翻訳案 SCP-5905 - Gashadokuro(がしゃどくろ)

現在このページは批評中です。

久しぶりに翻訳したので訳文に不安も多いです。青字が原文、下線部が特に不安な箇所です。また、適宜訳注:による解説も記載しています。また、サーキックに関する造詣が浅く、補遺3もいまいち理解しきれなかったため、訳しきれていないニュアンスもあるかもしれません。お手数ですが、御批評よろしくお願いいたします。


include info1


Special Containment Procedures: SCP-5905 is contained in a sensitive materials vault at Site-17. The consumption of any type of food or water, including those required for medical or emergency purposes, is strictly prohibited within five meters of SCP-5905. The study of SCP-5905 is limited to secondary sources only.
特別収容プロトコル SCP-5905はサイト-17の機密資料保管庫に収容されています。SCP-5905から5メートル以内においては、医療または緊急目的を含むあらゆる種類の食物あるいは飲料の消費は固く禁じられています。SCP-5905に関する研究は二次資料を用いたもののみに限定されています。

All known instances of SCP-5905-1 have been destroyed. If additional instances of SCP-5905-1 should be encountered, all directives and priorities below Code Black are rescinded until the entity's destruction has been confirmed.
既知のSCP-5905-1実体は全て破壊されました。更なるSCP-5905-1実体に遭遇した場合、当該実体の破壊が確認されるまで、コード・ブラック以下のあらゆる指令および優先課題は撤回されます。

Description: SCP-5905 is a leather-bound grimoire recovered from the Huang Shui basin in Qinghai, China. This book details the treatment of prisoners, the preparation of objects of sacrifice, and a number of other ritualistic practices of an unclear cultural origin. Prolonged exposure to SCP-5905 causes hyperstimulation of the hypothalamus, resulting in accelerated metabolism and dramatically increased feelings of hunger and thirst. The book describes this effect as the "Purity of Consumption" and encourages exploration of these feelings by practitioners.
説明: SCP-5905は中国の青海省の黄水盆地より回収された革製の魔導書です。この本は、囚人の扱い、生贄に捧げる対象の準備、それ以外にも文化的起源が不明確な多くの儀式的慣習について詳述しています。SCP-5905への長期暴露は視床下部への過刺激を引き起こし、これによって代謝が加速し、空腹感と喉の渇きが劇的に増加します。この本は、この効果を「消費の清浄さ」によるものとして説明し、これらの感情の探求を実践者に奨励しています。

Within the pages of SCP-5905 is a ritual that is believed to be responsible for the creation of instances of SCP-5905-1. Due to ethical concerns, this cannot be verified.
SCP-5905には、SCP-5905-1実体を生成する原因となると考えられている儀式に関する記述があります。この儀式は倫理的な問題を抱えているため、検証には至っていません。



Addendum.5905.3:
Within the pages of SCP-5905 was a hand-written insert. It is believed to have been written by the ritual leader and has been transcribed and attached to the record.
補遺.5905.3:
SCP-5905には手書きの記述が挿入されていました。これは儀式の指導者による記述と考えられ、転写して本記録に添付しました。

My first meal tasted of copper and desperation but I have come to savor the sweetness.
Babushka worried I do not eat well, but I am eating.
Every year my stomach grows smaller and I grow weaker but I can teach the others before my time [has ended].
Each new meal drowns them just a bit deeper. None of us need it but now we all want it.
Hunger gnaws at that place inside of me, craving purpose, fulfillment, excitement, and I fear I have found it.
If this goes well, I hope they will invite me to their feast.
I deserve a seat at the table.

初めての食事は銅と絶望の味がしたが、やがて甘みを感じるようになった。
祖母は私の食が細いのを心配したが、私は食べている。
年を重ねるごとに胃が小さくなり体も弱っていくが、私の人生[が終わってしまう]前に他の人間に教えられる。
新しい食事の度、彼らは少しずつ、より深みへ溺れていく。我々の中にそれを必要とするものは誰もいないが、今や我々は皆それを望んでいる。
飢えは私の中の場所を蝕み、目的、充足感、興奮を渇望して、私はそれを見つけてしまったことを恐れている
もしこれがうまくいったら、彼らの饗宴に私が招待されることを願う。
私には、その席に着くだけの価値があるのだ。

タグ: 人工 蘇生 safe サーキック en scp 変形

ERROR

The Utsuki_K's portal does not exist.


エラー: Utsuki_Kのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2853099 ( 01 Jun 2018 15:35 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License