おにごろし(人は殺さない)

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

TsukiyomizukuTsukiyomizuku氏主催の神速抜刀コンテストに参加予定の作品です。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは低脅威物品収容ロッカーに収容されます。

説明: SCP-XXXX-JPは複数の異常性を持った包丁です。現在ニ本を収容しています。

SCP-XXXX-JPは人物が素手で所持している間、破壊耐性および、食品に触れた瞬間にその食品を分断する異常性を発生させます。また、連続して5分間接触が行われなかった場合、SCP-XXXX-JPに付着している汚れ・雑菌類が全て消失します。Dクラス職員を用いた実験によって得られた計測結果によれば、所持者の主観でSCP-XXXX-JPをどれだけ長時間連続使用しても、実際の経過時間はゼロ秒となることが判明しています。

SCP-XXXX-JPが封入されていたと思われるパッケージのオモテ面には「時短包丁」という製品名と、以下の4点の文章「硬い野菜もよく切れる」「手間のかかる作業にも最適」「清潔さを保つ特別仕様」「使用者を傷つけない・疲れさせないジェントル設計」が印刷されています。製品の製造元等の情報はパッケージのどこにも明記されていませんでした。

SCP-XXXX-JPは[日付]に東京都足立区内で、背中を右肩から左脇腹にかけて切りつけられ倒れていた人物(以下、SCP-XXXX-JP-1と表記)の側に一箱のパッケージとともに地面に落ちていたものが二本発見され、その異常性が確認されたことでSCP-XXXX-JP-1と合わせて収容に至りました。

以下は収容後に、SCP-XXXX-JP-1から自発的に得られた発言記録です。

あの包丁は普通、いや……少なくとも本来の用途は料理に使うもので間違いありません。ただ私が自分の意思で違う用途に使っただけですから。(続く)

15年ほど前にTV通販で購入したもので、パッケージは廃棄済み、詳細は覚えていない。
元々はSCP-XXXX-JP-1も料理の時短に使っていた。
そのへんのおばさんだって、何も考えず生きているわけじゃない。
世を乱す人間は、もはや人じゃなくて鬼だ。鬼を生き物扱いする道理はない。
そして自分自身も鬼になったつもりでやっていた。
何者かにSCP-XXXX-JPで切られたのに生きている=自分は鬼になっていたつもりだったのに、人として扱われたということ。

SCP-XXXX-JP-1の収容後、上記の発言記録にあった該当の事件は新規に確認されていません。

補遺: SCP-XXXX-JP-1はインタビュー後、自身の行為に対する反省の意思を示していると判断されており、切傷治癒後に計画されていたDクラス職員への雇用案は引き下げられました。


ERROR

The makigeneko's portal does not exist.


エラー: makigenekoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3030844 ( 25 May 2019 02:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License