Robert Carter(ロバート・カーター)

このページの批評は終了しました。

Robert Carter was cool, calm, and collected. He straightened his deep blue tie, then parted his hair with a metal comb. The lights of the Las Vegas strip lit up the night as bright as day. Robert continued to stride down the pavement, taking out one stick of nicotine gum, another of strawberry flavoured, and placed them into his mouth. He chewed, merging them both into a single amorphous blob. He rolled the wad around his mouth, then parked it between his left cheek and his teeth. It was a slower hit than chewing tobacco, but the taste and texture were better.

ロバート・カーターはクールで、冷静で、沈着だった。彼は深い青色のネクタイを真っ直ぐに直し、金属製の櫛で髪を分けた。ラスベガス・ストリップの明かりが夜を昼の如くに照らしていた。ロバートは舗道を歩きながらニコチンガムとイチゴ味のガムを1つずつ取り出し、口に入れた。彼はそれらを噛み、融合させて1つの不定形の塊にした。ガムを口の中で転がし、左頬と歯の間に挟んだ。噛みタバコよりも遅い効き目だったが、味も食感もそれより良かった。

Robert continued walking, the beam of light from the top of the Luxor's pyramid guiding him to his destination. He cracked his neck from side to side, then stretched his arms into the air. He moved through the entrance, walking through the atrium to the high limit area. A staff member waved at him, and he in return; Robert was one of their most regular patrons.

ロバートは歩き続けた。ルクソールのピラミッドの頂上から伸びる光の筋が彼を目的地へと導いた。彼は首を鳴らしてから手を高く上げて伸びをした。彼はエントランスを通り抜け、アトリウムを通ってハイリミットエリアへと移動した。スタッフの1人が彼に手を振って、彼も手を振り返した。ロバートはこの店の常連客の1人なのだ。

Robert wasn't the best at poker, but he didn't need to be fantastic to turn a profit here. While other, more specialist casinos were filled with savvy players at their tables, the Luxor was a hotel and entertainment venue as well. Rich businessmen would stay here on trips and play at the tables on a whim, with no real concept of how to play, and Robert was glad to empty their pockets.

ロバートはポーカーが特別上手くはなかったが、ここで利益を得るためには素晴らしいプレイヤーである必要は無かった。他の、もっと専門的なカジノではテーブルには熟練のプレイヤーばかりだが、ルクソールはホテルであり、エンターテイメントの場でもあった。金持ちのビジネスマンが旅行で泊まり、どうプレイするかの構想も無く気まぐれにテーブルで遊ぶ。ロバートは彼らのポケットを空にして喜んでいた。

He walked over to the cage, exchanging ten thousand dollars - cash, of course - for chips, and getting his name placed on the wait list. He moved to the cocktail station, smiling at the bartender, who returned the smile.

彼はケージに向かい、1万ドル —もちろん現金だ— をチップと交換し、名前をキャンセル待ち名簿に入れてもらった。彼はカクテルステーションへと移動し、バーテンダーに微笑みかけた。バーテンダーも笑みを返した。

"Good evening, Mister Carter. Your drink, as always."

「こんばんは、ミスター・カーター。どうぞ、いつもの物です。」

"Thanks, Jim. Keep the change."

「ありがとう、ジム。釣りはいいよ」

Robert handed the bartender a crisp fifty-dollar bill, taking the Pineapple Screwdriver from the bench and sipping it pensively. He seated himself in a nearby lounge, watching a table of men throwing their money away at a Baccarat table. Robert was filled with a sense of schadenfreude as he saw two men dejectedly leave the table, their money wasted to the house. Games of chance, while interesting, were never worth the financial risk. There were no betting systems that offered meaningful returns, with the exception of counting cards; even then, you'd likely be removed from the table before gaining a decent win margin.

ロバートはバーテンダーにパリッとした50ドル札を手渡し、ベンチからパイナップル・スクリュードライバーを取って考え込むようにひと口飲んだ。彼は近くのラウンジに座り、バカラのテーブルで男たちが金を投げ捨てるのを見ていた。ロバートは2人の男たちが金をハウスに落とし、意気消沈して去っていくのを見て暗い喜びに満たされた。チャンスゲームは面白いが、金銭的なリスクに見合うものではない。意味あるリターンをもたらすベッティングシステムがカードカウンティング以外に存在しないのだ。そしてカードカウンティングをしたとしても、まともな勝率になる前にテーブルを追い出されてしまうだろう。

A staff member walked over to Robert, bowing curtly.

スタッフがロバートのところに歩いてきて、素っ気なくお辞儀をした。

"A seat has become available, Mister Carter. Please follow me."

「お席が空きました。ミスター・カーター。ついて来てください」

Robert stood, following the man over to the table with his highball glass in hand and his bag of chips in the other. The house dealer moved the white button in front of the empty seat as Carter approached, the other three people at the table looking towards their newcomer.

ロバートは立ち上がり、ハイボールのグラスを片手に、チップの入ったバッグをもう片方の手に持ってテーブルに向かう男を追いかけた。カーターが近づいてくるとディーラーは空いている席の前に白いボタンを動かし、テーブルの他の3人は新たな参戦者の方を見た。

Carter cased them. His thought patterns were something like this.

カーターは彼らを評価した。彼の思考パターンはこんな感じだ。

Number One: male, heavy build, balding brown hair, a slight roundness to the belly, a beer placed in front of him and a small pile of poker chips. A black suit jacket, opened to accommodate for the rotundity of his gut. Light tan, slight lazy eye, probably on holiday looking to burn through some savings. Not a problem.

1番: 男、がっしりとした体格、茶髪の禿頭、腹にわずかに丸み、目の前にはビールとポーカーチップの小さな山。腹の丸みに合わせて開いた黒いスーツのジャケット。淡い褐色、わずかに気怠げな目、おそらく休暇中で、貯金を使い果たそうと思っているのだろう。問題無い。

Number Two: female, curvy, deep red lipstick, green dress, with shoulder length brown hair. Probably the wife of someone rich, having some fun with the husband's money. She seemed to have the largest pile of chips in front of her, though whether by chance or ability, Carter couldn't say.

2番: 女、曲線美のある体型、真紅の口紅、緑のドレス、肩までの長さの茶髪。おそらく金持ちの妻で、夫の金で遊んでいるのだろう。彼女は最も多くのチップの山を持っているように見えるが、偶然なのか力量なのかカーターには分からなかった。

Number Three: male, tall, lanky, glasses, long hair, wearing a suit he's clearly a bit uncomfortable in; likely here for the IBM Impact conference being held at the Venetian. A potential threat, but based on the assumption of his employment, probably more analytic of the table than the people sitting at it. In that case, easily bluffed if the table could have some decent hands in play.

3番: 男、高身長、大柄、眼鏡、長髪、スーツを着ていて明らかにそわそわしている。ベネチアン1で開催されているIBMのインパクトカンファレンスのためにここに来たんだろう。潜在的な脅威ではあるが、仮定した雇用先の事を考えると座っている他の面々よりもテーブルの分析力が高いだろう。そうであれば、プレイ中にテーブルにまともな手があれば簡単にブラフをかけられる。

Yes, he thought, sitting down to the left of One. This was a good table.

よし、と思いながら彼は1番の左に座った。ここはいいテーブルだった。

Carter pulled his chips from the bag, sorting them into ordered piles. The dealer spoke to Carter while shuffling the cards.

カーターはバッグからチップを取り出し、整然とした山に並べ替えた。ディーラーがカードをシャッフルしながらカーターに話しかけた。

"Texas hold 'em, current blinds of 40 and 80, betting cap limit of 4000 per player per round. Mister Carter to deal."

「テキサスホールデム、現在のブラインドは40と80、ベット上限は1プレイヤーにつき1ラウンド4000です。ミスター・カーターからディールを行います」

The dealer riffled the deck a final time as Carter got his chips in order. One placed 40 out, Two placed 80, then all watched as two cards were dealt to each player. Carter lifted the side of his cards, looking at his hand: the King and 10 of Diamonds.

カーターがチップを整え終わると、ディーラーは最後にカードをシャッフルした。1番が40払い、2番が80枚払い、そして全員がそれぞれに2枚のカードが配られるのを眺めた。カーターはカードをめくり上げ、自分のハンドを見た。ダイヤのキングと10だ。

K♦ 10♦

"Bidding on Mister Ferris."

「ミスター・フェリスのビディングです」

Three picked up the cards from the table, looked at his hand, placed the cards back down, then dropped 80 worth of chips besides them. Carter matched the blind, nodding to the dealer.

3番はテーブルからカードを拾い上げ、そのハンドを見て、カードを下に戻してから80のチップをその隣に落とした。カーターはビッグブラインドに合わせてチップを出し、ディーラーに頷いた。

"Bidding on Mister Colridge."

「ミスター・コリッジのビディングです」

One nervously tapped his chin, then pushed another 40 onto his small blind. Two tapped the table, smiling at the dealer. The dealer pulled the bids to the pot, then dealt the three cards of the flop: the 9 of Spades, the Queen of Hearts, and the 3 of Diamonds.

1番は神経質に顎を叩き、スモールブラインドに更に40を置いた。2番はテーブルを叩き、ディーラーに微笑みかけた。ディーラーは賭け金をポットに回収し、フロップの3枚のカードを配った。スペードの9、ハートのクイーン、ダイヤの3。

9♠ Q♥ 3♦

The other players had their eyes on the cards; Carter had his eyes on them. One was smiling dumbly at the deal, then picked up his hand; placing it back on the table, he checked. Not a good hand for him, then, Carter thought. Three still stared at the table, clearly running some calculation in his head.

他のプレイヤーはカードを見た。カーターは彼らを見た。1番は配られたカードを見て黙って笑みを浮かべ、ハンドを取って、そのままテーブルに戻した。彼はチェックした。いいハンドではなかったのだとカーターは思った。三番はまだテーブルを見つめており、明らかに頭の中で計算をしていた。

"Bidding on Miss Friar."

「ミス・フライアのビディングです」

Two ran her index finger between her lips, then placed it solidly on her cards. She moved 200 worth of chips from her pile next to the cards, then nodded to the dealer.

2番は人差し指を唇の間に走らせ、そして自分のカードの上にしっかりと置いた。彼女はカードの横の山から200のチップを動かし、ディーラーに頷いた。

"Raise of 200 from Miss Friar."

「ミス・フライア、200のレイズです」

Three, without hesitation, pushed a matching bid in front of him. Likely had a good hand, probably at least one Queen; then again, Two had still been confident enough to raise. The table didn't favour a certain suit, so a flush wasn't bankable; the best, at present, was three of a kind. Still, Carter was a single Jack away from a straight; not to mention the small, but notable potential for a diamond flush.

3番は躊躇することなく自分の前に同額の賭け金を押した。おそらくはいいハンドを持っていて、少なくともクイーン1枚はあっただろう。しかし一方で2番はまだレイズするのに十分な自信を持っていた。今回テーブルのカードにスートの偏りは無いので、フラッシュは確実な勝ち筋ではない。現状で確定するベストの手はスリーカード。その上カーターの手はジャック1枚あればストレートだ。ダイヤのフラッシュという小さくも注目すべき可能性がある事は言うまでもない。

"Bidding on Mister Carter."

「ミスター・カーターのビディングです」

The question, then, was to call or re-raise. One was likely to fold or check, if the estimation of a bad hand was correct; thus, calling the hand would stop Two from being able to raise again this round. Carter moved in 200 next to his cards, nodding to the dealer. The dealer turned to One, who sighed, pushing his cards forward. The dealer nodded, then collected the bids from around the table. He burned a card from the deck, then dealt the turn card: the 9 of Diamonds"

ならば問題はコールするかリレイズするかだ。悪い手だという予想が正しければ1番は恐らくフォールドかチェックをする。故にコールすれば2番がこのラウンドで再びレイズする事を妨げる結果となるだろう。カーターはハンドの隣に200を動かし、ディーラーに頷いた。ディーラーが自分側に向き直ると、1番は頷き自分のハンドを前に押し出した。ディーラーは頷き、テーブルから賭け金を回収した。そしてデッキから1枚カードをバーンし、ターンカードを配った。ダイヤの9だ。

9♠ Q♥ 3♦ 9♦

Carter considered his position; a diamond or a Jack on the river would give him either a flush or a straight, but anything else would leave him with a the shared 9 pair hand from the table. Carter took a mouthful from his drink.

カーターは自分の立ち位置を考えた。ダイヤかジャックがリバーになれば彼の手はフラッシュかストレートになる。けれど他のカードなら彼の手元にはテーブルにある共通カードの9のペアだけが残る。カーターは飲み物を一口飲んだ。

"Bidding on Miss Friar."

「ミス・フライアのビディングです」

Two pushed in 1000 worth of chips.

2番は1000のチップを押した。

"Raise of 1000 from Miss Friar."

「ミス・フライア、1000のレイズです」

Three looked at the table, massaging his temples. That he was thinking about this meant that he likely only had the one Queen; if he had two in his hand, the pair of nines now on the table would give him a full house, at which point he'd know he had won. The question, then, was what Two had. It was possible that she had the two Queens, but assuming that Three had one of them, the chances were rather low. She probably started, then, with one Queen and another of the cards on the table. If she had a Queen and a three, then she had now simply improved from a Queen/3 two pair to a Queen/9. If she had the Queen and a 9, however, then she had a full house of two Queens and three nines. Carter looked over at Two, suddenly staring directly into her eyes as she stared straight back at him.

3番はテーブルを見つめ、こめかみを揉んだ。このタイミングで考え込むという事は彼の手には恐らくクイーンが1枚しかないという事を意味している。もし2枚持っているならばテーブルに出ている9のペアでフルハウスが成立し、この時点で彼は勝ったと思っただろう。ならば問題は2番が何を持っていたのかだ。彼女が2枚クイーンを持っているという可能性はあったが、3番が1枚持っていると仮定するとその可能性はかなり低い。という事は彼女はクイーン1枚とテーブル上のカード1枚の組み合わせでスタートしたのだろう。もし彼女がクイーンと3を持っていたなら、彼女の役はクイーンと3のツーペアからクイーンと9のツーペアと単に良くなっただけだ。しかしクイーンと9を持っていたならば、彼女の役は2枚のクイーンと3枚の9からなるフルハウスだ。カーターは2番を見た。突然彼女が見返してきたので、目をじっと覗き込む形になった。

"Call from Mister Ferris, bidding on Mister Carter."

「ミスター・フェリス、コールです。ミスター・カーターのビディングです」

The best solution was to act as though he had the two Queens in his hand.

最善の解決策は2枚のクイーンを持っているかのように振る舞う事だった。

Carter moved 2000 worth of chips onto the table.

カーターは2000のチップをテーブル上に動かした。

"Additional raise of 1000 from Mister Carter."

「ミスター・カーター、追加で1000のレイズです」

Two smiled, moving another pile in to match the raised bet, as did Three, ending the bidding round. Carter smiled at Two, taking another drink from his glass; she rested her chin in her hands, smiling back. Three, meanwhile, remained oblivious, staring directly at the cards. One looked on at the match with a degree of joviality, his lost bid of 80 now seeming tiny in comparison. The dealer gathered the bets into the now imposing pot. All eyes were on the deck as the dealer burned another card, then revealed the river: the Jack of Hearts. Carter reviewed the table and his hand.

2番は微笑んで上がった賭け金に合うだけの山を動かし、3番も同様にした。ベッティングラウンドが終了した。カーターはグラスからもう一口飲んで2番に微笑みかけた。彼女は頬杖をついて微笑み返した。一方で3番はカードを見ていて気づかなかった。1番はもはや彼が失った80の賭け金が端金と化したマッチを楽しそうに見ていた。ディーラーは賭け金を今や立派になったポットに集めた。ディーラーがカードをバーンすると、全ての目がデッキに注がれた。そしてリバーが明かされた。ハートのジャックだ。カーターはテーブルと自分のハンドを見直した。

9♠ Q♥ 3♦ 9♦ J♥

K♦ 10♦

He had the king-high straight, then; Carter prevented himself from exhaling a sigh of relief. Flushes were impossible with the current state of the table, so the only real danger to his hand was from a full house. Carter was certain that Three had no such hand; from his subdued demeanor, it was unlikely his non-Queen card had been a Jack.

彼はキング-ハイストレートを持っていた。カーターは安堵のため息を吐くのを抑えた。フラッシュは今のテーブルの状況では不可能なので、彼のハンドにとって真なる危険はフルハウスからの役だけだった。カーターは3番はそのようなハンドを持っていないと確信していた。彼の控えめな振る舞いから、クイーンでない方のカードがジャックである可能性は低かった。

"Bidding on Miss Friar."

「ミス・フライアのビディングです」

Two pushed 1000 worth of chips beside her hand.

2番は1000のチップをハンドの隣に押した。

"Raise of 1000 from Miss Friar."

「ミス・フライア、1000のレイズです」

Three was concerned by this, picking up his hand from the table, then placing it back down. He rubbed the back of his neck. He was clearly hesitant about the hand: yet, he had sunk the money into the pot, and seemed resolved to see it through. He started to move a pile of 1000 beside his cards, then shook his head, pushing in two such piles.

3番は今度は心配していた。ハンドをテーブルから持ち上げ、そして元に戻した。彼は首の後ろを擦った。明らかに自分のハンドに怖気付いていた。けれど彼はポットに金を沈めていた。彼は最後までやり通す事を決断したようだった。彼は自分のカードの横に1000の山を動かし始め、首を振ってそのような山を2つ押した。

"Additional raise of 1000 from Mister Ferris. 2000 to call, bidding on Mister Carter."

「ミスター・フェリス、追加で1000のレイズです。コールは2000。ミスター・カーターのビディングです」

Carter wasn't concerned about Three any more. The futile show of confidence had been the clincher; Three did not have a winning hand. The question, then, was Two. She continued to stare at Carter, smiling at him with almost condescending confidence. Carter moved his bet beside his cards.

カーターはもはや3番を気にしてなどいなかった。無駄な自信のアピールが決め手だった。3番は勝ち目のあるハンドを持ってはいない。であるならば問題は2番だ。彼女は他者を見下すような自信に満ちた微笑みを浮かべながらカーターを見続けていた。カーターは賭け金をカードの横に動かした。

"Additional raise of 1000 from Mister Carter, total bid 3000. Miss Friar, an additional 2000 to call."

「ミスター・カーター、追加で1000のレイズです。合計額は3000。ミス・フライア、コールは追加で2000です」

Two pushed three piles besides her hand.

2番は3つの山をハンドの横に押した。

"Additional raise, capping the table maximum at total bid of 4000. Mister Ferris, 2000 to call."

「追加でレイズ、合計4000でテーブル最大額です。ミスター・フェリス、コールは追加で2000です」

Three massaged his forehead, sighed, then pushed an additional 2000 into his bet. Carter smirked at the move, pushing in a final 1000 of his own and ending the final round of bidding. The dealer collected the bids into the pot.

3番は額を揉み解して溜息を吐き、追加で2000を賭け金に加えた。カーターはその動きににやりと笑って自分の持つ最後の1000を押し込み、最終ベッティングラウンドを終了した。ディーラーは賭け金をポットに集めた。

"All show."

「公開を」

9♠ Q♥ 3♦ 9♦ J♥

Three flipped his hand first.

3番が最初にハンドを裏返した。

Q♦ 3♠

"Two pair from Mister Ferris."

「ミスター・フェリス、ツーペアです」

Carter flipped his own hand next.

次にカーターがハンドを裏返した。

K♦ 10♦

"A king-high straight from Mister Carter."

「ミスター・カーター、キング-ハイストレートです」

Three closed his eyes, letting his head flop limply backwards in defeat. Two laughed at the gesture, then flipped the two cards in front of her, still untouched since the beginning of the game.

3番は目を閉じ、敗北に頭を後ろに倒した。2番はその仕草に笑って、彼女の前にあるゲームの初めから未だ手を付けられていない2枚のカードを裏返した。

K♥ 10♥

9♠ Q♥ 3♦ 9♦ J♥

For a second, Carter's heart skipped a beat at the sea of red, thinking she had a royal flush; remembering that a flush was impossible, he examined the hand more closely.

一瞬、カーターの心臓は巨額の損失を予感して早鐘を打った。彼女の手がロイヤルフラッシュに見えたのだ。フラッシュが不可能である事を思い出し、彼はハンドをより詳細に検分した。

"And a king-high straight from Miss Friar. Split pot between Mister Carter and Miss Friar, dividing 18920 into a total of 9460 apiece."

「ミス・フライア、キング-ハイストレートです。ミスター・カーターとミス・フライアでポットをスプリット、18920を各自9460に分配します」

The dealer deftly started to sort the pile; Three gathered his remaining chips, turned on his stool, and gestured to a passing member of floor staff. Carter looked over to Miss Friar inquisitively, curious about the unexpected hand. She smiled at him with the same smile she had during the match, initiating conversation.

ディーラーは器用に山を分割し始めた。3番は彼の残ったチップを集め、スツールを回して通りがかったフロアスタッフにジェスチャーをした。カーターは予想外のハンドに興味を持ち、ミス・フライアを物珍しそうな目で見た。彼女はマッチの間と同じ笑顔で彼に微笑み、会話を始めた。

"Nicely done. Was half expecting you to have the two Queens."

「お上手ね。あなたがクイーンを2枚持っているのではないかと思ったわ」

"Same here."

「僕もですよ」

The dealer passed both of them their winnings; each gave the dealer a 50 chip as a tip, causing him to dip his head in gratitude. Carter waved down a passing server.

ディーラーは2人に賞金を渡した。2人がディーラーにチップとしてそれぞれ50のチップを渡すと、彼は頭を下げて感謝の意を表した。カーターは通りがかったウェイターに手を振った。

"Say, Miss Friar, let me buy you a drink to celebrate."

「ミス・フライア、お祝いに一杯奢らせてください」

"Expecting me to play worse when I'm liquored up?"

「酔えばもっと悪いプレイをするとでも?」

"Well, clearly I'll need all the edge I can get, Miss Friar."

「まあ、間違いなくできる限り危ない橋を渡ってやっとでしょうけどね、ミス・フライア」

She laughed, shaking her head.

彼女は笑い、頭を振った。

"You'll find that drink only makes me stronger. A rum and coke then, Mister Carter."

「お酒は私を強くするだけだって分かるだけよ。キューバ・リブレを、ミスター・カーター」

"Please, call me Robert."

「どうか僕の事はロバートと」

"Ruby."

「ルビーよ」

"A pleasure to meet you, Ruby Friar."

「お会いできて光栄です、ルビー・フライアさん」

She grinned.

彼女は笑った。

"Likewise, Robert Carter."

「私もよ、ロバート・カーターさん」

And so the night went on.

そうして夜は更けていった。


Something slid under the door.

何かがドアの下を滑ってきた。

Robert carefully sat up in the bed, massaging his temples. The Luxor's Pyramid suite was furnished with tinges of royal purple on the lounges and curtains; he looked towards the hieroglyphics plastered on the wardrobe at the foot of the bed before returning his gaze to the door. He heard a shuffling from outside. He stood upright, careful not to disturb Ruby from her rest. Robert walked across the room, bending down and picking up a slip of paper from the carpeted floor. He turned to a nearby lamp, flicking the switch as quietly as he could. He looked at the envelope, reading in large cursive Mister Robert Carter across the front. He slowly tore the top of it open, pulling out and reading the message inside:

ロバートはこめかみを揉みながら慎重にベッドから腰を上げた。ルクソールのピラミッドのスイートルームはラウンジにもカーテンにも高貴な薄紫の装飾が施されていた。彼はベッドの足元の衣装だんすに石膏で装飾されたヒエログリフを眺めてから、ドアの方に視線を戻した。外から何かを引きずるような音が聞こえた。彼はルビーの休息を邪魔しないよう気をつけて立ち上がった。ロバートは部屋を横切り、屈み込んでカーペットの敷かれた床から紙切れを拾い上げた。彼は近くのランプを向き、できる限り静かにスイッチを入れた。彼は封筒を見た。表に筆記体で大きくロバート・カーター様と書かれていた。彼はゆっくりと封筒の上部を破って開けた。中のメッセージはこうだった:

ロバート・カーターの受領者へ

貴殿は現在的に申立相当を受けるにおいて従い、速やかに多くの人々からである。速やかに経由し、従い対象者の本題の平易かつ直接へ。以下企業の合理的な相続
マーシャル・カーター&ダーク 株式会社
であるは多くにとっての願い。消費の対象。回収は
6月26日
居住者の場所より。

if Ever am to the not; Hotel And Casino of Luksoras room will yes.

もし仮にではない予定であるならば、ホテル&カジノルクソールノ部屋でも可。

forthcoming For incomprehensible, henceways, no message from Incipient.

今後の理解困難、従いながら、起点者からの連絡無し。

from RUPRECHT CARTER of unDeath state

不死状態のルプレヒト・カーターより
無礼な微粒子;
A-78xD ユナイテッド・エイドロニック・コレクティブ
(理解困難について深く)

Robert realised he mustn't have been awake enough to understand the note. He put it on the counter, meaning to read it upon waking; yet it slipped his mind in the morning, later dismissing the letter as an odd dream and leaving the missive to be disposed of by the cleaning ladies. Ruby and Robert parted ways. Days passed, as days do.

ロバートはそのメモを理解するのに十分なほどには目が覚めていない事に気づいた。彼はそれを目が覚めたら読むつもりでカウンターの上に置いたが、朝にはすっかり忘れてしまった。その後この手紙は変な夢で片付けられ、掃除婦が処分するゴミになった。ルビーとロバートは別れた。時は変わらず過ぎていく。

On the night of the 25th of June, Robert Carter went to sleep in the Pyramid suite of the Luxor hotel.

6月25日の夜、ロバート・カーターはルクソールホテルのピラミッドスイートで就寝した。

On the morning of the 26th, he awoke in an unfamiliar bed.

26日の朝、彼は知らないベッドの上で目覚めた。


ここまで

メッセージ部分はszh_tmhszh_tmh氏により訳されたスキッター・マーシャルにあるそれと同一の部分が多く見られたため重複する部分をそのまま拝借し、完全に重複しない部分についてのみ原文を併記しています。

ERROR

The NorthPole 's portal does not exist.


エラー: NorthPole のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2955066 ( 06 Jun 2018 08:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License