SCP下書き「プロトコル:オーバーフロー」

現在このページは批評中です。

rating: 0+x
注記: あなたのクリアランスレベルの都合上、一部の情報は非公開または不完全である可能性があります。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPを完全に収容することはAK-クラス:世界終焉シナリオと同義であるため見送られています。SCP-XXX-JPの発生に備え、可能な限り全ての創作物を監視してください。後述するSCP-XXX-JP-Bが発生すると考えられる場合、すべてのSCP-XXX-JP発生源(以下SCP-XXX-JP-A)に対しCクラス記憶処理を行い速やかに無力化してください。SCP-XXX-JP-Aが膨大な人数存在するなど記憶処理が何らかの理由で行えない場合は対抗ミームの流布を行い、SCP-XXX-JP-Bを改変してください。

説明: SCP-XXX-JPは、知的生命体またはそれに類する存在の精神活動により発生する世界です。財団空想科学部門の研究によりSCP-XXX-JPの存在が仮定されたため研究され、観測に成功したため報告書が作成されました。

SCP-XXX-JP-Aが何らかの形で物語を創作し、記述媒体に記録した場合(脳内で妄想することも含む)、創作された世界が生成されます。この現象はSCP-XXX-JP-Aの創作物を他個体が認識した際にも発生します。この時SCP-XXX-JPは我々の下位物語にあたるため、通常直接我々の世界に影響を与えることはありません。しかしながらSCP-XXX-JP-Aが我々の世界に干渉できるものとしてSCP-XXX-JPをデザインし、かつSCP-XXX-JPが多数の人々に流布されており、さらにSCP-XXX-JPの論理安定指数が極めて高い状態であった場合に(この時のSCP-XXX-JPをSCP-XXX-JP-Bと呼称)理論上影響しうると思われています 影響する可能性があります。(詳細はインシデントXXX-JPを参照)

SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-Aが消滅する、またはSCP-XXX-JP-Aとの繋がりが完全に失われた時に消滅します。その為記憶処理に対して脆弱であり、SCP-XXX-JPに対して有効な対抗策となります。また、対抗ミームによりSCP-XXX-JP-Aの認識を改変した場合にはSCP-XXX-JPもそれに従い改変されるため、対抗ミームの流布もSCP-XXX-JP-Bの無力化に有効です。

インシデントXXX-JP: インシデントXXX-JPは19██/██/██に発生しました。日本での終末論の流行によるものと考えられています。空想科学部門の予測によって機動部隊が動員されましたが、想定以上の速さでSCP-XXX-JP-Bが発生したため、SCP-XXX-JP-Aに対する記憶処理により終了されるまでの間に██名の死者が発生しました。財団の基本収容手順に従い適切なカバーストーリーが流布されました。インシデントから空想科学部門の理論が一部修正されました。以降すべてのSCP-XXX-JP-Bは出現前に終了されています。SCP-XXX-JPはEuclidに再分類が検討されています されました。

補遺1: ████博士により複数の神的実体とSCP-XXX-JPの関連が示唆されたためEuclidへの再分類を取りやめることが提案されましたが、SCP-XXX-JP-Bの新規出現は現在発生していないことや空想科学部門により該当する実体は既に我々の世界に定着していることが判明したことから別のオブジェクトとして収容することが適切であると判断されたため却下されました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR[[span_]]

The qawser's portal does not exist.


エラー: qawserのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2819392 ( 03 Jun 2018 02:02 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License