悲痛の訪問者

このページの批評は終了しました。

moreru.jpg

一般人によって撮影された出現直後のSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの収容は、その性質上不可能です。定期的にSCP-XXX-JPによって発生する異常現象と類似した行動をする不審者の情報をニュース番組やSNS上で流布します。SCP-XXX-JPの出現が確認された場合、フィールドエージェントを派遣し、周辺住民へのインタビューを行った後に記憶処理を施してください。

説明: SCP-XXX-JPは日本国内の施錠された玄関扉前(主に一般家屋)に、午前1時〜午前3時の間に出現する存在です。SCP-XXX-JPは人型をしており、出現は毎年2、3例確認されています。ドアスコープ・扉の外からの観測などではSCP-XXX-JPを観測できず、すりガラスが用いられた扉を通してのみ内側からシルエットとして存在を確認することができます。また、後述するSCP-XXX-JPによる発声は、屋内の居住者のみが認識できます。

SCP-XXX-JPの行動は出現から時間が経過する毎に変化します。

経過時間 行動 備考
出現直後 扉にノックをし、低い男性の声で「開けてください」と発声する。 声量はごく小さなもので、声色は穏やかなものである。この時点より、玄関扉への外部からの干渉が不可能となる。
約1分 扉を連続でノックし、「開けてください」と連呼するようになる。 声量は若干の増大を見せる。
約5分 扉へ強い衝撃を与え始める。発声の内容は前段階と同様。 声量は前段階からさらに増大する。声に焦燥感や切迫感が感じ始められる。
約10分 「開けてください」という発声の他、居住者の氏名を連呼するようになる。 どのようにしてSCP-XXX-JPが居住者の氏名を把握しているかは不明。
約15分 前段階よりさらに強い衝撃を扉に加えるようになる。また、発声の内容は「開けてください」から「開けろ」へと変化する。 声量は前段階からさらに増大し、焦燥感や切迫感が顕著に感じられるようになる。
約17分 家屋内に存在する携帯電話やPCのメールボックスに差出人不明のメールが数秒毎に送信されるようになる。 メールの内容は全て「開けろ」に統一されている。
約20分 SCP-XXX-JPが扉前から移動することはないが、扉への衝撃に加えて家屋の窓も同様の衝撃を受けるようになる。また、意味のある発声を行わなくなり、断続的な叫びをあげるようになる。 声量は前段階よりさらに増大する。
約30分 扉・窓への衝撃に加え、家屋に存在する壁が同様の衝撃を受けるようになる。この場合もSCP-XXX-JPの移動は確認されない。また、発声を一切行わなくなる。 時折、SCP-XXX-JPのシルエットが悶えるように動くことが確認される。
約45分 突如として全ての行動を中止し消失する。消失地点付近から糞便のものに似た悪臭が確認される。この悪臭は時間の経過とともに薄れ、5時間程度で完全に消失する。 これまでのSCP-XXX-JPのあらゆる行動は扉・窓・壁の破壊に至らない。現象の形態から、居住者の多くは精神恐慌状態に陥るため、現在まで玄関扉が解放された例は確認されていない。

画像: https://pixabay.com/images/id-984170/


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Pagema157's portal does not exist.


エラー: Pagema157のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2680880 ( 31 May 2018 16:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License