SCP-2000-JP 情熱の火は消えない

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2000-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2000-JPは一般社会への影響を考慮して物理的収容は行われません。現在は注意喚起ポスターの掲示と財団職員の能動的・受動的監視によって新たな事案発生を防止しています。

説明: SCP-2000-JPは山手線1全線で発生する異常現象です。

SCP-2000-JPは後述する特徴を持つ人物に限定して精神影響を与えますが、その力は微弱であり通常は本人の自制心によって異常行動に至りません。この影響は山手線の線路を基準として12m以上離れることで失われることが判明しています。2

SCP-2000-JPは2019/12/01に発生した放火事件において、確保された人物の発言に多くの不可解な点が見受けられたため、財団関係者が加わって行われた追加調査によって事件の経緯に異常性が含まれている可能性が疑われました。また、同人物の発言には2019/02/17に発生した放火事件との共通項が多く含まれていることが発覚し、さらなる調査によって後日オブジェクト登録へ至りました。

SCP-2000-JPに影響された人物(以下、SCP-2000-JP-1と表記)は「火を発生させなければならない」という強迫観念を受けます。火を発生させることが可能な状況であった場合は発生させた火を周囲の環境に燃え広がせようとしますが、すぐに近辺の人物あるいはSCP-023-JPによる常時監視に発見され失敗に終わります。不可能であると判断した場合は、強迫観念は徐々に減衰していき十数秒後には完全に消失します。3なお、2019/02/17を最後に放火は確認されていません。

補遺2000-JP: データ収集

2名のSCP-2000-JP-1に行った性格診断の結果から偶発性が否定される程度の一致が確認されました。4この結果を踏まえてSCP-2000-JPに影響される人物の特徴を詳細に特定するためのデータ収集が財団職員を用いて行われました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The makigeneko's portal does not exist.


エラー: makigenekoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3030844 ( 25 May 2019 02:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License