夜闇は晴れる(Nor Gloom Of Night Shall Stay)

このページの批評は終了しました。


It was a dark and stormy dawn, with a sky of wet slate. Rain poured down the window, as it had for the last six hours. The clock on the wall said 7:04. Salah hadn’t slept since that time yesterday.

空が濡れた石板のような、強い風が吹く暗い夜明けだった。雨粒が窓を叩いている。6時間前からずっとそうだ。壁の時計は7時4分を示していた。サラーは昨日のこの時間から一睡もできていなかった。

That cursed clock. It couldn’t be digital, something modern and sensible. No, it had to have a pendulum, swinging back and forth with a loud ticktockticktock.

あの忌々しい時計が、デジタル時計なんていう近代的で気の利いたものであるはずがない。そう、あれには振り子がなければならない。振り子が大きな音を立てて行ったり来たりしている。チク……タク……チク……タク

He sat in the little waiting room with his arms resting on his knees, holding a half-filled Styrofoam cup of tepid coffee. A half-eaten doughnut lay on the table next to him, near a stack of old Time magazines.

彼は小さな待合室で、腕を膝の上にやり、飲みさしの温いコーヒーが入ったスチロールコップを持ちながら座っていた。食べかけのドーナツが隣のテーブルの上、積み重ねられた古いタイム誌のそばに置かれていた。

When he had prayed fajir that morning, he had felt nothing. Just as he had every morning since he had seen the Voice. Nothing but a resounding hollowness in his soul as he went through the motions. God was gone. He had watched the Voice be destroyed, and he had been helpless to do anything.

今朝のファジュル1に礼拝した時、彼は何も感じなかった。あの声に見えてからの毎朝と同じように。ただ上辺だけの動作を行うと共に心の中で反響する虚しさ以外は。神は去った。彼は声が破壊されるのを見ていた。そして何もできなかった。

Was there any point anymore? Was the Initiative doing more harm than good? Why didn’t they realize what they were doing? Why couldn’t he have done something?

何か意味があったのか?イニシアチブは有害無益だったのか?どうして彼らは自分達が何をしているのか気づかなかった?どうして何もできなかった?

Why was it allowed to happen?

どうしてあんな事が許された?

ticktockticktock

チク……タク……チク……タク……

He had spoken with Mary-Ann about it, as soon as he had come home. She had been through her own dark night of the soul. “Nobody else can do it for you, but they can help. You helped me.” That was what she had ended with. He knew it was true, and he knew she would be right there…and yet he didn't feel like he knew much of anything anymore.

彼は家に帰るとすぐメアリー=アンにその事を話した。彼女は魂を覆う夜闇を経験した人だった。「誰もあなたに何もしてあげられない、でも助けにはなれる。あなたは私を助けてくれた」彼女は最後にそう言った。彼はそれが真実だと知っていたし、彼女がすぐそこにいるだろう事も知っていた……それでも、もはや何も分からないように感じた。

Salah truly wanted to speak to Adnan but…that was easier said than done. He was a ghost, here at one moment and gone the next, and contacting him was a nightmare in and of itself.

サラーはとてもアドナンと話したいと思っていた。だが……それは言うは易しというものだ。彼は今さっきここにいたかと思えば次の瞬間にはいなくなっている幽霊のような人であり、連絡するということそれ自体が悪夢だった。

ticktockticktock

チク……タク……チク……タク……

Salah half-expected to see a hook on his hand.

サラーは手がフックになっているのではないかと薄々思っていた。

“Hey. Are you okay?”

「ねえ、大丈夫?」

Salah looked up to see Di standing there, arms full of books, as usual.

サラーはディを見上げた。彼女はいつものように腕いっぱいに本を抱えて立っていた。

“Yeah…yeah.”

「ああ……ああ」

“Did she kick you out of the room or something?”

「あの子に追い出されでもしたの?」

“She threatened to make me eat the placenta if I didn’t get some sleep.”

「眠らなかったら胎盤を食わせてやるって脅された」

Di sat down next to him.

ディは彼の隣に座った。

“And you haven’t slept, have you?”

「だけどあなたは眠れてない。そうでしょ?」

“Not a wink.”

「少しもな」

“You probably should. You look awful.”

「だと思った。ひどい顔だもの」

“Haven’t been sleeping well lately anyway.”

「どっちにしろ最近はよく眠れてないんだ」

“Because of what happened with the Wolves?”

「それって狼との事で?」

“Yeah.”

「ああ」

“Have you talked to Mary-Ann about it?”

「メアリー=アンには言ったの?」

“Yeah. She cursed up a storm when I told her.”

「ああ、話したらめちゃくちゃ怒りだした」

“I don’t doubt it.”

「でしょうね」

“I know she believes me, but…I knew. I knew what it was. And they destroyed it. I might be the only person alive who knows the truth, the actual truth…and I can’t prove any of it. Maybe I’m going mad.” He sighed. “What do you do, when you can’t see a point in it all?”

「彼女が俺を信じてくれてるのは知ってる。だが……俺は知ってたんだ。あれが何なのか知っていた。そしてあいつらはあれを壊した。俺は多分真実を……本当の真実を知って生きてる唯一の人間で……だが何も証明できない。俺は狂っちまったのかもな」彼は溜息をついた。「何もかもに意味を感じられなくなったら、君はどうする?」

Di held up a book.

ディは本を掲げた。

“Right, right.”

「そうか、そうだな」

Di put a hand on his shoulder.

ディは彼の肩に手を置いた。

“Salah, you’re going to be a father. If you've got anything right now, it's a point."

「サラー、あなたは父親になるの。何も無いって言うならそれが意味になるわ」

So he did. So he did. The little gears of celestial happenings clicked into place then, as a doctor now stood at the entrance to the waiting room.

彼はそうした。彼はそうした。医者が待合室の入り口に立った時、天文事象の小さな歯車があるべき場所に収まった。

“You can come in now,” he said.

「もう入ってもいいですよ」と医者は言った。

Wordlessly, Salah stood up and walked down the hall, as if in a dream. Here was the hall, here was the door. Here was Mary-Ann, sitting in her bed: smiling, exhausted. And there in her arms, a bundle of white cloth.

何も言わず、サラーは立ち上がって夢見心地で廊下を歩いて行った。ここは廊下。こっちはドア。ここにはベッドに座ったメアリー=アン。笑う彼女は疲れ切っている。そして彼女の腕の中に、白い布の包み。

“Morning, sunshine. Sleep well?” Her voice was a pure, tired joy.

「おはよう、愛しい人。よく眠れた?」彼女の声は純粋で、疲れた喜びに満ちていた。

“Not at all.” Salah stepped over to the bedside.

「全然」サラーはベッドの傍まで来た。

Mary-Ann gave him an “are you kidding me I specifically told you to go do that” face.

メアリー=アンは「冗談でしょ、そうしろってはっきり言ったのに」という顔をした。

“You’re lucky I donated it already,” she snarked. “Come on, you can hold her: She’s your daughter as much as mine.” Mary-Ann offered the bundle to Salah.

「運が良いわね。私がもうあれを寄付してて」彼女は嫌味を言った。「来て。抱いていいのよ。この子はあなたの娘でもあるんだから」彼女は包みをサラーに手渡した。

In an instant, Salah’s world became compressed around the little bundle now in his arms. His daughter, with her little balled fists and clenched-shut eyes and the little tuft of dirty straw hair. His daughter, whom he would watch go through diapers and scraped knees and homework and first dates and college and jobs and marriage and children of her own. A whole life in his hands, and all the more precious for how small it was. For a moment, the evils of the world seemed insignificant in the face of the smallest of goods.

瞬く間にサラーの世界は腕の中の小さな包みの周りに収縮した。彼の娘。小さく丸まった拳に固く閉じられた目、麦藁色の髪の房。彼の娘。彼はそのおむつを、擦りむいた膝を、宿題を、初めてのデートを、大学を、仕事を、結婚を、そして彼女の子供を見るだろう。人生の全てが彼の手の中にあり、その小ささを考えるとそれはなお一層尊かった。その瞬間、世界の悪は最も小さな善の前には取るに足らないものに思えた。

His daughter. A little match in the darkness.

彼の娘。暗闇の中の小さなマッチ。

“Hey there, sweet pea. I’m your abbi.”

「やあ、かわいこちゃん。アビ2だよ」

And so Naomi Ibtisam Zairi-Lewitt was welcomed into the world.

そうしてナオミ・イブティサム・ザイリ=ルウィットはこの世に生を受けた。


特に気になるところ

That cursed clock. It couldn’t be digital, something modern and sensible. No, it had to have a pendulum, swinging back and forth with a loud tick…tock…tick…tock.
あの忌々しい時計が、デジタル時計なんていう近代的で気の利いたものであるはずがない。そうさ、あれには振り子がなくちゃならない。あちらこちらに揺れる振り子が大きな音を立てるんだ。チク……タク……チク……タク。

Salah half-expected to see a hook on his hand.
サラーは半ば手の中にフックがありはしないだろうかと期待していた。

So he did. So he did.
彼はそうした。彼はそうした。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The NorthPole 's portal does not exist.


エラー: NorthPole のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2955066 ( 06 Jun 2018 08:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License