SCP下書き「戸田越」
評価: 0+x
blank.png
mountain.jpg

SCP-XXXX-JP

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 適切なクリアランスレベルを持つシトラ=アキュラ合同司令部の職員を除き、当オブジェクトに関する情報は開示されません。

SCP-XXXX-JP-1および-2は、生物収容サイト-81BX内のBSL-4の設備を有する収容区画内に設置された、気密性の高脅威度オブジェクト収容コンテナで個別に冷凍保存されます。実験に際してはシトラ=アキュラ合同司令部のレベル4職員最低2名からの許可が必要であり、オブジェクトと直接接触する職員はレベルAのHazmatスーツを着用しなければなりません。実験の終了後、接触した職員は指定の手順に従い除染を受けます。

説明: SCP-XXXX-JPは、日本国神奈川県旧戸田越村(現山北町)として知られていた地域一帯を指します。面積108.07km2、総人口は102人であり、登録上は24世帯が存在していました。

戸田越村は神奈川県の最西端に位置し、同県山北町・山梨県南都留郡道志村・同県山中湖村・静岡県駿東郡小山町と隣接していました。戸田越村は1946/03/14までの間存在していましたが、同村において異常存在が複数が確認されたため、財団が介入し、結果戸田越村は廃村、山北町に吸収合併されました。

SCP-XXXX-JP内部には、SCP-XXXX-JP-1、-2と指定される計2種類の異常実体が存在します。

SCP-XXXX-JP-1は計24世帯の建造物です。オブジェクトの異常な点として、その構造の約8割が生物学的な生体構造物(骨やキチン質、筋肉など)で構成されている点にあります。初期収容の時点で、SCP-XXXX-JP-1は著しく破壊されていました。しかしながら、オブジェクトに腐敗の兆候は確認されておらず、また物理的な攻撃に対しある程度の耐久性を有しています。

SCP-XXXX-JPの構造は、これまでに確認されてきたSK-BIO タイプ005個体のそれに非常に酷似しています。現在までに収集された資料から、SCP-XXXX-JPはサーキシズム1と強い関係性を持っていると断定されており、SCP-XXXX-JP-1は、後述のSCP-XXXX-JP-2に住居および"キラーク"2として使用されていたと考察されています。

family.jpg

SCP-XXXX-JP-2。写真は1947/10/14に撮影したものであり、異常性の除去のための処理は行っていない。

SCP-XXXX-JP-2は計43体のヒト型実体です。オブジェクトの遺伝子はヒト (Homo sapiens sapiens) と同一ですが、いくつかの点で非異常性のそれから逸脱した特徴を有します。

SCP-XXXX-JP-2は何れも有知性・有自我であり、SCP-XXXX-JP-2と同様高い耐久性を持つほか、自己再生能力を示し、非異常性のヒトと比較して非常に長い生命スパンを有します3。SCP-XXXX-JP-2はSK-BIO タイプ003個体に酷似した特徴をいくつか有しており、例としてオブジェクトの消化器系の臓器は機能しておらず、そのため物質の摂食が不可能です。しかしながら、これにより生命活動に異常が発生した例は確認されていません。

SCP-XXXX-JP-2は何れも郡内方言4話者である他、財団に対して敵対心を抱いていません。全体的に非常に内向的な性格であり、基本的にSCP-XXXX-JP-1外から出ることはなく、外部との接触を忌避する傾向にあります。SCP-XXXX-JP-2はプロト-サーキシズム5を信仰しており、収集された資料は、古来より戸田越村にプロト-サーキシズム信仰が根付いていたことを示していました。SCP-XXXX-JP-2は、専ら日中は綿花や藁の栽培に徹し、夜間にプロト-サーキシズムの教義を集団で実践します(詳細は資料-XXXX-JP:行動サイクルを参照)。


補遺XXXX-JP.1: 発見経緯

1945/08/28におけるGoI-8100("蒐集院")との合併交渉の妥結に伴い、財団本部は同年9月以降に日本国内における異常存在の調査を開始しました。その調査の過程で、SCP-XXXX-JPに関する異常存在は1946/02/18に財団に認知されました。一般社会への情報漏洩の防止のため、SCP-XXXX-JPの全領域は財団の管理下に置かれ、戸田越村は廃村措置が取られました。オブジェクトとプロト-サーキシズムとの関連性は、収容後の調査で判明しました。


補遺XXXX-JP.2: SCP-XXXX-JP-2個体へのインタビュー記録

情報収集の一環として、SCP-XXXX-JP-2個体へのインタビューが計画されていましたが、オブジェクトの内向性の強さから対話は困難を極めました。しかしながら、継続的に実施された交渉の末、1948/09/05に一体のSCP-XXXX-JP-2個体との接触に成功しました。以下は、インタビュー記録を郡内方言から標準日本語へ翻訳し書き起こしたものです。


補遺1519-JP.3: SCP-1519-JP-2-αへのインタビュー記録

収容体制の確立後、財団は戸田越村との友好関係の樹立に向けて交渉し続け、その過程で村民であるSCP-1519-JP-2個体とのインタビューを記録上計11回実行しました。結果、第一回のインタビューから約7年後である1955/11/09に、コミュニティ内で高位階級に位置すると推測される実体(便宜上SCP-1519-JP-2-αと指定)との接触・インタビューの実施に成功しました。以下は、インタビュー記録を郡内方言から標準日本語へ翻訳し書き起こしたものです。


補遺1519-JP.4: 蒐集院元研儀官へのインタビュー記録

SCP-1519-JP-2-αへのインタビューの実施後、元蒐集院所属の財団職員に対し、蒐集院の所有資料と照らし合わせた上で調査が実施されました。結果、元研儀官であった博士階級の職員が過去に戸田越村の制圧計画に関わっていたことが判明し、情報収集のためインタビューが実施されました。以下はインタビュー記録を書き起こしたものです。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The SOYSOY_Kusagawa's portal does not exist.


エラー: SOYSOY_Kusagawaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3017567 ( 01 Jun 2018 11:27 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License