Tale下書き「地獄のような数日間、再び (仮題)」

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

下腹部を床に擦り付けるのはいつ頃ぶりだろうか。

久々となる地獄の数日間を過ごしている。とても身体が熱い。息が苦しい。誰かに撫でられたい。

薬は、頼みの薬はもう無い。もう貰えない。私にはあの薬だけが頼りだった。あの薬だけが地獄から逃れる方法だった。

あなたに今まで処方されていた抑制剤……"AE-003"の副作用は知っていますか?

……どうやら前の担当医から聞かされていなかったようですね。確かにAE-003は性欲の異常亢進を鎮静できることが治験によって判明していますが、肝臓機能の低下、肝硬変や肝臓癌の発症リスクの大幅な上昇などの重大な副作用も確認されているものです。

そのような劇薬をEクラスとはいえ全うな財団職員には処方できません。期間中の職務について心配なさらずに。私から「███休暇」の設置案を進言しておきます。

擦る。激しく擦る。下腹部が濡れているのが分かる。艶かしい水音が私の小ぶりな耳に入ってくる。それが更に私の情欲を増幅させる。

はしたない鳴き声を出して、異常性を持っていない"同族"が見せることがない痴態を晒している。

原因は分かってる。私が財団に雇用される前、私が財団に保護される前、その前に私を買ったあの人だ。あの人に買われる前はこんなことは無かった。

流石ニッソ製の色情付与剤です。すぐに効果が出てきたみたいです。

まぁ、そうでなくてはあの魔法使いの爺さんからあなたを落札した意味が無くなってしまう。MC&Dも良い出品者を見付けたものです。

どうですか? 苦しいですか? 拘束を外して欲しいですか? ダメですね。あなたは苦しむべきなのですよ。

ずっとあなたを見ていますよ。色情でも触られずに苦しむ姿や寸前で止められて悶える姿を見せてください。そして色情状態のまま最後の時を迎えてください。楽しみにしてますよ。

情欲に飲み込まれてから何十分経ったのだろうか。地獄から逃れるために地獄のような行為をしなきゃいけないのは矛盾なのは分かっている。それでも、私にはこの方法しか無かった。

他の親しい誰かに欲情を抑えてほしいと頼むのも考えた。でも、止めた。

疎まれたくない。異種族に興奮する変態として扱われるのが怖い。身体しか取り柄のない存在にはなりたくない。私は身体を差し出すだけの無能になりたくない。

どうしてお前はそんなに物覚えが悪いのだ。シミュレーターでさえ怖いのか? 本物の空ですらない単なるシミュレーターだぞ?

黙ってないで答えろ。泣いたら許されると思うな。前の████はお前より見込みがあった。だが、お前はどうなんだ████2世?

このままでは処分行きなのは分かっているのだろうな? 殺処分させられたいのか? それか██に欲情する異常者たちが集うオークションに掛けられたいのか? お前のような██に欲情する物好きも世の中には存在している。このまま結果が出せなければ、物好きどもに身体を差し出すことも考えるのだな。

限界が近い。下腹部から何かが込み上げてくる感覚。まだ収容室内に閉じて込められていた時に何度か経験したもの。

我慢できない。止めてほしい。止まらない。楽になりたい。色々な感情が溢れてくる。

そして、私は、

身体を大きく

震わせた。

久々の感覚だった。頭の中が白くなる感覚。快楽の波。嫌悪の波。気持ちいい。気持ちよくなりたくない。

このままずっと、 辛い数日間を毎月繰り返すだけなのだろうか。このままずっと、情欲と嫌悪感という相反する2つの感情で苦しむだけなのだろうか。

誰か、を助けて。

付与予定タグ: adult tale-jp 財団職員id_a ██████(ネタバレのため検閲)


ERROR

The Tenten_518's portal does not exist.


エラー: Tenten_518のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2532460 ( 15 Mar 2020 08:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License