闇寿司ファイルNo.105 "女体盛り"

現在このページの批評は中断しています。

概論

女体盛りとは裸の女性を器とし、食品を盛り付ける日本の伝統文化である。一般的には性的嗜好によって行われるものだが、闇寿司女性漁獲調査部隊「海女象如衆アマゾネス」においては自らを寿司とする武術である。

闇寿司女性漁獲調査部隊「海女象如衆アマゾネス」における女体盛りは台の上で激しく動く都合から刺身を1枚、簪やヘアクリップなどを用いて髪にセットするのみとなっている。なお、この寿司を用いて他の寿司に負けた場合、寿司である自らを食す代わりに自らの乳房を切り落とし、それを食すことになっている。もちろん、麻酔などという甘ったれた物は使わない。

スシブレード運用

攻撃力

防御力

機動力

持久力

重量

操作性

鍛錬具合にもよるが、女体盛りがあらゆる点において最強であるということは疑いようがないだろう。













他の活用法

漁業、戦闘、記憶処理、護身、浮気した夫への制裁、スーパーでの買い物など多岐にわたる。

さあ、君も闇寿司女性漁獲調査部隊「海女象如衆アマゾネス」へ入ろう!男性も大歓迎だ!

エピソード

中国における「鮓」とはどういうものなのか。その謎を明らかにすべく、我々、闇寿司女性漁獲調査部隊「海女象如衆アマゾネス」はアマゾンへと足を踏み入れた。

そして、我々、闇寿司女性漁獲調査部隊「海女象如衆アマゾネス」はアマゾンの先住民族「スシマワーリ族」と遭遇した。彼らの手首には帯状の日焼け跡が見える。

スシマワーリ族の族長「イイカゲンニシテ!モウナンドメダトオモッテルノ!」

どうやらスシマワーリ族は我々に対して友好的ではないようだ。ならば戦いになるのは当然と言えよう。どうやら彼らの戦いにはルールがあるらしく、奇しくも我々はそのルールを知っていたのでそのとおりに戦った。

スシマワーリ族の族長・私「3、2、1、へいらっしゃい!」
「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

私は噛み付こうとしたピラニアの握りを足で踏み潰した。割れた台の破片が舞う。ピラニアにはまだ戦う意志があったので私はそれを掴んで噛み千切った。美味であった。

関連資料

闇寿司女性漁獲調査部隊「海女象如衆」のホームページ
今すぐクリック!

女体盛り - Wikipedia
一般的な女体盛りについて

文責: 弓月 鈴鹿


ERROR

The onthonon's portal does not exist.


エラー: onthononのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2853684 ( 31 May 2018 15:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License