッタン旅行の最後の1ページ、せいぜい楽しんでくれよ?よーし、始めよう。3、2、1…

[[ヤルゼルスキはおそらく不明な機械実体に拘束されており、一切の抵抗は奏功しない。記録された彼の最後の発語は「おかしくないか」の連呼である]]

不明な機械音声: 0だ!ユー・アー・ファイアード!

[[ヤルゼルスキに強度不明の衝撃が加わり、遥か高空へと吹き飛ばされる。この時点で彼からは一切の発声が得られなくなる。以降およそ20秒間、音声記録にはヤルゼルスキが単独で飛行している風切り音のみが記録される。風切り音は唐突に停止し、彼が更なる不明な実体に捕獲されたことを示唆する]]

不明な男性-1: よっしゃ!ゲット!見てよ、これ凄いお土産になるよ!

不明な男性-2: おい、こいつヤルゼルスキじゃんか!マンハッタン・クライシスの首謀者の一人だぜ!相当な値打ちもんだ!

不明な男性-1: おいおい、それヤバいんじゃないの?ウチのお土産どころか、下手したら博物館行きじゃね?俺らが発見者?凄いじゃんよ相棒!

不明な男性-2: いやー、旅行会社を如来にして正解だったわ。略奪品を自由に持ち帰らせてくれるのなんてあそこくらいだよ。こりゃいい思い出になるな!

[[2名の不明な実体の笑い声と不鮮明なノイズの記録を最後に、通信は途絶する]]

[[記録終了 - 09/15 07:19]]

DeCIROカタログナンバー: POR-01/905-013

ドキュメント・タイプ: 作戦後結果報告書

受諾された日付: 09-15-2001

著者: コマンダー ファイサル・バシャール

奴らは亜人種の本当の恐ろしさを知らんのだろう。異常が当たり前になった世界で、亜人どもがヒトの数十倍のスピードで増えることを。押し寄せる変化の波に今までの全てが押し流されることを。30年も経たぬうちに人間が地球の支配者から蹴落とされることを。

わしの夏は終わった。わしには一切を変えることができなかった。最後の一縷の望みを失った。世界は生涯の悔恨を抱いて陰惨な冬の大地へと戻らなければならぬ。人権とやらを得た異形の化け物どもに取り囲まれ、夏鳥に帰る地は最早なく、人類の生き残り全てが死と闇と絶望に包まれる、冬の世…2023年のカイロに、な。

DeCIROカタログナンバー: CO-01/911

ドキュメント・タイプ: 声明文

受諾された日付: 09-20-2001

発信者: デルタコマンド

仮初の混沌を滅することで、世界は真の混沌へと足を踏み入れるだろう。もはや退路は絶たれるのだ。


[下書きここまで]
タグ
goi-format-jp 1998 カオス・インサージェンシー gru-p ラプターテック 帝国異常調査局 夏鳥思想連盟 scarlet-king


登場人物の設定

  • ヴァシリー・キリアコフ

ベータクラス→ガンマクラスに昇進。P部局あがりの妖術者ハンター。寡黙ながら冷徹な殺気を秘める大柄なロシア人で、“クリスマスツリー”と形容されるマルチバレルハンドガンが長年の相棒。エリス作戦の準備段階における山場・カリスト作戦の中心を担い、ギリシャ正教会のシスター魔道士たちを大量に殺害・拉致した。9.11本番では悪夢姫のお目付役として静かにしていることも多いが、姫から目を離さない範囲ではオブライエンの洗脳なども卒なくこなしている。姫亡き後もWTC上層部で最後まで粘り、Ν-7のベータ隊を全滅させる金星を挙げるも、生還は叶わなかった。世界は人類によって支配されるべきであると考えている(一見すると当たり前に見えるが、この後の98世界を考えると…)。実はマンハッタン組では屈指の常識人。

  • 悪夢姫

ベータクラス。爆弾カップケーキでお馴染み、タイプグリーンの狂える少女。ティール師団の切り札たる存在。公式上は人員というより戦闘資産としての扱いなので、作戦に対する発言権は特に無い。島中の空をカップケーキ気化爆弾で覆い尽くし、更には降雨で数々の公園を焼き払う。更にWTC突入組を蹴散らしたりしているのでキルスコアはダントツ。しかし最後には魔法の力を得たクレフにショットガンで脳天を吹き飛ばされた。口が悪い。

  • カシアン・ヤルゼルスキ

ガンマクラス。ポーランド系の複雑な血筋を持つアラブ人。航空機による空路部隊搬送の監督役を担当している(英国籍なのは嘘だが輸送業なのは本当)。パラヒューマンに激しい嫌悪の目を向けている。事件開始後は運び込んだ部隊の配備確認など後方支援をメインとして暗躍。あまり戦闘員気質じゃなさそうだけど、生還はさせたくないな…。時間軸外の存在にお土産として持ちさられるエンドもアリか(運ぶ側から運ばれる側へ)。

マンハッタンでは開幕の航空機自爆を担当しており、乗客を無力化・洗脳下に置いた上でイマーゴ召喚に必要な奇跡論紋様「サウロンの眼」を構成しようとした。しかし何らかの理由で乗客から妨害が入って失敗し、単にペンタグラムに墜落するのみだった。結果としてマンハッタン島の完全な崩落までには予定よりかなり長い時間を要した。このパートはkarkaroff氏が担当するらしい。

  • デレク・オブライエン

アルファクラスなので特に名前が出ない。キリアコフに洗脳され、8月末から当日までの海路部隊輸送を担当していた。UIUにとっ捕まった上に緋色の王に精神を乗っ取られる。

  • ラムジ・ユセフ

ボジンカ計画(現実における911事件の雛形)の作成者。98カノンではビンラディンがテロ計画を没にしてしまったので、CIはADXフローレンス監獄破りによってユセフからかつての計画を頂戴した。ついでに悪夢姫の爆弾配備に関するアドバイスも頂いた。彼は1998年以前から監獄暮らしなので、ヴェール崩壊のことは新聞でしか知らない。

  • サイラス・アイザックス

ガンマクラス。マンハッタンのインサージェンシー・セルの管理者。CI勢力では数少ないアメリカ国籍で、経験してきた作戦数の割に若さを保っている。事件の準備における重要な拠点を守護する存在であり、戦中は中央司令塔としての役目を全うする…最期はUIUと相打ちして生涯を閉じる。フランクで仲間思いな点は褒められるが、ネーミングセンスが壊滅的なのは頂けない。

  • ダイゴロウ・タニムラ

ガンマクラス。IJAMEA隠将軍であり、死に場所を求めてCIに仕官した。日本由来のアノマリーに堪能であり、遠海に現れた“がしゃどくろ”を一目見ただけでマンハッタン島に与えた打撃の大きさを即座に把握した。多脚戦車部隊を操り、ほかの枢軸国勢力と共闘する。当人が特攻する気マンマンなので当然帰ってこない…というか悪夢姫にフレンドリーファイアされて爆発四散している。まともな死に場所は与えられなかった。結局は過去の遺物。
→IJAMEAの歩行戦車はv vetman氏が拾ってくださるとのこと。自担部分の設定解像度は下げておくか

  • ファイサル-“アルタイル”-バシャール

ガンマクラス。未来予知能力を備えるエジプト人で、その素性は2023年からタイムトリップしてきたアフリカ夏鳥思想過激派テロ組織の首領。「本来の」マンハッタン・クライシスの経過を完璧に見通している。しかし自分以外にも大量の時間遡行者がこの地に集っていたことを失念しており、終盤では予定外の事象が続発して大いに狼狽する。目的は自力での過去改変により人類が頂点に立っていた“かつての世界”を全地球的に現出させることで、異常性を支配する人類至上主義を目指すCIの思想とは重なる面がある。最後には自分が何も変えられなかったことに大いに落胆する言葉を残し、GOCに粛清される。

  • ヤコブ・モントーク

一応ガンマクラス(研究員)。ロバート・モントーク博士の弟。緋色の王を信仰する集団に連れ去られ、巡り巡ってCIの元へと転がり込んでいた。島内に緋色の王が降臨する危険性を警告しつつも、その姿に狂気的な讃美を贈る。

  • アダマー

ベータクラス。イスラエル出身の戦闘員で、ゴーレム製造を専業とする。サイト-28攻防戦で主要な役割を果たし、島内に突入してきた財団らの部隊の足止めにも貢献する。

  • (特に名前いらないな?)

ラプターテックの営業担当。異常次元の過酷な環境における自社製品(殺人ロボット軍)のデモンストレーションを行うためにCIと提携を結ぶ。財団とは敵対関係にある。

  • デルタコマンド

CI司令部。デルタコマンドの中の一人「エンジニア」が書き続けている作戦をガンマクラス以下の構成員に伝達するのが主な業務で、自身が前線に出ることはない。対外的なテロの喧伝もこの人たちの立派な仕事。細かいところが雑。


メモ

  • CI「やることが…やることが多い…!」
    • マンハッタン・クライシスにおけるメイキング映像担当
  • キリアコフと英国籍東欧人のほかにそこそこの人数の工作員が必要
    • ORIA・IJAMEA・ネオナチ(SKPから招聘?)etc.
  • イスラエルのゴーレム職人やラプターテックの戦闘用ロボットとの連携プレー。金で買ったのか他の盟約があったのか
    • ラプターテックは財団嫌いだが、正史だと初接触が2001年6月なのでちょっと話が性急すぎる?
  • 古い物は捨て駒。過去の枢軸勢力の残党とか
  • 本来のアメリカ同時多発テロ事件の計画書は、ビンラディンが没にして放置していたのを他のボジンカ計画関与者から手に入れた。ORIA経由か、ADXフローレンス刑務所か
    • 監獄破りルートの方が派手だね、ユセフおじさん張り切っちゃうぞ
  • サイト-28を破壊せよ!
    • 脳筋の悪魔だけじゃ無理だろう。先導を担当するCI腹心が要る
  • 黄金林檎の強奪。そこそこ重大なセクション。でもギリシャの神殿を襲っても御神体置いてあるわけじゃないよなあ。神社じゃあるまいし
    • ギリシャ正教会の大理石の神殿が真紅の血飛沫に汚される!凶器はキリアコフのクリスマスツリー多連装ハンドガンだ
    • キリアコフは妖術者ハンターなのでタイプブルーを始末するのは朝飯前。彼の生きる理由
    • キリアコフ「文明に生きる権利を持つのはな、真人間だけで十分なんだよ」(※彼の出生はごく普通)
    • むしろ妖術者を拉致して神格のコアを作らせる
    • 黄金林檎がらみの騒動は「カリスト作戦」とでも題して独立させるか
  • イマーゴの召喚はショパンゼミと同じメカニズムで行なわれている。東欧人工作員はココに関与してる?
    • 地獄の悪魔がセミ嫌いなのはなんでだ
    • 強力なピスティファージ実体は他者が集める信仰に寄生できる(キリスト教に関与するあらゆる概念をエサに…)
  • 緋色の王はCIの思想に呼応して向こうから勝手に来たので適当に放置していた。この時代にはロバート・モントークは未発狂なので、なんか他の信仰者を探さないとならない
    • 緋色の王「解釈が一致したので来ました」
    • シャンク介入前の試行だと未完成ガンダムを撃破してダエーバイト再興を招いてたはずなんだよな。あそこの信仰は途中から緋色の王にすり替わったらしいし
    • これはCK組への宿題?
  • IJAMEA海軍「マンハッタン区民が甚大な被害を受けたことは、がしゃどくろの出現により自明であります」
    • 3456もやって来るぞ。混沌の使者は別に幾らいてもいいよね
  • ブッシュにアンブッシュ
  • 地獄を見せてやるわ…!(地獄を見せる)
  • 悪夢姫自体は単なる戦術兵士でしかないので作戦中は大きく取り上げない
  • CI自体はパラヒューマンの人権獲得に否定的。だってデカくて膂力も強い怪物が普通に歩いてる世の中なんてアブナいもの。軍隊としてはいいようにコキ使ってるのにね
    • 曲がりなりにも財団なのでCIの思考回路は意外とマトモである
  • CI側には時間遡行組は居たのだろうか?
    • 「人類に後ろを振り返って欲しかっただけで死んで欲しくはなかった」
    • 逆に更に過去から来た勢力も…?
  • 犠牲人数は予定の3%増し。予定外だったのはティール師団の凍結くらいで他は計画通り
    • 回収するつもりがあった人員はアポートカエルを渡されてる
  • テロ事件が成功すれば島がピチカートされてメキシコ湾体制崩壊。失敗しても「異常で異常に対抗する」前例ができればヴェールがいよいよ再起不能になるのでやはり体制崩壊。故にCIからすればテロ起こした時点で勝ち。正常性維持機関は最善手を取ることができないと分かっていた。決して負け惜しみじゃないぞよ
  • 人類は退路を捨てた。後ろを向くことを捨てた。ここからは永遠の前進のみが残されている。ついてこれるか?

ERROR

The O-92_Mallet's portal does not exist.


エラー: O-92_Malletのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3129932 ( 03 Jun 2018 14:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License