オーミの回る城

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


ヒジュラ暦797年、ジョチ・ウルスのハーン、トクタミシュはコンドゥルチャ川での大敗の復讐のため、マムルーク朝のスルターン、バルクーク、オスマン帝国の皇帝、バヤズィト、黒羊朝の指導者、カラ・ユースフ、リトアニア大公ヴィータウタス、その他多くのイスラム諸国やルーシ諸侯と共に反ティムール同盟を結成。ティムールはこれを打破すべく出陣し、同年6月23日のテレク川の戦いでトクタミシュ軍を撃破。トクタミシュは敗走し、ティムールはこれを追撃、各地を荒らし回りながらジョチ・ウルスの都、サライへと進軍。

一方その頃、イッダタキーマ村はスシとして回されたウォーツに蹂躙されていた。

「はぁ?」
イッダタキーマ村の惨状を聞いた王子、ウマル・シャイフは状況が飲み込めなかった。
「ですから、イッダタキーマ村が、回転する、ウォーツに、破壊されました。」
「いや、まるで意味がわからんぞ。え、エイプリルフールは2週間以上前だよね?あの、正直に話してみ?」
「全て本当です。本当に回っていたのです」
「え、マジなの?」
「マジです」
「マジで、ウォーツが回りながらイッダタキーマ村を破壊したの?」
「はい、そうです。それから……」
「それから?」
「そのウォーツがこのサマルカンドに向かっているとのことです」
「……」
█は開いた口が塞がらなかった。
「また、ウォーツは一夜で高さ100キュビットの城壁を築き上げたとのこと」

ERROR

The onthonon's portal does not exist.


エラー: onthononのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2853684 ( 31 May 2018 15:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License