築地にて

「…4ヶ月前に出発した、第19次遠征探索隊が帰還しました!難攻不落と言われていた第6層を突破し…」
「…新たに確保された鉱脈はほぼ全ての項目で高水準を…」「…探索隊を率いたヴァラ氏には数々の賞与が…」

草臥れたモニタの明かりが暗い室内を照らし出している。ひび割れた音声、ノイズ混じりの映像。小柄な少年が目を輝かせて、液晶越しに英雄の凱旋を見つめている。血や泥で汚れ、しかし誇りに満ちた傷付いた戦士たち。
そんな凱旋の光景は少年の心を強く惹きつけている。
彼はモニタに目をやったまま、床に置いた深皿に手を伸ばす。器用に箸で掴んだのはスジばった赤いブロック状の物体。口に放り込んで無理矢理に咀嚼する。

きっと彼らは今夜、最上級の大トロ鉱石を食するに違いない。
少年はいくら噛んでも噛みきれないスジ鉱石に苛立ちながら思った。


隣室からは父親のいびき声が聞こえる。また採掘ノルマが増えたと文句を言っていた。
昨日も今日も、そして明日も、彼はきっと様々なことに文句を言い続けて生きていくのだろう…。
このクソッタレたスジ鉱石の味を噛み締めながら。
自分は、そんな人生は御免だ。少年は半ば憎しみに似た気持ちでそう思った。

俺は今のような下級採掘員として、自分の命を摩耗させたくはない。
遠征隊の帰還直後にはまず間違いなく新規団員の募集がかかる。
自分は今年で12歳。もう、自分で生き方を決めても良いはずだ。

明日の夕食時に、父親に言ってみよう。俺は、探索隊に入ってやる、と。


少年は英雄に憧れていた。また同時に、自分は英雄になれると信じていた。
適切な努力さえあれば花開く才能があるのだと…あくまで今の生活は仮のもので、きっとより良く素敵な未来が待っていると、そう信じていた。

だから彼は、翌日の夕飯後に父親に打ち明けた。探索隊に入って地下迷宮に行くのだと。
それを聞いた父親は、怒りとも困惑とも哀れみともつかない複雑な表情をした後に、少年が最も忌み嫌ったいつものセリフを吐き捨てた。

「お前には無理だ。俺の息子だからな」

この言葉を聞くと少年はいつも強い無力感と絶望感に襲われた。俺はこの夢も希望も無くした無様な男の子供なのだと。
どこにも行けない、何もなし得ない。ただ肉体労働者として心身を摩耗させていくだけの代替可能な存在…。
少年の反抗の芽は常にこの言葉に潰されてきた。そして今日も、そうなるはずだと父親は踏んでいた。
できるだけ悪意を込めて言い放ち、スジばった赤身鉱石を頬張る。骨出汁の汁でそれを掻き込んだ。

「…」

しかし、今日は違った。少年は無言で俯きながらも激しい怒りをその身に宿していた。昨晩のニュース番組の最後に流れた広告。
「我々探索隊は、あなたの参加をお待ちしています!」
ありきたりな映像と謳い文句だったが、少年にとってそれは福音だった。
俺は求められている。褪せた液晶光に照らされながら少年はそう確信していた。

お前には無理だ?…親だというだけで俺の人生を規定するな、俺に呪いをかけるな。
俺はお前の息子かもしれないが、それ以前に、俺は俺だ!

呪いに押しつぶされる前に少年は机を蹴り上げ、怒りに任せて父親に掴みかかった。
不意をつかれた彼は呆気なく倒れ込む。決して反抗しないと思い込んでいた息子の行動に、父親は顔を真っ赤にして怒り狂った。

その後のことは良く覚えていない。気がつけば、わずかな私物と小遣い程度の現金、そして右目に大きな青あざを携えて少年は築地駅中心街をトボトボと歩いていた…。
その先にある「探索隊本部」へ向かって。


ページコンソール

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The Nekokuro's portal does not exist.


エラー: Nekokuroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2782808 (02 May 2021 17:12)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License