Agricola In Insula Est Poeta(Agricola In Insula Est Poeta)

このページの批評は終了しました。


The car started. “Trampled Under Foot” blasted from the speakers.

車が走り出した。「トランプルド・アンダーフット」が爆音でスピーカーから流れ出した。

“Agk, sorry!” Mary-Ann twisted the volume dial down. She waved at the figure in the living-room window, put the car in reverse and pulled out of the driveway. She was off the property, she could now officially relax. Di had everything under control at home, this was now date night. Just her and Salah out for dinner and some well-deserved time away from the house. Those months felt like ages now. Time to make sure that the night wasn't wasted.

「おっと、ごめん!」メアリー=アンはダイヤルを捻って音量を下げた。彼女はリビングの中の人影に手を振り、車を反転させて私道から出た。私有地から出てようやく彼女は本当の意味でリラックスできた。ディに家の事は全て任せて今から夜のデートをするのだ。メアリー=アンとサラーはディナーに行き、家から離れて正当な時間を過ごす。ここ数ヶ月が今は数年にも思われた。この夜が無駄にならないようにしよう。

"So, where are we going, exactly?” Salah asked.

「で、実際問題どこに行くんだ?」とサラーは尋ねた。

“Vladimir’s.”

「ウラジミールの1

"Oh. Hrm."

「おお。ふうむ」

Di looked at the books she had spread out on the dining room table, satisfied with the selection. All the proper things for the growing toddler. There was Cat in the Hat and Goodnight Moon and the Eclectic Diatribes of Duke Grangermont of Upper Ligzenworth. This last book weighed more than Naomi did, concerned various political topics and the growing patterns of cabbages, and had no pictures.

ディはダイニングテーブルに広げた本を眺め、その選択に満足した。どれも赤ん坊を育てるのにふさわしい物だった。キャットインザハットおやすみなさいおつきさま北リグゼンワース公グランジェルモンの多岐に渡る痛烈な批判。最後の本はナオミよりも重い、様々な政治問題とキャベツの育ち方についての本で、挿絵は付いていなかった。

Oddly enough, this last one had not been very popular with her nieces and nephews. She presumed that Mary-Ann and Salah had raised Naomi to have better taste than that.

奇妙なことにこの最後の本は姪と甥には人気が無かった。彼女は、メアリー=アンとサラーならナオミをもっといいセンスを持った子に育てるだろうと思った。

The bar was called Vladimir’s. Vladimir didn’t call it Vladimir’s, though he didn’t call it anything. So it was really a nameless bar called Vladimir’s, and Vladimir was fine with that. What was more important was the fact that it Existed. It Existed, and if it did not Exist, or even if it did exist, the universe would most likely collapse. The existence of the universe requires the Existence of places like Vladimir’s. Something had to fill the holes that formed in the walls.

そのバーはウラジミールのと呼ばれていた。ウラジミールはウラジミールのとは呼ばなかったが、そもそも彼は何とも呼ばなかった。つまりそこは実際にはウラジミールのと呼ばれる無名のバーであり、ウラジミールにとってはそれで良かった。それよりも重要な事は、それが存在しているという事実だ。それは存在していて、そしてもし存在しなかったのならば、かつて存在していたとしてもこの宇宙はきっと崩壊するだろう。宇宙が存在するにはウラジミールののような場所が必要だ。何かが壁に開いた穴を埋めなくてはならない。

It was a converted space, an old warehouse of some long-forgotten Cold War bunker, one of those places that could only be found if someone looked in the right places. The bar itself was in the center of the floor, surrounded by the freestanding tables. The walls were lined with booths, or tables on the upper level. Decoration was sparse: no tablecloths, scuffs on the tabletops, dim lighting from the hanging lamps. The air was thick with tobacco and alcohol fumes, to the point where everything seemed coated in a grey, greasy film. The hushed conversations and smooth jazz made for a sea of soft background noise. The sign by the door said “Seat Yourself” in a dozen languages.

そこは改装された空間だった。昔懐かしき冷戦時の掩体壕が転用された古い倉庫は、正しい場所から見なくてはそれとは分からなくなっていた。バー自体はフロアの中央にテーブルに囲まれて鎮座していた。壁はブースに、あるいは上階のテーブルに沿って並んでいた。内装はあまりなかった。テーブルクロスは無く、天板には傷が刻まれ、吊られたランプが仄かな光を放っていた。空気にはタバコとアルコールが充満し、あらゆる場所が灰色の、油に塗れたフィルムに覆われているようだった。小さな話し声とスムースジャズが柔らかなバックグラウンドノイズの海を作り出していた。ドア横の札には「ご自由にお座りください」と1ダースもの言語で書いてあった。

A man in a khaki pea coat tipped his fedora to Mary-Ann and Salah as he passed them and exited. Mary-Ann eyed the other clientele as they walked to their usual seat. It was always interesting to see who had arrived at Vladimir’s, because sooner or later, everyone arrived at Vladimir’s.

カーキ色のPコートを着た男が、すれ違いざまに2人にソフト帽のつばを上げて出て行った。メアリー=アンはお気に入りの席へと歩く客に目を向けた。ウラジミールのに来た人間を見るのはいつだって面白い事だった。なぜと言ったら遅かれ早かれ、誰もがウラジミールのにたどり着くからだ。

“And this is the first declension.” Di pointed to the noun endings she had neatly written out, balancing Naomi on her knee. “Now, most of these are feminine nouns, but you can always remember that farmers, poets and sailors are always male. Romans were funny like that.”

「そしてこれが最初の語形変化よ」ディはきちんと書いた名詞の語尾を指差していた。ナオミを膝の上に乗せながら。「この殆どは女性名詞。だけど農夫と詩人と水夫は常に男性系なのよ。ローマ人っておかしいの」

Mary-Ann and Salah sat down, some distance away from the other occupied tables. A quick glance around showed a lot of the regular in-fill: GRU-P, Serpent’s Hand, Librarians, Manna Charitable Foundation, and those who paid allegiance to none. After only a few brief moments a lurching automaton in the form of a young woman approached the table. It wore a name tag proclaiming “Welcome to Funland! My name is Daisy”.

メアリー=アンとサラーは他からある程度離れたテーブルに座った。素早く交わされた目線が多くの潜伏要員の存在を明らかにした。GRU-P、蛇の手、司書、マナによる慈善財団、そしてどこにも忠誠を誓わなかった者たち。ほんの短い時間の後、よろめく若年女性型のオートマトンがテーブルに近づいてきた。それは「楽しい場所へようこそ!私はデイジーです」と書かれたネームタグを着けていた。

“Good evening. Can I get you something to drink?” it asked in a tinny voice as it handed them the menus. A redundancy: when people came to Vladimir’s, they already knew what they wanted. They ordered quickly, and the waitress departed.

「こんばんは。飲み物はいかが致しますか?」それはメニューを渡すと、耳障りな声で尋ねた。冗長に過ぎる。ウラジミールのに来た時には、既に何が欲しいか分かっているものだ。彼らは素早く注文し、ウェイトレスは離れて行った。

“To be honest, I really don’t see what you see in this place, Mary-Ann.”

「正直言って君がこの場所を選んだ理由が分からないな、メアリー=アン」

“It's got a lot of atmosphere.”

「雰囲気があるでしょ」

He waved his hand, smoke rippling about it.

彼が手を振ると、煙が波を立てた。

“Yes, I believe it does.”

「そうだな、確かにそうだ」

"I mean, if you don't like it we could always go somewhere else next time."

「気に入らなかったなら次はどこか別の場所に行きましょう」

"No, no, it's fine. It's fine. It's not the seediest place I've been to, it's just not a favorite of mine, but if you like it here, I am perfectly fine with eating here."

「いやいや、大丈夫。大丈夫さ。今まで行った中で一番ボロいってわけでもないし、単に俺の好みからはズレてるだけさ。君がここが好きって言うならここで食べる事に何の不満も無いよ」

Mary-Ann nodded.

メアリー=アンは頷いた。

"So, where was the seediest place you've ever eaten?"

「じゃあ、今までで行った中で一番ボロい場所ってどこ?」

"A pub in Bromley. The place was positively foul. You could barely see through the windows for the grime, there was no ventilation at all, I swear I saw a cockroach scuttle into the kitchen, and the toilet didn't look like it had been cleaned since the Blitz. And there was a hair in my soup, which tasted like donkey piss. At the very least, the food here is good."

「ブロムリーのパブだ。あそこは本当に汚かった。汚れで窓の外は殆ど見えないし、換気も全然してなかった。誓ってもいいがゴキブリがキッチンに走って行くのが見えたんだ。トイレなんかはザ・ブリッツ2の頃から掃除してないような有様だった。スープには髪の毛が入ってて、ロバの小便みたいな味がした。少なくともここの食べ物はいい感じだ」

“Hold that thought." Mary-Ann stood up. "Have to go use the restroom.”

「その考えを大事にね」メアリー=アンは立ち上がった。「ちょっとトイレ」

“The rest of this speech was cut off, as Duke Grangermont came down with a serious case of the kittens while arguing his case. No one’s really sure how he ended up with nine kittens in his stomach, or why they chose that exact moment to burst out of his stomach, but that’s history for you.”

グランジェルモン公爵が自分の言い分を言っている時に子猫で大変な事になったからこのスピーチは中断されたの。彼がどうやって胃の中に9匹もの子猫を入れたのか、そしてなぜ子猫たちがあのタイミングで胃の中から飛び出てきたのか、それは誰にも分かっていないわ。でももう過ぎた事なのよ。

The bathroom was past the bar, which was populated by a bunch of grizzled grey GRU-P ex-pats in faded, threadbare uniforms and a trio of black-clad police officers with cloth masking their faces. A drunken hand swung out, not so much a punch, or even really an intended strike, just the exaggerated swinging of hands for argumentative emphasis, but it nonetheless hit Mary-Ann in the shoulder. She glared at the man in question.

バスルームはバーの向こうにあった。バーには白髪混じりの灰色の髪の、擦り切れたユニフォームを着たGRU-P駐在官たちと、布で顔を覆った黒装束の警官たち3人がたむろしていた。酔っ払いの手が外に振られた。パンチとは言えず、意図的な一撃でさえなさそうなそれは、ただ論争の中で強調のために大袈裟に手を振ったにすぎなかった。にも関わらずそれはメアリー=アンの肩に直撃した。彼女は問題の男を睨んだ。

He was a pallid, overweight man with burnt-out eyes, a few flakes of blackened crust lining the sockets around the two orange spheres that glowed in their depths. His shaved head was tattooed and trepanned, in the fashion of the old Star-Paths, though this particular man had botched his eldritch enlightenment. The hole was too big, and was misaligned.

それは肌の青白い、でっぷり太った男で、疲れ切った目をしていた。オレンジ色の球体が眼窩の奥で輝き、その周りの皮膚が何箇所か黒ずんでいる。剃り上げられた頭には古い星道3のやり方でタトゥーと穿孔が施されていたが、男はこの気味の悪い啓蒙行為に失敗していた。穴はあまりに大きすぎたし、場所もずれていた。

After a moment of mental computation, he slurred something angry at Mary-Ann in Russian.

しばしの思考の後、彼はメアリー=アンに腹を立てた様子でロシア語で何やら喋った。

“He doesn’t like you,” the old Soviet agent sitting next to the star-mind translated.

「彼は君が嫌いなんだとさ」星心者の隣に座っている古いソビエトのエージェントが通訳をした。

“I don’t like him either.”

「私もそいつは嫌いよ」

There was a short, rough exchange in Russian between the two.

2人の間で、拙いロシア語で短い会話が行われた。

“He says he wishes he could kill you personally, but circumstances prevent this. However, he despises you with such utter hatred that he will nonetheless take great joy in burning your dust into nothingness.”

「個人的には君を殺したいと思っているが状況がこれを許さない、だそうだ。それでも君を灰が無に帰すまで焼き尽くせば彼にとっては愉快だろう。君への憎悪はそれほどだ」

Mary-Ann cupped a hand around her ear.

メアリー=アンは手を丸めて耳の周りに当てた。

“What was that? Can’t hear you over all the hot air you’re blowing. And by hot air I mean penis. I’m insinuating that you suck cocks.”

「何ですってえ?あんたが吹いてるたわごとホットエアのせいで全然耳に入らなかったわ。ホットエアってのはペニスのことよ。チンコしゃぶりのクソ野郎って言ってんの」

She walked away, nodding to Vladimir as she passed, and that was that.

彼女はすれ違いざまにウラジミールに頷き、歩いて行った。それで終わりだった。

Di wrinkled her nose as she dropped the diaper in the trash, and considered whether The Tale of Desperaux or Jason and the Space-Argonauts would be a better bedtime story.

ディは鼻にしわを寄せながらおしめをゴミの中に落とした。そしてねずみの騎士デスペローの物語か、ジェイソンとスペースアルゴノーツのどちらの方が寝物語にいいお話なのか考えた。

Mary-Ann sat back down. The drinks were already there: A beer for Mary-Ann, tea for Salah.

メアリー=アンは座り直した。飲み物はもう来ていた。メアリー=アンにはビール、サラーには茶だ。

“Do we have any idea at all how stars work?”

「星たちがどうやって動いているのか知ってる?」

"No, not particularly. I believe the Fifthists are unstable enough that none of the Scribes have really managed to get anything coherent written down. Something of a pity, if you look at it in the right way.

「いや、特には。フィフシストは律法学者でも首尾一貫した事を書き記せない不安定な集団だと思ってる。まともな見方で考えてるなら残念だが」

"I mean, they can communicate across lightyears, so they've got to have some sort of quantum-entanglement telepathic mumbo-jumbo going on and…wait." She sipped at her beer. “That reminds me. Were you able to hear Brother Kowalski’s talk on cosmology from last week?”

「私が言いたいのはね、彼らは何光年もの距離を越えてコミュニケーションを取れるんだから、量子もつれテレパシーうんたらかんたらを使えるはずで……待って」彼女はビールを飲んだ。「思い出したわ。先週あったブラザー・コワルスキーの宇宙論の講演って聴けた?」

“No, though I heard it was interesting.”

「いいや。面白かったとは聞いたが」

A young Asian man walked past their booth, his legs moving automatically with jerking, stilted motions.

若いアジア人の男が彼らのブースを通り過ぎた。足が大袈裟な、痙攣するような動き方で、機械的に動いていた。

“Yeah. Well, let’s see…” Mary-Ann unfolded her napkin on the table. “You have a pen?”

「あー。じゃあ、そうね……」メアリー=アンはテーブルの上のナプキンを広げた。「ペン持ってる?」

Salah fished in his pocket for a moment and handed a pen across the table. In the background, a chorus of laughter went up from the young men and women in the cheap, sweat-stained Dial-a-Llama t-shirts.

サラーはしばらくポケットの中を引っ掻き回して、テーブル越しにペンを手渡した。後ろの方で、安っぽい汗染みのついたDial-a-Llamaと書かれたTシャツを着た若い男女が、笑い声のコーラスを上げた。

“So we’ve got God up here…creation down here…then the Library right here in the center of that as….well, sort of the physical version of the operating system of everything, keeps everything running, links everything together…and expands to what we consider supernatural or paranormal…just manifestations of some of the more obscure and finicky universal narrative principles…the more regular principles would be classified as magic to the unenlightened among us, and the immovable ones are physics…whoops, look like Dan and Sami forgot to pay their tab again.” She pointed over to where Vladimir was dragging out a bored-looking Indian man and a grey-haired man wearing a pointed magenta hat by the collars. The older man was waving about a brightly-colored snuggy with stitched on stars and yelling drunkenly.

「我らが神はこの上におわし……創造はこの下に為され……そして図書館はここ中央にあり……。ええと、万物のオペレーティングシステム、その物理的なものが全てを動かし、全てを結び付け……そしてそれが私たちが超自然もしくは超常と呼ぶものへと広がっている……それは気難しく理解し難い普遍的な物語原理の顕現であり……より規則的な原理を私たちは魔法から未知と呼ぶようになり、不動のものは物理学と呼ぶ……あっ、ダンとサミがまた勘定を払い忘れたみたいね」彼女はウラジミールがうんざりした様子のインド人男性と、マゼンタのとんがり帽子を被った白髪の男性を襟を掴んで引っ張っていくのを指差した。年上の方の男は星を縫い付けた色鮮やかな毛布を振り回し、酔っ払って叫んでいた。

“No, no, see, this is the Robe of Magnanimous Luster, guaranteed to increase your appeal to the opposite sex! Nevermind that fact that it also attracts dogs, that’s just an added bonus. Come on, since when has any of our products let you down?”

「いや、違う。見たまえ、これは高潔なりし栄誉のローブだ。異性の注目を浴びること間違いなし!犬をも惹きつける点はちょっとしたおまけだから目を瞑ってくれたまえ。我らが製品のどこがあなたを失望させたと言うのだ?」

Vladimir did not respond, even to the trail of pugs that followed them. He kicked open the door and tossed the two outside, followed by throwing the dogs out one by one. He shut the door, re-adjusted his eyepatch, and went back to the bar.

ウラジミールは彼らについてきたパグの行列にさえ何の反応もしなかった。彼はドアを蹴り開けて2人を外に放り出し、続けて1匹ずつ犬を放り投げた。彼はドアを閉じ、眼帯の位置を直してバーに戻った。

“Those two…” Mary-Ann shook her head. “Anyway, he’s supposed to publish his book on all of this by the end of next month.”

「今の2人……」メアリー=アンは首を振った。「とにかく、彼はこれについての本を来月末までに出版するはずよ」

“I look forward to reading it.”

「読むのが楽しみだ」

The waitress returned with their food. Mary-Ann had gotten a steak with a baked potato. Salah had gotten curry. A ragged woman and her two sons, wearing clothing that with patterns a bit too bright and a bit too clashing walked past the booth.

ウェイトレスが食べ物を持って戻ってきた。メアリー=アンにはステーキとベイクドポテトを。サラーにはカレーを。ぼろを着た女と、少しばかり明るすぎて似合わない柄の服を着たその息子2人がブースを通り過ぎて行った。

“How’s the food?”

「どう?」

“Very nice.”

「とても美味いよ」

“Yeah, Pyotr and Ila do a really good job.”

「でしょ、ピョートルとイラは本当にいい仕事をするわ」

"Who?"

「誰だい?」

"Vladimir's son and daughter in law. They run the kitchen."

「ウラジミールの息子夫婦。ここの厨房をやってるの」

"Oh, right, right."

「おお。その通りだな」

"Between you and me, Vladimir can't cook to save his life, except when he's trying to kill someone."

「ここだけの話、ウラジミールは誰かを殺そうとでもしない限り料理じゃ生計は建てられないわ」

The front door opened, and a wave of silence spread out across the bar. The band stopped playing. The spiders stopped discussing ways of overthrowing the bourgeoisie. The teddy bear stopped waving its knife around.

正面のドアが開き、沈黙の波がバーの向こうで広がった。バンドは演奏をやめ、蜘蛛たちはブルジョワジーを倒す方法を議論するのをやめ、テディベアはナイフを振り回すのをやめた。

Four individuals walked up to the bar. One wore flannel and glasses with no lenses, one had lamprey mouths where her eyes and nose should have been, one was nude save for a full-body animated tattoo reconstructing the Fall of Daevon, and one was wearing a unitard made of fetuses with a cape of knitted pubic hair, identified as such by the “This cape is made out of knitted pubic hair” stitched into it.

4人がバーに近づいてきた。1人はネルの服を着て、レンズの無い眼鏡をかけていた。1人は目鼻があるべきところにヤツメウナギの口があった。1人は裸で、全身を動き回るタトゥーがダエーヴォンの滝を形作っていた。1人は陰毛で編まれたユニタードを着ており、それは「このケープは陰毛で編まれています」と縫い付けられていることから分かった。

“Oh come on…” Salah groaned. “Right when we’re trying to have a nice dinner here.”

「勘弁してくれ……」サラーは呻いた。「人が素敵なディナーをしようって時に」

“Eat your curry, Salah.”

「カレーを食べて、サラー」

“Wh…”

「な……」

“Just keep eating, I'll handle this.” Mary-Ann stood up. Lousy punks, trying to ruin her dinner. Nope. A hundred times nope. She was not having this. Cold food would be better than them fouling up the air.

「食べてて。なんとかしてくるから」メアリー=アンは立ち上がった。最低なパンクスだ。ディナーをぶち壊そうとするとは。あり得ない。全くもってあり得ない。まだ食べ始めてもいないというのに。冷めた食事も彼らが混乱させた空気よりはマシだろう。

“Please, Mary-Ann, sit down. There's no need to cause a scene. That's just falling to their level. Let Vladimir take care of it.”

「メアリー=アン、座ってくれ。騒ぎを起こす必要は無い。それじゃあいつらのレベルと同じだ。対処はウラジミールに任せよう」

“This is generally how he takes care of it. I'm not letting them mess up our dinner.”

「これが彼にとっての対処方よ。ディナーを台無しになんてさせないわ」

Mary-Ann walked over to the bar, sending sideways glances to some of the other patrons. The teddy bear with the knife. The salt-grimed, sun-darkened man with the harpoon and the “Selachiosk Pugnix Combin” tattoo. One of the blue-clad band members, with his shiny SYNCOPE saxophone. Bigfoot.

メアリー=アンはバーへと歩きながら、賛同者に横目を送った。ナイフを持ったテディベア。銛を持ち、「Selachiosk Pungix Combin」のタトゥーを入れている、日焼けした肌に塩がこびりついた男。SYNCOPEの輝くサックスを持った青ずくめのバンドメンバーの1人。ビッグフット。

She could hear the conversation clearly now.

彼女には今や会話がはっきり聞こえていた。

“And I will repeat myself: I do not serve your kind here,” Vladimir said, not looking up from the glass he was cleaning. “And do not try to tell me that you are not them, for you are obvious as dead cow on highway. Leave, or be made to leave.”

もう1度言うぞ。お前らみたいなのに給仕するつもりは無い」ウラジミールは拭いているグラスから目も上げずにそう言った。「あいつらとは違う、なんて言うなよ。お前は見るからにハイウェイの上の死んだ牛みたいなもんだ。帰りな。それとも無理やり帰らされるかい」

“Look. Old man,” the one with the glasses said. “We’re trying to be reasonable here, but we’ve received complaints that your bar is not friendly towards transfurry five-dimensional-gendered neoneanderthal polyamorous omnitapirsexuals without beards. And we’re not happy about that. That is a completely unacceptable phobia, and we demand that you open your services to transfurry five-dimensional-gendered neoneanderthal polyamorous omnitapirsexuals without beards, or we will be forced to use forceful coercion. Are we cool yet?”

「おい。ご老体」眼鏡をかけた男が言った。「俺たちはここじゃ普通にしようとしてる。だが俺らのところに苦情が来たのさ。あんたのバーは5次元性でポリアモリーでオムニタピアセクシャルの顎髭の無い獣化したネオネアンデルタール人4に優しくないってな。俺たちゃそれが気に食わない。そんな事は絶対に認められない。俺たちは5次元性でポリアモリーでオムニタピアセクシャルの顎髭の無い獣化したネオネアンデルタール人に対してサービスを提供する事を要求する。受け入れられなきゃ実力行使しなくちゃならないな。Are we cool yet?」

Mary-Ann tapped the one with the glasses on the shoulder.

メアリー=アンは眼鏡をかけた男の肩を叩いた。

“Hi there.”

「ごきげんよう」

She then punched him in the face.

彼女は男の顔にパンチを叩き込んだ。

“Night, Di. Thanks again for babysitting.”

「こんばんは、ディ。子守をしてくれてありがとう」

The door shut, and Mary-Ann let out a sigh. Her knuckles were sore. Most of her was sore. Her conscience been lecturing her on how she shouldn't have enjoyed pummeling four hipsters senseless, but she let it slide. They hadn't been roughed up very badly, just enough to scare them off. More bothersome to her was the idea that Salah might not have had a good evening out because of it.

ドアが閉まると、メアリー=アンは溜息をついた。拳骨が痛んだ。身体中が痛かった。どれほど4人の悪趣味なヒップスターを殴る事を満喫すべきではなかったかについて良心が講義を続けていたが、彼女はそれを聞き流した。彼らはこっぴどくと言うほど痛めつけられはしなかったが、追い払うにはそれで十分だった。それよりも厄介な事は、このためにサラーが良い夜を過ごせなかったかもしれないという考えだった。

"Sorry about all that. Got carried away a bit."

「ごめんなさい。ちょっとやりすぎたわ」

"Yeah, you did. But, it happens to all of us at one time or another. Just try to rein it in a bit next time you want to let off some steam." Salah picked up a sheet of paper from the dining room table. “On another note, it looks like Di was trying to teach our daughter Latin.”

「ああ、そうだな。でも誰にでも起こりうることさ。次に鬱憤を晴らしたくなった時にはちょっとだけ抑えようとしてみてくれ」サラーはダイニングルームのテーブルから1枚の紙を拾い上げた。「もう1件。ディが俺たちの娘にラテン語を教えようとしてたみたいだ」

“And knowing her, she probably succeeded.”

「聡明な彼女のことだからきっと上手く行ったんでしょうね」

Salah put an arm around his wife.

サラーは妻の体に手を回した。

“Come on, let’s go to bed.”

「さあ、寝ようか」



ERROR

The NorthPole 's portal does not exist.


エラー: NorthPole のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2955066 ( 06 Jun 2018 08:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License