死者からのメール(仮題)

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの収容は主に事象発生後の後処理を中心として行われています。財団webクローラーは各種メールサービス提供会社の協力の下メールの送受信記録を記録し、SCP-XXX-JPの関与が疑われるものが確認された場合、当該メールの受信者及び場合により関係者にA Bクラスの記憶処理が施され、メールは削除されます。また、並行して財団オンライン部門によるSCP-XXX-JPの運営元の捜索が続けられています。

説明: SCP-XXX-JPは異常な手段で電子メールの送受信を行うメールサービスです。SCP-XXX-JPを利用しているアカウントのドメイン名は@█████████.comとなります。

SCP-XXX-JPを用いて送信される電子メール(以下SCP-XXX-JP-1と呼称)の署名は、確認されている限り全てが送信時点で故人となっている名義のものです。SCP-XXX-JP-1の差出人名義は署名に記されている人物が生前に使用していたドメインのものになりすまされます。SCP-XXX-JPのサーバIPアドレスは各種メールサービスによりブロックされているにも関わらず、SCP-XXX-JP-1は問題なく受信されます。また、メール送受信時の各種認証もSCP-XXX-JP-1に対しては現時点では効果を確認できていません。

SCP-XXX-JP-1は差出人が死亡した記憶を保持しておらず、かつ生前親しくしていた人物に向けて送信されます。また、その内容も送信者自身の死を知らせるものではなく、あくまで暫しの別れを告げるようなメッセージとなります。具体的な内容は以下のファイルを参照して下さい。

特筆すべき点として、SCP-XXX-JP-1を受信し開封した人物はSCP-XXX-JP-1の送信者が死亡した事実の認識が超自然的な要因により不可能となります。この影響は記憶処理等の手段では取り除くことが出来ません。確認されている例としては「死亡通知が手違いで届かない」「死亡したことを伝えられる直前に前向性健忘に罹患しそれを記憶できなくなる」「死亡したことを伝えようとした人間が心筋梗塞により急死する」などがあります。この異常性による二次被害を防止する側面で、以前はSCP-XXX-JP-1に関する記憶のみを取り除いていましたが2、現在ではSCP-XXX-JP-1の送信者の記憶を関係者から取り除く3方向に収容方針をシフトしています。

補遺: 2016年2月15日23時43分、財団に所属しているエージェント・高木の両親に対しSCP-XXX-JP-1がエージェント・高木名義で送信されているのが確認されました。エージェント・高木はSCP-███-JPの収容のためサイト-81██に23年間隔離されていましたが存命であり、本件に関し本人にも確認したところ「身に覚えがない」と供述しています。このエージェント・高木名義のSCP-XXX-JP-1は同日中に削除されていました。削除した人物及び手段は現在調査中です。


気になる点
・+評価で残りそうか
・意味が伝わらない文章がないか
・説明で間違ったことを書いていないか


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The AKQJ10's portal does not exist.


エラー: AKQJ10のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2965697 ( 01 Jun 2018 16:03 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License