焼却可能

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

収容クラス: Safe

特別収容手順: SCP-XXXX-JPを含む████山は財団が買収し、敷地の外周には高さ5mの有刺鉄線を用いた柵を設置します。警備員3名が常駐して無関係の人員による侵入を防止します。SCP-XXXX-JPに通じる出入り口の扉には南京錠による施錠がされます。許可された人員による内部探査を除いて解錠はされません。

説明: SCP-XXXX-JPは長野県████山中に存在する施設です。SCP-XXXX-JPへ向かう唯一の方法は、████山麓に備え付けられた出入り口から通じる階段です。出入り口のドアには"SCP財団 怪奇部門"と日本語で刻まれた小さな金属製プレートが取り付けられています。また出入り口には柊鰯が設置されています。

SCP-XXXX-JPは大きく分けて2つのエリアで構成されており、それぞれに異なる設備が備え付けられています。それぞれをエリアA、エリアBに指定します。これらに設置されている設備は外部からのエネルギー供給が無いにもかかわらず、常に稼働しています。

エリアAには巨大な破砕機と焼却炉が設置され、それらがベルトコンベアーで接続されています。破砕機は回転速度が不定期に変動するなど、何らかの物体を破壊しているかのような挙動をとります。

エリアBには400台の火葬炉が設置されています。これらの火葬炉内には人間の全身骨格がそれぞれ1体分存在します。各火葬炉の前には位牌と遺影がそれぞれ2つずつ置かれています。遺影の片方は中高年から老年の人物です。もう片方は20代から30代の人物であり、Dクラス職員の作業服を着用しています。



ERROR

The solvex's portal does not exist.


エラー: solvexのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2419995 ( 03 May 2018 09:09 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License