和訳するために 途中

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


和訳を始めるためのエッセイ

ハローエブリワン!気になる記事が日本語になっていなかった。面白い記事の続きが日本語訳されていなかった。そんな経験はありませんか?ある?結構。では、自分で日本語訳しようとした経験は?ある?無い?まあどっちでもいいです。なぜならこれは和訳を始めるためのエッセイ!故に既に始めている人はここに用などありません。いや、ちょっとはあるかな。基礎を固めるのは大事ですから。ともかく、今ここにいるあなたはきっと「興味はあるがやったことは無い」か、「興味を持ってやろうと思ったが挫折した」かのどちらかなのです!このエッセイは今述べたような人に向けた、このサイトで英語の記事を和訳するための最初の道標となるでしょう。一応それを目標に書いていきます。手短にやって行きましょう。

勉強する気、ある?

英語が分からない。でも英語の記事を和訳したい。そんな人にかける言葉はこれひとつです。できない事はできません。読めないものを読める形で出力することはできません。英語の記事を和訳している私は、エスペラント語の記事を和訳することはできません。エスペラント語が分からないからです。なので、まず英語を分かるようになってください。例えば、高校の教科書でも開いて、辞書を引きながら意味が分かるようになればいいです。中学の教科書でも別にいいです。そこがスタートラインになります。

スタートラインに立てればこっちのものです。もはや貴方の前に敵は無い。何を迷う事がありますか?訳しましょう。そして英語力が足りなければ勉強しましょう。それで大体の記事は和訳できるはずです。

いや勉強したくないですけど……

勉強したくない!?おかしなことを仰る。一般的にSCP記事を書くためにはSCPを知らねばならない。そうですね?一般的に文章を書くためには文章を読まねばならない。そうですね?それと同じ事なのです。英語を和訳するためには英語を知らねばならない。当たり前ですね。寝ぼけた事を言ってないで英語をやりましょう。それとも、英語の学び方が分かりませんか?中学校でなにをしていたんですか?ぺっ!

なんて冗談は置いておいて。いいと思います。でも目の前の文章を理解しないままでできる事は限られています。それで満足できるなら全くもって構わないでしょう。なので私からはひとつだけ。和訳するための英語力が足りないと感じて、それでも訳したい記事を見つけてしまった時、諦める必要などありません。足りないものは増やせばいい。あなたにはその手段があります。だからそれはできるかできないかの話ではなくて、手間をかけるか諦めるかの話なのです。諦めるならそれでもよし。勉強してから再び挑むのならなおよいでしょう。

私にも和訳できますか?

できます。でも今すぐできるかは分かりません。私感ですが、この世には訳しやすい文があり、同様に訳しにくい文があります。ですからできるかどうかを前もって知るのは難しいでしょう。必要とされるパワーは記事によって異なりますし、パワーが足りているかどうか調べるには和訳してみるのが手っ取り早いです。つまり、和訳してみて上手くいけばよし、上手くいかなかったらその記事はあなたにはまだ早いということです。そうなったら対象言語を勉強するか、必要な知識を入手するか、あるいは別の記事を和訳しましょう。

この時大切なのは、どんなにショボいものが生成されようと、どれだけ短い部分しか完成しなかろうと、それを綺麗さっぱり消し去らないことです。和訳パワーが明らかに足りていない場合、記事の和訳は大抵最初の方で引っかかります。もちろんそれが最初で最後の壁ということもあり得ますし、そうでない時もあります。また、逆に頑張って訳したはいいものの最後の最後で突っかかってお蔵入り、なんて事もあります。でも、お蔵入りになったものを半年後、1年後に見返した時、なんでこんな場所で躓いたんだろうと思う事だってたくさんあります。そういう事ってよくあって、記事を訳するにあたってはかつて途中までやって投げた和訳があったら大いに役立つ場合があります。何が言いたいかと言うと、途中まででもやっておくといつか自分が得をするということです。だから最後まで訳せるかどうかなんて気にせず、軽率に始めて軽率にメモの片隅にぶん投げちゃいましょう。始めてしまえば必ずあなたのプラスになります。プラスにならなければならないで自分の成長を実感する道具にできるので悪いことは無いです。逆に言えば、訳したい記事がダメだったらスッパリ諦めて次に行くのも時には大切だということです。

SCP財団で和訳をするときに

SCP財団の世界観では財団に特有の言葉がたくさん出てきます。そういった言葉を適切に和訳するためには、前例に倣うのが最も手っ取り早いでしょう。SCP記事を読んだりtaleを読んだりして、世界観への理解を深めるのが良いでしょう。あるいは、原文のページから分からない単語を検索にかけて、出てきた記事を和訳版と比べてみると、よく分からない語の訳語が分かる場合があります。

和訳に特有のテクニックが知りたいよ、という人は和訳された作品を色々と読んでみて、品質が高いなと思えるものを見つけて自分でも訳してみてください。原文と自分が作った訳文、それに投稿されている訳文を比べてみて、何がどう違うのか確かめてみるのです。それを繰り返せばいずれ答えが見えてくるでしょう。まあこれは勉強の話ですね。参考書とかを買う方がいいかもしれません。

大切なこと

和訳には日本語力が大事です。日本人なら誰でも日本語力はあるでしょ、なんて言っている場合ではありません。そんな事はないのです。例えば、用意されたテキストを一言一句違わず読み上げる。ただそれだけの事ができない人だって世の中には存在しますし、逆にそれを句読点の一つに至るまで正確に読み上げる人だって存在します。人には得意な事と苦手な事があり、それが日本語に限って例外であるはずがないのです。語彙力が高い人がいれば、語彙力が低い人もいます。あなたがどちらかは分かりませんが、こと和訳においては語彙力、日本語力が大事になります。一つの原文から多くの和訳のバリエーションを導き出せる人は、一つしか導き出せない人よりも多くの選択肢を持っているということになると思いませんか?多くの選択肢があればより適切な表現を見つけ出せる蓋然性が上がります。日本語力を磨くことは、和訳の精度を上昇させるのです。

日本語力をどうやって鍛えるか、というのはひとつ大きな課題です。これには様々な文章を読むのがいいでしょう。何を読んでもいいです。新聞でもいいですし、論文でもいいです。週刊誌だって構いませんし、憲法を読んでみようというのもアリでしょう。もちろん小説を読むのだって有効ですね。とにかく様々な文章を読んで、言葉のバリエーションを増やしましょう。もちろん楽しむことを第一に。

他に大事にしたい行いは、先に述べた通りできた訳文を注意深く読み直すことです。一見自然に見えてよく見たらおかしな事を言っている文や、意味は合っているがそんな言い方はしないだろうという文、これを見つけるのが大事です。最初のうちは何度も確認してください。慣れてきたら何度も確認してください。とにかく何度も確認してください。これができるだけで和訳の品質はグンと上がると思います。

終わりに

長々と書いてはみましたが、実際に和訳をする段になって戸惑う事はあまり無いでしょう。できるかできないか。うまく繋げられるか繋げられないか。ただそれだけの事を繰り返すのにどうしたもこうしたも無いのです。まずは英語が読めるようになり、日本語が読めるようになる。基本的にはこれだけです。何らかの分野の知識が必要になる場合もありますが今回その辺は省きました。ともかく和訳をすればその記事は日本語になります。あなたはその結果を求めており、そして実現する手段を持っています。それを行使しない理由はあるでしょうか?きっとあります。それでもあなたが和訳をしてくれることを願っています。

ERROR

The NorthPole 's portal does not exist.


エラー: NorthPole のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2955066 ( 06 Jun 2018 08:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License