楽園の鹿

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXXX-JPは、過去にGoI-072("プロメテウス研究所")に所属していた経歴を持つ人物のうち、34%が認知している共通の人物です。

SCP-XXXX-JPは「栄誉者Nathan」「Nathan」「栄誉者」という形で言及されます。

しかしながら、職員らはSCP-XXXX-JPと接触した経験が無いと証言しました。

遺憾と悲哀と共に

████における学徒らへの振る舞いを踏まえ、栄誉者Nathanへの刑罰を執行します。

Nathanは、道徳と造物主・████への忠誠心を持つ人物で、栄誉者の中でも随一の貢献意欲を持っていました。彼は、彼のその植物の創生術・操術を用い████に貢献し、また内戦に加わることのなかった数少ない栄誉者の一人でした。

彼への罰は、我々全ての損失になります。

Sketch_Nathan.png

内戦の最中、彼は████の復興を考案しており、そのための方法を模索していました。ですが彼は、████の復興を名目として████の激怒に属する十数の学徒の殺害を行い、そして彼らを自身の一部とすることで利用しました。冒涜者らへの行動とはいえその手法は残虐なものであり、その点を考慮し彼は後に捕縛・刑罰が科せられました。



以下の命令は、永久の磔刑と生き埋めに加えて、Nathanの罰のために命じられています。

  1. 創生術と操術の使用を禁ずるため、Nathanの四肢は再生が不可になるまで潰されます。
  2. Nathanが創生術の使用に成功した場合に備え、彼の全身は詠唱により常に炎で燃やされることとなります。この炎は、自身を傷めることによる自戒を目的ともしています。
  3. 磔刑に処されたNathanは、磔ごと████から追放されます。
  4. Nathanが激怒らの命を用いて制作した蕾は、如何なる手段――打撃、燃焼、詠唱等――を持ってしても朽ちることはありませんでした。これを考慮し蕾は、Nathanとは全く別の場所へ追放されます。この際、Nathanと蕾の再接触が起こり得ないよう注意しなければなりません。

ページコンソール

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The SOYSOY_Kusagawa's portal does not exist.


エラー: SOYSOY_Kusagawaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3017567 (01 Jun 2018 11:27)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License