ナミビアの間欠泉

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容手順: SCP-XXXX-JPが引き起こす事象を観測可能な範囲を特別収容エリア-XXXX-JPに指定します。特別監視エリア-XXXX-JPはセキュリティクリアランスXXXX-JP/1以上を持つ職員以外の記録、立ち入りは禁止されています。違反者に対してはクラスA記憶処理を施した後に解放します。特別監視エリア-XXXX-JPはナミビア陸軍の演習場として偽装されます。

説明: SCP-XXXX-JPはナミビア共和国[編集済み]に存在する間欠泉です。SCP-XXXX-JPを含む周辺の地質は花崗岩で構成されています。しかし通常の花崗岩と比較して高い圧力や熱に対する耐久力が確認されています。SCP-XXXX-JPは日没後、天候が曇や雨などの晴天以外の場合に異常現象が発生する熱湯(SCP-XXXX-JP-Aに指定)を噴出します。

SCP-XXXX-JP-A内部では熱湯に交じった砂粒を中心に極めて強い引力が発生します。これにより砂粒には周囲の水分子が集合し、核融合反応が起きます。この時に約3000度から20000度の間で膨大な熱が生じます。この際前述の引力は完全に、熱は上部を除いてSCP-XXXX-JP-A外に一切の影響を及ぼしません。唯一上部から発せられる熱によりSCP-XXXX-JPの直上から強力な上昇気流が発生します。この上昇気流はSCP-XXXX-JPを中心として局所的に雲を退けます。またSCP-XXXX-JP-A内部で核融合を起こした砂粒を地上約20kmの高度まで上昇させます。砂粒は膨大なエネルギーにより強い輝きを示し、またSCP-XXXX-JPの上空におおよそ縦並びで滞空します。

SCP-XXXX-JP-Aの噴出は夜明けとともに終了します。

milky-way-2078342_640.jpg

SCP-XXXX-JP-A噴出後の夜空の様子。

ERROR

The solvex's portal does not exist.


エラー: solvexのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2419995 ( 03 May 2018 09:09 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License