All Endings: Becson

現実エンド

大東亜戦争は条約上、我々の勝利に終わったが、実際は共倒れだった。犠牲は凄まじく、権益や領土、保護国の多くを手放さずを得ない程、我が国は弱体化した。しかし、イギリスからの援助や日本との協力などによって国力を回復していき、今やGDP世界4位の経済大国となっている。


大海円エンド

我々は日本に勝利した。我々はインド太平洋に跨る広大な勢力圏を確立することに成功。東の海の覇権国となった我々だが、我々の勢力圏は英国に囲まれている。さらなる拡張が必要だ。


大東亜共栄圏エンド

我々は日本に敗北した。ベクソンは5つに分けられ、4つは日本の傀儡国、1つは終戦間際に貝英同盟を破棄して宣戦布告しただけのイギリスの植民地となった。王族は残ったが、今や日本の傀儡である。キンポウゲが再び咲く日は来るのだろうか。


三度目の革命エンド

大東亜戦争が共倒れに終わった後、我々は無能かつ因循姑息な権威主義者共を滅ぼした。元属国の同志を支援し、彼らと共に集会を意味するサンガという名の連邦を作り上げた。共産主義は着実に拡がっている。ボルシェビキもサンディカリストも成し得なかった世界革命を我々が成し遂げるのだ。


ロシアの海エンド

貝露戦争はロシア帝国の勝利に終わった。ロシア帝国はベクソンの勢力下にあった国々を全て併合し、インド洋を手中に収めた。グレート・ゲームは新たな局面を迎えたが、ベクソンはゲームから転落してしまった。


イベリアへの征服者達エンド

我々はオスマン帝国、マムルーク朝に同盟とイベリアの再征服を持ちかけた。八十年戦争や三十年戦争も相まって再征服は成功に終わり、我々はフィリピン、アンゴラ、パタゴニアを手に入れ、世界の覇権国となった。ベクソン帝国万歳。


そこに島はなかったエンド

ベクソンはなかった。インド洋には欧州の列強が容赦なく入り込み、ほとんどの国が植民地化された。独立こそしたものの、今なお植民地時代の名残が残っている。

ERROR

The onthonon's portal does not exist.


エラー: onthononのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2853684 ( 31 May 2018 15:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License