GoIF-JP下書き「生き物プロフィール: ユニコ!」【2022/10/03ちょっとだけ更新】

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

生き物プロフィール: ユニコ!

概要!

unicon.jpg

名前: ユニコ

種族: (おそらく)ユニコーン

主要世話役: 陸生チーム、ドロレス・オーウェン/ハンバート・ハクスリー

食事: 必要なし(清純な乙女との触れ合い?)

居住区: ウィルソンズ・ワイルドライフ・センター、西厩舎42号房

生物の特徴!

ユニコはピンクのユニコーンです! 頭頂部に生えた一本の角を除けば、見た目に通常のサラブレッドと有意な違いはありません! 伝承では角に病気を治癒する効果があるとされていますが、今のところユニコの角にそういった効果は無いようです。

ユニコは定期的に姿を消します。この原理は今のところ不明ですが、カメレオンやタコのような表皮の変化ではないことは明確だと言えます! また、姿を消しているときも、私たちはユニコの存在をどこかで感じることができます。仲間と食べるバタークッキーの香りのように、幼いころ舐めたハッカ飴のように、テーマパークの笑い声、眠たい基礎物理学のチョークが響く教室の様に!

彼女(そう、ユニコは気高いマドモアゼルなのです)は食事を摂らなくても生きていけるようですが、稀にオリーブと生ハムのピザを食べることがあります。これは元々私の好物だったものですが、偶然ユニコが食べてしまったことが始まりで、そこからたまにねだってくるようになりました。逆に、何故か牡蠣は毛嫌いしているようで、近くにあると姿すら見せてくれないことがほとんどです。

経歴!

ユニコは北部のとある森林で発見されました。実は彼女の発見は偶然の産物です。私を含むセンターのメンバーは監督者からの連絡で、その地方に発生したカゲロウを探しに行っていたんです。その最中、はぐれてしまった私とハンバートは森林内の少し開けた場所で合流するために野営をしていました。

そろそろ暗くなるかというころ、彼女は私の前に姿を見せました。初めて出会ったユニコの何て美しかったこと! 思わず私はユニコに頭を下げました(人はビックリするととんでもないことをしちゃうものですね!)。するとユニコは吸い込まれるように私の胸元へ頭を擦り付けてきました。お間抜けなことに、そこで私はようやく彼女がただの馬でないことに気づいたんです!

その後、ハンバートと一緒に彼女へ手綱を付けました。彼女は大人しく従い、それ以降我々のセンターの一員となりました! 最初のうちはこれまでにない種類の生物だったので、センターのみんなもどう取り扱うべきかと困惑していましたが、今ではすっかり私たちの一員です!

特殊要件と居住空間!

ユニコは西厩舎42号房で一般的なサラブレッドと同様にお世話されています。何故か他の房には一切入らず、この房がお気に入りのようです! 消えてしまっても戻るときはこの房に現れるため、探すのも比較的簡単です!

ユニコについての注意!

性格は伝承ほど獰猛ではありませんが悪戯っ子なうえに気難しく(男性に対しては特に!!!)、現在は世話をしている私とハンバートにしか懐いていません! 悪戯の種類は幅広く、私の靴下に穴をあけてみたり、いつの間にか居住区を抜け出して洗濯物の山を跳ね上げたり、私たちの困ることはすべてやりつくしたと言ってもいいでしょう。その度に走り回る私とユニコの姿はセンターでもすっかり有名になってしまいました!







ERROR

The kyougoku08's portal does not exist.


エラー: kyougoku08のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2700573 ( 03 May 2018 13:41 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License