読んだ奴を病院送りにしたい.txt

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

評価: 0+x
blank.png

COGNITOHAZARD WARNING

以下のファイルでは異常な認識災害について言及されています。そのため、このファイルにアクセスする全ての職員は13以上の認知抵抗値を有すると認定されており、且つ思考管理訓練-XXX-JPでA+判定の評価を下されていることが不可欠です。ファイルの閲覧後は必ず精密検査を受けるようにしてください。また、当報告書には認識災害の影響を避けるため、意図的な編集が行われている点に留意してください。



アイテム番号: SCP-XXX-JP Level 3/XXX-JP
オブジェクトクラス: Euclid Classified

ヴォーリズ記念病院(1).jpg

サイト-81NS

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP及びXXX-JPキャリアはLoI-XXX-JPを改装したサイト-81NSに収容されます。

SCP-XXX-JP収容には以下の人員が用いられます。

  • XXX-JPキャリア: SCP-XXX-JPの収容維持のため、コミュニケーションの可能なXXX-JPキャリアが常時3名以上必須です。コミュニケーションの可能なXXX-JPキャリアの人数が3名を下回る場合、Dクラス職員若しくは希望者であるCクラス以上の職員をSCP-XXX-JPに曝露させることで人員補充を行います。この際、Cクラス以上の職員には当ファイルの編集が可能な権限を付与されます。
  • 財団医療スタッフ: XXX-JPキャリアの緩和治療を行います。身体症状担当医、がん看護専門看護師、緩和薬物療法認定薬剤師各1名以上必須です。SCP-XXX-JPへの曝露リスクを最小限に抑えるため、SCP-XXX-JPに関する知識を有さない人員により構成し、XXX-JPキャリアとの接触も最小限に留めます。
  • 精神症状担当医療スタッフ: XXX-JPキャリアの緩和治療において、精神医学的なアプローチを行います。求められる職務の危険性のため必須人員ではなく、条件に合致する希望者であるCクラス以上の職員がいる場合のみの役職となります。
  • 用務員: Dクラス職員を2名用います。サイト-81NS内部の清掃などの雑務を行います。SCP-XXX-JPへの曝露リスクを最小限に抑えるため、SCP-XXX-JPに関する知識を有さない人員により構成し、XXX-JPキャリアとの接触も最小限に留めます。
  • 警備員: 財団所属のエージェントを2名用います。サイト-81NSへの無断の出入りを取り締まります。この人員はサイト-81NS内部への立ち入りを禁止します。

SCP-XXX-JPに関わる職員には毎日の簡易身体検査及び週1回の精密検査が義務付けられます。身体検査にてSCP-XXX-JPに曝露したと考えられる職員が発見された場合、当該職員はSCP-XXX-JPに曝露させ、XXX-JPキャリアとして収容します。

説明: SCP-XXX-JPは[編集済]ホスピス(LoI-XXX-JPに指定)内の入院患者が有する異常な情報です。SCP-XXX-JPは規則の形をとる6つの文章群であることが分かっています。

SCP-XXX-JPのうち何れか1つ以上の文章をヒトが認識した場合、対象は生命予後の極めて悪い疾病1に罹患し、3~12ヵ月が経過すると死亡します(対象を以下XXX-JPキャリアと呼称)。XXX-JPキャリアの疾患を根治させることや延命治療の実施は如何なる手段をもってしても失敗に終わっており、12ヵ月以上の生存例は確認されていません。

XXX-JPキャリアがSCP-XXX-JPに違反する行動をとろうと意図した場合、それを実行することが出来ません。これは各XXX-JPキャリアが有するSCP-XXX-JPの知識に依存しません。そのため、仮にSCP-XXX-JPを1つのみ認識しているXXX-JPキャリアが、認識していないSCP-XXX-JPを無意識に実行しようとした場合、それは失敗します。

SCP-XXX-JPの発生は遅くとも2005/08以降であると考えられています。2005/08/05~2005/08/28までの間に、LoI-XXX-JPの従業員13名中10名が生命予後不良の疾病に罹患しているという記録が財団により発見されたためです。その後、初期調査のため派遣されたエージェント・浅井によりSCP-XXX-JPの異常性が明らかにされ、収容手段が確立されました。

補遺: インタビュー記録

以下のファイル群はSCP-XXX-JPに対する初期接触時に得られたものです。SCP-XXX-JPの持つ性質上、このファイル群がSCP-XXX-JPの起源や発生原因を示す財団管理下唯一の資料です。ファイル内には情報災害ベクターを含む可能性があります。心身の不調を感じた場合、直ちにファイルの閲覧を中止し精密検査を受けてください。








タグ: scp-jp euclid 概念 言語 情報災害 精神影響 知識 強制力


ERROR

The AKQJ10's portal does not exist.


エラー: AKQJ10のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2965697 ( 01 Jun 2018 16:03 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License