SCP-XXX-JP ヒトラーではない老人

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x
2

活性化中のSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 201█/██/██以降、SCP-XXX-JPの収容方法が変更されました。
SCP-XXX-JPはステンレス製の棺に収められ、サイト-86の管轄内である共同墓地に埋葬されます。SCP-XXX-JPの活性化、および実験はサイト-86管理責任者および上級研究員2名、倫理委員会の承認を得られた場合のみ実行されます。何らかの必要性が生じてSCP-XXX-JPを活性化し、その状態を維持する場合は、201█/██/██以前の収容プロトコルに従ってください。

説明: SCP-XXX-JPは最低でも100歳以上と推測される、コーカソイド系の白人男性です。201█/██/██に老衰、もしくは栄養失調により心肺停止しましたが、腐敗の兆候が一切見られず、医学的な蘇生措置1によって容易に活性化します。

SCP-XXX-JPは原理不明の再生能力を有しており、確認される限りでは不死身であると思われます。外的な損傷を受けた場合は、例え肉片レベルまで破壊されたとしても1時間程度で完全に再生します。病気や毒物に侵された場合は一時的に体調を悪化させ、時には心肺停止状態になることもありますが、その場合も1時間程度で蘇生し、症状も回復します。
どれほどのレベルの損傷に耐えられるのかは明確にはわかっていませんが、これらの再生には終始激しい苦痛とストレスを伴うことが確認されており、人道的な観点からSCP-XXX-JPの再生能力を測る実験は推奨されていません。
また、生存のための食事も必須ではないと思われますが、飢餓感だけは増加してくため、苦痛の緩和として食事が与えられています。
SCP-XXX-JPの不死性は老化に対してはあまり効力を発揮していないと思われ、収容された199█年の当時と比べて確実に加齢しています。現在のSCP-XXX-JPはほとんど聞き取れないかすれ声でしか発声できず、足の関節の変形により歩行に支障を来していますが、これらが治癒される様子はなく、医療措置も効果がありませんでした。
SCP-XXX-JPがこの先、寿命により死亡するかどうかは不明です。
SCP-XXX-JPは不死性と同時に、微弱な認識災害を有していると考えられています。この影響はSCP-XXX-JPと最低でも5年以上接触を繰り返すことで初めて発生します。
SCP-XXX-JPの影響に晒された人物は、SCP-XXX-JPのことを、かつてナチス・ドイツの元首であったアドルフ・ヒトラーに似ていると感じるようになります。この影響はクラスB記憶処理で解消されることが確認されています。接触年数が長いほどこの影響は強くなると見られており、最初に影響が確認されたクラスE財団職員は、数回に渡って「SCP-XXX-JPはアドルフ・ヒトラーにそっくりだ」という報告を行った後、SCP-XXX-JPとヒトラーの現存する顔写真および骨格が100%一致するという詳細な比較資料を財団本部に提出しています。この職員はクラスB記憶処理を受けた後、職務に復帰しています。なぜSCP-XXX-JPがこのような異常性を有しているのかは不明です。

補遺:
SCP-XXX-JPは199█/8/2█、大型トラックに跳ねられたにも関わらず、無傷の状態で都内の病院に搬送された白人のホームレスがいるという情報を財団のエージェントが聞きつけ、調査の末に収容されることとなりました。
調査の結果、SCP-XXX-JPは30年以上前に素性不明の密入国者として当局に拘束され、何らかの理由で釈放されています。この際の詳細な記録は何者かによって意図的に抹消されています。
その後、日本語もわからず、すでに老化が始まり体の弱っていたSCP-XXX-JPは、残飯と公園の炊き出しで飢えをしのぐ路上生活者となることを余儀なくされたということが、SCP-XXX-JP自身の断片的な証言から推測されています。
なぜ日本に来たのか、それ以前に何をしていたのか、どのようにして異常性を手に入れたかについては、SCP-XXX-JPが情報提供を拒否していることと、痴呆が進行してしまったことにより、検証は困難となっています。
SCP-XXX-JPは財団の収容に対して極めて従順でしたが、近年になり、自身の終了措置を繰り返し求めるようになりました。この要求は却下されました。



ERROR

The fish1618's portal does not exist.


エラー: fish1618のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2981478 ( 05 Apr 2020 13:06 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License