おにいちゃん冠動脈マッシュポテトクソど畜生工法セメント

アイテム番号: SCP‐1403‐JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル:

説明: SCP‐1403‐JPは客観的な視覚的観点上は大分県██町の地下2300mに位置するEEDS1です。SCP‐1403‐JPは同地域内の24の温泉内に存在する洞穴からのアクセス及びエスケープが可能です。

SCP‐1403‐JPの内部は鍾乳洞に酷似しており、非常に緩慢とした生物学的挙動を示します。科学的分析の結果、SCP-1403-JPの壁面はSCP-1403-JP-Aと指定されているすり下ろされた生のジャガイモ(Solanum tuberosum)で構成されています。SCP-1403-JP-Aの品種は不明ですが、遺伝子解析によってジャガイモの原種、あるいはそれに近い品種であることが判明しています。SCP-1403-JP-Aは流動体に近い物理学的性質を示すことが判明していますが、SCP‐1403‐JPの壁面においては固体と同様の状態となります。そのモース硬度は5.7と通常のジャガイモよりもはるかに硬質です。

SCP-1403-JP-Aからは通常ジャガイモに含まれている量の250,000倍のソラニンが検出されており、人間が摂食した場合、中毒症状によりほとんどの場合において死亡します。そのため、SCP‐1403‐JP内部の空気は大量のSCP-1403-JP-A由来のソラニンによって汚染されており、SCP‐1403‐JP内部に侵入した人間を含めたほとんどの生命体が重篤的なソラニン中毒を発症します。そのため、SCP‐1403‐JP内部にはSCP-1403-JP-B以外の如何なる生命体も発見されていません。

SCP-1403-JP-Bは剣歯虎亜科(Machairodontinae)に酷似した身体的特徴を持つ実体です。ほとんどのSCP-1403-JP-Bは生存戦略的に不利となるような奇形的特徴を保持しておりますが、SCP-1403-JP内にSCP-1403-JP-Bの死体などが見られない事から、SCP-1403-JP内部であれば生命維持が可能であると推測されています。

解剖結果から、SCP-1403-JP-BはSCP-1403-JP-A経由のソラニンをエネルギー源とする特殊な器官が存在しており、

ERROR

The roune10121's portal does not exist.


エラー: roune10121のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3086556 ( 03 Jun 2018 13:09 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License