【翻訳】SCP-5293 - Red. Rubber. Ball. /赤い。ゴム。ボール。

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x
warning.png
アイテム番号: 5293
レベル2
収容クラス:
euclid
副次クラス:
none
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
notice


2207740504_85ac6b9007_c.jpg

SCP-5293, upon discovery in Lake Erie, Pennsylvania
SCP-5293、ペンシルベニア州エリー湖で発見された。

Special Containment Procedures (UPDATE): Following Incident-5293, SCP-5293 is to be sealed in a plastic mold internally shaped according to the object's dimensions, and kept in secure anomaly locker 03C. Interaction with SCP-5293 is prohibited.

特別収容プロトコル(更新版): インシデント-5293後より、SCP-5293は自身の寸法に合わせて内部が成形されたプラスチック製の金型に覆われ、アノマリー安全ロッカー03Cに保管されます。SCP-5293との意思疎通の試みは禁止されています。

Descripton: SCP-5293 is a red, rubber ball, measuring 0.5 meters in diameter. SCP-5293 is capable of circumrotary movement, and can accelerate its gyrations to speeds of up to 643 kilometers per hour, if left uninterrupted. (See Addenda)
説明: SCP-5293は、直径0.5mの赤いゴムボールです。SCP-5293は回転運動が可能であり、妨害が無ければ643km/hまで加速することが可能です。(補遺参照)

SCP-5293 is sapient, and has demonstrated an understanding of English. SCP-5293 vocalizes using an interstice that runs along the center of one half of the object, which moves similar to a mouth and jaw. The object's vocabulary is limited, taking pauses for a number of seconds in between words. When SCP-5293 is distressed, its coloration will change to a shade of green.
SCP-5293は知性があり、英語を理解することが実証されています。 SCP-5293は自身を半球に区切る線に沿って存在する隙間を使って発話が可能であり、その動きは口と顎に似ています。SCP-5293 の語彙は少なく、語句の間に数秒の間が空きます。SCP-5293が苦悩している時、SCP-5293の色は緑色に変化します。

SCP-5293 has expressed a fixation on Foundation Researcher Eric Sauls, who recovered the object from Lake Erie, Pennyslvania, after reports of its discovery by a group of local fishermen. SCP-5293 continuously expresses the desire to kill Researcher Sauls, and has little interest in communicating about other topics.
SCP-5293は財団職員のエリック・ソールズ研究員に執着心を示しています。ソールズ研究員は地元の漁師たちによる発見の報告を受け、ペンシルバニア州エリー湖でSCP-5293を回収した人物です。SCP-5293はソールズ研究員を殺害したいという欲求を継続的に表明しており、他の話題についてのコミュニケーションにはほとんど興味を示しません。

Addendum.5293.01: Interview Log
補遺.5293.01: インタビュー記録

Foreword: Second interview with SCP-5293, conducted by Researcher Sauls two days after discovery and containment of the object.

BEGIN LOG

序: SCP-5293の2回目のインタビュー。発見及び収容の2日後にソールズ研究員が実施した。

ログ開始


Sauls removes SCP-5293 from locker. A two-way glass separates SCP-5293 and Researcher Sauls. An intercom system is used for communication.
ソールズ研究員が収容ロッカーからSCP-5293を取り出す。双方向ガラスによってSCP-5293とソールズ研究員は隔たれている。インターホンシステムを使って会話が行われる。

Researcher Sauls: Good morning, SCP-5293. Can you hear me?
Researcher Sauls: おはようございます、SCP-5293。私の声が聞こえますか?

SCP-5293: Yes.
SCP-5293: はい。

Researcher Sauls: Excellent, and how are you today?
Researcher Sauls: 良いですね、今日の気分はどうですか?

SCP-5293: I. Am. Fine.
SCP-5293: 自分。は。元気。

Researcher Sauls: We talked yesterday. Do you still feel the desire to kill me, SCP-5293?
Researcher Sauls: 私たちは昨日も会話をしましたね。SCP-5293、あなたはまだ私を殺したいという欲求を感じますか?

SCP-5293: I. Want. To. Kill. You.
SCP-5293: 自分。お前。殺す。したい。

Researcher Sauls: Ah, gotcha. That's okay, SCP-5293. Why do you want to kill me?
Researcher Sauls: ああ、なるほど。了解しました、SCP-5293。あなたは何故私を殺したいのですか?

SCP-5293: I. Want. To. Kill. You.
SCP-5293: 自分。お前。殺す。したい。

Researcher Sauls: Alright, that's fi—
Researcher Sauls: 分かりました、い—

SCP-5293: (Object becomes green) Sorry.
SCP-5293: (SCP-5293が緑色に変化する) ごめん。

END LOG

ログ終了


Closing Statement: Interview continued for another half hour. SCP-5293 refused to discuss topics other than killing me, even when enticed with the prospects of being able to do so upon compliance. Upon being asked to elaborate on how it would do this, SCP-5293 responded that it would "have to think about that", but "[was] going to kill Researcher Sauls" regardless. Object was returned to containment upon conclusion of the interview. - Researcher Sauls
終了報告書: インタビューはこの後30分続きました。SCP-5293は私を殺害すること以外の話題について話すことを拒否しました。これは、従えば私を殺害出来る可能性があると示唆した場合にも同様でした。 どのようにそれを行うのかついて詳しく尋ねられたSCP-5293は「考えなければならない」と答えましたが、そう答えたにも関わらず「ソールズ研究員を殺すつもり(だった)」とも答えました。 インタビュー終了後、オブジェクトは収容ロッカーに戻されました。- ソールズ研究員

Addendum.5293.02: Incident-5293-01
補遺.5293.02: インシデント-5293-01

INCIDENT REPORT
事故報告書


5787021923_6a0e71ed12_c.jpg

Destruction caused to Area-179 by SCP-5293's acceleration
SCP-5293の加速によるエリア-179の破壊

The following recollection of events has been compiled from a source of surveilance footage and summarized below.
この事故の過程は、監視映像を元に作成され以下のように要約されました。

On 2021/4/03, SCP-5293 breached containment by rotating itself within its containment locker to achieve a speed of 643 kph. The object then accelerated with enough force to break through the walls of its locker, and continued on a trajectory that broke through the northeast wall of Area-179's anomalous items wing, four hallways, a research lab, a fueling silo, 12 containment chambers (resulting in three containment breaches) and a garage before ricocheting off a stop sign outside Area-179 in a southwest direction. SCP-5293 broke through the windshields of 5 cars, 7 trees, a restaurant, and continued in this direction before reaching the upper-left second story window of the residence of Researcher Sauls. SCP-5293 shattered the window and accelerated through a wall before reaching the residence's bathroom and making contact with the back of Researcher Saul's head, who then died upon impact.
2021/4/3、SCP-5293は収容ロッカー内で自身を回転させて643km/hに達し、収容違反を起こしました。 その際SCP-5293はロッカーの壁を突き破るのに十分な力を持つまで加速し、エリア-179南西方向にある一時停止標識への接触によって軌道を変えるまでに、エリア-179のアノマラスアイテム棟の北東の壁、4つの廊下、研究所、燃料サイロ、12の収容室、そして車庫を突き破る軌道を続けました(なお、収容室の破壊によって3件の収容違反が発生しています)。 SCP-5293は5台の車のフロントガラス、7本の樹木、レストランを突き破り、ソールズ研究員の住居の左上の2階の窓に到達するまでこの方向に進み続けました。 SCP-5293は窓ガラスを割り、壁を突き抜けて加速し、浴室に到達し、ソールズ研究員の後頭部に接触しました。ソールズ研究員は衝撃により死亡しました。

Upon recovery, SCP-5293 stated the following:
回収時に、SCP-5293は次のように述べました:

SCP-5293: Told. You.
SCP-5293: 言った。だろ。

SCP-5293 was compliant upon being returned to containment. Containment procedures have been updated accordingly. Further interviews with SCP-5293 have resulted in the object displaying difficulty communicating about topics other than killing Researcher Sauls, despite having done so. A transcription of an interview four hours from Incident-5293-01 has been provided below.
再収容の際、SCP-5293は従順でした。そのため、特別収容プロトコルそれに因んだものに更新されました。SCP-5293へのさらなるインタビューの結果、SCP-5293はソールズ研究員を殺害したにも関わらず、それ以外の話題でコミュニケーションを取ることが困難であることが示されました。以下に、インシデント5293-01から4時間後のインタビューを掲載します。

BEGIN LOG

ログ開始

SCP-5293: Where. Is. Researcher. Sauls.
SCP-5293: ソールズ。研究員。は。どこだ。
Dr. Dune: You- You killed him earlier today. You've been wanting to do that since you were contained.
デューン博士: お前!…あなたは今日彼を殺しました。あなたは収容されて以来、ずっとそうすることを望んでいましたよね。

SCP-5293: (Object turns green) Oh.
SCP-5293: (SCP-5293が緑色に変化する) そんな。

Dr. Dune: How does that make you feel?
デューン博士: どのような気分ですか?

SCP-5293: Upset.
SCP-5293: 動揺。

Dr. Dune: You wanted to kill him though. You remember that, right?
デューン博士: あなたは彼を殺すことを望んでいました。それは覚えていますね?

SCP-5293: (Coloration returns to red.) I. Want. To. Kill. Him. Again.
SCP-5293: (SCP-5293が赤色に変化する) 自分。あいつ。殺す。したい。また。

END LOG

ログ終了


付与予定タグ: 共著 外部エントロピー euclid scp 敵対的 移動 知性 自我 球体 玩具


ERROR

The leaflet's portal does not exist.


エラー: leafletのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2932571 ( 01 Sep 2021 08:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License