君にもできる! 1/144スケールのTH-Gをつくろう!

ベストメカコレクション RX-78モビルスーツ ガンダム
いわゆる「旧キット」に属する品で、1980年に世界で初めて世に出たガンプラです。
この頃は、パーツの色分けやスナップフィット(はめ込み組み立て)、可動範囲などの技術が未成熟だったため、組み立てには接着剤を必要とします。色分けに関しては、最終的には全てTH-Gカラーに塗り替えることになるので大きな問題ではないとも言えますが、裏を返せば「色が違う箇所が別パーツになっていない」ことにもなるため、塗り分けは比較的面倒です。
デザインは「初代『機動戦士ガンダム』劇中のガンダムの作画」をもっとも良く再現したものではあるのですが、大河原邦男氏によるガンダムの設定画、およびそれを元にしたTH-Gのイラストとは多少イメージが異なります。また、ある意味でTH-Gの本体とも言えるサーベル部が警棒じみた造形なので、サーベルだけは別キットから拝借した方が良いかもしれません。
再販頻度がそこまで高くないので、入手は地味に困難です。

FG RX-78-2 ガンダム
ガンダム生誕20周年を記念して発売された品で、上述の旧キット(メカコレクション)版ガンダムをリニューアルしようという意図で企画されたものです。
その企画意図ゆえに、組み立てこそ接着からはめ込み式に進化したものの、色分けは敢えてされず白一色の簡易的なキットとなっています。そのため、塗装の難易度は旧キットから何一つ変わりません。また、可動範囲も近年の標準から見るとかなり狭く、特に「格好良く立てるか」に直結する股関節や足首の硬さは気になるところかと思います。腰アーマーも全く動きません。
デザインは当時のハイエンドガンプラであるPGガンダムのものを踏襲しており、TH-Gのベースとしても違和感がないレベルの「ガンダムっぽさの最大公約数」を満たしていると思います。
ただし、FGガンダムの最大の強みは旧キットから据え置きの300円+税という圧倒的な安さにあり、手軽に買えること、失敗しても経済的・精神的ダメージが少ないこと、改造の手の入れ甲斐があることなどから、「己の技術を磨くための練習台」として多くのモデラーに愛されてきました。事実、(著者が作成した)世界初のTH-Gの立体物もこのキットをベースとしています。
旧キットと違って頻繁に再販されており、手に取りやすいのも魅力のひとつです。

HGUC 021 RX-78-2 ガンダム

HG RX-78-2 ガンダム Ver.G30th
30周年記念モデルという性質上、現在は単品での販売は終了していますが、HG ガンプラスターターセットVol.2に含まれる形でいまだに供給されています。

RG RX-78-2 ガンダム

HGUC 191 RX-78-2 ガンダム

HG THE OGIGIN RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)

HG RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]

EG RX-78-2 ガンダム

RX-78-2 ガンダム 組立体験会Ver.

ERROR

The Ikkeby-V's portal does not exist.


エラー: Ikkeby-Vのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2972406 ( 21 Dec 2019 11:01 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License