ためにならないスシブレードTale 大雑把な流れの案

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

闇を倒して数ヶ月、タカオ達は残党狩りに追われていた。そんな中、1人のスシブレーダーがタカオに挑む。彼のスシ(ブリリアントブルーハワイジェル・アイスキャッスルorパンジャンコーン)は善戦したもののタカオのサルモンが勝つ。そのスシブレーダーは自分のスシを食べながら、「やっぱり勝てないか〜」と言い、タカオに1通の手紙とDVDを渡し、フトマキールダー(とマグロブレイカー)には気をつけろと忠告する。手紙の内容は邪道寿司四転皇テヨウチ(とロンショ)がサルモン(とカンパッチェ)の強さを見たいのである場所で会おうといったものだった。
悔しがる素振りを見せない彼に対して、タカオは「悔しくはないのか」と問う。彼は「むしろ、今日はいいデータが取れた。ありがとう」と答える。

以下、DVDに入っていた動画の内容

なんか短く。本題との関係はあってもなくてもいい。

タイトルをドンと。

「へぇい」と始める。

「原田ミョルチジョッ氏の「ダツを獲って食べる」という動画は皆さんもうご覧になられたでしょうか。
私はこのダツが漁灯に向かってくるシーンを見た瞬間
矢木に電流走る
ダツが光に向かってくる習性を使用すればスシを自由自在に操れるんじゃあないかと。

それでは作っていきましょう。」

全く関係ない料理を作る。
※CC BY SA 3.0で使えてかつ良さげなレシピを3つほど選んでおきました。
チレ・レジェーノ
ラタトゥイユ
イタリア風ターキースープ

完成

相方ロンショとバトル。相方は王道スシノーマルスシを使用。回転を吸収するなどして勝ったりするものの、何回目かで手に激突して終了。

タカオ達、彼が本当に邪道寿司四転皇の一角テヨウチなのか、疑問を呈する。それに対して、博士は進歩には多くの失敗がつきものだと答え侮れない相手だと忠告する。

次回予告
待ち構えていたのは四転皇スシではなかった。
※こちらとしては次の3つを考えています。
・アツヤキックタマゴム・キチンヒート・あきたこまちとマグロストーム・キチンヒート・まっしぐら。使う箸もそれぞれ40000回転と62480回転の電動箸。2VS2のバトル。
・ジャイロハギスル
・スケロクァー サーキック・システム



位置づけとしてはスシブレード四転皇篇第1話と考えています。

ERROR

The onthonon's portal does not exist.


エラー: onthononのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2853684 ( 31 May 2018 15:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License