ぜんまい仕掛けの福音(The Tick Tock Gospel)

このページの批評は終了しました。

Gilgamesh roamed the wilderness, and cried bitterly
over his friend Enkidu.
“I am going to die! – Am I not like Enkidu?
I fear death, and now roam the wilderness.
I will set out to the land of faraway Utnapishtim, son of Ubartutu,
And will go with utmost dispatch
To seek life everlasting”

ギルガメシュは荒野を彷徨い、友たるエンキドゥを思って
さめざめと泣いた。
「私は死ぬのだ! —エンキドゥのようにはなれぬのか?
死を恐れ、こうして荒野を彷徨っている。
遠き地、ウバルトゥトゥの息子、ウトナピシュティムの地へ赴こう、
一刻も早く行こう
永遠の生命の探究へ」

“I don’t like the look of this, Salah,” Masun said, looking sideways at the four Wolves unpacking the mules. “You know what they’re like.”

「こういうのを見るの好きじゃないんだよ、サラー」マスンは横でラバを解体する4匹の狼を見ながらそう言った。「あれが何に似てるか分かるだろ」

“It’s only a precaution. With any luck, this place will be empty, and the scribes can come in and do their job.”

「用心のためさ。運が良ければここは空っぽ。律法学者も入って来て仕事ができる」

“I hope you’re right.”

「そうなるといいんだがなあ」

Salah had seen a great many doors to a great many places of worship, and in comparison this was almost too simple: only as big as the entry of a home, with a simple swinging slab to serve as a door, and the only ornamentation was a carving of a gear above the entryway. It was located at the back end of a thin gulley, accessible only by donkey, hidden from the rest of the world. Far too small and humble for the Church of the Broken God. They preferred their places of worship big and visible, and many times animated. Salah remembered the walking cathedral that had been the news of the year when he joined the Initiative. Most likely, this was only a small chapel built by a few worshipers that had been driven into hiding long ago. This region was a good place for hiding.

サラーはこれまで、とてつもない数の礼拝堂へと通じるとてつもない数のドアを見てきた。それらと比べてみれば、これはあまりに単純だった。家の玄関と同じほどの大きさしかなく、ドアは単なる石板で、装飾はと言えば入り口の上に彫刻された歯車だけ。それは細い峡谷の端、ロバでしか辿り着くことのできない、世界から隠された場所にあった。壊れた神の教会にしてはあまりに小さく謙虚だった。彼らは礼拝堂として、巨大で見ればすぐそれと分かる場所を好み、多くの場合動かそうとする。サラーはイニシアチブに入った年にニュースになった歩く大聖堂を思い出した。まず間違いなく、ここは遥か昔に隠れ潜むことを強いられた少数派の信者が建てた、ただの小さなチャペルなのだろう。この地方は身を潜めるにはいい場所だった。

Salah hoped that it would just be some empty rooms beyond that slab. He wanted to be home: two weeks away was too long for his liking.

サラーは石板の奥には空っぽの部屋がいくつかあるだけである事を願った。家に帰りたかったのだ。彼には2週間後というのは長すぎた。

“Rashid, are you ready?” he called over to the Wolves. The leader of that group, a young man with a scar on his right cheek, nodded.

「ラシッド、準備はいいか?」彼は狼を呼んだ。そのリーダーの、右の頰に傷がある若い男が頷いた。

Then he reached Mount Mashu,
Which guards the daily rising of the sun, and
The gate to the pass into the land of Utnapishtim
Was guarded by great scorpion-beasts.
Upon the left a thing like a great heart, babbling
Like a man with fever.
Upon the right, a beast within the shadows,
A beast with one hundred legs.

彼は毎日太陽が昇るのを守っている
マシュー山へと至り、そして
ウトナピシュティムの地へと続く道の門は
強大なるサソリ獣どもに守られていた。
左の巨大な心臓の如きものは、熱にうなされた
人間の如く呟き。
右の陰に潜む獣は
百の足を持っていた。

The entrance led to a small, square antechamber, and beyond that, the main hall of worship, a natural cavern with perhaps enough room for twenty people, illuminated now by their flashlights. The walls were engraved with the usual symbols: Gears of Wisdom, the Eternal Clocks, Iron Saints with cog-shaped halos. The style was far less detailed than the modern designs of the Church, but very much recognizable. The altar had been stripped of its decoration by looters a long time ago: the wall behind it was a chipped and faded mural of the Machine Radiant hovering above the prostrate masses. Small passages led off to the sides: priests’ quarters and storerooms, most likely.

入り口は小さな、四角い控えの間へと繋がっていた。そしてその奥に、20人ほどの人間が入れるであろう自然洞窟、今や彼らの懐中電灯で照らされた礼拝堂があった。壁には一般的なシンボルが彫られていた。すなわち、叡智の歯車、永遠の時計、歯車型の後光を背負う鉄の聖人たちだ。その様式は近代的な図案と比べれば遥かに単純なものだったが、見ればはっきりとそれと分かった。祭壇は盗賊に装飾を剥がれて久しいようだった。後ろの壁には欠けて薄れた壁画があり、そこには平伏す大衆の上に浮かぶ、光り輝く機械が描かれていた。小さな通路が横に繋がっていた。まず間違いなく聖職者の宿舎と貯蔵庫だろう。

“Rashid, if you and your men will take care of the side rooms, Masun and I will handle this chamber. Bring back anything you might find.”

「ラシッド。そっちが横の部屋を調べるなら、マスンと俺はこの部屋を担当しよう。何か見つけたら引き返してくれ」

“Right.”

「分かった」

The Wolves tramped off. Salah moved his flashlight beam around the ceiling.

狼は歩いていった。サラーは懐中電灯の光を天井の周辺へと当てた。

“Do any of these look unusual to you?”

「お前には何か変に見えるか?」

“No, not at all,” Masun said as he took photos. "It’s old enough to be at an awkward time, but that’s it as far as the unusual bits go.”

「いいや、全く」そう言ってマスンは写真を撮った。「古すぎて都合が悪いな。異常の痕跡が消えてたらそれで終わりだ」

“A day spent for nothing, then.”

「そしたら丸1日無駄遣いだな」

“No, not nothing. This is an intriguing find, especially in light of the jihad against the Church in 840. Finding anything from this period this far south is rare. Anything from this region is either far younger, or far older. I would bet that this is built on top of an older ruin.”

「いや、無駄って事はない。840年の教会に対する聖戦の事を考慮するとこれは興味をそそる発見さ。その時代のものがこんなに南で発見されるというのは稀でね。この地域で見つかった物はどれもその時代よりずっと前か、ずっと後のものなんだ。このチャペルはより古い遺跡の上に建てられていると見てまず間違いない」

“Secret passage?”

「秘密の通路か?」

“The Church loves them. I’ll check the altar for the mechanism.”

「教会はその手の物が大好きだからな。祭壇に仕掛けがないか調べてみる」

“There’s nothing in any of the side rooms,” Rashid said as he returned to the chapel.

「横の部屋には何も無かった」チャペルに戻って来たラシッドが言った。

“Nothing? No texts, no items?”

「何もか?文書もアイテムも?」

“Nothing but dust.”

「埃の他は何も」

Salah nodded. He hadn’t expected much, but at least a dusty copy of the Brass Gospel would have been something to take home.

サラーは頷いた。彼はそこまで期待してはいなかったが、しかし少なくとも埃に塗れた真鍮の福音書の写本くらいは持ち帰れると思っていた。

“Aha! Got it!” Masun called out from the altar.

「よし!見つけた!」マスンが祭壇のところで言った。

[The following 67 lines are missing, wherein Gilgamesh persuades or defeats the beasts.]

[続く67行、ギルガメシュが獣を説得するか打ち破るかした部分は失われている。]

The wall behind the altar folded in on itself, moved by ancient machinery. The dust settled to reveal a staircase.

祭壇の後ろの壁が古の機構によってひとりでに折り畳まれた。塵が収まると階段があらわになった。

There we go.

さあ行こう。

“If I know ancient temple complexes, and I do believe that I do,” Salah stood at the cusp of the stairway and swung his beam down into the blackness. “I predict that we will face various traps involving spike pits, dart launchers, and rolling boulders, perhaps a puzzle or two, a monster of some kind, and then a room wherein we will find a small amount of treasure or an individual of some plot importance.”

「もしも俺が古代の寺院の構造を知っていて、その知識を信じるとすればだが」サラーは階段の端に立ち、暗闇の中にライトの光を下ろした。「俺たちは様々な罠に遭遇するだろう。針が出る穴、飛んでくるダーツ、転がる岩に、1個か2個のパズル、何らかの怪物、そしてその先の部屋で俺たちはいくらかのお宝かシナリオ上重要な人間を見つけるんだ」

The joke was answered with dust and silence. No laughs, no groans, nothing. Just lonely silence.

冗談に帰って来たのは塵と沈黙だった。笑いもなく、呻きもなく、何もない。ただ孤独な沈黙。

It was times like these when Salah realized how little he fit in anymore with the world he had grown up in. What sort of Muslim favored the likes of Chaucer and Milton?

サラーが生まれ育った世界といかに調和できていないのか実感するのはこういう時だった。一体どんなムスリムがチョーサー1やミルトン2のようなものを好むだろう?

He wished Mary-Ann was there. She would have elbowed him in the ribs and gone off about suplexing a criosphinx. He belonged there.

彼はメアリー=アンがいればと思った。彼女なら彼の脇腹を肘でこづいて、スフィンクスにスープレックスをかましに行っただろう。彼と共に。

“Or more likely, it’s just empty.” He shrugged, and took the first step down the stairs.

「もっとありそうなのは、もぬけの殻って可能性だな」彼は肩を竦めて、階段の1歩目を踏み出した。

These twelve leagues of darkness,
This path of the dead,
Gilgamesh of Uruk did traverse in a single night
And upon the dawn he found himself in a great valley,
The place there the gods had made their garden,
But the garden was burnt and desolate,
And all was ash.

これら12の闇の連なり、
この死者の道を、
ウルクのギルガメシュは一晩の内に横断し
夜明けに自らを巨大な谷に見出した。
そこは神々が自身らの庭を作りし場所で、
しかし庭は焼け、荒れ果てており、
そして全ては灰だった。


Salah had been wrong and right, as it was. There were no traps, only dark, wide stairs, eventually leading down to another chamber, with another altar and another wall mural. The inner sanctum. This mural looked something like a tree: a trunk of cogwork building up to a single gear, from which sprouted fractal branches, bare of leaves. The design was inlaid with copper and bronze, the metal engraved with tiny lines of script.

この時点でサラーは間違っており、正しくもあった。罠は無く、ただ暗く広い階段が別の部屋へと続いており、そこには別の祭壇と壁画があった。至聖所だ。この壁画は木に似た何かのように見えた。歯車仕掛けの幹が1つの歯車へと伸び、そこから葉のついていない、フラクタルな枝が生えていた。デザインには銅と青銅が嵌め込まれており、金属部分には小さな文章が彫られていた。

“What does it say?” Rashid said impatiently.

「何と書いてある?」ラシッドが堪えかねて言った。

“Hold on, hold on.” Masum squinted at the text. “These aren’t the usual mantras.” He snapped a couple pictures. “It’s an older dialect. Look here: Ahkpan lon-shal khi-khidan. Anywhere else that would be akkaphan lon-sal khiddan. There’s a slight difference in meaning between the two: the older version uses the form of 'evil' without the connotation of 'flesh'."

「まあ待ちなって」マスンは目を細くして文字を読んだ。「普通のマントラじゃないな」彼は2枚写真を撮った。「古い方言だ。ここを見てくれ。アクパン・ロン=シャル・キ=キダン。他の地域ではこの部分はアカファン・ロン=サル・キドゥンと書かれている。この2つには僅かに意味の違いがある。前者は『肉』の響き無しに『悪』を表しているんだ」

“How old is it?” Salah asked.

「いつの物なんだ?」サラーが尋ねた。

“This? Four thousand years, at the youngest. The chapel above us is maybe…a thousand. And beyond all that, nowhere here do I see 'Oolzhak Le’an', the God Who Has Been Broken. Instead, we have simply 'maddiz', the machine, but it’s the smaller form. Closer to 'tool'. Masun stood up, brushing off his knees. “Very curious. This might have been converted into a sanctuary afterwards, which if that’s the case, this might be an entrance of sorts.”

「これか?最も新しい部分で4000年前だな。この上のチャペルは、そうだな……1000年前と言ったところか。そして何より、ここのどこにも『ウルジャック・リアン』、壊れた神が見つからない。その代わりに単なる『マディス』、機械ならあった。これはより小さい形だ。『道具』に近い。」マスンは立ち上がって膝を払った。「とても興味深い。ここは後になって聖域になったのかもしれないぞ。だとしたら、ここは何らかの入り口なのかもしれない」

“An entrance to what?”

「入り口って何のだ?」

“I don’t know, and even if I did, I have no idea how to get in. The upper door is a simple key, just arranging the circular plates on the altar. Really nothing more than a complex combination lock. This…I have nothing, if it is a door.” He turned to face the tree. “Iftah ya simsim.”

「分からない。それに分かったとしても入り方が見当もつかん。上のドアはシンプルな鍵だった。祭壇に円形のプレートを設置するだけで良かった。これは複雑なダイヤル錠としか言いようが無い。これが……もしドアならばお手上げだ」彼は木に向き直った。「イフタフ・ヤー・シムシム3

Nothing. He shrugged.

何も起こらない。彼は肩を竦めた。

“It was worth a try.”

「やってみる価値はあったさ」

“Is there any sort of clue in the text?” Rashid asked.

「文章の中に手がかりは無いのか?」ラシッドが尋ねた。

“Not that I can see. I think this would be a job for the scribes.”

「俺に読める限りではね。こいつは律法学者の領域だと思うな」

As he finished his sentence, Salah became acutely aware of footsteps on the stairs behind them.

彼が言い終わった時、サラーは後ろの階段から足音が聞こえる事に気づいた。

There Gilgamesh came to the house of Utnapishtim
And found that man alone,
Marked with a brand upon his brow
And arms of living metal.
“Why have you come to this place, King of Uruk?
Why have you come to this desolate place?”
Spoke he, with weariness of heart.
“I seek life eternal, son of Ubartutu,
So that I might not die.”
With heavy heart, Utnapishtim spoke again.
“Come, and follow me. I will show you
This thing which you seek
And perhaps it shall spare you
Of your desires.”

ギルガメシュはウトナピシュティムの家へと至る。
そして見つけた彼の男の、
焼き印を押されたその拳と
腕は生きた金属だった。
「なぜこの場所に来た、ウルクの王よ?
なぜこのような荒れ果てた場所へと来たのだ?」
疲れ果てた彼は言った。
「我は永遠の生命を探しているのだ、ウバルトゥトゥの息子よ。
死なないために」
ウトナピシュティムは重苦しく話し始めた。
「ついて来なさい。見せてやろう、
お前が探し求めるものを
そしてきっとお前はその望みを
捨てるだろう。」

The man who stood there now was old and shriveled, skin like leather from desert sun. He was clad only in a loincloth, and had a walking stick of copper tubing in his hand. The top of his head was a buzzing, clicking array of gears and clockwork, and his eyes were two glass lenses.

そこに立っていたのは年老いた皺だらけの男で、その皮膚は砂漠の日に晒された革のようだった。彼は腰布だけを身に付けて、銅の管を杖にしていた。頭の頂点にはブンブンカチカチと音を立てる歯車とぜんまい仕掛けが並び、その目は2つのガラスレンズだった。

The nearest Wolf raised his gun.

最も近い狼が銃を上げた。

“Hold fire!” Salah shouted, putting all his authority into the words. The Wolf paused. The old man did not seem particularly fazed by this: in fact, he was smiling.

「撃つな!」サラーは叫び、彼の権限を一言で表した。狼は止まった。老人は慌てているようには見えなかった。事実、彼は微笑んでいた。

The man started babbling to them. Salah could pick out a few words of Arabic, but the majority was cogspeak. He stepped out of the way, allowing Masun to come to the fore.

男は喋り始めた。サラーはアラビア語からいくつかの言葉を拾い上げる事ができたが、多くは歯車語だった。彼は邪魔にならない場所に踏み出し、マスンが前に出るのを許した。

“Salah, need I remind you that this man is an enemy?” Rashid whispered to him.

「サラー、こいつが敵だとあんたに思い出させる必要があるか?」ラシッドが囁いた。

“He’s unarmed and elderly. Perhaps a nibbanic hermit.”

「彼は武装していないし老人だ。おそらく悟りを開いた隠者だ」

“Do not undermine my authority again, Salah.”

「二度と俺の指揮権を奪うなよ、サラー」

Salah found that somewhat funny, as he was fifteen years older than Rashid and far more experienced in the Initiative, but he kept his mouth shut.

サラーはラシッドより15歳年上で遥かにイニシアチブの経験があったのでそれをおかしく思ったが、口を閉じておいた。

After some time, Masun turned to face the group.

少しして、マスンは向き直った。

“He says he can show us in, and invites us to rest and refresh ourselves.”

「中を見せてもいいと言っているよ。中に入って休んで行くといいと」

“Tell him that we…”

「こう伝えるんだ。俺たちは……」

“…Will be honored to be his guests.” Salah cut Rashid off.

「……客人として光栄に思いますと」サラーはラシッドに被せて言った。

Rashid scowled.

ラシッドは顔をしかめた。

“I just told you…”

「あんたさっき言った事を……」

“I cannot undermine your authority if I am leading the expedition, which I am. Calm yourself. We don’t know the whole story.”

「俺が探検の舵を取ってる限りはお前の権限を乗っ取れやしないさ。落ち着けって。俺たちは物語の全貌を知らないんだぜ」

Masun and the old man finished speaking. The old man skipped over to the tree in the wall, and began poking at the branches with his walking stick, muttering some things to himself, as if reciting a list. The clockwork in his head whirred faster for a few moments before, the wall split apart, stone grinding on stone.

マスンと老人は話を終えた。老人は壁の木のところへ行って、枝を歩行杖で突き、リストを読み上げるかのように何やら呟き始めた。老人の頭のぜんまい仕掛けが素早く回ったかと思うと、石と石が擦れ合って壁が割れた。

Unapistim led Gilgamesh
Through the garden,
Through the blackened trees
And soil of ash.
There were men there,
And women, crawling in the ash,
And their eyes showed no life,
Like a goat, their eyes showed no light.
“These are the sons and daughters of the tree.
They live without death, without
Fear of death. They do not suffer, and
Yet they do not see.”

ウトナピシュティムはギルガメシュを導いた。
庭へ、
黒こげた木々
と灰の土へ。
そこでは男たちと
女たちが灰の中を這い回っていた。
さながらヤギのように、
彼らの目の中に生命は無く、彼らの目の中に光は無かった。
「彼らは木の子らだ。
彼らは死無き生を持ち、
死の恐怖を持たない。彼らは苦しまない。だが
何も見てはおらんのだ」

What lay beyond the door was an open space, halfway between cavern and valley, maybe half a mile or so across. A jagged line of sunlight ran through the roof, letting light down into the cave. A river ran through it, flowing down into the earth off to their left. In the distance, Salah could make out the roar of a waterfall. The ground was grassy here, a much more verdant green than what would be expected, and was dotted with various boulders and monoliths, all of which bore some sort of carving on them. A breeze from some unknown source brushed against his face.

ドアの向こう側は、洞窟と谷の中間のようになった、半マイルほどもあろうかという開けた空間だった。ぎざぎざの線が1本屋根を走り、洞窟に光を落としていた。川が通り、彼らの左側で地の底へと落ちていた。サラーは遠くに滝の轟きを聞いた。ここの地面は草に溢れ、予想していたよりもずっと新緑の色をしていて、何らかの彫刻が施された丸石とモノリスが点在していた。どこからともなく吹いたそよ風が彼の顔を撫でた。

The old man chattered as he led them down a simple stone path, Masun speaking with him as best as he was able. Here and there Salah could see little stone houses, light shining from within. Some were on the flat floor, but the majority were built up against the walls of the cavern in perilous tiers, braced by a rickety wooden frameworks of walkways and ladders.

一行を石の小道に導くと老人は喋り始め、マスンが出来る限りの力を尽くして会話をした。サラーはあちらこちらに内部から光が漏れる小さな石の家を見つけた。いくつかは平らな地面の上に建っていたが、その多くは洞窟の壁から生えるような危険な建ち方で、梯子と板で作られたガタガタの木組みで固定されていた。

“Have you learned anything else?” Salah jogged a few steps to walk even with Masun and the old man.

「何か分かったか?」サラーは駆け寄ってマスンと老人に並んだ。

“I’ve told him why we’re here, and he asked if we were on pilgrimage to meet the Voice. They have a piece, and it seems to be a big one.”

「なぜここにいるのか話したよ。そしたら声に会うために巡礼しているのかと訊かれた。彼らは欠片を持っているんだ。それも大きいやつだろう」

“Then we will destroy it,” Rashid said.

「ならばそれを破壊する」ラシッドは言った。

“Tell him we are,” Salah said. “Rashid, we are here to investigate. If it must be destroyed, it will be done later. Six of us is too few.”

「彼にそうだと伝えてくれ」とサラーは言った。「ラシッド、俺たちは調査に来たんだ。もし破壊すべきものだとしても、それは後でやる事だ。6人じゃ少なすぎる」

Rashid sulked as Masun talked to the old man some more.

マスンが老人と話している間、ラシッドは不機嫌そうにしていた。

“He says he will take you directly to it.”

「直接声の元へ連れて行ってくれるそうだ」

Salah nodded. His stomach was roiling. His mind knew that there was a massive danger involved in this, but his gut said that he was safe. The old man seemed to be completely in control of his own mind. The villagers that were emerging from their homes to watch the procession from the margins looked much the same. Men, women, and children, all of them touched by clockwork, but all still very human. None of the jerking, puppeted movement of the Church, none of the babbling diatribes of nonsense tick-tocking syllables, no violence. He could see no basilica, no Towers of Blessing, no clockwork monsters, no real machinery at all, beyond what was in the heads of the villagers.

サラーは頷いた。胃がぐるぐると音を立てていた。心の中でこれに関わるのは大きな危険を伴うと分かっていたが、直感が安全だと告げていた。老人は自身の心を完璧に制御しているようだった。岸に並んだ行列を見に家から出て来た村人は、ほとんど同じように見えた。男、女、子供。誰もがぜんまい仕掛けに触れていて、しかしまだ全くの人間だった。痙攣もせず、教会に特有のパペットのような動きもせず、ナンセンスなカチカチという音節で話してもおらず、暴力的でもない。バシリカも、祝福の塔も、ぜんまい仕掛けの怪物も、本物の機械仕掛けも、村人たちの頭の先には無かった。

With the age of the door they had passed through, these may very well be the descendants of the original Church, before whatever corruption that befell it had set in.

彼らが通って来たドアの年代から言っても、彼らが崩壊する前の、最初の教会の直系である可能性は大いにある。

This had become quite exciting, quite quickly.

物事が急激に刺激的になってきた。

“What disaster befell this place? What scourge
Befell this garden?”
“It was laid to ruin by my brother,
A man of a black heart,
Who with his armies and dark masters,
His masters the black Daevas of Gothog
And Molug and Carthac and Moluch,
With banners of red and black,
Did descend to set this place
To the torch and sword.
For he sought life undying
And stole it from this place.”

「どんな災害がここに降りかかったのだ?どんな惨劇が
ここで起こったのだ?」
「滅びをもたらしたのは我が兄弟であり、
黒き心を持つ男であり、

軍勢と闇の主たちを引き連れた男。
奴の主たちはゴットホッグの黒きダエーワ、
そしてモログ、カルタク、モルク。
黒と赤の旗を掲げた奴らは、
松明と剣を持って
この地へ降り立った。
奴は永遠の生命を求め
それをこの地から奪い取ったのだ」

They had walked over a mile by now, right up to the base of the waterfall. The old man had fallen quiet as he led them along the slick stone path. Rainbows danced in the mist.

彼らは滝壺の目前まで、1マイル以上歩いた。老人は滑らかな石の小道に沿って一行を案内すると口を閉じた。霧の中に虹が踊っていた。

The path curled around the pool, running right up against the sheer rock wall. There would be no point to that unless…yes, there it was. A cave. He didn’t mind the fact that he was sopping wet by now: his heart was in his throat. For a moment, the cold water crashed down on his head.

道は滝壺の周りをぐるりと回り、まっすぐ切り立った崖へと向かっていた。そこに特筆すべきものは……ああ、あった。洞窟だ。心臓が飛び出そうで、今やずぶ濡れになっているという事実も気にならなかった。少しの間、冷たい水が頭の上に流れ落ちていた。

There was a cave behind the waterfall, a large cave, lit by lamps of oil and clockwork. Beyond the platform they stood on, it was filled with a lake, the surface oddly still. There was a single island in the center of the lake.

滝の後ろには洞窟があった。大きな洞窟が、油のランプとぜんまい仕掛けに照らされていた。彼らの建っていた高台の向こうに水を湛えたそれはあった。奇妙な鋼の外装が。池の中央に島があった。

Salah was certain that his heart had stopped.

サラーは自分の心臓が動きを止めたと確信した。

At this Gilgamesh despaired.
[The following six lines are missing]
“There is more to see, and more to learn.”
To the center of the garden
Gilgamesh was led, to see
A great form, a god of living metal,
Of many parts of metal that moved about
As if a living thing,
And it bore great scars and misshapings
As if a rent shield, or a melted candle.
At its side was a tree
Small, old, and twisted.

これにギルガメシュは絶望した。
[以下の6行は失われている]
「ここには他に見るべきものが、学ぶべきことがある」
庭の中心に
ギルガメシュは案内され、そこで
多くの金属部品が組み合わさった
生物のように動く、
偉大なる形、生きる金属の神を見た。
そしてその側には小さな、
古い、ねじ曲がった木が立っていた。

On that island was a mass of metal, maybe a hundred and fifty feet across. Thousands of moving parts, clicking and ticking and moving. It was roughly spherical, and much of it looked heavily damaged: segments were melted, crushed, torn, broken. The moving parts looked to have grown around the dead regions, to make up for lost capability. Salah couldn’t help but think of it as scar tissue. The noise the thing made sounded like a heart-beat, but it was an old, weakened heart. Near to it was a single, shriveled tree, black-barked and withered, without leaves.

その島には直径150フィートはありそうな金属の塊があった。何千もの可動部分が、カチカチと音を鳴らしながら動いていた。大まかな球形をしたそれは、酷く傷んでいるように見えた。一部分が溶け、潰れ、裂け、壊れていた。可動部分は、失われた能力を補うように死んだ部分の周りへと成長しているように見えた。サラーにはそれが瘢痕組織のようにしか思えなかった。その物体から出るノイズは鼓動のようで、けれどそれは、年老いて弱った心臓だった。その近くには1本の枯れ木が立っていた。黒い樹皮の、葉も無い枯れ木が。

Bump-bump.

なんてこった。

Was this it? The actual Machine? Salah could not help the chill that ran down his spine. This place…this was a sacred place. This was the same chill that ran through him when he had stood in Al-Masjid al-Ḥarām or St. Peter’s. That same feeling of smallness, of insignificance amidst a space that had been made God’s own…it surrounded him. This was a sacred place.

これがそうなのか?真なる機械?サラーは背筋に寒気を感じずにはいられなかった。この場所は……ここは聖地だったのだ。この寒気はマスジド・ハラームやサン・ピエトロ大聖堂に立った時に感じたそれと同じものだ。その時と同じ矮小さ、神が作られし宇宙の中における無意味さの感覚……それが彼を取り巻いていた。ここは聖地だった。

A voice inside his head cursed at him, warning not to be fooled by this devilry. It is a lie, it is an idol, cast it down, cast it down! There is no god but God!

頭の中で彼を罵る声が、こんな悪戯に惑わされるなと警告した。これは偽物だ、偶像だ、捨てろ、捨て去るんだ!主の他に神はいない!

But the voice was wrong. He knew it was wrong, but he could not explain why. In that moment of clarity, he knew. This was the Machine, and they were wrong. All of them. Every one outside of this valley was wrong. So very wrong. It was not a god to be worshipped, it was not a force of destruction, it was not evil. This thing, this machine, was a tool of God, even as broken and twisted as it was. The rest of the Church must had been corrupted by incomplete parts, and from seeing only them, so the Initiative had inherited their corrupted version. Here, with the core of the Machine, these people were unharmed. They remained human.

だが声は間違っていた。彼はそれが間違っていると知っていた。けれどなぜかその訳を説明できなかった。確かにその瞬間、彼は知っていた。これは機械であり、彼らは間違っていると。彼ら全てが。この谷の外にいる全ての人間が間違っていた。とてつもなく間違っていた。これは崇拝されるべき神ではなく、破壊の力ではなく、邪悪ではなかった。これは、この機械は、神の道具だったのだ。壊れ、ねじ曲がっていてさえも。他の教会は不完全な部品によって、それだけを見ることによって汚染されたのに違いない。そしてイニシアチブにも汚染したものが継承された。ここには機械の核があり、人々は害されてはいない。彼らは未だ人間だった。

He had to know more. They would get the scribes, come back here with an army of researchers. Interview every villager, translate every text, trace the family trees back to the beginning. This was world changing. Salah’s imagination ran wild. When the Initiative was done here, they could take it to the world, reveal this place. It was always said that it was not time, but if this here did not mean that it was time, then there would be no time.

より多くを知る必要があった。律法学者を捕まえて、研究者軍団とともに戻って来る。村人全員にインタビューをして、全ての文書を翻訳して、家系図を始まりまで遡る。それは世界の変革だ。サラーの想像力は野放しだった。イニシアチブがここでやる事をやり終えたら、それを世界に持ち出して、この場所を明かす。いつだってまだその時ではないと言うものだが、これがその時でないのなら、時など訪れはしないだろう。

He stood a few moments longer in stunned silence, and then it spoke. The Machine spoke.

彼はもう暫く立ち尽くしていた。そしてそれは喋った。その機械が喋った。

The Machine spoke with a voice that was nothing like thunder. This was the voice made in the forge of stars, where worlds were broken and remade. It was not simply heard with the ear, but felt with the bones, felt with the soul. It layered upon itself, harmonized with its own note. It was eternity, all of creation, in a word.

機械は少しも雷のようではない声で喋った。それは星の鍛冶場、世界を壊し作り直す場所で作られた声だった。声を単に耳で聞くのではなく、骨で感じ、魂で感じた。幾重にも重なった声は、それ自体の音と調和していた。その一語に永遠と創造のすべてが込められていた。

Then, it was over, and there was silence. Salah could feel himself trembling. He was trembling. This was fear of God.

そして声が過ぎ去った後、沈黙が残った。サラーは自分が震えているのを感じた。彼は震えていた。それは敬神の念だった。

There was silence for a long time, before Rashid broke it.

長い間沈黙が続き、ラシッドがそれを破った。

“It is settled then. It must be destroyed."

「決まりだ。こいつは破壊しなくては」

“This is the Voice, the Voice of the King of Gods
Who created Apsu and Tiamat with a thought.
To its right is the tree that bears knowledge.
To its left the tree that bears life is no more,
Stolen by my brother.
The children of the garden, they chose
The tree of life alone, and their minds
Are that of animals.
I am of both, and I am cursed.
My brother is of both, and he is mad.
Do you see now, Gilgamesh, King of Uruk?
Do you see the foolishness of your quest?
It is not life eternal that is to be sought,
But knowledge instead.
It is knowledge that separates man from animal,
And it is death that separates man from monster.
Without knowledge, man is not man,
Without death, man is not man.
This is the test, and the gift.”

「これは声だ。考える事で
アプスーとティアマットを作り出した、神々の王の声だ。
その右には知恵を産む木がある。
その左の命を産む木はもう無い。
我が兄弟に盗まれた。
庭の子らは
命の木のみを選び、彼らの心は
動物のそれだ。
私は両方を選び、呪われた。
我が兄弟も両方を取り、狂った。
分かったかね、ウルクの王ギルガメッシュ?
己の探索行の愚かしさが分かったかね?
追い求めるべきは永遠の生命よりも、知恵なのだ。
人を動物から分かつのは知恵であり、
人を怪物から分かつのは死なのだ。
知恵無くして人は人ではなく、
死無くして人は人ではない。
これは試練であり、贈り物なのだ」

Salah was speechless as his thoughts came back together. He knew that tone, knew that mindset. He had been in that place once, and he saw his past reflected back at him in all of its small-minded pettiness.

思考が戻ってきた時、サラーは言葉も出なくなっていた。彼はその声色を知っていた。その思考法を知っていた。彼はかつてその位置にあった。そして彼は、過去の狭量さ卑小さの全てが己に戻ってくるのを見た。

Anger boiled up with a speed and fury he no longer thought possible.

怒りが、もはやあり得ないと思っていたほどに速く、激しく湧き上がった。

He punched Rashid in the face.

彼はラシッドの顔を殴った。

“You idiot! You lunatic! This…this is the voice of God! And you wish to destroy it?"

「この馬鹿気違いめ!これは……これは神の声だ!それを壊そうって言うのか?」

"You've become deluded by the Path, Salah." Rashid rubbed at his cheek. "God needs no machine to serve as His voice. This is like all the others, a false god to be destroyed and its worshipers to be purged.

「あんたは道によって惑わされているんだ、サラー」ラシッドは頰を擦った。「神は声を届けるために機械を必要とはしない。これは他の物と同じように滅ぼされるべき偽神であり、その崇拝者は粛清対象だ」

Salah laughed. He couldn't help it. There was no joy to be had.

サラーは笑った。そうせずにはいられなかった。そこに喜びは無かった。

“You’re going to destroy the greatest discovery in human history, the tool by which God spoke to man, and on top of all of that murder scores of innocent people, all to preserve the world as you imagine it to be! Are you really so fragile of faith that the first challenge drives you to murder?”

「お前は人類史上の大発見を、神が人に話しかけるための道具を破壊しようとしてるどころか、挙げ句の果てには無実の人々を殺そうとしてるんだぞ!それも世界をそうあるべきだと思う姿に維持するためだけにだ!お前の信仰は最初の試練で人殺しをしなきゃならんほど脆いのか?」

Rashid was unmoved. Salah knew that look as well.

ラシッドはぴくりともしなかった。サラーはその姿も知っていた。

“Innocent? Look at them. They are still idolaters, their brains are still filled with clockwork, they still reject their humanity to embrace metal, and the Machine still whispers its blasphemies to them. The only difference is in the words used, and in how you perceive them.” He waved a hand. "Enough of this. Musa, Tahmid, take him."

「無実?奴らを見ろ、奴らは未だ偶像崇拝者で、脳はぜんまい仕掛けで満たされ、金属を受け入れるためにその人間性を拒絶し、そしてこの機械は奴らに冒涜を囁く。違うのは使われる言葉とそれをどうやって受け取るかだけだ」彼は手を振った。「もういいだろう。ムサ、ターミッド、彼を連れて行け」

|Two of the Wolves pinned Salah's arm's behind him. The third took hold of Masun. The old man scampered off, out of the cave. Salah hoped he would deliver a warning, bring help, do something.

狼の2人が後ろからサラーの腕を掴んだ。3人目はマスンを捕まえた。老人は洞窟から逃げ去った。サラーは、彼が警告を伝え、助けを呼んできて、何かをしてくれることを願った。

“Can't you see it? Can't you see it, Rashid?”

「あれが見えないのか?見えないのか、ラシッド?」

“I see nothing but a false idol. If we cannot stand strong against the lies of this world, then we have already lost. Salah, I have great respect for you, but you have been misled. I will be merciful, but I will not allow you to interfere with God's work here. Bassam, destroy the camera. We have no need of it."

「俺には偽物の偶像しか見えん。この世界の嘘に対して強い姿勢を取っていられなかったならば俺たちは既に負けている。サラー、俺はあんたをとても尊敬している。だがあんたは惑わされた。俺は慈悲深いが、ここでの主の仕事を邪魔した事を許すつもりは無い。バッサム、カメラを破壊しろ。もう要らん」

The guard took the camera from Masun's hands and tossed it into the lake.

隊員がマスンの手からカメラを取り、池へと放り込んだ。

Later, Salah sat on the rocky ground of that little gully, his knees pulled up against his chest. Bassam sat on a rock, his gun in his hands, and Salah was certain he would be shot at the first movement. Not lethally, but at least in the leg. Rashid had said that he would be handed over to the Initiative authorities when they returned, and Salah did not particularly care. So long as he went home.

その後、サラーは小さな峡谷の岩の地面に、膝を胸まで上げて座っていた。バッサムは岩の上に座って銃を手に持っており、サラーは少しでも動けば撃たれると確信していた。致命的な場所ではなくとも、少なくとも足くらいは。ラシッドは帰還した後で彼をイニシアチブ当局に引き渡すと言っていたが、サラーは特に気にしなかった。家に帰れる限りは。

He felt the ground shake, and along with that shaking, a great pain in his soul.

彼は地面が揺れるのを感じた。その揺れと共に魂に大きな痛みが走った。

He closed his eyes, and thought of home. Home, where there was still some good left.

彼は目を閉じ、家のことを考えた。今も良い事が待っている我が家のことを。

“Have you seen them, Gilgamesh, King of Uruk?
Have you seen the throngs in those cold cities to the east,
Where men wish for the death that will never come
Upon their heads?
Do you wish for their curse, the curse laid upon me?
To live eternally and to endure suffering without ceasing?
Weep not for the dead, Gilgamesh, King of Uruk.
Go home, and embrace your son Ur-Nungal whom you love.
It is better that a man live well, than he live forever.”

「見たか?ウルクの王、ギルガメシュよ。
東の冷たい都市にいる群衆を、
死が頭上に降りかかって来ないように願う男達の姿を
見たか?
お前は彼らの呪いを、私に向けられた呪いを望むか?
永遠を生き、終わりなき苦しみを耐える事を?
死者のために涙を流すな。ウルクの王、ギルガメシュよ。
帰るのだ。そして愛する息子ウル・ヌンガルを抱いてやれ。
永遠に生きるよりも良く生きる方がよいのだ」

Thousands of miles away, Mary-Ann sat on the couch, watching the Uruk-hai charge the Deeping Wall. She rested a hand on her belly, and the baby kicked underneath, as if to join in the defense of Helm's Deep. Mary-Ann chuckled.

数千マイル離れた場所で、メアリー=アンはソファーに座って、ウルク=ハイ4が奥の城壁に突撃するのを見ていた。彼女が手を腹の上に乗せると、赤ん坊はまるでヘルム峡谷5の防衛に参加すると言わんばかりに下に蹴った。メアリー=アンはくすくす笑った。

"Easy there, kiddo. Aragorn's got this, don't worry."

「落ち着いて。アラゴルン6は勝つのよ。心配いらないわ」


特に気になる箇所

タイトル

“If I know ancient temple complexes, and I do believe that I do,”
「もしも俺が古代の寺院の構造を知っていて、その知識を信じるとすればだが」

I cannot undermine your authority if I am leading the expedition, which I am.
俺が探検の舵を取ってる限りはお前の権限を乗っ取れやしないさ。

Bump-bump.
なんてこった。

and he saw his past reflected back at him in all of its small-minded pettiness.
そして彼は、過去の狭量さ卑小さの全てが己に戻ってくるのを見た。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The NorthPole 's portal does not exist.


エラー: NorthPole のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2955066 ( 06 Jun 2018 08:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License