Tale-JP下書き「3つの日本(仮)」
rating: 0+x
blank.png

国内 社会

日本統一交渉が決裂 三度目の正直成らず

公開日 2054年6月5日17:05

yokohama.jpg
南日本国領 横浜市 (5月20日、帝洋ビジネスオンライン撮影)

先日4日、横浜市で国際連合日本仲介ミッション(UNGOMJ)の協力の下、日本三政府首脳による「第三回日本統一交渉会議」が行われた。2050年の日本次元融合事件発生以来、2052年と2053年にも国家統一交渉が行われていたが、その何れも決裂していたため今回の交渉で前進することが期待されていた。しかし、夏間千尋(なつま ちひろ)北日本国首相と村上辰馬(むらかみ たつま)日本帝国首相が統一国家の国号案で紛議し、南日本国側が提案した折々案は北日本国側が拒否、国連側が提案した代替案も日本帝国側が拒否したため交渉が決裂した。日奉山吹(いさなぎ やまぶき)南日本国首相は今回の交渉会談の決裂に対し「とても残念だ。次元融合災害が真の意味で終わりを迎えるのはまだ先になりそうだ」とコメントしている。

日本次元融合災害は2050年8月18日に発生した超常災害である。日本全国で次元震を伴いながら、中央新都心特別区、群馬県、岐阜県、長野県、栃木県、茨城県、福島県、宮城県、岩手県を除く日本領土でこの世界とは違う歴史を歩んだ領域が日本国土に上書きされる形で出現。平行世界同位体同士の存在融合や死亡していたはずの人物の出現などの超常現象も発生したことから全国で混乱が広まった。日本次元融合災害は東京現実崩壊性広域災害(通称 東京事変)の余震、未知の超常災害、敵対的超常組織による人災などの仮説が出ているが、現在においても原因が判明していない。この災害により、日本国土に3つの政権が併存するという類を見ない状況となった。

北日本国側の3度にも及ぶ統一案拒否を受け、南日本国と日本帝国は北日本国を除いた独自の国家統合交渉を始める動きが出ており、ミリアム・ロランド国連事務総長は「内戦となる可能性がある。性急な行動は控えるべきだ」と二政府側に呼び掛けた。

















ERROR

The Tenten_518's portal does not exist.


エラー: Tenten_518のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2532460 ( 15 Mar 2020 08:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License