Tale「パベルの完成」
/*
    Simple Yonder Theme
    [2020 Wikidot Theme]
    By EstrellaYoshte
    Based on:
        Sigma-9 Theme by Aelanna and Dr Devan
        Y2K Theme by etoisle
        Anderson Robotics Theme by Croquembouche
        Minimal Theme Theme by stormbreath
        Word Processing Theme by stormbreath
        Flopstyle CSS by Lt Flops
 
    Edited for SCP-JP by ukwhatn
*/
 
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Open+Sans&display=swap');
@import url('https://fontlibrary.org/face/glacial-indifference');
 
body {
    background-attachment: fixed;
    color: #000000;
    font-family: 'Open Sans', sans-serif;
    font-size: 14.3px;
    word-break: unset;
    --themeColor: #7E2520;
    --accentColor: #E53C35;
}
 
a {
    color: rgb(229, 60, 53);
}
 
a:visited {
    color: rgb(126, 37, 32);
}
 
h1,
h2,
h3,
h4,
h5,
h6 {
    color: #7E2520;
    font-family: 'GlacialIndifferenceRegular';
    font-weight: bold;
}
 
#account-topbutton{
    border: 0px solid #000;
}
 
/* ---- PAGE WRAP ---- */
 div#container-wrap{
     background-image: url(http://scp-jp.wikidot.com/local--files/theme:simple-yonder/bg.png);
     background-repeat: repeat-x;
}
 
div#header {
    background-image: url(http://scp-jp.wdfiles.com/local--files/theme%3Asimple-yonder/logo.png);
    background-size: 12.5%;
}
 
#page-title {
    font-family: 'GlacialIndifferenceRegular';
    font-weight: bold;
    color: #7E2520;
}
 
#login-status,
#login-status a {
    color: white;
    font-weight: bold;
}
 
#footer {
    background: transparent;
}
 
#search-top-box-input,
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus,
#search-top-box-form input[type=submit],
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    border: none;
    background: #282828;
    box-shadow: none;
    border-radius: 2px;
    color: #f4f4f4;
}
 
#search-top-box input.empty {
    color: #bbbbbb;
}
 
div#header h1 a span {
    font-family: 'GlacialIndifferenceBold';
    font-weight: bold;
    color: #f4f4f4;
    text-shadow: 0px 0px 0px #000;
}
div#header h2 span {
    font-family: 'Open Sans', sans-serif;
    font-weight: bold;
    color: #f4f4f4;
    padding: 17px 0;
    text-shadow: 0px 0px 0px #000;
    white-space: pre;
}
 
.scp-image-block.block-right {
    margin: 0 2em 1em;
}
 
@media (min-width: 767px) {
     #header {
             background-position: 0em 1.7em;
     }
}
 
/* ---- SIDE BAR ---- */
 
#side-bar .side-block {
    border: #ffffff 4px;
    border-radius: 0;
    box-shadow: none;
    background: #ffffff !important;
    padding: 2px;
}
#side-bar .heading {
    border: none;
    border-radius: 0;
    color: #282828;
    font-size: 1.2em;
    padding: 1em 1em 0 0;
    border-top: 1px solid rgba(0,0,0,.12);
    margin: 1em calc(-1em + 2px) 1em 0;
    font-weight: normal;
}
 
#side-bar .menu-item > a:hover {
    background-color: rgba(0,0,0,0.04);
    color: #E53C35;
    text-decoration: none;
}
 
div.open-menu a {
    border-radius: 0;
    box-shadow: 0px 1px 4px 0 rgba(0, 0, 0, 0.2), 0px 3px 10px 0 rgba(0, 0, 0, 0.19);
    color: #7E2520!important;
    border: none!important;
}
 
#side-bar a:visited,
#top-bar a,
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a,
#login-status ul a,
#login-status ul a:hover {
    color: #7E2520;
}
 
@media (max-width: 767px) {
    #main-content {
        padding: 0;
        margin: 0 5%;
        border-left: none;
    }
    #page-title {
        margin-top: 0.7em;
    }
    #side-bar {
        background-color: #fff;
        left: -23em;
    }
    #side-bar:target {
        border: none;
        box-shadow: 3px 0 1px -2px rgba(0,0,0,0.04), 1px 0 5px 0 rgba(0,0,0,0.2);
    }
    #side-bar .close-menu {
        transition: width 0.5s ease-in-out 0.1s,
                    opacity 1s ease-in-out 0s;
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        right: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3);
        background-position: 19em 50%;
        z-index: -1;
        opacity: 0;
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:target .close-menu {
        width: calc(100% - 19em);
        right: 0;
        left: auto;
        opacity: 1;
        pointer-events: auto;
    }
    #page-content > hr, #page-content > .list-pages-box > .list-pages-item > hr {
        margin: 3em -5.5%;
    }
    #breadcrumbs {
        position: relative;
        top: 0;
        font-style: italic;
    }
    #side-bar {
        top: 0;
    }
    #side-bar .heading {
        padding-left: 1em;
        margin-left: -1em;
    }
    #search-top-box {
        top: 107px;
    }
}
 
/* ---- TABS ---- */
 
.yui-navset .yui-nav,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav {
    border-color: #7E2520; /* color between tab list and content */
}
 
.yui-navset .yui-nav a,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
    background: white; /* tab background */
    border-color: transparent;
    color: black;
    transition: 0.125s;
}
 
.yui-navset .yui-nav a em {
    background: #f4f4f4;
    box-shadow: 0px 0px 0px rgba(0,0,0,0);
    border-color: white;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
.yui-navset .yui-nav .selected a:hover {
    background: white; /* selected tab background */
    color: #7E2520;
}
 
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: white;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a em {
    border-color: transparent;
    box-shadow: 0px 1px 2px 0.5px rgba(0,0,0,0.5);
    background: white;
}
 
.yui-navset .yui-content {
    background: #f4f4f4; /* content background color */
}
 
.yui-navset .yui-content,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-content {
    border-color: transparent; /* content border */
    border-top-color: transparent; /* different border color */
}
 
.yui-navset-left .yui-content {
    border-left-color: #b7a9a9; /* different border color */
}
 
/* ---- TOP MENU ---- */
 
#top-bar a {
    color: #f4f4f4;
    font-weight: normal;
}
 
/* ---- INFO BAR ---- */
 body{
     --barColour: rgb(126, 37, 32);
}
 
 .info-container .collapsible-block-content{
     padding: 0 .5em 30px;
}
 .info-container .collapsible-block-content .wiki-content-table{
     width: 100%;
}
 
/* ---- INFO PANE ---- */
 
#page-content .creditRate{
     margin: unset;
}
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: #ffffff!important;
    border: solid 1px white!important;
    box-shadow: none;
    border-radius: 0;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info {
    border: none;
    color: #7E2520!important;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info:hover {
    background: #ffffff;
    color: #E53C35!important;
}
 
.rate-box-with-credit-button .cancel {
    border: solid 1px white;
}
 
/* ---- PAGE RATING ---- */
 
.page-rate-widget-box {
    box-shadow: none;
    margin: unset;
}
 
div.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: white;
    color: #7E2520 !important;
    border: solid 1px white;
}
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown {
    background-color: white;
    border-top: solid 1px white;
    border-bottom: solid 1px white;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    background: transparent;
    color: #7E2520;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover {
    background: white;
    color: #E53C35;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel {
    background: transparent;
    background-color: white;
    border: solid 1px white;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a {
    color: #7E2520;
}
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: white;
    color: #E53C35;
}
 
/* ---- PAGE ELEMENTS ---- */
 
#page-content .wiki-content-table tr th {
    border: solid 1px #bbbbbb;
    background-color: #f4f4f4;
    /* set border for table title */
}
 
#page-content .wiki-content-table tr td {
    border: solid 1px #bbbbbb;
    /* set border for table content */
}
 
blockquote,
div.blockquote,
#toc,
.code {
     background-color: #f4f4f4;
     border: solid 1px #bbbbbb;
}
 
.scp-image-block {
    border: solid 1px #bbbbbb;
    box-shadow: none;
}
.scp-image-block .scp-image-caption {
    background-color: #f4f4f4;
    border-top: solid 1px #bbbbbb;
    color: black;
}
 
/* JP ONLY */
/* Credit */
#page-content div.page-rate-widget-box .rate-points {
    font-family: "Open Sans", "Hiragino Kaku Gothic Pro", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", Meiryo, メイリオ, Osaka, "MS PGothic", arial, helvetica, sans-serif;
    font-size: unset;
    padding: 0 5px;
}
 
#page-content .page-rate-widget-box .cancel a {
    color: #7E2520;
}
 
#page-content .page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    color: #E53C35;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .creditButton {
    background-color: transparent;
    border: none;
    box-shadow: none;
    margin-left: unset;
}
評価: 0+x
blank.png




sasie-pvl-00.png




2021年██月██日 - 16:02
サイト-8148 - 東棟, 第3絵画室

「ゲージュツって、結局なんだろうね。ボクにはやっぱり分かんないよ」

 絵画室のテーブルに向かい合って、分厚めの画用紙に絵の具で絵を描いていた少年が問う。
 彼は、愛くるしい黒猫のような風貌をした小さな少年だった。全身を纏う黒色の毛皮をシャツや前掛け諸共色とりどりの斑点模様で汚しながら、楽しそうに描いている彼の丸く黄色い瞳は、向かい側のテーブルでイーゼルへ向かい合う女性を見据えている。

 視線を感じてもなお手を動かし続ける、その細い糸のような目をした小柄な女性もまた、前掛けを赤や黒の斑点模様で汚しながら、彼と話をしていた。

「芸術の真の意味が分からないことは罪じゃない。それを言葉で表現するのは簡単なことではないからね」
「簡単じゃない?」
「そうさ、簡単じゃない」

 一筆、また一筆。油絵具を筆先に付けて、キャンバスに僅かな濃淡の変遷を描き表していく度に、彼女もまた楽しそうに続ける。

「芸術とは絵画だけでないし、文章や音楽、彫刻、空間、そして時には時間さえ芸術の一つになるんだ。その可能性はあまりにも計り知れないし、人間が、いや……想像力を持つ者が望む限り、芸術は無限に解釈も表現も出来る。それを単に一言二言で言い表すことなんてのは出来ないのさ」
「そうなんだ! ……じゃあ、ボクにもすごい"ゲージュツ"ってできるのかな?」

 彼はただ無邪気に、座っていた椅子に足を乗せつつ、目をキラキラと輝かせながら彼女に問いかける。それに表情一つ変えず、ただ微笑みながら彼を宥め、続けた。

「そうだね。君も考える力を持った存在だから……きっとすごい芸術を作ることが出来るよ」

 彼女のその言葉を期待と応援の意味として受け取った少年は、自分が描いている途中の画用紙を手に持ち上げて、「じゃあ、これはボクのゲージュツ第一号だね」などと、嬉しそうなしたり顔ではしゃぐ。無邪気に笑う彼の様子に、彼女もまた釣られて微笑んだ。

「でもね、本当にすごい芸術というものは」

 しかし、それもすぐに解かれたと思えば神妙な趣を醸成しつつ、その女性は筆を止めた。一息ついて少年へ向き直り、

「文字通り、"我を忘れる"ほどに、見た者を大きく引き込む力を持っているものなんだ」

 女性が向き直って語気を強めたのを感じると、少年もまた画用紙へと逸らしていた目を向けて、息を呑んだ。

「本当に?」
「ああ、本当だとも。……でも、それはただ"すごい芸術"であって、"完成された芸術"とは言いがたい」
「うん……? でも、お絵かきしてるといつかは完成するんじゃない?」
「ああ、それはね。その作品が自分が納得のいくラインに到達したと感じただけで、実のところ完成ではないんだよ」

 うーん、と自分の絵を見据える少年にクスリと笑いかけながら、彼女は立ち上がり、彼の横へと歩み寄っていく。

「本当に完成された芸術というのは、それを見た鑑賞者の五感や経験、記憶までもが"吸い出される"ような、作者の描いた世界に自分自身を叩き込まれてしまうようなものだと、僕は思うんだ」
「……」

 彼から見て横目に映る彼女の顔は、少年に対してどこか異質で恐怖心を煽るような、ひどく重苦しい印象を与えるものだったらしく、彼はさっと視線を自分の絵へと落としてしまった。普段は開くことのないはずの眼が薄く見開き、そこから覗く深紅のような瞳が余計な不安感を煽り立てさえしてくる。彼はたまらず背筋を強ばらせた。

「……茅野さんは、そういう作品を作ってみたいの?」
「ハハハ……そりゃあ、可能ならね。けれど、そんなものがあれば財団は見過ごしはしないだろうし、僕がそんな芸術を作れるようなら職員じゃなくアノマリーに分類されるだろう。パベル君も、僕が収容されるところなんて見たくはないだろう?」
「それは……うん。茅野さんがいなくなったら、ボクはお絵かきを教えてもらえないし……」
「そんなに不安がらないでくれよ。少なくとも今の僕は作品に"被害"が加わる事もなくなったし、こうやって自由に絵が描けているのも何かの縁だよ」

 彼女は彼と同じ視線を落としながら、悲しそうな顔を見せて頷いている彼に「君は好きなものを好きに描けば良いだけさ」と微笑み、頭を撫でながら囁く。
 茜色にオーバーレイされた西日の差す絵画室の中、左耳のイヤリングをきらびやかに浮き立たせながら楽しげに笑う彼女の笑顔だけが、彼にとって緊張の鼓動を少しけたたましく響かせる胸をなで下ろさせられる唯一の拠り所だった。



2021年██月██日 - 00:00
???????????????????????????

 その日の夜、パベルはある夢を見る。
 自分のよく知る人が絵を描いている夢だった。

 場所はどこかは分からない。自分の知らない場所だった。けれど、どこか懐かしい故郷のような場所だと彼は思った。

 そんなぼんやりとガウスがかった空間で、ずっと絵を描き続けるその人を眺めていた。彼にはいくら描いても描いても完成しない絵を描いてるように見えた。その人の頬に滴る汗は、その絵を完成させたいという焦りが滲んでいた。その人はイーゼル上のキャンバスに対して、望む限りに自己の表現したいものをただ書き出し続けていた。
 それでも、彼女の絵は完成しなかった。

「お絵かきしてるといつかは完成するんじゃない?」

 どこかで自分が放ったその言葉が嘘のように、延々と絵を描き続けている。まだ筆を進めなければ。そんな焦りと共に、深紅のような眼を見開き、全身を何色にも汚しながら、その人はパレットから絵の具をすくい取ってはキャンバスに押しつけ続けた。



「"完成されたゲージュツ"って、なに?」



 パベルはその人を見据えながら、ひたすらにそれを思案した。



「この人の描きたいものは、"完成されたゲージュツ"……?」



 その人に歩み寄って、近くで描いている様子を見ようとした。



「この人の描きたい"完成されたゲージュツ"って、なに……?」



 その人の描いている様子をのぞき込んだ時────



sasie-pvl-01.png



2021年██月██日 - 7:34
サイト-8148 - 東棟, パベル従業員の寝室

がはぁっ……!!

 ベッドから飛び起きたパベルは、身体に装着していた検査機器を弾き飛ばして大きく叫び声を上げた。
 あの夢は何だったんだろう、と、無理矢理たたき起こされたかのような目覚めの悪さに眉をひそめながら、少しあたりを見回して一息落ち着いて考えた。彼は今まであれほどまで怖い夢を見た事なんてなかったために、未だに心臓はバクバクとけたたましい音を立てているのが感じられる。

「だ、大丈夫ですか、パベルくん?!」

 そう言って、端から彼に声を掛けてきたのは、以前から仲良くしている研究員の神鳥夢だ。おそらく、彼が睡眠中にずっと側に寄り添ってくれていたのであろうことは、彼にもなんとなく想像は出来た。
 今の時点では赤青眼鏡を頭に掛けているが、頭に生えている犬耳(よく見ると、これは単なる飾りなのがすぐに分かる)に干渉して今にもズレ落ちそうになっているのを見て、パベルは真剣に不安がる神鳥研究員のそのアンバランスさに、不意打ちの如く思わず笑みがこぼれそうになる。

「……あ、ええっと。大丈夫だよ、神鳥さん」
「よかった……さっき計測数値を確認したところ、今までにないほどストレス数値が上がったから心配だったんです。なにか、怖い夢でも見たのかな、と」

 ああ、うん、と歯切れの悪い頷きを見せるパベルは、それが先ほど見ていた悪夢に依拠するものであることは明白だと思っていたが、どうにもそれを彼に正直に話すのがどうしてか気が進まず、それ以降はつかの間、ちぐはぐな空気感に苛まれることとなった。

「……あー、うん。まぁ、無理に話す必要はありませんよ。悪夢を思い返してパベルくんが怖い思いをするのは私も望んではいませんし」
「ありがとう……うん、もう、大丈夫だよ、だから、その」
「そうですか? それなら私も安心ですね。良い子です、本当に良い子ですねぇ……」

 先ほどの不安そうな顔と打って変わり、どこか下心を感じさせる表情で頭を撫でてくる神鳥研究員に、次第に苦笑の表情を浮かべていくパベル。その時、何か思い出したかのような態度を見せつつ、

「え、えと、そろそろお仕事に戻らなきゃ! 今日は購買部のお手伝いの日だから────」

 ふと時間を見れば、既に起床予定時間を大きく過ぎていたことに気付いたパベルは、そう言って神鳥研究員の手を払いのけベッドを抜け出すと、普段身につけているコートを纏い、部屋を飛び出した。

「あ、ちょっと! まだ色々と別で検査が残ってるから……って、行っちゃったなぁ」

 後に残された神鳥研究員は、せっかく彼と交流できるチャンスだったのに、と残念がりながら、出力された数値と、検査機器に表示されている彼の認識した夢の映像を観察していた。

「……これって」

sasie-pvl-02.png



2021年██月██日 - 14:41
サイト-8148 - 西棟, サイト購買部

「ありがとうございましたー」

 パベルはいつものようにぺこりと頭を下げ、来店してくれた客たち(といっても顔見知りに財団職員がほとんどだが)にお礼を捧げていた。もうそろそろおやつの時間で、今日の分の仕事がそろそろ終わることを察して背伸びをする。いつもの大好きな焼きプリンを食べに、多那瀬さんのところに出向くのも良いかもしれない、などとウキウキと浮かれ気分で笑みを浮かべていた。

「きゅいっ、きゅいっ」
「うぇっ?!」

 すると、ふと後ろから聞き馴染みのある鳴き声が聞こえる。どうやらその声は彼の方へと向けられているらしく、届かない身長を補うためにカウンター前に置かれていた台座に登ってきたのは川獺丸従業員だった。

「きゅい、きゅいきゅい」

 ただ見ただけでは動物園でよく見るようなカワウソと大差ない彼が、パベルと同じ台座に身を載せて彼の尻尾をくいくいと引っ張っている。パベルは彼とは仲が良かったが、時々このように突然接近されることが少なくないことから、よく間の抜けた声を上げて振り向いている姿が目撃されている。
 川獺丸は何か彼に伝えたいのか、ずっと鳴き声をあたりに響かせながら、自身の装着している首輪を引っ張っては見せつけているようだった。それを見てやって欲しいことを察したパベルは、彼の首輪として装着されている翻訳機器の周波数を調整する。

「大丈夫だよ、今首輪の電源を入れたからね」

 機器の調整を済ませれば、先ほどの鳴き声のトーンのまま、その声音は言葉として彼のネコ科特有の大振りの耳に木霊した。

「ありがとうございます、私の手指だと、これの電源が入れられなくて」
「いいんだよ川獺丸、今はちゃんと翻訳されてるからね」
「えへへ。やっぱりちゃんと通じて話せるほうが楽しいのです~」

 くるりくるりとその場で回転しながら喜ぶ川獺丸を見て、パベルは幾分安心した様子で台座からぴょい、と飛び降りる。

「……ところで、川獺丸。ボクに何か用事かい? 随分楽しそうだけども」
「えへ。今日のところは店じまいにするって購買部長から言われたので、これから一緒に食堂に行きませんか?」

 川獺丸は丸い目をキラリと輝かせ、またもパベルの裾部分をくいくいと引っ張っている。どうやらそのためにここまでやってきたのだろう。パベルも丁度食堂へ出向くつもりでいたこともあり、柔らかな笑顔を向けて「もちろんだとも!」と元気よく返事を返した。



2021年██月██日 - 15:19
サイト-8148 - エントランス, 大食堂

「本当か……それすっごいその……うん……」
「そうですね。普段は怖い夢は見ないんですよね?」
「うん。ボクも、なんだかちょっとビックリしてて。未だに思い出しただけで、寒気がするんだ」

 8148の食堂はただでさえ広いが、そこに身長の低い子供のような職員が寄り集まれば、ことさらに広大に見えるものである。中央のテーブルに集まっているのはパベルや川獺丸のほかに、他サイトの購買部メンバーたちだ。先に川獺丸が声を掛けていたのか、食堂に入るやいなや、手を振って彼らが現在のテーブルでスイーツを囲んで待っていた、というのがことの経緯である。
 そうやって集まった彼らはその全員がどこかしら動物的な特徴を持っているのは偶然か必然かは、ここで語る意義は薄いだろう。

ピエール、この話はただのパベルさんの夢だよ。そんなに腕にしがみつかないで欲しい」
「こ、こここわがってなんかないし! ただシモンの腕が寂しそうだったから握っただけだし!」
「それはよくわからないよピエール……」

 どうも、パベルが昨夜に見た夢の内容をこの場で語っていたようだ。サイト-81██購買部に所属するピエールはその語りに余程怯えているのか、ずっとシモンにしがみついたまま離れようとしない。パベルはその様子を少々申し訳なさそうに眺めながら、買ってきた焼きプリンを次へ次へと口に頬張っていた。

「でも、不思議なのですよね。いつもなら、故郷の夢を見ることが多いというのに」
「そうなんだ。その日は何故か故郷に帰ってきた感じもなくって。でもどうしてか、なんだか見覚えのあるような場所にいたような気がして……」
「ふーむ。でもそれは、パベルさんの故郷とは違うから、やっぱりいつもの夢とは違うのですよね……?」
「うん……」

「え、じゃあじゃあ……今回はパベルにぃのお話は聞けないのか……?」

 話を聞きながら、ようやく怯え顔を溶けさせてきたピエールが、しがみつく手を緩めてテーブルへと位置を戻す。案外喉元を過ぎればどうという顔を見せない彼は、パベルの「故郷」という言葉で思い出したように彼にしょんぼりとした表情で問う。ピエールはパベルの故郷の話を聞くのが、何よりもお気に入りだったからだ。

「ごめんね! でもまぁ、また夢を見ると思うから、その時にね」
「んぇぇ……そんなぁ……またミチタの町のお話、いっぱい聞きたかったのに……次のページはお預けかぁ……」
「あ、あははは……ごめんね……」
「こら、ピエール。パベルさんを困らせるんじゃない」

 コツン、とシモンに頭を軽く叩かれるピエールは、やはり残念そうな表情を崩すことなく持ってきていたリンゴジュースを啜った。
 続けて、彼の態度に若干の呆れを見せていたピエールのほうが、パベルへと向き直ってまた別の質問を投げた。

「……ところで、その話に出てくる茅野博士、という人とは僕等は関わったことはないですけど、悪夢に出るほど恐ろしい方なんですか?」
「いやいや! そんなことはないんだ。いつもボクに絵の描き方とか、芸術とか、いろいろなことを教えてくれるいい人だよ」
「そうなんですか。なおさら不思議ですね……」

 そんな話を蒸し返さないでよ、とピエールがまたも怯え顔に戻ってシモンにしがみついたあたりで、パベルは顔を下げて俯き、黄色い眼から伸びる視線をテーブルへと向けた。

「パベルさん、どうしたのですか?」
「……ううん川獺丸、ちょっと、ね」

 心配げにさらに下方から見上げる川獺丸に一瞬目を向けたところで、何か思い立ったかのように椅子からさっと降りて、皆の方へ向き直った。

「とは言っても、ボクはなんともないからさ! あれはきっとただの悪い夢。気にするだけ意味がないよ」
「まぁ、それはそうですが」
「えと、パベルさん、どちらへいかれるのです?」
「え? いや、そろそろ約束してた時間だから、茅野さんのところに行こうかなって」
「それって大丈夫なのか!?」

 購買部の面子達が思い思いに不安げな声を上げる中、パベルは彼らを宥めるように笑って、「じゃあ、次の時にね」などと元気を見せながら席を離れていった。
 後に残された彼らは、明らかに一番不安げな様子を見せるパベルが見えなくなるまで、食堂の座席に座ったまま眺め続けていた。



2021年██月██日 - 16:07
サイト-8148 - 東棟, 第3絵画室前までの廊下

 いつもの絵画室へ向かう道中は、ただただ彼にとっては緊張ばかりが過ぎていく時間だった。
 彼にとって、茅野博士は大事な友人なはずで。あれほど悲しそうに、苦しそうに絵を描き続ける姿なんて見たくなかった。
 もしかしたら、あの夢には何か意味があるのかも。もしかしたら、茅野博士は何か悩んでいるのかも。
 そうであるならば、ボクがお話を聞いて、その悩みを解決するお手伝いをしたい。

 人並み以上に心の優しい少年は、焦りや不安の中でさえ、自身の優しさを胸いっぱいに足を進めた。



 第3絵画室。茅野博士と普段絵を描き合ういつもの場所。その扉の前にパベルは立って、小さな黒い手を扉へ掲げる。
 本当に大丈夫なのだろうか。何か塞ぎ込んでいたら? 出てくれなかったら? いや、そもそも今日はここにいてくれているのか?

 あらゆる可能性を頭の中にぐるぐると思案しながら、「よし」と一言。そして、次に響いたのは、柔らかな毛にくぐもったノックの音であった。

ガシャン、ドゴン、ドドン!

 ノックをしたと同時に、扉の向こうから何かが転げ落ち、倒れ、割れるような音が響いてくる。パベルはとっさにその大きな音に後ずさりし、驚愕したような表情で頬に汗を流した。
 しかし、直後に静かになったと思えば、そのままギィ、と音を立てて扉が開かれたのを見て、パベルはすぐに視線を上へと向けた。

「ああ、ごめんごめん。ちょっと今色々立て込んでてね」
「ええっと……」
「心配しないでくれ、さっきの音は僕が少し転んだだけさ」

 顔だけを覗かせて、いつもの細い目で笑ってくる茅野博士の姿を見たパベルは、予想よりも元気そうな彼女の様子に多少面食らいつつも、安堵し固かった表情が綻ぶ。

「音、結構大きかったから怪我とかはしてない?」
「ああ、心配してくれたんだね。ありがとう、おかげさまで無傷だよ」
「それならよかった!」

 しかし、ここまで話していてなお、扉を開けて部屋に案内してくれない茅野博士に、僅かながらパベルは違和感を感じた。いつもなら、顔を見た瞬間に「ああ、来てくれたんだね。今日もお絵かきしていくかい?」なんて言って部屋へ受け入れてくれるのに。どうしてだろうか?

「……ねえ、茅野さん。今日も良かったら、一緒にお絵かきとか、したいな~……って」
「あ、ああ……そうだね、丁度僕も君が来るんじゃないかと思ってたんだよ。……けれど、今日は少しばかり、作品制作に忙しいんだ」
「えっ……?」

 いつもであれば、こんなことなんてないのに。
 茅野博士に自分の「仲良くしたい」という彼女への思いを意外にも断られてしまったことに、まるで豆鉄砲でも食らったかのように目を丸くしてしまうパベル。その様子に少し申し訳なく思ったのだろう、茅野博士は続けて事情を伝えた。

「そんな残念そうな顔をしないでくれ……。ここ最近、僕は少々スランプ気味だったんだけど、昨日、とっても良いインスピレーションが生まれてね。今はそれを書き出したくてしょうがないってだけなんだ」
「……そう、なの?」
「ああ、だから、君といつものようにお絵かきをし合えないのは本当に申し訳なく思うし、何とか時間も作りたいと思う。けれど、今は……しばらくは、作品制作に集中させてはくれないかな?」
「……うん、分かった。茅野さんがお絵かきに集中したいって気持ちも、ボクは大事だと思うから」

 茅野博士は、ありがとう、この埋め合わせは必ずするよ、とパベルに頭を下げて、そのまま元あったように扉を固く閉ざした。パベルは先ほどまでは心配ばかりがごった返していたが、事情を知れば多少は気が楽になったのを自分自身で理解していた。
 ゲージュツ家というのは、とにかく大変なんだな、と、茅野博士が描く世界観を楽しみにしつつ、絵画室前を後にした。



2021年██月██日 - 16:35
サイト-8148 - 東棟, 第3絵画室

 茅野博士は、この機会を逃すまいと手をせわしなく動かしていた。

 完成された芸術。完全な芸術。それがなんたるかを、茅野博士は知りたかった。
 彼女が財団に雇用されるよりも前、それこそ物心の付いた頃から、完成された芸術とは何かを常に思案し続けていた。
 それでもなお、茅野博士は今現在でも、そのすべてを知り得たわけでも、極めたわけでもなかった。
 むしろ、何かを描けば描くだけ、それらから遠のいていくような感覚さえあった。
 いつしかそれは、「作品の爆発」という形で表出するようになるまで────。

 そして、自身の制作した作品が爆散したりすることがなくなってから、既に3年という年月が経った。そうなったきっかけは、誰にとっても定かではなかった。本当に、いつの間にかそうならなくなった、としか彼女には言えなかったし、周囲の人間もそうだとしか言えなかった。
 それからは、自身の制作物を幾度となく見返す機会を得たものの、改めて目を向ければ、その表現物に示された自己の不完全さが、改めて跳ね返って見せつけられているかのような感覚があった。彼女は自分の描く作品がどこまで経っても、いつまで描いても不完全なものだと常に悩み続けていた。その苦悩たるや、芸術家としては普遍的なるも、大多数の人間にとっては共有しがたいような尖りに尖った強烈な心情であったことは、よもや言葉多くに語れども語りきれないだろう。

 しかしながら、昨夜。作品制作に没頭しているうちに眠りに落ちた間に見た夢が、今の彼女を大きく虜にした。
 あの幻影。あの空間。あの瞬間。あの色調。あのコントラスト。茅野博士はそれがずっと忘れられなかった。
 今までに見たことのないそれを、茅野博士はもう一度見たかった。

 一度だって行ったことがないのに、そこへ帰りたいと願う衝動。
 一度だって見たことがないのに、長く慣れ親しんだ場所だという幻想。
 一度だって触れたことがないのに、まるで母の温もりだと思わせるような感覚。

 そのすべてが、茅野博士にとって、"完成されている"ように感じられた。

 だからこそ、彼女はこのほの暗い絵画室から出る気なんてなかった。仲の良いあの猫の少年が尋ねてきても、彼との予定よりも、今のこの情動が冷めないうちに、成すべきことを成したいと、手を動かすことに躍起になった。
 その心境のうちには、彼の悲しげな表情が僅かに引き留める感覚も感じられはしたが、財団という組織に缶詰にされている芸術家の永遠なる望みを前にしては、そんなものは塵に同じだった。



2021年██月██日 - 00:00
???????????????????????????

 その日の夜、パベルはある夢を見る。
 自分のよく知る人が絵を描いている夢だった。

 場所はどこかは分からない。自分の知らない場所だった。見たこともなければ、そこに自分の居場所なんか最初からないと感じることすらないほど、知らない場所だった。

 そんなぼんやりとガウスがかった空間で、ずっと絵を描き続けるその人を眺めていた。彼にはついに描きたいものを見つけて喜んでいる人のように見えた。手に持った筆が、次へ次へと彩りをキャンバスに与えながら踊っている。何もかもがグレーに見えたその場所で、キャンバスのそれが唯一の彩りだった。
 描かれている絵は、どこか彼にとって記憶の片隅に見たことのあるもののように思えた。自分が一番見たことのあるような、そんな誰かが描かれていたが、それが誰なのか、その絵が何を意味しているのかまでは分からなかった。けれども、その人が楽しげに描き進めているのを見られれば、パベルはそれだけでいいと思うようになった。
 しかしながら、そんな安堵できる瞬間もつかの間に、すぐにその人は筆を止めてしまった。前にもこんなことがあったような。いや、確かにあった。その人は確か、"完成されたゲージュツ"を作りたくて、絵を描いていたんだ。彼女を眺めながら、パベルはそのことを不意に思い出した。



「でも、やっぱり完成しないのかな」



 パベルはその人を見据えながら、何かをふと思案した。



「……もし、困っているなら、ボクが手伝ってあげたいな」



 その人に歩み寄って、台に置かれていた筆を手に取った。



「もし良かったら、ボクもなにかできることをするよ」



 そして、握りしめた筆先をキャンバスへと触れさせた時────



2021年██月██日 - 7:12
サイト-8148 - 東棟, パベル従業員の寝室

「……」

 ばさり、と音を立てて、身体に覆い被さっていたふかふかの布団を払いのける。パベルは黙したまま、若干の眠気にうとりとしつつも、先ほど見ていたものに意識を向けていた。昨日のような悪夢は見なかったものの、見た夢そのものが、パベルの頭には判然とした記憶として残っていないのが、僅かながら気になっていた。

「……なにか、変な感じ」

 違和感は頭をぶるりと振っても拭いきれない。結局、自分のあるべき故郷の夢を見ることもなかったのが、何よりも違和感が大きかったし、それは次第に悲しみへと変遷していくのを胸の奥で感じていた。俯いていると涙が目頭にたまっていく感覚すらある。

「大丈夫かい、パベル従業員」

 ふと、ベッドの横から、昨日とは違う声が聞こえてくる。パベルは誰かが寄り添ってくれていたことを察してその方向に顔を向けると、重々しそうな狐面を備えた背の高い白衣の人が椅子に座っていることに気付く。ほのかに香ばしい揚げ物の匂いをまとわらせた彼は、間違いなく虎屋外郎だった。

「……え、虎屋さんっ?!」
「久しぶり、パベル従業員。ゆっくりと眠れたかな?」
「本当に久しぶりだね……! こっちに来てからずっと話せなかったから、ボクは今とってもビックリしてるよ!」

 パベルはやはり検査機器を弾き飛ばして、虎屋博士の方を嬉しそうに見つめている。黒色の尻尾の先がピンと上を向いて、ふらふらと揺れているのは、パベル自身が心から驚き、喜んでいる証拠である。

 パベルと虎屋博士、2人は面識のある友人のような関係性だった。北海道のサイトに突如出現したパベルが財団に保護されてすぐ、初めてのインタビューで顔合わせした財団職員が彼だったというのが、その縁の始まりだった。その後、彼が職員として雇用されて以降も、ここサイト-8148に異動となるまでの間は度々業務上のパートナー(という名の遊び相手)になることも少なくはなかった。

「けどけど、どうして? 虎屋さんのいるサイトからここって、結構離れてるはずだよね? もしかして、虎屋さんもここで働くことになったの?」
「まあまあ、そんなにはしゃがないで。機械が引っ張られて壊れちゃうから」
「あうっ……ごめんなさい」

 興奮気味に身を乗り出すパベルの頭を優しく撫でながら宥める虎屋博士。彼がガチャガチャと音を立てて引っ張られる検査機器を指差すと、自分の衝動的な行動がもたらす未来がすぐに想像できたらしく、パベルはえへへ、と笑いながらおとなしくなった。

「虎屋博士がこっちに来たのは、パベルさんの様子を見に来たからですよ」
「え? ……あっ、神鳥さん。ごめんなさい、虎屋さんがいたから気付かなかったよ」
「なっ! そんな……」

 虎屋博士から見て向かい側に立つ、カエル頭の神鳥研究員がパベルに話しかけるも、いつも彼が気に掛けているパベルからその存在が一瞬忘れかけられていたことにショックを受けたらしく、赤青眼鏡の端から雫を滴らせながら項垂れてしまっている。

「まぁ、そうだね。神鳥研究員の仰るとおり、今日はパベル従業員、君の様子を見に来たというのは、ここに来た理由の一つではある」
「そうなんだ。……うん? でも、ボクなにも変なことなんてなにもないよ?」
「本当に?」
「うん。といっても、ちょっと変な夢をたまに見る程度だし」
「……なるほどね」

 虎屋博士は少し首を捻りながら、顎に手を当てて考えている。しばしの沈黙が過ぎた後、虎屋博士はパベルにさらに問う。

「その夢って、どんな感じだった?」
「え? うーんと……」

 あの悪夢のこともまとめて話すのは、2人がいる手前、パベルとしては大きく気が引けることではあった。しかし、虎屋博士との交友関係や信頼のうちには、隠し事をするほうが心理的な抵抗が大きく感じられたのもまた彼にとっては事実だった。
 パベルは布団の裾をぎゅっと握りながら、一息開けて続けた。

「その……なんだか、昨日から、ずっと変な夢を見るんだ。昨日は怖い夢だったし、今日は変な夢だった。どっちも、ボクにとっては初めて見る夢で、ボクの故郷の夢はどっちも出てこなかったんだ」
「……そうだったのか」

 虎屋博士は、パベルの言葉に真摯に向き合い、頷いている。その視線はお面越しでも真剣なもので、やはりどこか不安感の拭いきれないパベルの心境から見て、彼のそれはとても頼れるもののように感じられていた。
 だからこそ、パベルは素直に見た夢のことを話し続けられた。

「それでね、それで……夢の中のボクは、それがなんなのかは分からなかったんだけど、起きて、その人のことを思い出すと、ボクはそれが誰なのかがじわじわ分かってくるんだ」
「……その、夢で会う人っていうのは?」
「……。茅野さん」

 虎屋博士は、どこか合点がいったかのように「ふむ」と頷きながら。

「そうか。……茅野博士とは、よく話す仲なのかい?」
「うん。一昨日までは、一緒にお絵かきしたり、ゲージュツ、って何なのかを一緒にお話ししたり、とっても楽しかったよ。でも、その夢を見た時から、ずっと絵画室に籠もっちゃってて」
「絵画室に?」
「うん。"良いインスピレーションが生まれたから、集中してお絵かきしたい"って言って、それからは話してない……」
「そうか、そうか」

 虎屋博士はまた考え事をするかのように首を捻りながら、頭を掻く。そして、何かを思い立ったかのように神鳥研究員に視線を送り、座っていた椅子から立ち上がった。アイキャッチを受け取った神鳥研究員も、項垂れた体制からゆるりと立ち上がる。

「お話を聞かせてくれてありがとう、パベル従業員」
「うぇ? うん、ボクも話せて嬉しかったけど……」
「ああ、心配ないよ。私はもうしばらくこのサイトにいるつもりだから、また顔合わせしたらお話をしよう」
「う、うん……」

 夢の話を聞くだけ聞いて、部屋を出ようとする2人が、どうしてか今までと大きく雰囲気を異とする様相であることを察したパベルは、眉をひそめながらベッドから降り立つ。

「……もし、茅野さんのところに」
「うん?」

 パベルは、胸に手を当てながら、嘆願するように2人に歩み寄って、声を大にして見上げる。

「茅野さんのところにいくなら、邪魔は、しないであげてほしいんだ。ボクは、茅野さんの描く絵が見たいから……あんなに真剣に、ボクを遠ざけてまで、自分の描きたいものを描こうとする茅野さんを、ボクは応援したいから……だから、だから、お願い」

「……。分かった。パベル従業員の願いは、ちゃんと聞くよ」
「本当に……?」
「ああ、本当だとも」

 虎屋博士からのその言葉を聞いたパベルは、幾分か安堵したのか、緊張した身体が少々ほぐれていつもの柔らかい表情になる。
 2人は、パベルが安心しているのを確認すると、ガラガラと扉をスライドさせ、退出した。





「……虎屋博士。やはり、パベルさんの様子、変わりましたよね」
「ああ。間違いなく。彼が故郷に"帰還"しなくなったのは、私も何か嫌な予感がするよ」

 部屋を出て、サイトの建物を繋ぐ連絡橋を歩く虎屋博士と神鳥研究員。神妙な趣で、彼の検査資料を眺める虎屋博士は実のところ、神鳥研究員からの報告を受けて、このサイトに飛んでやってきたという事情がある。
 パベルの変わった様子と、先日の検査機器の出力した映像を目にした虎屋博士から、その直後に「すぐにそちらへ向かう」と返信してきたのは、神鳥研究員の記憶にも新しかった。

「定期精神検査の結果は?」
「すべて正常値を示しています」
「ホルフマン=エンペルト明晰夢記録検査機器に不具合は?」
「いえ、機器の問題は見つかりませんでした」
「過去1ヶ月以内の彼の様子は?」
「監視班からの報告では、異常はないそうです。私も話す限りでは、2日前まで変わった印象はありませんでした」
「……茅野博士の所在は?」
「行動記録は先日に確認しました。3ヶ月前からオブジェクト研究を理由に8148にいたようです。現在は第3絵画室にいます」
「なるほど」

 神鳥研究員からの報告を受けながら、虎屋博士は資料を次のページへと送る。そこに記されていた機器から出力された映像の一片を見て、彼は歩く足を止める。
 いくら見返しても、彼にとってはその見えているものが信じがたかった。そこに映っているそれは、彼の記憶にこびりついた幻影にあまりにも酷似していたから。

「……ともかく。パベル従業員と茅野博士、その2人に何らかの影響や作用があった、とするのが自然だろうね」
「私もそう思います、虎屋博士。……しかし、そうとなれば、やはり我々だけではどうすることもできないかと」
「そうだな……少なくとも、パベル従業員の明晰夢検査に異常があるということは、財団全体で対処しなければならない問題であるとも言えるだろう。既にどこかにこの件は報告を?」
「ええ、Kクラス回避プロトコルに基づいて、次元部門と対話部門には既に」
「なるほど。ともかく、こちらでも色々と確認したいことがある。まずは茅野博士がいる絵画室に……ん」

 改めて、これからの行動の指針が決まったと思ったところで、2人の前に、黒いスーツを纏った大柄の男性職員が数名立ちはだかっているのに気付く。それらはどこからともなく現れて立ちはだかったように見えた。
 中央に立っている職員が一歩前へ出ると、懐から封筒を取りだし、虎屋博士、神鳥研究員にそれぞれ差し出される。

「虎屋外郎博士、神鳥夢研究員。こちらは内部保安部門です。財団の機密情報保持規定に基づき、お二方に拘束命令が出ています。通達書をお受け取りいただいた後、ご同行願います」
「……何か、機密に触れましたかね。私達はクリアランスに基づく情報しか扱っていませんが」

 虎屋博士の問いかけに対して、彼らは答えを発することもなく、ただ寡黙に詰め寄るばかりだった。連絡橋で挟み撃ちにされている状況に、逃げ場などないことを悟った神鳥研究員は焦ったように窓際に後ずさるが、結局は何の意味も成しはしなかった。

「なるほど。ここでは答えられないような情報に、知らない間に触れていた、というわけか」
「と、虎屋博士……このままでは最悪終了ですよっ!」
「……。彼女が関わってるとなれば、どのみちこうなる未来が待っていたさ」

 よもやここまでか、と覚悟を決めたところで、2人は静かに両手を掲げた。



2021年██月██日 - 13:36
サイト-8148 - エントランス, 大食堂

「……えっ、それって本当なのか!?」
「うん……。ずっと思い出そうとボクも頑張ってるけど、ダメなんだ」
「どういうことなのですか」

 昨日と同じ食堂で、いつものようにパベルは焼きプリンを口に運びながら、ピエールの大きな吃驚の声に耳を背けさせていた。シモンや川獺丸も同席していたが、彼らも一様にパベルの様子に不安げな表情を見せている。

「わかんない。けど、なぜか、ボクの故郷のことが思い出せなくなってきたんだ。気付けば、故郷の家族のこととか、友だちのこととか、なにも思い出せなくって……」
「それって、夢にその故郷のことが出てこなくなったのにも、何か関係があるんでしょうか?」
「ううん……。そんな気はするけど、やっぱりうまくまとまんないというか……」

 しおれるように垂れたパベルの黒い尻尾と耳が、彼が本気で落ち込んでいることを如実に表しているのを察して、一同は言葉に詰まらせていた。一番に悲しい思いをしているパベルに引けを取らないほどのショックを受けているピエールは、テーブルに身を乗り出して、涙目になりながら喚く。

「パベルにぃっ……パベルにぃの帰らなきゃ行けない世界のことを忘れるなんて、本当に大変なことだよそれ! オレだって同じ事になったら、多分すっごく嫌だと思うし悲しいよ……おうぢにがえりたいよ……うっ、うぅあぁ……」
「もう、ピエールはいつも自分に重ねすぎ。ほら泣かないの」
「な、泣いてなんかないもん……ひぐっ」

 シモンが涙ぐんで項垂れるピエールの鼻水をちり紙で拭いてあげている様子を見て、パベルはそれがどこか救いになっている気がして、少しだけ暗い陰が差していた心が明るくなった。

「……共感してくれてありがとう、ピエール。なんとかして、故郷のことを思い出すから、その時にはまた色々お話をしよう」
「ぜったい、ぜったいだぞ! ミチタの町のこと、オレらに聞かせてくれなきゃ、友だちやめちゃうからな!」
「きゅいっ!?」
「こらピエール、それは言い過ぎ」
「あぅ」

「……」

 ピエールの放った、自分の故郷の名前。ミチタ、と呼ばれて思い出そうにも思い出せないことにパベルはただただ辛かったが、故郷の名前を聞いてもなお、「そこが自分のあるべき場所」だという認識がすっぽりと抜け落ちたかのような空虚さが、彼にとって何よりも辛かった。
 そして、いつものように賑やかな購買部メンバーを眺めていれば、自身が「故郷に帰る必要がある」という強かったあの思いもかき消えてしまうことが、より空虚さを補強する事態にさえなっていた。

「……。ところで、パベルさん」
「んぇ?」

 普段、あまり自分から話しかけてこないシモンが、突然パベルの方を向いて声を掛けてきたために、少し暗い色に染まっていた彼は素っ頓狂な声で返事を返してしまう。
 しかし、そんなパベルを見てもなお僅かにも動じないシモンは、ただまっすぐに薄い目を見開き、彼に忠告した。

「多分、というか憶測ですが、この話の流れだと、パベルさんは茅野博士のもとに向かうんじゃないか、と僕は思っています。けど、これだけは言わせてください、パベルさん。今、君がそんな状態になってる時に、その茅野博士に会うというのは、きっと良い結果にはならないんじゃないかと、僕は思うんです」
「……どういう、こと?」
「財団という場所で過ごして、僕とピエールもそれなりに分かってきた事があるんですが……こういった不可解な出来事が起きているときは、その原因かもしれない相手のところへ行くのは、まず危険な行為なんじゃないかと。いくら見知った仲でも、です」
「うん、そこはオレもシモンの意見と同じだよ。その、茅野ってひとが夢に出てきて、パベルにぃを脅かしてることと、故郷のことを忘れてしまってること、それぞれ何か関わりがあるような気がするんだよ」
「私も同意見なのですよ~。茅野博士を大事に思う気持ちは分かるのですが、危ないことは避けるべきですよ」
「……」

 確かに、3人の言うことには一理があると思ったのも、パベルにとっては事実だった。茅野博士が絵画室に籠もりっきりなこと、そんな茅野博士が夢に出てきたこと、その夢の中で彼女と何かしらの関係を持っていること、そして、その夢を見る度に、故郷の思い出が消えてしまっていること。
 すべてが見えない糸で繋がっているような、一見して偶然の出来事のように見えるそれらが、実は密接に絡まり合っているかもしれないような、そんな薄ら寒さは薄々パベルも感付いてはいた。ただ、それを信じたいとは思わなかっただけで。

「もちろん、会う会わないはパベルさんの自由です。ですが、それをした結末がどうなるかは、僕等も、パベルさんも分からない。そのことは覚えておいてください」
「……。分かったよ、シモン」

 席を降りると、ふらふらとした足取りで食堂から立ち去っていくパベル。次第におかしくなる彼のことが不安でしょうがない一同だったが、結局のところ、自分たちではどうすることもできない事態が起きていることを薄々感じているためか、それ以上踏み込もうとはしなかった。



2021年██月██日 - 17:11
サイト-8148 - 東棟, 第3絵画室

「……」

 あれから、一体どれだけの時間が過ぎたのか。茅野博士はそれすら考えるのも億劫なほどに、我を忘れて作品を描き続けた。
 間違いなく、自身の求めていたものが目前まで迫っているのが分かるのに、あと一歩のところで行き詰まる。筆の動きが止まったのは、つい1時間も前のことだったのか、1分前のことだったのか、1日前のことだったのかも、彼女には分からなかった。

「あと、もう少し。もう少しなんだ」

 絵画室の床に仰向けで寝そべり、カーテンの隙間から差し込む光を疎ましく思った彼女は、右手首で目を覆いながら呟いた。
 きっと、このままうまくいけば、自身の追い求めていた最高の表現、完璧な作品……完成された芸術ができあがる。その確信があった。なのに、その到達点に掠りはすれど掴むことが出来ないもどかしさに、彼女は意識せずとも苛立ちに似た黒い感情が沈殿していた。
 ドロドロに油絵具で汚れた身体を拭い取るのも面倒だと言わんばかりに動かない彼女だったが、ふと扉の向こうに気配を感じたのを察知して、重い身体をぐいっと持ち上げる。

 トン、トン。

「か、茅野さん。あれから、その、大丈夫……かな?」

 ああ、この声は、自分の勝手な理由で約束を反故にしてしまった彼の声だ。茅野博士はそんな罪悪感を反芻するほどに冷静さを取り戻して、ギィ、と扉を薄く開いた。

「……ああ、すまないね、パベル君。今、僕は少し疲れていてね……」
「あ、えっと、そうだったんだ……ごめんね」

 隙間から覗き、視線を見下ろすと、やはり不安げな彼がこちらを見上げている。
 昨日と同じように、茅野博士は彼を宥めようと「気にすることはない」、と伝えようと思ったところで、何かが弾けるような感覚が、茅野博士の脳天を貫いた。

 ────この感覚は何なのか。目の前に立っている彼を凝視して、その謎めいた衝動を理知的に処理しようと努めた。しかし、その場では結論に至ることはなく、強烈な不完全燃焼によるもどかしさだけが、彼女を蝕んだ。

「……あ、あの、茅野さん?」
「……。すまない。もう少し、考え事をしたい」
「わ、わかった。でも、無理はしちゃダメだよ、茅野さんの身体が壊れちゃうんじゃないかって、ボクとっても心配だから……」
「ああ、分かってるさ。だから、」

 「しばらく一人にしておいてくれ

「ひっ……」

 以前までの茅野博士であれば見せるはずのない、まるで睨み付けるかのような彼女の赤い瞳からの視線だけで、パベルを怯えさせるのには十分な条件として働いた。それは、無意識下で追い詰められていくパベルにとってはことさらに強い影響を与える程であり、閉じられた絵画室の扉を眺める彼の眼からは大粒の雫がパタパタと音を立てて床へ落下していった。



 結局、その日のパベルは誰かと話す気にもなれないまま、ふらふらと自室へ戻るほかになかった。



████年██月██日 - ██:██
███████████████████

 その日の夜、パベルはある█を見る。
 █████が絵を描いている夢だった。

 場所については、もはやパベルは気にすることすらなかった。そんなことは、今の彼にとってはどうだって良かった。

 そんなぼんやりとガウスがかった空間で、最後の一息が踏み出せず悩んでいるその人を眺めていた。彼には、キャンバスに描かれている絵は自分がよく知るすべてを表したものだと、そのように見えた。遙か昔にどこかで自分を迎えてくれた人や、一緒に遊んでくれた人、知らない場所に放り出されてからの、白い服の背の高い人達や、今も友だちとして仲良くしてくれてる人達。それらの名前も何もかも思い出せないままだったが、描かれているそれが自分に縁深い人達である気がするのは確かだった。何もかもが真っ白に染まった世界で、その人の描くその絵、キャンバスのそれだけが唯一の彩りだった。
 パベルは、ひたすらに困り切っているその人のことを思い出そうとしていた。意識をその人に向ければ、少しずつ輪郭がハッキリとしてくる。そうだ、その人は確か、"完成されたゲージュツ"を作りたくて、ここまで絵を描いてきたんだった。彼女を眺めながら、パベルはそのことを不意に思い出した。



「あと、少しなんだね。もう少しで"完成"なんだね」



 パベルはその人を見据えながら、ゆっくりと歩み寄った。



「大丈夫だよ、ボクも、その一歩のお手伝いをするから」



 そして、台に置かれていた筆を手に取ろうとしたところで、パベルは聞き取れない声を、耳にした。



『                』



2021年██月██日 - 7:55
サイト-████ - █棟, ███従業員の寝室

「……」

 またあの夢だ。結局、眠っても、眠っても、何も解決なんてしなかった。
 ███はぶるぶると頭を振るも、違和感ばかりが思考に重くのしかかるばかりで、気分が良くなることも一向になかった。
 ふと目を横に向ければ、けたたましくアラート音を響かせる検査機器が見える。そこから伸びるケーブルが彼自身に貼り付けられているが、疎ましく思ったのか、バリバリと何も言わずに引き剥がした。

 寝室には誰もいなかった。いつもなら誰かがいる気がしたが、それが誰だったのかも思い出せない。もはや、それに意識を向けることさえも、混濁した思考の上ではままならなかった。



2021年██月██日 - 14:41
サイト-████ - █棟, サイト██部

「……」

 今日は何かをやらなきゃいけない日だと思った███は、このサイトの██部へと足を運んだ。けれど、ここにも誰もいなかった。
 いつもであれば多くの誰かでごった返していた気がするのに、今日に至っては誰もいない、その事実にまたも新たな違和感が彼の意識を蝕んだ。

 ██部に入っても、誰もいない。オフィスにもいなければ、カウンターにも誰もいない。何かの鳴き声のようなものが聞こえてきた気がしたが、それが何なのかも特定できぬまま、鳴き声が何なのかも分からなくなる。███は黙したままに、空虚なそこからゆらりと退室した。



2021年██月██日 - 16:02
サイト-████ - ██████, 大██

 ███は、そのまま見覚えのある大きな██へと入っていく。けれど、人影もなければ気配もないそこは、ただただ広いだけの空間でしかなかった。
 中央付近に位置する席には、騒がしい誰かが待っているような気がしたが、それを思い出そうとするよりも早く、その存在自体が自分に直接関係するものであると思えなくなる。

 結局、何をするでもないまま███は大██を後にした。












2021年██月██日 - ██:██
サイト-████ - █棟, 第3██室前

 誰にも会わぬままにふらふらと歩き続ける███。最後に訪れたのは、今の記憶の中で、最も克明に残っている場所だった。
 そこまでの道が続く廊下を、███は進んでいく。何もかも思い出せない現状で、唯一自分の知る場所へ繋がっていると思った彼は、その正体を確かめたいという一心で、道の先へと歩速を早めていった。

 そして、ようやくたどり着いた第3██室の扉。彼にとってこの扉には、今まで以上の思い出が詰まっているような気がした。そして、この向こうにあるものは、きっと彼が求めるすべての違和感の正体が隠されているのだろうと、確信にも似た強い想いが彼に発破を掛けていた。

 今こそ、この向こうへ行かなければ。



 ギィ。

 しかし、███が扉を開けるよりも先に、自ずとそれは開かれる。

「やあ、来てくれたんだね。███君。待っていたよ」

 扉の向こうから出てきたのは、今までで唯一、彼が覚えている唯一の人物だった。彼女は███を優しく出迎えてくれた。糸のように細い目の彼女は、彼をゆっくりと部屋へと誘うと、そのまま静かに扉を閉じてしまう。

「しばらく、僕は君との約束を反故にし続けてしまった。本当に申し訳なかったんだ。でも、」

 女性は、ニタリ、とどこか異質な笑みを浮かべながら、彼に歩み寄る。

「ようやく、ようやく完成なんだ。僕が作りたいと、ずっと思っていたものが」

 薄ら寒い夜闇のような、光のない██室で、彼女は███を撫でながら続けて言う。

「███君……君のお陰で、その目的は達成される。でも、その前に……僕が作った、芸術の完成する瞬間を、是非見て貰いたかったんだ」

 ███は、彼女が何かのスイッチを入れたのを意識した直後、眼前に見えたのは、



 パベル・リピネッツだった。



 それは、彼が思いを馳せ続けていた故郷だった。
 それは、彼をいつも見守ってくれていた両親だった。
 それは、彼をいつも応援してくれていた友人達だった。
 それは、彼がこの世界にやってきたあの瞬間だった。
 それは、彼が過ごしてきたこの世界での日常だった。
 それは、彼がこの世界で関わったすべての人達だった。

 それは、彼という存在そのものだった。



sasie-pvl-03.png



あ、あぁ、あああああぁぁぁ

 その紛れもない、パベルそのものを見た███は、小さく膝をついてただ号哭するばかりでしかなかった。

 眼前のそれはパベルだ。間違いなくパベルだ。
 なら、ボクは何? ボクは███じゃないの?

 ボクは、一体、何なの……?



「ありがとう、███君。君のお陰で、完成された芸術がなんなのかを、僕は知ることが出来たよ。……ありがとう、ありがとう」

 ███は、何も分からなくなった。もはや、███は███であるかどうかも、彼自身には分からない。
 ただ視界の先で、自分自身がやっていたように笑うパベルの姿に、███はただ吸い込まれるしかなかった。

 文字通り、吸い込まれるしかなかった。



「……ごめんね、さようなら」












2021年██月██日 - 21:00
サイト-8148 - 東棟, 第3絵画室

「……完成された芸術、か」

 茅野博士は苛立っていた。こんな形で芸術が完成に至るとは予想していなかったし、これが芸術の完成形だとは、彼女自身どうしても疑わしいと考えていた。
 そんなことよりも、このような結末を迎えなければならなかった、パベル・リピネッツという少年が、あまりにも不憫でならなかい。今の茅野博士は、そればかりが思考に巡っていた。

「……全部、の仕業なんだろう」

 彼女は俯いたままだった。健気に笑っている彼の描かれた表情に目を向けることがどうしても出来なかった。

 本当は、茅野博士は最初からすべて分かっていた。
 普段から眠りにつく度に、名前も思い出せない彼女が幾度となくその夢に現れては、「芸術を完成させる手段」を提示してきていたところから、彼女はそれがただの夢で終わらせられるものではないことに気付いていた。
 確かに、夢で彼女から提示されるアイディアは、茅野博士から見て、あまりにも魅力的で、斬新で、そして新奇性さえ感じさせるものばかりであった。
 けれど、それを大元に据えてキャンバスに描く夢の中の自身は、それが表現される度に、あまりにも「つまらない」ものであるように思えて仕方がなかった。そのままでは到底、完成された芸術なんてものに至るはずもないと思うほどに。
 そんなときに転がり込んできたのが、パベルという、あまりにもイレギュラーな存在だったのだ。

 彼の過ごした場所の姿は、他の何よりも慈しみ深い歴史のように感じられた。
 彼の生きる世界の姿は、他の何よりも儚くも強かな生そのもののように感じられた。
 彼という存在が消失する姿は、この宇宙のどこよりも深く失意と無念へ向かう死そのもののように感じられた。
 それが1つの作品に落とし込まれれば、きっとそれは完成された芸術たり得るのではないか、と、茅野博士はそんな幻影が見えていたのだ。



「茅野きさら博士ですね。我々は内部保安部門の者です」

 鍵を掛けていたはずの絵画室の扉が開かれ、十数名の黒いスーツを着た大柄の男性職員達が茅野博士を取り囲んだ。

「ああ。そろそろ、僕の元にお迎えが来るんじゃないかと待っていたよ」
「お察しの通り、我々は貴方の身柄を拘束するためにお伺いしました。ご同行願います」

 職員の1人が茅野博士の両手を取り、手錠を掛けて拘束する。

「別に逃げも隠れもしないよ。僕がやるべき事は、もうすべて終えた。そうだろう?」

 茅野博士の不敵な表情に微動だもしない職員達は、何も答えずに彼女を部屋の外へと連れ出していく。
 彼の描かれた作品も、いずれは財団によって確保される事になるだろう。……いや、むしろ、今の彼にとってはその方が良いのかも知れないと、茅野博士は連行されながら思案した。

「誰も聞いていないなら、これはただの独り言になるんけどさ。……僕はね、果たして芸術の完成形がどんなものなのか、それをただ見据えたかっただけさ。叶うなら、僕はそれを自分の手で生み出してもみたいと思った。そこについてはもはやどうでも良い事になっちゃったけどさ。
 とはいえ、そういうわけだから、君達の提案に僕は乗ったわけ。今となってはそれがこんな、財団じゃどこにでもあるような理不尽な結末を求められていただけだということに、ただただ薄ら笑いしか出ないよ」

 職員から首筋に薬品を打ち込まれ、薄れ行く意識に抗いながら、茅野博士は最後に呟く。

「まぁ、でも……それでもあの作品については、今まで描いてきたどの作品なんかよりも、ずっとクールだったんじゃ、ない……かな……」










































システム通知: プロトコル"AZATHORIA"の遂行完了を確認しました。規定通り、財団収容オブジェクトデータベースに 1 件の報告書が登録されました。

rating: - 16+x

アイテム番号: SCP-3321-JP

オブジェクトクラス: Neutralized (暫定)

特別収容プロトコル: SCP-3321-JP-1は、サイト-8148内の中規模低危険物収容コンテナにて収容されます。SCP-3321-JP-1は腐食や劣化を防ぐため、収容設備内は常に乾燥した冷暗所状態を維持してください。

SCP-3321-JP収容室内への入室の際は、SCP-3321-JPを直接視認しないようにしてください。

説明: SCP-3321-JPは、2021年██月██日までサイト-8148にて収容されていた、特定条件下においてのみ発揮する異常性を有していたと考えられる一連の芸術作品群です。SCP-3321-JPは過去に財団職員であった、茅野きさら博士が個人的経緯で手掛けた作品であり、サイト-8148内の絵画室にて制作・保管されていました。

SCP-3321-JPの異常性は、財団が収容して以降は一度も発現していないため、詳細は不明です。しかしながら、各種調査や関連人物へのインタビューによって、SCP-3321-JPは視認した人物をSCP-3321-JPの一部として取り込み・融合させる能力を有していた可能性がありますが、財団が各種実施したDクラス職員を用いた実験において同様の異常性は発現せず、視認した者は一様に「ただ美しくて儚さを感じるだけの普通の作品」と形容する傾向を示す以外に特筆すべき情報はありません。このことから、SCP-3321-JPは後述の職員消失インシデント以降、異常性を喪失している可能性があります。

SCP-3321-JPは、財団によって収容されるまでは茅野博士が個人的に所有していたものとされ、職員消失インシデントを引き起こしたことを契機に財団は事態を把握しました。同インシデントは過去に「パベル・リピネッツ従業員」として人事データベースに登録されていたEクラス職員が、SCP-3321-JPと接触したことによってオブジェクトの一部として取り込み・融合することとなった事案であり、インシデントの際には制作者である茅野博士は現場で一部始終を眺めていたと報告しています。このことから、茅野博士は財団によって捕縛・拘束の上、聞き取り調査の一環としてインタビューが実施されました。

インタビュー記録


インタビュー対象: 茅野博士

インタビュアー: エージェント・斑座

日付: 20██/██/██


<記録開始>

エージェント・斑座: [雑音]……それでは、今回の事案についてのインタビューを始めます、茅野博士。あなたはどうしてあのような作品を描き、パベル従業員をあのような形で消失させたのですか。

茅野博士: [沈黙]……僕は、ただ作品を作っただけ、それに過ぎませんよ。

エージェント・斑座: あなたは作品を作るだけでさえ危険行為となり得ることをおわかりですか? これまでも何度も作品の爆発事例が記録されていますよね。お忘れですか。

茅野博士: ああ、忘れもしないよ。僕は長らく、僕自身の作品をそれで残せずじまいだった。だから、自分の作品をじっくり観察したり見たりすることもほとんど出来なかった。……けれど、今回は、違う。

エージェント・斑座: 今回は?

茅野博士: そうさ。僕は3年ほど前から僕の作品が"被害"に遭う事態はほぼなくなった。それは、僕にとって自分の作品と向き合えるチャンスだった。だから、次に"被害"が発生しないうちに、僕はその作品を見返し、洗練させて次の作品を作る足場にしていこうと思った。僕自身のかねてよりの願いの為にね。

エージェント・斑座: 願い、ですか。

茅野博士: 僕は、見る人すべてが文字通りに引き込まれるような、"完成された芸術"というものを描いてみたかったんですよ。それは幼少期の頃からの漠然とした願いだった。今となって、ここ財団に収容されている色々なオブジェクトを見るうちに、それは非現実的な話ではないと思った。だから、僕はその願いを叶えようとした。

エージェント・斑座: [沈黙]。意味が分かりませんね。あなたは、財団がどういう組織なのかをよくご存じのはず。そのようなことをすれば、真っ先に収容されるのは作っている作品と、あなた自身になる。そうでありながら、何故そんなものを作ろうとしたんですか。

茅野博士: そりゃあもちろん、財団が黙って見ているわけはないとは分かっていたさ。だから僕は作品を作る時間を徹底して短縮して、一人で何かを作っていても違和感のない場所……あの絵画室で、誰も通さずに作品制作に勤しんでいた。実際、今までだって同じことをしていたわけだから、怪しまれることなんてなかったしね。

エージェント・斑座: ……分かりました。ですが、まだいくつか気になる点があります。

<記録終了>


ページコンソール

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The SOYA-001's portal does not exist.


エラー: SOYA-001のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2577572 (14 Jul 2020 12:54)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License