翻訳案 SCP-5513 - The SCP Foundation Is My Boyfriend(SCP財団は私のカレ)

現在このページは批評中です。


久しぶりに翻訳したので訳文に不安も多いです。青字が原文、下線部が特に不安な箇所です。また、適宜訳注:による解説も記載しています。基本的に一文ごとに分けて載せていますが、囲み線や折り畳みの中などはその限りではありません。御批評よろしくお願いいたします。

(記事ここから)

rating: 0+x
campfire55.PNG

Image of SCP-5513 (left) and "the SCP Foundation"1 (right) during Group Date-1, taken by "the Chaos Insurgency"2

campfire55.PNG

SCP-5513(左)および「SCP財団」(右)3の写真。グループデート-1中に「カオス・インサージェンシー」4により撮影された。[[/footnote]]

Item #: SCP-5513
アイテム番号: SCP-5513

Object Class: Keter
オブジェクトクラス Keter

Special Containment Procedures: Foundation AI Bot Love.aic is to monitor and, summarily, shutdown webpages that depict the following:
特別収容プロトコル: 財団AIボットLove.aicはWebページの監視を行い、以下の表現を含むものを直ちに削除します。

1. Artistic renderings of the SCP Foundation logo and/or personnel engaged in compromising positions with SCP-5513.
1. SCP財団のロゴまたはSCP-5513の鎮静化に従事する人員、もしくはその両方を用いた芸術的表現。

2. Fictional writings or articles based on a hypothetical relationship between the SCP Foundation and SCP-5513.
2. SCP財団とSCP-5513間の仮想関係を基にした架空の作品または記事。

SCP-5513 is to be held in an intermediate-level reality bender human containment suite outfitted with Level-4 thaumaturgical reality dampeners.
SCP-5513は、レベル4奇跡術的現実緩衝装置を設置した中程度現実改変能力者収容スイートで収容されます。
Any request by SCP-5513 for an interview, “date,” or interrogation must be held in an appropriately designed reality-controlled cell.
SCP-5513が要求するインタビュー、「デート」、ないし取り調べは、適切に設計された現実性制御セルで行われる必要があります。

No Foundation personnel may reveal their face to SCP-5513.
財団職員はSCP-5513に素顔を見せてはなりません。
As such, security personnel must wear full black headgear.
このため、保安職員は頭部を完全に覆う黒色のヘッドギアを着用する必要があります。

Assigned researchers who conduct the interrogation must wear a full-faced plate mask inscribed with the logos of various anomalous associated agencies such as the SCP Foundation, Global Occult Coalition, or Chaos Insurgency.
取り調べを行う担当研究員は、SCP財団、世界オカルト連合、カオス・インサージェンシー等、様々な異常関連機関のロゴが刻印されたフルフェイスのプレートマスクを着用する必要があります。
The assigned researcher must follow a pre-generated script written by Foundation-employed romance authors.
担当研究員は、財団で雇用されているロマンス作家によって執筆された脚本に従う必要があります。

Description: SCP-5513 is a 17 year old female reality bending humanoid of Japanese ethnicity who refers to itself by the name "Kanako Nanami."
説明: SCP-5513は現実改変能力を有する、民族的には日本人に属する17歳の女性の人型実体であり、「ナナミ・カナコ」を自称しています。
SCP-5513 believes that it exists within a "romance simulation video game"5 and prejudiciously behaves with other individuals as if they were characters in this game.
SCP-5513は、自身が「恋愛シミュレーションゲーム」67内に存在すると信じ込み、自分以外の人間に対しては彼らがゲームのキャラクターであるかのように振る舞います。
Furthermore, its reality bending ability distorts the local environment to fit in with this preconception.
さらに、現実改変能力によって、この思い込みに沿うように周囲の環境を局所的に歪曲させます。

SCP-5513 abnormally conceptualizes the concepts of individuality and institutionality;
SCP-5513は個人および団体という概念に対して異常な形式での認識を示します。
it conjectures that the ethos of entire organizations are wholly personified by those wearing masks of said organization and disregards those that do not fit within this framework as “side characters."8
これは、ある組織のマスクを身に着けた人員のことを、その組織全体のエトス9が完全に擬人化された存在であると推定し、この枠組みに適合しない人員は「脇役10」として無視することを指します。

Periodically, SCP-5513 requests for a “hangout,” “get-together,” or “date” with one of the humanized organizations and this request may be granted in a secured cell.
定期的に、SCP-5513は擬人化された組織の1つと「散歩する」、「一緒に遊ぶ」、または「デートする」ことを要求します。この要求は安全収容セル内において許可される場合があります。

Once in the cell, the walls, floor, and ceiling warp into several possible layouts.
SCP-5513が収容セルに入ると、壁、床および天井が数種類のレイアウトのいずれかへと歪曲されます。
At this time, the assigned researcher must act in an exaggerated, oversimplified manner that is congruent with the expectations of SCP-551311.
この時、担当研究員は、SCP-5513の期待と一致する誇張された、過度に単純化された様式12で行動しなければなりません。

The following are some examples of SCP-5513’s intermediate-level reality bending;
SCP-5513による中程度の現実改変の例を以下に示します。

Standard Humanoid Reality Alteration Report
標準人型実体改変記録

Subject: SCP-5513
対象: SCP-5513

Change on Reality: ✓ Environment : ✕ Personnel
現実の変化: ✓ 環境: ✕ 人員

Location and Time: Interrogation Room-14, Site-041, 01/21/2020
時間および場所: 2020/01/21、サイト-041、取調室-14

Impetus: SCP-5513's second request for a “date” with the SCP Foundation(represented by Researcher Alastair).
契機: SCP-5513による「SCP財団」(アラステア研究員により擬人化)との2回目の「デート」の要求。

Reality Change: Upon entering the interrogation cell, the interior of the room was transformed into that of a standard American high-school classroom.
現実変化: 取調室に足を踏み入れた際、室内は標準的なアメリカの高校の教室のような内装に変化しました。

Testing by Researcher Alastair has shown that the dimensions of the room were altered and the walls appeared to have dematerialized, but there still existed functional barriers within the confines of the classroom.
アラステア研究員によるテストでは、部屋の内寸が変化し壁が消失したように見えましたが、依然として教室を閉じ込めるような機能的な障壁が存在していました。

Standard Humanoid Reality Alteration Report
標準人型実体改変記録

Subject: SCP-5513
対象: SCP-5513

Change on Reality: ✓ Environment : ✕ Personnel
現実の変化: ✓ 環境: ✕ 人員

Location: Interrogation Room-14, Site-041, 03/04/2020
時間および場所: 2020/03/04、サイト-041、取調室-14

Impetus: During the end of the weekly “interview,” SCP-5513 clasped the hands of the Manna Charitable Foundation (represented by Researcher Sakura) and asked if it was possible for them to meet again soon. At that time, SCP-5513's cheeks flushed red and it tilted its head down.
契機: 週例の「インタビュー」を終える際、SCP-5513はマナによる慈善財団(サクラ研究員を代表とする)の手を握り、彼らがすぐにまた会うことができるかどうかを尋ねました。この時、SCP-5513は頬を紅潮させて俯きました。

Reality Change: At the moment of clasping, the walls' coloration changed to pink. A light pink mist spread on the ground from an unknown source. After affirmation by Researcher Sakura, the walls reverted back to their normal gray hue.
現実変化: 手を握った瞬間、壁が桃色に変わりました。不明な原理で淡いピンクの霧が床に広がりました。サクラ研究員が肯定の意を示すと、壁は元通り灰色に戻りました。

Standard Humanoid Reality Alteration Report
標準人型実体改変記録

Subject: SCP-5513
対象: SCP-5513

Change on Reality: ✕ Environment : ✓ Personnel
現実の変化: ✕ 環境: ✓ 人員

Location: Annex Hallway 12-B, Site-041, 02/01/2020
時間および場所: 2020/02/01、サイト-041、別館通路12-B

Impetus: During transfer of SCP-5513 from its containment cell to the newly constructed dating chamber, SCP-5513 noticed Security Officer Izumi Takahiro without any proper headgear. SCP-5513 furrowed its brow and spoke in a low toned voice, “Ugh, I hate glitches.”
契機: SCP-5513を、従来の収容房から新しく建設されたデート用房室に移送する際、SCP-5513は適切なヘッドギアを装備していない、イズミ・タカヒロ保安職員の存在に気づきました。SCP-5513は眉をひそめ、「うわ、バグは嫌いだわ」と声を低くして発言しました。

Reality Change: Security Officer Izumi Takahiro disappeared at the moment of eye-contact with SCP-5513. He was later found in Hong Kong, however, without memory of the incident.
現実の変化: イズミ・タカヒロ保安職員はSCP-5513と目が合った瞬間に消失しました。彼は後に香港で発見されましたが、インシデントが発生した際の記憶はありませんでした。

The following interview was the first group interview that SCP-5513 requested with the SCP Foundation (represented by Researcher Nhật Minh), the Chaos Insurgency (represented by Researcher Kei Alastair) and the Serpent's Hand (represented by Researcher Hiro Hirokumi).
以下のインタビューは、SCP-5513が「SCP財団」(ニャット・ミン研究員が代表)、「カオス・インサージェンシー」(ケイ・アラステア研究員が代表)、「蛇の手」(ヒロ・ヒロクミ研究員が代表)らに依頼した最初のグループインタビューでした13

SCP-5513’s complete lack of recognition of “side characters” presents a potential avenue for permanent neutralization through various non-lethal methods.
SCP-5513は「脇役」を認識する能力が完全に欠如しており、多角的な非致死的手段によって恒久的な無力化を図ることができる可能性が示唆されています。
However, the apparent lucidity and awareness that SCP-5513 gains when observing “glitches” suggests that totally predictable behavior in such a negation procedure may not result.
しかしながら、SCP-5513が「バグ」を観測する際には明確に意識を取り戻し平静状態となることから、無力化手順を実行した場合に、完全には予測できない挙動を示す可能性が示唆されています。

At this time, additional interviews will be permitted until further behavioral analysis determines whether SCP-5513’s supposed superficiality is genuine.
現時点では、さらなる行動分析によって、SCP-5513の軽薄な態度が偽りのものでないかについての判断が下されるまで、インタビューを追加で行うことが許可されます。

On multiple occasions, SCP-5513 has referred to “end-routes.” The following document was found during SCP-5513’s cell during its eighth “interview.”
SCP-5513は複数回に渡って「エンドルート」に関する言及を行っています。以下に示す文書は、8回目の「インタビュー」中にSCP-5513の収容房から発見されました。

Good ending: reverse harem end!!! need all love bars to be at 100% (SCP, Chaos, Serpent, GOC, Sarkic) ❤️❤️❤️❤️❤️ pain+healing=love?
グッドエンド: 逆ハーレムエンド!!!全ての好感度メーターを100 %にする必要があります(SCP、カオス、蛇、GOC、サーキック)❤️❤️❤️❤️❤️ 苦痛+治療=愛情?

Neutral ending: end up with only 1 guy (Serpent is too young, Chaos is too spicy, Sarkic is rich but a weirdo, GOC??) SCP-san is hot but doesn't open up.
ノーマルエンド: 1人だけと結ばれる(蛇はガキっぽすぎ、カオスはキツすぎ、サーキック金持ちだけどイカれてる、GOC ??)SCPさんはイケてるけどオープンになってくれない。

Bad ending: no progress (╥_╥), just reset and try again.
バッドエンド: 進展なし(╥_╥)、リセットしてやり直してください。

(記事ここまで)


タグ: 生命 cupid2021 ゲーム 人間型 keter 記憶影響 現実改変 知性 scp en 自我 瞬間移動

ソース: http://scp-wiki.wikidot.com/scp-5513
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: campfire55
著作権者: Azmoeth Jikandia
公開年: 2021
補足: 本画像はこちらの画像(帰属表示を必要としない)をAzmoeth JikandiaAzmoeth Jikandia氏が加工・編集したものです。SCP-JP Wikiにアップロードできる画像は容量100 kB以下のものに限られるため、翻訳者Utsuki_KUtsuki_Kによって、さらに縮小加工が施されています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Utsuki_K's portal does not exist.


エラー: Utsuki_Kのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2853099 ( 01 Jun 2018 15:35 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License