onthonon-72--ae50

アバントゥー連邦

首都: ウルンディ
ベクソンが銃を売った結果、300年近く早く拡大したズールー王国だったが、大東亜戦争でベクソンが弱体化すると、抑圧されてきた各民族が蜂起。民族自治重視の連邦国家となって今に至るが、各民族の関係は必ずしも良いわけではなく、崩壊は時間の問題だろう。

アメリカ王国

首都: オールバニー
ベクソンがポルトガルに勝ったため、ボストン茶会事件が起きず、フランス革命の余波でアメリカ独立戦争勃発ということになったが、フランスの支援を受けられず、独立失敗。その後、イギリスの植民地として来たが、2度の世界大戦で発言権の強化を求めたことにより、戦後、半独立国となった。

アンティグア及びバーブーダ王国

首都: セントジョンズ
イギリスの植民地だったが、2度の世界大戦で発言権の強化を求めたことにより、戦後、半独立国となった。

オーストラリア王国

首都: キャンベラ
イギリスの植民地だったが、2度の世界大戦で発言権の強化を求めたことにより、戦後、半独立国となった。西の多治香国とは仲が悪い(特に人種問題)。

バハマ王国

首都: ナッソー
イギリスの植民地だったが、2度の世界大戦で発言権の強化を求めたことにより、戦後、半独立国となった。

バルバドス王国

首都: ブリッジタウン
イギリスの植民地だったが、2度の世界大戦で発言権の強化を求めたことにより、戦後、半独立国となった。

ベクソン社会主義人民共和国

略称: ベシクンダ/BESIKUNDA
面積: 8380km²
人口: 約3000人
GDP: ナウル並
公用語: ベクソン語
通貨: ベシクンダ・アロ/BKA(法律上)、田舎通貨(実際)
国の標語: 万国の労働者よ、団結せよ!/Puroletariap ale daisya, Ekatas!
キャッチコピー: 風の国/fUdaisya
主な産業: 漁業、ゆるキャラ、工芸品、切手、コイン
目下の問題: ベクソンからの借金、高齢者問題
国名の割りに党の力は弱く、各村々の連絡機関程度しかない。一方、村の権限は強く、村社会の集合体といった感じになっている。
社会主義国では珍しく一党独裁ではなく、選挙も行われている。政党は「ベクソン革新共産党」と「南方諸島同盟」の2つ。通常「党」と言うときは前者を指す。前者は常に与党であるが、常に少数派、後者は常に野党であるが、常に多数派である。なぜこのようなねじれが起きているかと言うと南方諸島同盟はいわば党を監視するための政党であり、政権につく気がないからである。また、村々(の長)が下手に政権交代するよりは長期政権のほうが安定すると考えているからでもある。一方、党は常に少数派なので何をするにも南方諸島同盟及びそのバックに付いている村々(の長)の顔色を伺わなければならない。
党が選挙で勝てない理由は選挙は村人たちは投票先を強要され、監視されるからである。
ベクソン国から見たら過激な左翼を合法的に島流しにした形なのかもしれない。

ベリーズ王国

首都: ベルモパン
イギリスの植民地だったが、2度の世界大戦で発言権の強化を求めたことにより、戦後、半独立国となった。

コモロ共和国

首都: アンタナナリボ
古代から南部にベクソン人が住んでおり、近世までには全島がベクソンの版図に加えられてしまうが、大東亜戦争でベクソンが弱体化したことで独立。フランス人海賊ジェームズ・ミッソンの影響を受けた過激な自由主義政党が躍進している。

ドミニカ王国

首都: ロゾー
イギリスの植民地だったが、2度の世界大戦で発言権の強化を求めたことにより、戦後、半独立国となった。

フィジー王国

首都: スバ
イギリスの植民地だったが、2度の世界大戦で発言権の強化を求めたことにより、戦後、半独立国となった。

グレナダ王国

首都: セントジョージズ
イギリスの植民地だったが、2度の世界大戦で発言権の強化を求めたことにより、戦後、半独立国となった。

ガイアナ王国

首都: ジョージタウン
イギリスの植民地だったが、2度の世界大戦で発言権の強化を求めたことにより、戦後、半独立国となった。

イプラタンジュン国

ベクソン最初の植民地だったが、大東亜戦争でベクソンが弱体化した際に独立。

ERROR

The onthonon's portal does not exist.


エラー: onthononのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2853684 ( 31 May 2018 15:23 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License