ベクソン語ラジオ講座 1 yel leson 挨拶

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


蘆薈: みなさん、こんにちは。ベクソン語ラジオ講座。お相手は私、日奉蘆薈と、
Obota: nInI, hakitis salo. Obota Daiwa os. みなさん、はじめまして。オボタ・ダイワです。
Obota: tikire lesonini abAdas nemaran. 今回は初回ですので詳しい文法などは後にして挨拶から学んでいきましょう。
蘆薈: 早速、例文を見ていきましょう。

Sagara: hakitis salo. namasap ay Sagara o. namasap nIy tiyana omedo?
Sushie: yoketa. ay Sushie. Sushiblade San!
Sagara: tikiray bAgi ifalo……!

Sagara & Sushie: 3, 2, 1, heirassyai!


Sushie: ay sicido!
Sagara: ay lomido. nIy tIme.
Sushie: af salan.
Sagara: salan.

蘆薈: はい。寿司江がいきなりスシブレードに誘ってますね。ベクソンでもスシブレードは人気だったりするんででしょうか?
Obota: もちろん。子供から老人までみんなやってます。
Obota: 1文目の"hakitis salo"ですが、"hakitis"が「初めに」、"salo"が「会う」という意味ですので「はじめまして」となります。urup ani assan. 繰り返してください。 hakitis salo.
蘆薈: hakitis salo.
Obota: hakitis salo.
あなた: hakitis salo.
Obota: "namasap ay ~ o"は「私の名前は〜です」という表現です。最後の"o"は省略されることも多いです。言ってみましょう。自分の名前で構いません。namasap ay Obota o.
蘆薈: namasap ay Aroe o.
あなた: namasap ay (あなたの名前) o.
Obota: "namasap nIy tiyana omedo?"は「あなたの名前は何ですか?」という表現です。Repeat after me. namasap nIy tiyana omedo?
蘆薈: namasap nIy tiyana omedo?
あなた: namasap nIy tiyana omedo?
Obota: "yoketa"は会ったときの

蘆薈: 「おはよう」は
Obota: yoketa
蘆薈: 「こんにちは」は
Obota: yoketa
蘆薈: あれ?さっきと同じようですが。
Obota: ベクソン語では「おはよう」、「こんにちは」、「こんばんは」はどれも"yoketa"になります。また、日本語の「やあ」や英語の「Hey」のような軽い挨拶の場合は"yA"になります。日本語と同じ発音ですね。
蘆薈: なるほど。では、冒頭で出てきた"hakitis salo"は?
Obota: "hakitis"が「初め」、"salo"が「会う」ですので「はじめまして」です。
蘆薈: では、別れの挨拶は?
Obota: "af salan"ちなみに、"af"が「また」、"salan"が「会おう」なので直訳すると「また会おう」になります。

蘆薈: 早速、"yoketa"が出てきましたね。
Obota: 今回は初回ですので、複雑な文法は後にして、"namasap ay ~ o"は「私の名前は〜です」という表現です。最後のoはしばしば省略されます。
蘆薈: "ay"と"nyay"で何か違うんでしょうか?
Obota: "ay"と"nyay"の違いは後の回でやりますが、"nyay"の方が女性っぽい言い方になります。
Obota: "hakitis salo"は先ほどやったように、「はじめまして」、"namasap nIy tiyana omedo?"は「あなたの名前は何ですか?」という表現です。"namasap nIy?"とも言います。
Obota: "nyay"は「私は」という意味です。"ay"も同じ意味になります。
蘆薈: "ay"と"nyay"で何か違うんでしょうか?
Obota: "ay"と"nyay"の違いは後の回でやりますが、"nyay"の方が女性っぽい言い方になります。
Obota: "Sushiblade San!"はたぶん気づいてる人もいるかと思いますが、「スシブレードしよう!」という意味です。
蘆薈: ベクソンでもスシブレードは人気だったりするんですか?
Obota: もちろん。子供から老人までみんなやってます。
Obota: "tikiray bAgi ifalo"は「これは運命かもしれない」という表現です。
蘆薈: で、「3、2、1、へいらっしゃい!」と
Obota: はい、そこはそのまんまです。
Obota: "sicido"は「勝った」、"lomido"は「負けた」という意味になります。"nIy tIme"は「あなたは強いですね」という表現です。
Obota: そして、"af salan"で
蘆薈: 「さようなら」
Obota: OK. A urup ani assan. Repeat after me.
Obota: yoketa.
蘆薈: yoketa.
Obota: namasap ay Obota o.
蘆薈: namasap ay Aroe o.
Obota: namasap nIy tiyana omedo?
蘆薈: namasap nIy tiyana omedo?
Obota: Sushiblade San!
蘆薈: Sushiblade San!
Obota: tikiray bAgi ifalo.
蘆薈: tikiray bAgi ifalo.
Obota: 3, 2, 1, heirassyai!
蘆薈: 3, 2, 1, heirassyai!
Obota: ay sicido.
蘆薈: ay sicido.
Obota: ay lomido.
蘆薈: ay lomido.
Obota: nIy tIme.
蘆薈: nIy tIme.
Obota: af salan.
蘆薈: af salan.
蘆薈: では、もう一度、例文を見てみましょう

Sagara: yoketa. namasap ay Sagara o. hakitis salo. namasap nIy tiyana omedo?
Sushie: yoketa. nyay Sushie. Sushiblade San!
Sagara: tikiray bAgi ifalo……!

Sagara & Sushie: 3, 2, 1, heirassyai!


Sushie: nyay sicido!
Sagara: ay lomido. nIy tIme.
Sushie: af salan.
Sagara: af salan.

蘆薈: 今回はここまで、ではみなさん、
蘆薈 & Obota: af salan.

ERROR

The onthonon's portal does not exist.


エラー: onthononのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2853684 ( 31 May 2018 15:23 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License