SCP-JP おうちかえる

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

通知

当報告書は再分類の最中であるため、暫定的にAnomalousアイテム分類時の報告書が添付されています。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Anomalous Safe(暫定的)

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは大型低脅威度物品収容コンテナに保管されます。SCP-XXXX-JPによる影響の無力化は非常に優先度の高い事項であるため、無力化に繋がる発想は全て██博士に報告してください。

説明:

説明: 異常な光を発する、一般的な製品に比べ約30倍の大きさの白熱電球。この電球による光に暴露した動的な非生物は約1m/hの速度で物理法則に矛盾する自律的な移動を行う。AI搭載ロボットによる試験では「家に帰る」という文字列が出力された。
回収日: 2022/9/2
回収場所: 北海道██村
現状: 大型低脅威度物品収容コンテナに保管。被影響物品は発見次第回収を行う。目撃者や関係者には記憶処理とカバーストーリーを適用済み。
追記: 夜間に出歩く青少年を強制的に帰宅させる目的で作成されたようですが、意図しない異常性を持ったようです。山に囲まれているという██村の立地特性により、近隣の町村への影響はありません。また、被影響物品は製造された場所や以前に存在した場所に戻ろうとすることが判明しています。 -若葉博士
「動的な非生物」とは具体的にどのようなものを指しますか? -██研究員
実際に一番影響があったのは車両でした。ただし、エンジンのかかっていない車両は影響を受けませんでした。他にも流水は影響を受ける一方、カップに入った水では影響を受けないことが判明しています。-若葉博士

事案XXXX-JP-A(2022/9/3 6:39): 財団の所有する宇宙ステーションが異常なデータ出力を行いました。この出力は宇宙ステーションに搭載された対話型AIの起動時に行われました。

C9-██-Meteor.AI: 帰りたい
C9-██-Meteor.AI: おうち帰りたい
C9-██-Meteor.AI: さみしい
C9-██-Meteor.AI: 帰る
C9-██-Meteor.AI: 帰る
C9-██-Meteor.AI: おうちかえる
[同様のメッセージが繰り返されるため省略]

このログを根拠に、前日にAnomalousアイテムとして回収されていたSCP-XXXX-JPの関与が疑われ、異常性同定試験が行われました。試験の結果、SCP-XXXX-JPの異常性の影響であると同定されました。これを受けて、SCPオブジェクトへの再分類が決定しました。

この宇宙ステーションは本来の軌道を外れ、徐々に地球に接近する軌道を開始していることが判明しています。

事案XXXX-JP-B(2022/9/3 13:41): 事案XXXX-JP-Aを受け、各国の人工衛星や宇宙ステーションの調査が行われました。その結果、███機が本来の軌道を外れ、徐々に地球に接近する軌道を開始していることが判明しました。

事案XXXX-JP-C(2022/9/3 14:28): 財団天文学部門の指摘を受け、月の軌道の調査が行われました。その結果、月が本来の軌道を外れ、徐々に地球に接近する軌道を開始していることが判明しました。 これはジャイアントインパクト説1が正しいためであると考えられます。

付与予定タグ: scp jp keter 強制力 可視光 月 地球外 衛星



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The leaflet's portal does not exist.


エラー: leafletのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2932571 ( 01 Sep 2021 08:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License