闇の器

現在このページの批評は中断しています。


闇寿司は一枚岩ではない。内部には様々な主義、思想が渦巻き、頭たる闇がいなければ数多に分裂し、混沌を極めていたことだろう。そして、その闇をも討たんとする者がいるのもまた事実だ。

今回、闇の前に現れた男もその1人である。名はマソ、闇寿司に属しながら、蕎麦屋を営んでいる。手に持ったスシも当然、かけそばである。

2人は互いに一瞥し、構えた。

「3、2、1、へいらっしゃい!」

互いのスシは一直線に中心へと向かい、ぶつかる。どんぶりとどんぶりが擦れる音。まるで写真のような地味な絵面だ。この状況が2時間続く。

それもそのはず、ラーメンは通常のスシが相手の場合、その圧倒的な質量で破壊していくが、同等の質量のスシが相手である場合、スープが潤滑油の役割を果たし、相手の攻撃を受け流すのだ。ラーメンは本来、防御型なのである。そしてそれは蕎麦も同じ事。故にこの状況になるのは当然なのだ。

ラーメンのどんぶりの釉薬が剥げる。マソは今回、ザラザラしたどんぶりで挑んできたのだ。また、粘性も蕎麦の方が低く、ラーメンの敗北は時間の問題である。

「勝てる……!私は闇に勝てる……!」

普通ならば。

パリンッ
蕎麦のどんぶりが割れる。

「バカな……!?こんなはずは……。きちんと耐久試験も行った……。普通に廻してれば確実に勝てる戦いだったはず……!?」

「確実に勝てる?」

「……!」

「協会の連中は俺のことを誇りを捨てただの言うが、そうじゃねぇ。闇には闇の、誇りが!挟持が!魂がある!今回の敗因はそこだ。俺とテメェじゃ魂が違う。2時間耐えたことは褒めてやるが、確実に勝てると手ぇ抜いたんなら容赦はしねぇ。やれ」

マソは男達に連れられていった。

「そこでまた、鍛え直すんだな」


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The onthonon's portal does not exist.


エラー: onthononのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2853684 ( 31 May 2018 15:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License