ゲームブックパート

訳者注: このページは翻訳チェックを手助けするためのものであり投稿を意図したものではありません。以下、翻訳者としての注釈を赤文字で記しています。


Wikidot PMでバグを報告する(原作者宛はこちら)
Report a Bug via Wikidot PM


最初から
Restart


ブックマーク
Bookmark


Restartをクリックした際のメッセージ
本当に物語を最初から始めますか?
Are you sure you want to restart this story?


今日は2033年10月20日。あなたは殺人犯を捕まえなければならない。
It is October 20th, 2033. You need to catch a murderer.

私は誰?
Who am I?


おかしな質問だが、話を合わせておこう。あなたはキャサリン・シンクレア管理官。空想科学者、魔法使い、母親。
Strange question, but I'll humor you. Your name is Director Katherine Sinclair. Pataphsyicist, mage, mother.

それで、ここはどこ?
And where am I?


気分は大丈夫かな? あなたはその……つい今しがた焼け焦げたと思しきC.O.R.M.O.R.A.N.T.デバイスが置かれたラボにいる。口の中は血の味がするし、頭はかなりズキズキする。
Are you feeling okay? You're in the lab with the C.O.R.M.O.R.A.N.T. Device, which looks… freshly fried. You can taste blood in your mouth, and you have a massive headache.

ラボを見渡す。
Look around the lab.


サメ殴りセンターが作成した、S.W.A.N.N.エンジンと同等の装置。何とも腹立たしいことに、彼らは財団と違ってアクロニムを考案している- "Crushing Other Realities Masters Or:wReaking Absolutely Ridiculous Tublar-punchatude (他所の現実の支配者を潰すか、本当に途轍もない最強パンチをもたらす)"。あなたたちがセンターから持ち出したコレはあまり高性能とは言い難いが、どういうわけかパンダにキャビアを産ませた変人どもよりは彼らの方がマトモだろう。
An equivalent to the S.W.A.N.N. Engine made by the Shark Punching Center. Annoyingly enough, they have an acronym for it when you don't― Crushing Other Realities Masters Or:wReaking Absolutely Ridiculous Tublar-punchatude". The version of the Center you got it from is not the smartest, but they're better than the weirdos who somehow made pandas produce caviar.

搭載されていた形而上漏斗は壊れている。もう2度と動かないかもしれない。総合的に考えてみれば、実際これは最悪の事態という訳でもない。
The Metaphysical Funnel on this is trashed. It may never work again. Which is honestly not the worst thing in the world, all things considered.

それで、ここはどこ?
And where am I?


ああっ。クソッ。
Shit. Fuck.

クッソオォォオ。
Shiiiiiit.

辺り一面が散らかっている。あなたの作業場は破壊され、一部は先ほどまで燃えていたようだ。コンピューターはデジタルオイルを浴びせられたかのような有様だった。キーボードはボロボロで、スクリーンには滅茶苦茶な文章が書かれていた。
The entire place is a mess. Your workspace is trashed, and some of it looks like it was on fire a few seconds ago. Your computer looks like digital oil was spilled all over it. The keyboard is ruined, and there's some garbage text on the screen.

火災報知器が鳴っている。ここに留まるべきではない。おそらくあなたはたった今超過現実の誰かを殺してしまい、そのせいでどこか別の宇宙が死んでいるのだろう。
Fire alarms are ringing. You're not supposed to be down here. You probably just killed someone in hyperreality, and that's probably another universe dead.

今のところ最高の仕事ぶりだよ、キャット。
Bang-up job so far, Kat.

宿舎に戻る。
Back to your quarters.


崩レルウェブサイトト共n何千オノ死者ガ出タ
THOUSHANDS DEAD IN CONNECTION WTTH WRITHING WEBSIT

SUBREDDIT R/SCPヲ音ズレテイタ何百人モノユーザー画像ヲミテ心臓発作ヲオkソイタ
IMAGE CAUSED SEIZUERS IN HUNDRES OF USER SV IVSINT SUBREDDIT R/SCP

画像ニハ酷ク捻レタ彫刻ガ映ッ値エタ
IMAGE SHOWED SCLUPTURE, HEAVILY DISTORETD

サイトアh閉鎖サレタ
SITE SHTU DOWN

死ハ止マナライ
次ハジブン
STIL DYING
IM NEXT

オマエラノ中ノヒトリ
ONE OF YOU

タクサンノ中ノヒトリ
ONE OFMANY

カノンハナイ
NOCANON

ダガリ  ハアル
BUTTHE L T

もしあなたがこれしか知らなかったら、ミーム殺害エージェントのことではないかと疑っただろう。だがそれはありえない- 超過現実においてミームはこちらの世界と同様には機能しない。
If you didn't know any better, you'd think that this sounds like a memetic kill agent. But that's absurd― memetics don't work in hyperreality like they do in here.

ラボを見渡す。
Look around the lab.


ほどなくして、あなたは自分が宿舎に戻っていることに気付いた。
You soon find yourself back in your quarters.

モンゴメリー・レイノルズがリビングのソファに座っている。彼は心配そうにあなたに目を向け、あなたの口から血が流れていることに気付くと、一拍遅れて驚きの表情を見せた。
Montgomery Reynolds is sitting on the couch in the living area. He gives you a concerned look, which turns into a double-take of shock as he sees you bleeding from the mouth.

「失敗したんだな」彼はため息を吐いた。ただただ失意のため息だった。
"You didn't," he sighs, more disappointed than anything.

「私と話をさせることはできた」とあなたは答えようとするが、口から出るのは弱々しい唸り声だけだった。
"I got them to talk to me," is what you try to say, but all that comes out is wet, gurgling sounds.

彼は優しくあなたの首に手を当てた。まるで蜂蜜と紅茶を飲んだかのように喉に温かみが差し、また喋ることができるようになった。
He puts his hand around your neck, gently. A warmth comes through your throat, like you'd just had honey and tea, and you can speak again.

「私と話をさせることはできた」あなたは再度答える。
"I got them to talk to me," you say again.

「何か成果は?」
"Anything useful?"

「実を言うと、ないわ」あなたはそう認める「でも私が世情を知らないからそう思うだけなのかもしれないわ。もっと視野を広げて見ましょう」
"Not really," you admit. "But maybe it's just because I'm looking at it in a vacuum. I need to see the bigger picture."

チェックポイント
Checkpoint


12年前に結婚したあなたの夫。太っていて、白髪で、あなたより年上で、彼の呪文を唱える能力はあなたの車修理の腕前に匹敵する。喉にアザミが刺さっているかのような話し方をし、財団で働いている人間としてはかなりファンタジー小説を読み過ぎている。
Your husband of the last twelve years. Fat, grey hair, older than you, can cast a spell as well as you can fix a car. Speaks like he's got thistle in his throat, and reads far too much fantasy for someone who works for the Foundation.

あなたは彼のためなら死んだって構わない。実際、かつて死んだ。
You would die for him. And you have.

宿舎に戻る。
Back to your quarters.


陰謀論者であれば絶頂してしまうほどの文書が、かつてクローゼットだったものの大半を埋め尽くしていた。
A conspiracy theorist's wet dream takes up most of what was once a closet.

ボード中に貼り付けられた文書は数百体のSCP-5500-オメガの死と、その二次災害に関するものであった。あなたに考察を促したメッセージと関連のある文書があった。ここから手がかりを探し始めるべきかもしれない。
All over the board is documentation of hundreds of SCP-5500-Omega instances dying, and the fallout of their deaths. There was something about the message that got you thinking. Maybe you should start looking for clues here.

あなたの前にはファイルの山が積まれている。
The stack of files sits before you.

アイゼンハワーの写真
SCP-5500-オメガ-074
ボールド博士の解体
SCP-5500-オメガ-092
SCP-5500-オメガ-036および037
The Eisenhower Photographs
SCP-5500-Omega-074
Dr. Bold's Decommissioning
SCP-5500-Omega-092
SCP-5500-Omega-036 and 037


インシデント記録: 2030年6月、財団の全ての視覚的記録が破壊されました。現場からは5500枚を超える写真や絵画が発見され、その年代や出来、信憑性は異なるものの、内容はいずれも元アメリカ大統領のドワイト・D・アイゼンハワーと思われる人物が著作権法に関する本を抱えた状態で襲撃・殺害されるというものでした。これらの出来はまちまちで、クレヨンの絵からプロの写真まで様々でした。これらに順序はなく、うち3枚には眼鏡をかけたアイゼンハワーらしき人物が襲撃者の方を見ている様子が写っていました。眼鏡には20代の金髪の女性と思しき人物が映り込んでいます。それ以外で特徴的な部分はシャツの赤いブローチのみです。
Incident Report: In June of 2030, all Foundation visual records were destroyed. In their place, over five-thousand images of what appears to be former American President Dwight D. Eisenhower being assaulted and killed with a book of copyright law were found, in various states of age, quality, and authenticity. Quality of images ranged from crayon drawings to professional photographs. Images were not in sequence, and three appeared to show Eisenhower, wearing glasses, looking at his attacker. The reflection in the glasses appears to show a woman in her twenties, with blonde hair. The only other distinguishing feature is a red brooch on her shirt.


インシデント報告: 2029年3月、サメ殴りセンターがC.O.R.M.O.R.A.N.Tデバイスと呼ばれる、S.W.A.N.N.エンジンと同等の装置を製作していたことが判明しました。センターはこの装置を用いて未知の手段を介したサメへの殴打を行うことにより、SCP-5500-オメガ-74の救命を試みました。センターがオメガ-74の力を過大評価していたために、この作戦は失敗に終わりました。その結果、BE-クラス意識終焉シナリオに関連する数点のアノマリー (鳥類部門の大部分が含まれる) が破壊されました。C.O.R.M.O.R.A.N.Tデバイスは首謀者との戦闘作戦の一環として財団が獲得しました。
Incident Report: March, 2029. It is discovered that an iteration of the Shark Punching Center has created their own version of a S.W.A.N.N. Engine, dubbed the C.O.R.M.O.R.A.N.T. Device. They use this device to attempt to save SCP-5500-Omega-74 from death by shark attack through unknown means. The operation is not successful, due to the Center overestimating the strength of Omega-74. This results in the destruction of several anomalies related to a BE-Class End-Of-Consciousness Scenario, including a large portion of the Avian Division. The C.O.R.M.O.R.A.N.T. Device is acquired by the Foundation in an attempt to combat the malefactor.

訳者注: 2回目に開いたファイルの末尾に記載
ジーザス、順序がバラバラだ。あなたは並べ直しをする必要があるだろう。
Jesus, these are really out of order. You need to re-organize some.


インシデント報告: 2029年6月、財団の標準倫理にDecommissionedクラスの概念を再導入したことで知られるC・ボールド博士はシンクレア博士を説得し、首謀者と考えられる実体を解体 (decomission) する作戦にC.O.R.M.O.R.A.N.Tデバイスの使用許可を願い出ました。要望は承認され、ボールド博士はデバイスに進入しました。SCP-5500-オメガ実体が形而上漏斗に吸い込まれて破壊され、心霊バックラッシュによりボールド博士は死亡しました。金とルビーのメダリオンがボールド博士の胴体と融合した状態で発見されました。過去、ボールド博士が装飾品を身に付けていた様子は確認されていません。
Incident Report: In June of 2029, Dr. C. Bold, known for re-introducing the Decommissioned class into the popular Foundation conscience, persuaded Dr. Sinclair to allow them to use the C.O.R.M.O.R.A.N.T. Device in an attempt to decommission an entity they believed was responsible for the murders. The request was granted, and Dr. Bold entered the device. The SCP-5500-Omega entity was sucked into the Metaphysical Funnel, and subsequently destroyed, the psychic backlash of which killed Dr. Bold. A gold and ruby medallion was found fused to their torso; Dr. Bold was not known for wearing jewelery.

3回目に開いたファイルの末尾に記載
これまでのところ、あまり役に立たないものばかりだ。どれもあなたは既に読んでいる。
Nothing too helpful so far. You've read it all before.


インシデント報告: 12個の宇宙で、化石とそれに関する情報が全て破壊されました。当時博物館にいた多数の人物による目撃証言によると、全く同じ格好をしたフランネルシャツ姿の黒肌の男が斧で化石の展示場を叩き壊したとのことです。化石は血を流し、悲鳴を上げていました。この時、恐竜系統群に属する全ての生物 (鳥類との混同はありませんでした) も死亡しました。
Incident Report: In twelve different universes, all fossils and data relating to fossils are destroyed. During this time, multiple individuals in museums report seeing hundreds of identically-dressed men with dark skin and a flannel shirt chopping at fossil exhibits with axes. The fossils bleed and scream. All living creatures of the Clade Dinosauria (not to be confused with birds) are also killed during this time.

4回目に開いたファイルの末尾に記載
あなたは本気でここには何かあると思っていた。忌々しい。
You really thought you had something here. Dammit.


インシデント報告: 2029年5月、SCP-036-オメガとSCP-037-オメガが2日間以内に死亡しました。これにより、数あるネクサス領域の中でもとりわけウィスコンシン州のスロースピットとオレゴン州のイーブンタイドに大規模な人口喪失が発生しました。実体の死因は両ネクサスにおける人間の死因と対応しているものと推測されています。O36-オメガの場合は大きな本棚の下敷きになったことによる圧死です。O37-オメガの場合は植物油による溺死です。
Incident Report: The deaths of SCP-036-Omega and SCP-037-Omega occurred within two days of each other in May of 2029. These deaths resulted in the depopulation of Sloth's Pit, Wisconsin and Eventide, Oregon, among other anomalous nexus zones. Cause of death is speculated to correspond to the causes of death of individuals within these zones― in the case of O36-Omega, this was due to being crushed under a large bookshelf. In the case of O37-Omega, this was due to being drowned in vegetable oil.

5回目に開いたファイルの末尾に記載
もうたくさんだ。
That's Enough.


死ぬほど頭が痛い。まるで頭蓋骨が自らをストローにねじ込もうとしているかのようだ。どうしてあなたは何か変わると思い込んでいたのか? 著者が書き捨てた滅茶苦茶な文章を手にして役に立つとでも思っていたのか? 馬鹿げている。
Your head is killing you. Like your skull's trying to squeeze through a drinking straw. Why did you expect anything to change? You just got some garbage text from an author, and you expect that to help? Idiot.

喉が痛むせいで、あなたは何も飲むことさえできなかった。私の喉がとても渇いているせいだ。
You can't even drink anything becuase my throat is so raw. And it sucks because I'm so thirsty.

あなたの喉、だ。
Your throat.

私の喉?
My throat?

私の喉が渇いている?
I'm thirsty?

誰の喉が渇いているんだ?
Who's thirsty here?

一体なんだこれは?
What is this?


「……聞こえてる」
"…I can hear you."

聞こえる?
You can?

「ええ、聞こえるわ!あ– 私の思考とあなたがつながっているみたい、クソッ!」
"Yes, I can! Y― it's like you're cohabiting my thoughts, holy shit!"

わた–
I―

「喋らないで。これ以上喋られたら頭が爆発しそうなの。その……よく分からないけど、私の言った通りのことを考えてくれる?
"Don't talk. It's going to make my head fucking explode. Just… I don't know, think in my general direction?

あなたの名前は?」
What's your name?"
上記をクリックすると共に入力画面が表示される。ここで入力した名前が後の段落で使用される


「何てこと」シンクレア博士は唾をゴクリと呑み込んだ。「あなたを知ってるわ」
"Holy shit." Dr. Sinclair swallows. "I know you."

どうやって?
How?

「あなたは彼らの一人ね」
"You're one of them."


名前が"RockTeethMothEyes"の場合、以下の文が追加される。
「ちょっと変わったハンドルネームね。私は好きよ」
"Kind of an offbeat handle. I like it."

名前が"Balthazaar"または"Balth"の場合、以下の文が追加される。
(マジか。これのテストのを手伝ってありがとう)
(Holy SHIT thank you for helping me test this.)

名前が"Ihp"の場合、以下の文が追加される。
「わあ、本当なんてことをしてしまったのかしら。私の故郷を全部書いてくれた人じゃない。……正直なところ、もっと早く会えなかったことに驚いているわ」
"Fuck me sideways, you wrote my entire hometown. It's… honestly, I'm surprised we didn't meet sooner."

名前が"ProcyonLotor"の場合、以下の文が追加される。
「本気? 小さな法システム全体の責任者なのに名前がトラッシュパンダ (※1) なの? 元ケモ好きの私としても理解が及ばないわね」
(※1) 訳注: 直訳で「ゴミパンダ」。アメリカにおける(しばしば侮蔑を込めた)アライグマの呼び方の一つ。

名前が"TroyL"の場合、以下の文が追加される。
「まあ、なんてこと。お久しぶりね、ラメント」
"Well, hell. Long time no see, Lament."

名前が"Moto42"の場合、以下の文が追加される。
主を讃えよ、主は戻られた (※1)。(ああああ、本物なら読んでもらえて本当に嬉しい)
(※1) 訳注: 英語では「主」と「彼」が同じ"he"で表されることを利用した言葉遊びかもしれません。
PRAISE BE HIM, FOR HE RETURNS (aahhh I'm so happy you're reading this if this is actually you)

名前が"AbsentmindedNihlist"の場合、以下の文が追加される。
「ポッチャリを讃えよ!」
"Priase Tubby!"

名前が"PeppersGhost"の場合、以下の文が追加される。
「……待って。どうして!?」
すみません、えっ?
「あなたは死んだのよ! あなたは死んで、サーカスと運命を共にしたはず!」
えーと、私は死んでないと思います。多分。
待って− それはつまりキャッツを見ながら死んだのは私ってこと!?
「言いにくいけど、そうね」
"…wait HOW?!?
Sorry?
"You died! You're dead and you took the whole circus with you!"
Well I don't think I'm dead. Probably.
Wait— does that mean that was ME who died watching fucking CATS?!
"Afraid so."

名前が"weryllium"の場合、以下の文が追加される。
「……待って。どうして!?」
すみません、えっ?
「あなたは死んで、全ての化石と運命を共にしたはず!」
不思議だ。
"…wait HOW?!?"
Sorry?
"You died and took out every fossil in existence along with you!"
Weird.

名前が"Nicolini"または"Uncle Nicolini"または"Nico"の場合、以下の文が追加される。
「……待って。どうして!?」
すみません、えっ?
「あなたは死んでるのよ。死んでしまって、ウィルソンズ・ワイルドライフと運命を共にしたはず! オルゴンの大部分ごと!」
不思議だ。私は死んでないとは思いますけど、まあいいでしょう。
"…wait HOW?!?"
Sorry?
"You're dead! You died and took out Wilons's Wildlife! And most of Oregon!"
Weird, I don't think I'm dead but okay.

名前が"Bright"の場合、以下の文が追加される。
「既に死んでいるわ」
えっ、私が? 訳者注: Am I though?の訳についてはここを参照。
「ブライト博士があなたを殺すためにエンジンを使ったのをこの目で見たもの。理由は分からないけれど」
それは私にも分かりません。
"You're dead."
Am I though?
"I saw Dr. Bright use the engine to kill you. Don't know why."
Got me there, too.

名前が"woednaz"の場合、以下の文が追加される。
(何を差し置いても、あなたのおかげでこれを作る気になったよ)
(Despite everything, you inspired me to do this.

名前が"roget"の場合、以下の文が追加される。
まだ生きているのを見ることができて嬉しいよ! おめでとう!
Glad to see you're still alive out there! Congratulations!

名前が"Clef"の場合、以下の文が追加される。
「待って、あなたが本物のクレフ? ちょっと信じがたいところがあるわね、申し訳ないけど」
"Wait, are you the real Clef? I kind of find that hard to believe, is all, sorry."

名前が"Cimmerian"の場合、以下の文が追加される。
「何か私が間違ってるって言いたげね。そんな感じがするわ」
"You're going to tell me I'm wrong about something, I can just feel it."

名前が”Djoric"の場合、以下の文が追加される。
「……待って。どうして!?」
すみません、えっ?
「あなたは6月に死んだのよ! あなたの死とともに境界線イニシアチブはなくなってしまった!」
ナニ・ザ・ファック? (※1)
「まあ、なんてこと。本当にそんな言い方するの?」
(※1) 訳注: 原文は”Nani the fuck?“。”What”を日本語の「何」に言い換えている。
"…wait, HOW?!?"
Sorry?
"You died back in June! The Horizon Initative is gone because you died!"
Nani the fuck?
"Oh, god, people actually say that?"

名前が”Ellie3"の場合、以下の文が追加される。
「……待って。どうして!?」
すみません、えっ?
「あなたは2028年に死んだのよ! スロース・ピットと運命を共にしたはず。」
ごめんなさい。._.
"…wait, HOW?!?"
Sorry?
"You died in 2028! You took the entirey of Sloth's Pit with you!"
I'm sorry. ._.

名前が”IronDruid"の場合、以下の文が追加される。
「……待って。どうして!?」
すみません、えっ?
「あなたは2028年に死んだのよ! イーブンタイドと運命を共にしたはず。」
死んではないと……思いますよ?
"…wait, HOW?!?"
Sorry?
"You died in 2028! You took the entirey of Eventide with you!"
I… don't think I'm dead?

名前が”Cerastes"の場合、以下の文が追加される。
「……待って。どうして!?」

すみません、えっ?

「あの、あなたはリュクス博士で間違いないのよね?」

昔の名前です。

「……あなたは……うーん。確かに私たちの宇宙のリュクス博士は死んで、あなたと運命を共にしたはずなのに」

奇妙だ。
"…wait, HOW?!"

Sorry?

"I—- you're Dr. Lycus, right?"

Used to be.

"…you… huh. I'm fairly sure the Dr. Lycus in our universe died and took us with you."

Weird.

名前が"ARD"または"A Random Day”の場合、以下の文が追加される。
「月曜、火曜、何?」

すみません、えっ?

> 「ええと、あなたはランダムな日なんでしょう、1つ選んでみて」

あー、分からないですけど、[訳注: 曜日の名前がランダムで表示される]

> 「面白い」
"Monday, Tuesday, what?"

Sorry?

"Well, you're a Random day. So pick one."

Uh. I dunno. [訳注: 曜日の名前がランダムで表示される]?

"Interesting."

どうやって私が誰かなんて知ったんですか?
How do you know who I am?

「S.W.A.N.N.エンジンは色々な物を見せてくれたわ」
"The S.W.A.N.N. Engine showed us a lot."

じゃあ、これも……?
Oh. Even…?

「ええ、それも。心配しないで、みんな知ってることだから」
"Yes, even that. Don't worry, everyone does it."

「たぶん私に質問があるんじゃないかしら、[入力した名前]?」
"I imagine you have questions, [入力した名前]?"

  • 私はどうしてここにいるのですか?
  • 私は何をすれば良いのですか?
  • 2033年?
  • 私たちを殺しているのは誰ですか?
  • なぜ私はまだ生きているのですか?
  • How am I here?
  • What do I need to do?
  • 2033?
  • Who is killing us?
  • How am I still alive?

チェックポイント
Checkpoint


訳注: "How am I here?"
S.W.A.N.N.エンジンに付いてる上向き形而上漏斗が壊れて吸い込まれたのね。前にも起きたわ。危うく私とモンティが死ぬところだった。
"You got sucked down into the Upwards Metaphysical Funnel with the S.W.A.N.N. Engine broke. It happened before, damn near killed me and Monty."

つまり……えっ、私は今あなたの頭の中に縛り付けられているということですか?
So… what, I'm just stuck in your head?

「そのようね。それについてはごめんなさい。でも完全に縛られてはいないんじゃないかしら? その、推測だけど少しは動けると思う。部屋の反対側に行くくらいはできるかも」
"Looks that way. Sorry about that. But maybe not entirely stuck? Like, I imagnine you have a little mobility. Maybe enough to reach across the room."


訳注:「2033年?」から
「何がそんなに気にかかるのかしら?」
"What's so odd about that?"

ええと、ついさっき確認した限りでは今は2033年ではありません。
Well, last I checked, this isn't 2033.

「じゃあ何年なの?」
"What year is it?"

もし私がそれを口にすれば、今日がその日付になってしまう気がした。
If I said, I have a feeling I'd date this.

「じゃあ、2033年ということにしてみたら? そうしたらどうなる?」
"Well, what if it is 2033? What then?"

分かりません。
I don't know.


訳注:「私たちを殺しているのは誰ですか?」から
「正直に言うと分からない。知ってたらしなかったわよ……あなたをここに引き込むような真似」
"Honestly, I don't know. If I did, I wouldn't have… done whatever the hell I did to get you in here."

どうやって私を引き込んだのか分からないのですか?
You don't know how you got me in?

「あなたが本当にここにいるのかさえ分からないわ。第四の壁を越えることはできないはず。それなのに……」シンクレア博士は首を横に振る。「まあ、あなたはここにいる。今はそう考えることにしておきましょう」
"I'm not even sure you are in. Crossing beyond the 4th wall should be impossible. And yet…" Dr. Sinclair shakes her head. "Well, you're here now. So let's figure it out."


訳注:「なぜ私はまだ生きているのですか?」から
「私の見立てでは殺人犯はどういうわけかあなたを見失っている……だけどその一方であなたは漏斗に吸い込まれて私の中に落ちてきた。それなのに私はまだ死んでない?」
"My guess is that they somehow missed you… but on the other hand, you got pulled into the funnel and down into me. And yet you're not killing me?"

以前別の人が引きずり込まれた時、あなたたちに何が起きたか読みました。
I read what happened to you when somone got pulled in last time.


訳注:「以前に他の人が引きずり込まれた時、あなたたちに何が起きたか読みました」から
「あれは強烈よ」シンクレアは同調する。「でも私たちよりもあなたたちが死ぬことの方が多い。もう装置を使って欲しくないと思われているのはそれも理由なんでしょうね」
"It's intense," Sinclair agrees. "But it kills you more often than it kills us. That's part of the reason they don't want us using it anymore."

それなのに私をはるばる天界から呼び寄せて来たのは何故なんですか?
And yet you summoned me down from the high heavens why?

「事故よ」彼女のバツの悪そうな言い口から、あなたは彼女のことをほぼほぼ信用することにした。
"Accident." She sounds so sheepish you almost believe her.

私は何をすれば良いんですか?
What do I need to do?


訳注:「私は何をすれば良い?」から
「本当? これをどうすれば良いか、何か考えはないかしら」
"Honestly? I'm wondering if you have any idea what to do with this."

崩レルウェブサイトト共n何千人モノ死者デタ
THOUSHANDS DEAD IN CONNECTION WTTH WRITHING WEBSIT

SUBREDDIT R/SCPヲ音ズレテイタ何百人モノユーザー画像ヲミテ心臓発作ヲオkソイタ
IMAGE CAUSED SEIZUERS IN HUNDRES OF USER SV IVSINT SUBREDDIT R/SCP

画像ニハ酷ク捻レタ彫刻ガ映ッ値エタ
IMAGE SHOWED SCLUPTURE, HEAVILY DISTORETD

サイトh閉鎖サレタ
SITE SHTU DOWN

死ハ止マナライ
次ハ自分
STIL DYING
IM NEXT

オマエラノナカノヒトリ
ONE OF YOU

タクサンノナカnヒトリ
ONE OFMANY

カノンハナイ
NOCANON

ダガリ  ハアル
BUTTHE L T

前に私が記事で見たものとは違うみたいです。
It looks kind of different than it did back in the article.

「記事?」
"Article?"

私たちはこれを機密文書としてではなく記事として見ています。
We see these things as articles as opposed to classified documents.

「了解。でも違うってどこが?」
"I know. But how does it look different?"

戻って確認してくる必要があります。
I'd have to go back and check.


目の前にページがある。あなたは何をする?
The page stands before you. What do you do?

  • ページのソースを見る
  • 全体を白黒反転する
  • 著者にPMを送ることを試みる
  • コメントをチェックする
  • Look at the Page Source
  • Highlight Everything
  • Try to PM the author
  • Check the comments

訳注:「ページのソースを見る」から
なんということだ。大量のJavascriptがあって読み切る時間がない。まるで書いては消し、また書いて、また組み直してを何十回と繰り返したかのようだ。混沌そのもの。役に立つものは見つからなかった。
Holy shit that's a lot of Javascript that you have not a lot of time to go through. This thing looks like it was written, broken down, re-written, and re-assmebled a dozen times. It's chaos. Nothing useful you can see.

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


訳注:「著者にPMを送ることを試みる」から
あのイカれポンチはPMをチェックなんかしない。みんなが彼から批評依頼が返ってくるのを2018年から待ち続けている。それなのに彼はバタフライチームにいる? 正気か?
Flaky bastard never checks his PMs. People have been waiting on crit requests from him since 2018. And he's on the Butterfly Squad? Seriously?

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


訳者注: "Butterfly Squad"からジャンプ
Zynが率いる批評者のチーム。忍耐深きwikiの守護聖人。批評が必要ならば彼らの下に行くべきだろう。
The squad of critters led by one Zyn. The patron saint of patience on the wiki. They're the people you should go to if you need crit.

ただしこの作品の著者を除く。さっき言ったように、奴はイかれたポンチだ。
Except for the author of this piece. Like I said: Flaky. Bastard.

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


訳注:「コメントをチェックする」から
楽しみがなくなってしまうよ?
And ruin the fun?

いいや、本気だ。コメントをチェックする。
No, seriously, check the comments.

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


楽しみがなくなってしまうよ?
And ruin the fun?

望むところ。コメントをチェックさせろ。
Come on, let me check the comments.

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


楽しみがなくなってしまうよ?
And ruin the fun?

本当に? 殺人ミステリーのジョークループ?
Really? A joke loop, in a murder mystery?

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


楽しみがなくなってしまうよ?
And ruin the fun?

まだ続ける。
I'm going to keep at this.
訳者注: 以下、"I'm going to keep at this."を7回クリックすると次に進む。

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


楽しみがなくなってしまうよ?
And ruin the fun?

何かあるはず。
There has to be something
訳者注: 以下、"There has to be something."を15回クリックすると次に進む。

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


楽しみがなくなってしまうよ?
And ruin the fun?

忍耐は報われる。
Persistence will pay off.
訳者注: 以下、"Persistence will pay off."を25回クリックすると次に進む。

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


楽しみがなくなってしまうよ?
And ruin the fun?

近づいている……
Getting Closer…
訳者注: 以下、"Getting Closer…"を18回クリックすると次に進む。

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


オーケイ、あなたの勝ちだ。
Okay Fine You Win.

(ミステリーモードを解除!)
(Mystery mode unlocked!)
訳者注: エンディングMにたどり着くフラグ(以下、Mフラグ)が立つ。

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


訳注:「全体を白黒反転する」から

おやおや。これは何だ? この奇妙な走り書きにはあなたがこの場所に追いやられる前からおかしな空白があった。
Hello hello. What's this? Some suspicious gaps at the strange note before you got booted here.

崩レルウェブサイトト共n何千人モノ死者デタ
THOUSHANDS DEAD IN CONNECTION WTTH WRITHING WEBSIT

SUBREDDIT R/SCPヲ音ズレテイタ何百人モノユーザー画像ヲミテ心臓発作ヲオkソイタ
IMAGE CAUSED SEIZUERS IN HUNDRES OF USER SV IVSINT SUBREDDIT R/SCP

画像ニハ酷ク捻レタ彫刻ガ映ッ値エタ
IMAGE SHOWED SCLUPTURE, HEAVILY DISTORETD

サイトh閉鎖サレタ
SITE SHTU DOWN

死ハ止マナライ
次ハ自分
STIL DYING
IM NEXT

オマエラノナカノヒトリ
ONE OF YOU

タクサンノナカnヒトリ
ONE OFMANY

カノンハナイ
NOCANON

ダガ  ハアル
BUTTHE L T

最後の「ダガ  ハアル」の箇所に空白がある。透明の文字が2つ入っている。つまり、こうだ。
The gap at the end at "BUTTHE L T". It's two transparent letters. It says:

崩レルウェブサイトト共n何千人モノ死者デタ
THOUSHANDS DEAD IN CONNECTION WTTH WRITHING WEBSIT

SUBREDDIT R/SCPヲ音ズレテイタ何百人モノユーザー画像ヲミテ心臓発作ヲオkソイタ
IMAGE CAUSED SEIZUERS IN HUNDRES OF USER SV IVSINT SUBREDDIT R/SCP

画像ニハ酷ク捻レタ彫刻ガ映ッ値エタ
IMAGE SHOWED SCLUPTURE, HEAVILY DISTORETD

サイトh閉鎖サレタ
SITE SHTU DOWN

死ハ止マナライ
次ハ自分
STIL DYING
IM NEXT

オマエラノナカノヒトリ
ONE OF YOU

タクサンノナカnヒトリ
ONE OFMANY

カノンハナイ
NOCANON

ダガリストハアル
BUTTHE LIST

ギプスをした手で書いたかのように見える。つまりはそういうことだ。
This thing reads like it was written by someone with their hand in a cast. Which, it was.

やったぞ。
Gotcha.

訳者注: まだ選んでいない選択肢が表示される。


訳者注: "Gotcha."からジャンプ

手に入れました。
Got something.

「何を?」
"What?"

隠し文字があります。これはリストのことを言っているんじゃないですか?
There's hidden text. It's talking about a list?

「何のリスト?」
"What list?"

良い質問です。
Good question.

「手がかりね。あなたはまさに刑事ね、[入力した名前]
"One more clue. You're a regular gumshoe, [入力した名前]."

次へ進みましょう。
Let's move on.


シンクレア博士は部屋を出てリビングに入る。彼女の夫は読んでいた本から顔を上げ、シンクレアの方を見て叫んだ。「何者だ!?」
Dr. Sinclair moves out into the living area. Her husband turns from the book he's reading, looks at her, and yelps. "What the hell?!"

「えっ、あなたにも見えるの? モンティ、この人は[入力した名前]。この現状に終止符を打つ手伝いをしてもらっているわ」
"Oh, so you can see them? Monty, this is [入力した名前]. They're going to help me crack this once and for all."

「……たった今見られてるはずなのに僕は死んでない」モンティは立ち上がってあなたを見た。「不思議だ」
"…it's looking at me and I'm not dying." Monty stands to look at you. "Curious."

「あまり難しく考えないで」キャサリンは例の滅茶苦茶な文章のプリントアウトを持ち上げた。「私たちは、とっかかりを、見つけた! これはリストに関するものよ!」
"Don't think too hard about it." Katherine holds up the printout of the garbage text. "We. Have. A. Breakthrough! Something about a list!"

「……でもどのリストなんだ?」レイノルズは顔をしかめながら、鋭い目つきであなたを見つめた。「何かアイディアは?」
"…which one, though?" Reynolds frowns, looking pointedly up at you. "Any ideas?"

証拠ログを表示
Show Evidence Log
訳者注: 上記選択肢は、以下の「~リスト」から物語を一つ以上読み通すと表示されるようになる。

  • SCPリスト
  • Taleリスト
  • 著者リスト
  • The SCP List
  • The Tale List
  • The Author List

主張を述べる
Make Your Case
訳者注: 上記選択肢は「証拠ログを表示」を読むと表示されるようになる。

チェックポイント
Checkpoint


訳者注: “Show Evidence Log”から

これは何ですか?
What's this?

「証拠ログに相当する空想科学的構築物。あなたが考えをまとめるのに必要なものだと理解した」
"Pataphysical construct resembling an evidence log. Figured you'd need it to collect your thoughts."

ど……どうやってこんなことを?
How… how did you make it?

「メタフィクション魔法よ」
"Metafictional magic."

……なるほど。
…sure.

訳者注: ここに今まで集めた「証拠」が表示される


訳者注: “Make Your Case”から。証拠の数が足りない場合
あなたは主張を述べるには十分な証拠がないと悟った(次に進むには最低でも3つは手がかりを集める必要がある)。訳者注: 原文で証拠の数が4つになっているのはミスだと思われます(没イベントである「ジョークSCP一覧」のイベントを含めて証拠を4つとしていたものの、没にした後に修正するのを忘れたのかもしれません)
You don't think you have enough evidence to make your case. (Collect at least four clues to proceed.)

もっと証拠を集める
Collect More Evidence


訳者注: 「SCP一覧」から
しばらく後……
Some Time Later…

あなたは6つ全てのSCPシリーズを引っ張り出し、キャサリンとモンゴメリーの下に持って行った。2人の精神を壊さずに機能している理由は分からなかった、
You pull up the SCP Series― all six of them now― and bring them up alongside Katherine and Montgomery. How it works without breaking their minds is beyond them.

「オーケイ」モンティは指を鳴らした。「見てみよう」
"Okay." Monty cracks his knuckles. "Let's take a look."

彼らの世界にあるSCPシリーズは大半に取り消し線が引かれていた。5500-オメガの死によって消滅したものだ。多くの人が死んでしまったという事実に身を引き締めさせられる。
The SCP series within their universe are largely crossed out― the ones that have been eliminated by the death of the 5500-Omegas, you'd guess. It's sobering, to think so many people have died.

シンクレアはファイルに目を通していた。あなたは彼女の肩越しにそれを覗き見る。
Sinclair looks over a folder. You manage to peek over her shoulder to read it.


それは財団職員の死のリストだった。
It’s a list of deaths among Foundation personnel.

  • バルサザー博士 死去: 2033年。死因: 一面に極めて鋭利なおもちゃの風車が並んでいた場所での転倒。
  • ニレス・ヘッセン博士 死去: 2033年。死因: 士気向上を目的としたいたずら戦争の最中、同僚職員の顔に下品な言葉を書いた後に消滅。
  • N・A・E・ファエル博士 死去(推定): 2033年。死因: 故郷の歯磨き粉工場の装置の下で潰れているところを発見。
  • Dr. Balthazaar. Deceased: 2033. COD: Tripping into a field of razor-sharp pinwheel toys.
  • Dr. Niles Hesssen. Presumed Deceased: 2033. COD: Vanished in the middle of a prank war meant to increase morale, after writing vulgar messages on the face of a fellow member of personnel.
  • Dr. N.A.E. Fael. Presumed Decased: 2033. COD: Found crushed beneath equipment in a toothpaste factory in their home town.

サイトの著者のハンドルネームに似た名前がある。考えたくはないが、著者が死んだことで彼らが死ぬことがあるか、あるいはその逆なのだろう。あなたは「その逆」についてあまり考えないようにした。
Some of them have names similar to the handles of authors for the site. That's a grim thought, to think that the authors dying could result in their deaths, or vice-versa. You try not to think about the vice-versa too hard.

あなたはリストに立ち戻った。
You turn back to the list.

  • シリーズ1
  • シリーズ2
  • シリーズ3
  • シリーズ4
  • シリーズ5
  • シリーズ6
  • Series 1
  • Series 2
  • Series 3
  • Series 4
  • Series 5
  • Series 6

ちょっと待てよ。
Hold on a second.
訳者注: "Hold on a second."という選択肢は、上記の「シリーズX」を3つ選択すると表示されるようになる。


訳者注: 「シリーズ1」から

ほとんど大体同じに見えますね。
It looks pretty much the same.

「うん」シンクレアは眉をひそめる。「大半がシンプルだけど、あまりにも必要以上に研究されすぎている」
"Yeah." Sinclair furrows her brow. "A lot of them are simple, but they get way more study than they need."

「ナンバーがこんなに小さいなんてありえるか?」レイノルズは顔をしかめる「つまり正直に言ってね、173から目を離したらどうなるかは誰でも分かるけどさ、SCP-3249から目を離したときにどうなるかなんてパッと思い浮かばないだろう。賭けても良いが」
"Could be the fact that their numbers are so small?" Reynolds frowns. "I mean, honestly, anyone can tell you what 173 is without looking, but tell me, off the top of your head, what SCP-3249 is without looking and I will eat my hat."

「ジョアンのことはまず脇に置いておきなさい」
"You'll have to tear it away from Joan first."

ジョアン?
Joan?


「僕たちの娘だ。彼女はヨーロッパに祖母、つまりキャサリンの母親と住んでいる」
"Our daughter. She's in Europe, with her grandmother― Katherines' mother."

「私たちは……ジョアンを産んだ後に結婚したの」シンクレアは咳払いをする。「財団でちょっとした騒ぎになった」
"We… got married after we had her." Sinclair coughs. "Was a bit of a kerfuffle in the Foundation."

……あなたたちは世界の終わりと戦っていて、財団は結婚なしに子供を持つことを認めなかったということですか?
…you're battling the end of the world and they can't stand you having a child without being married?

「官僚主義的なシステムがあってね。そんなことがあってジャック- つまりブライト博士と会った。彼は滞りなく書類仕事をするのを手伝ってくれたんだ」
"There's this whole bureaucratic system. It's how I met Jack― that is, Dr. Bright. He helped us get all of our paperwork in order."

本当に?
Really?

本当よ
“Year”

訳者注:「シリーズX」からまだ見ていないものが表示される


訳者注: 「シリーズ2」から
1000から
1000 to

キャサリンはしかめつらをした。「これはほとんど無傷に見えるわ。それでも結構穴だらけ。残ってる記事に規則性はないようね」
Katherine grimaces. "This looks mostly intact, too. But there are plenty of holes in it. And some of them that stay behind are just random."
訳者注: Mフラグが立っている場合、以下の一文が追加される。
どうして1400番台はほとんど全滅なのに1471は無事なの?
Why is 1471 saved but almost nothing else in the 1400s?"

「番号が大きくなるほど研究が少なくなっている。回文か、末尾が000になっているような番号でもない限りね」レイノルズは内頬を吸った。「これは君のせいかもしれない」
"The higher they get, the less-studied they are, unless it's an number that's a palindrome, ending with an 000, or something like that." Reynolds chews his cheek. "It might be your fault."

私のせいですか!?
My Fault?!

「5500-オメガとしてのあなたね」シンクレアは咳払いをした。
"You as in the 5500-Omegas." Sinclair clears her throat.

うーん。
Huh.

シンクレアがピックアップしたと思しきものがあった。
There's some ones that Sinclair seems to be focusing on.

SCP-1111: ホワイト・ドッグ
SCP-1124: 異星からの厄災
SCP-1247: ラブーフが視える男
SCP-1284: メグの晩餐
SCP-1483: 第三南極帝国
SCP-1659: 理事会K
SCP-1728: バターまみれの首なし盗賊
SCP-1800: ミノタウロス
SCP-1913: 猛るモノ達
SCP-1111: A White Dog
SCP-1124: Xenoplague
SCP-1247: LaBeouf Viewer
SCP-1284: Meg's Diner
SCP-1483: The Third Antarctic Empire
SCP-1659: Directorate K
SCP-1728: Buttery Decapitated Highwayman
SCP-1800: The Minotaur
SCP-1913: The Furies

訳者注:「シリーズX」からまだ見ていないものが表示される


訳者注: 「シリーズ3」から
私の知る限り、SCP-2000は財団が− あなたたちの側の財団が− 飛躍的に成長し始めた頃にできました。このマイルストーンをきっかけに、全てが巻き起こったんです。
"As near as we can tell, SCP-2000 is when the Foundation― your version of it― started growing exponentially. Something clicked during this milestone and just made everything blow up."

「1000がそうなってもおかしくなさそうなもんだが」モンティは少し背伸びをした。
"Thought that would have been 1000." Monty stretches slightly.

Youtubeが後押しになっていた気がします。
I have a feeling Youtube may have helped with that.

「Youtube」シンクレアは白目をむいた。「アレを超える社会の癌なんて、仮にあったとしても聞いたことないわ」
"Youtube." Sinclair rolls her eyes. "If there was ever a cancer upon society greater than Youtube, I've not heard of it.”

そんなに悪いものでもありませんよ。
It’s not all bad.

「コメント欄を見たことがないの?」
"Ever look in the comments section?”

お決まりの返答ですよ。知ってるでしょう。
That’s a cliche response and you know it.

「ただのお決まりの返答なんでしょうね」
"It's only cliche if it's untrue."

モンティはSCPをいくつかピックアップした。
Monty focuses on some SCPs.

訳者注:「シリーズX」からまだ見ていないものが表示される


訳者注: 「シリーズ4」から
シンクレアは鼻をピクリとさせ、あなたのリストに目を通した。「なんで……なんでこんなに長いの?」
Sinclair wrinkles her nose as she looks over your version of the list. "Why… why are so many of them so long?"

補遺、実験記録、探査記録とかそういったのがありますので。
Addendums, testing logs, exploration logs, that kind of thing.

「それでこんなにバックストーリー的な文書が? なんでこうー 分からないけど、リンクを他のページに貼る必要があるんだ? 無駄に壮大だし、何十も補遺がついているのもある。それが何の役に立つ?」
"So just a bunch of contextual documentation? ? Why not just― I don't know, have links to other pages on the file? It's fucking overwhelming, the dozens of addenda some of these have. And what purpose do they serve?"

長いのが好きな人もいるんです。
Some people like it long.

モンティは飲んでいたソーダの上で捲し立てた。シンクレアは白目をむき、いくつか選んだSCPを読み通した。
Monty sputters on the soda he'd been drinking. Sinclair rolls her eyes and looks over a few choice SCPs.

SCP-3043: 私立探偵マーフィー・ロゥ ― 3043は殺しのタイプ
SCP-3118: 昼飯銃
SCP-3250: ジーザス・フライドチキン
SCP-3355: 聖ニック
SCP-3689: 伝説の深淵サンドイッチ
SCP-3753: ティーK.O.
SCP-3950: フル・スロットル・アホロートル
SCP-3043: Murphy Law in… Type 3043― FOR MURDER!
SCP-3118: Lunch Gun
SCP-3250: Jesus Fried Chicken
SCP-3355: St. Nick
SCP-3689: Legendary Sandwich of the Deep
SCP-3753: TEA-K.O.
SCP-3950: FULL THROTTLE AXOLOTL

訳者注:「シリーズX」からまだ見ていないものが表示される


訳者注: 「シリーズ5」から

レイノルズはリストに目を通した。「5000個だと。4000台もほとんど終わってるじゃないか。 アイディアが尽きたりはしないのか?」
Reynolds looks over the list. "Five-thousand of them, Christ. Most of the 4000s are gone over here. Don't you ever run out of ideas?"

かなり頻繁に。最近はメタフィクションの記事も飽きられてます。
Quite frequently. People are going to get sick of metafictional articles really soon.

「この点についてはマーフィー・ロゥに賛成ね」シンクレアはため息を吐く。「メタフィクションのキャラクターはどいつも好きじゃないわ。非難するつもりはないけど」
"I have to agree with Murphy Law on this." Sinclair sighed. "I never metafictional character I liked. No offense meant."

何も得るものはありませんね。我々も飽き飽きです。ここのコメントでもハッキリ言われてる通りです。
None taken. We're sick of it, too. As the commments on this are clear to point out.

「コメント?」
“Comments?"

なんでもないです。
Nevermind.
訳者注:「シリーズX」からまだ見ていないものが表示される


訳者注: 「シリーズ6」から

「ねえ何もないじゃない!」シンクレアは両手を挙げた。
"And there's freakin' nothing here!" Sinclair throws up her arms.

ええと、今はSCP-5000コンテストの真っ最中です。何があると思いました? まだ時期尚早ですよ。
I mean, the SCP-5000 contest just wrapped up, what do you expect? Early days, still.

「知らないわよ」彼女はため息をつく。「私はもう55歳なの。 歳を取りすぎたわ」
"I don't know." She sighs."I'm fifty-five years old. Too damn old for this shit."

訳者注:「シリーズX」からまだ見ていないものが表示される


訳者注: 「ちょっと待てよ」から
「何だ?」モンティがあなたの方を見て目をパチクリさせた。
"What is it?" Monty blinks at you.

1つ思い付きました
"I just had a thought."

  • 時間の経過とともにシリーズの人気は落ちている。訳者注: ルートAに+1点
  • The series are getting less popular as time goes on.
  • SCPを読んでいる者全てが執筆しているわけではない。訳者注: ルートBに+1点
  • Not everyone that reads the Foundation writes for it.
  • シリーズが進むにつれてメタフィクションが増えている。訳者注: ルートCに+1点
  • There's been more metafiction as the series go on.

訳者注: 「The series are getting less popular as time goes on.」から

「つまり?」モンティが尋ねる。
"So?" Monty asks.

つまり、シリーズの人気が落ちていったということは、誰かがウェブサイトに注目を集めたがっていた可能性があるということです。
So, less popular series means that someone may be wanting to draw attention to the website.

「そのために……著者を殺したと」シンクレアは顔をしかめる。「納得できない」
"By… killing the authors." Sinclair frowns. "That doesn't track with me."

「もっと大勢の人間を殺害するために注目を集めたかった可能性はあるな」モンティは首を横に振る、「だが人が死んだとなれば怖がって離れてしまうだけだろう」
"It could be that they're wanting to draw more attention to it to get more people to kill." Monty shakes his head. "But people would just be scared away by all the deaths."

「確証は薄いけど、思いつく限りではこれが最善かもしれない」シンクレアは指を鳴らしたー 50台とは思えないほどに活発だ。「次に進みましょう」
"It's flimsy, but it may be the best we get." Sinclair cracks her knuckles― they're surprisingly spry for someone in her fifties. "Let's move on.”

手がかりを入手した
Clue Obtained

訳者注: 「証拠ログ」に以下の文が表示されるようになる
SCP財団は人気が落ちており、殺人者は人気を高めようとしている。
SCP Foundation is getting less popular, killer may be attempting to drum up support.
訳者注: 最終シーンに以下の「証拠」が提示されるようになる
SCPシリーズの人気が時間の経過とともに落ちていることから、首謀者が何らかの理由でサイトに注意を引こうとしていると結論付けた。
the SCP series are getting less popular as time goes on, leading me to conclude that the malefactor is attempting to draw attention to the website for some reason..


訳者注: 「Not everyone that reads the Foundation writes for it.」から
「……どれくらい読んでいる人がいるの?」シンクレアが唾を飲む。
"…how many people read it?" Sinclair swallows.

YoutubeとかDiscordとかRedditも含めて? ……100万人以上でしょうか。
Between the people from Youtube, Discord, Reddit? …over a million.

「ジーザス・H・クライスト」モンティが振り向いて首を横に振った。「100万人?」
"Jesus H. Chris." Monty turns arond and shakes his head. “Millions?"

訳者注: Mフラグが立っている場合は"Jesus H. Chris.”が以下のように変化する。
「ハッピー・H・クリスマス」
"Happy H. Christmas."

アメリカだけで。
In the US Alone.

「……道理で古株の人間が死んでないわけよ!」シンクレアが叫ぶ。「かー 彼らは読者の認識の中で生き続けているんだわ。著者だけじゃない!」
"…that's why the older ones aren't going away!" Sincalir exclaims. "They― they're being kept alive in the percpetion of the readers, not just the authors!"

つまり……殺し屋が著者を始末し切ったら次は読者を殺すということですか?
So… what, after our gunman runs out of authors, he's going to kill the readers?

訳者中: 既にTaleリストの選択にて「著者のアバターは死んでいない。」を選んでいた場合、以下の文が追加される。
予想通り著者のアバターが殺人犯なら、読者が殺人犯を生き残らせている唯一の存在なのかもしれません。
If it's an author avatar like we think, it may be the only thing keeping them alive.

「……もう始めているかも」シンクレアは青ざめた。「あなたを呼ぶ前から3000個の宇宙が滅びてる」
"…they may have already started." Sinclair blanches. "Three-thousand universes died a while before I summoned you."

知ってますよ。もう読みました。
I know. I read it.

「クソッ」レイノルズは眉を擦った。「クソッ」
"Shit." Reynolds rubs his brow. "Shit."

「ここから分かることはもうないと思うわ」
"I think we have all we can get from here."

訳者注: 「証拠ログ」に以下の文が表示されるようになる
著者と同様に読者も財団宇宙を形成しており、殺人者は次に読者を殺す可能性がある。
Readers shape the Foundation universe as much as the authors do, murderer may go after them next.
訳者注: 最終シーンに以下の「証拠」が提示されるようになる
SCPを読む人間の全員がそれを執筆している訳ではないという事実は首謀者が著者を殺し終えた後に読者をターゲットにするかもしれないことを意味している。
Not all who read the Foundation write for it, meaning that the malefactor could target the readers after they're done with the author base..


訳者注: 「There's been more metafiction as the series go on.」から

「それで?」キャサリンは顔をしかめる。
"And?" Katherine frowns.

殺人者がこんなことができるようになった一因かもしれません。狂ったようにメタ記事を執筆することであちらとこちらの世界の間にある壁を薄くしてしまったんです。
And I think that might be part of the reason why the killer's been able to do this. We've been weakening the wall between our reality and yours by writing meta articles like crazy.

「納得だ」モンティは顔をしかめる。「悪くないアイディアだー 筋は通っている。あと必要なのは目的と機会だ」
"They have a point." Monty frowns. "Not a bad idea― there's the means. Now we just need the motive and opportunity."

シンクレアは頷き、コーヒーを注いだ。「SCPリストはもう調べ尽くしたと思うわ。次は?」
Sinclair nods and pours herself a coffee. "I think we're done with the SCP list. What next?"

手がかりを入手した
Clue Obtained

訳者注: 「証拠ログ」に以下の文が表示されるようになる
メタフィクション記事の数が増えたことで財団世界と現実世界の境界が綻びてしまった可能性がある。
Increased amounts of metafictional articles may have led to a weakening boundry between the Foundation and the real world.
訳者注: 最終シーンに以下の「証拠」が提示されるようになる
SCP財団が成長するにつれてメタフィクション記事の登場機会が増えていった……
there has been a greater occurrence of metafictional articles as the SCP Foundation has grown..


訳者注: 「Tale一覧」から
あなたたちの宇宙にTaleの一覧がないってどういうことですか?
What do you mean you don't have a tale list in your universe?

「あのねえ、散文体でインシデントを記録しておくのは贔屓目に言っても……非効率じゃない?」
"I mean that cataloging incidents like that in the form of written prose would be… inefficient, at best?"

確かに、ではもう手詰まりということですか?
So, what, we have a dead end here?

「いや、可能性はある」モンティは唇を噛んだ、「だが……君が歓迎されないかもしれない場所に行く必要がある」
"Maybe not." Monty chews his lip. "But… it does involve going somewhere you may not be welcome."

どこですか?
Where?

「放浪者の図書館だ」モンティは咳払いをする。「ここには……"道"がある」
"The Wanderer's Library." Monty coughs. "We… have a Way in here."

訳者注: Mフラグが立っている場合、以下のような会話に変更される。
ウィニー・ハット・ジュニア?
Weenie Hut Junior?

「えっ? いや、いや、一体どこだいそれは? 違うよ、僕たちが行こうとしているのは図書館だ」モンティは咳払いをする。「ここには……”道"がある」
"What? No. No, what on earth even is that? No, we're going to the Library. Monty coughs. "We… have a Way in here."

個人の宿舎にですか? 冗談ではなく?
In your personal quarters? Are you nuts?

「許可はもらってる」シンクレアは立ち上がり、テレビ台の方へと向かった。「あなたみたいな空想科学的存在が宇宙の境界を通っても大丈夫かまでは分からないけど……」
"It's been approved." Sinclair stands, and makes her way over to the television set. "Not sure how well you'll cross universal boundaries as a pataphysical being, but…"

彼女はテレビのチャンネルを3に切り替えた。イギリスに生命が存在する可能性について放映されていた。ぞっとしない話だ。何かが起きる間も無く扉をノックする音がなった。
She switches the television to Channel 3. Something's playing about the possibilty of life in the United Kingdom. That's grim. Before anything else can happen, there's a knock on the door.

シンクレアが立ち上がって応対した。
Sinclair gets up to answer it.


扉の前にいたのは20代ほどの女性だった。ひどく疲れているようで、おかしな姿勢を取っていた。片腕には満杯のファイルを抱えている。2人はよく見知った仲のようだが、中央にルビーが付いた大きな金のメダリオンが胸元にあるのを見てようやく合点がいった。
Standing at the door is a woman who seems to be in her twenties. She carries herself oddly, like she's incredibly tired. In one arm is an over-stuffed folder. They seem familiar, but it's not until you see the large gold medallion with a ruby in its center on their chest that you put two and two together.

「ジャック」キャサリンは頷く。「新しい体?」
"Jack." Katherine nods. "New body?"

彼女は首を横に振った。「1ヶ月前に手に入れたものだ」
She shakes her head. "Had it for about a month now."

キャサリンはファイルの方を見た。「それが頼んだファイル?」
Katherine looks at the folder. "Those the files I asked for?"

「そうだ」その女性- あなたはブライト博士であることにたった今気づいた- がファイルを手渡す。「直近6週間の犠牲者報告だ」
"Yep." The woman― Dr. Bright, you now realize― hands over the folder. "Casualty reports from the last six weeks."

「死因は?」シンクレアは尋ねる。
"CODs?" Sinclair asks.

「私の知る限りで良いか? 空飛ぶハムによる殺される、決してカモメではない鳥 (しかしながらそれが何であるかは不明) につつかれ死亡、豚のお面を付けた奴に首をはねられる、Minecraftのプレイ中に心臓発作……これはオメガどもだな」ブライトは首を横に振った。「現実を受け止められない博士もいる」
"As far as we can tell? Killed by a flying ham, pecked to death by a pack of birds that were definitely not seagulls (but we can't figure out what they were), decapitated by someone wearing a pig mask, seizure while playing Minecraft… and that's just the Omegas." Bright shakes her head. "Some of the doctors haven't been taking it well."

シンクレアは頷く。「分かった。読んでみる。お茶でもいかがかしら?」
Sinclair nods. "Right. I'll look this over. Want to come in for some tea?"

「それはできない。まだエンジンのメンテナンスをしてもらってるところ− 」
ブライトは黙り込んで部屋の中を見渡し、あなたを見るとまず目を見開き、さらに目を細めて見つめてきた。
"Can't. They're still doing some maintenance on the engine—”
They pause, and look into the room, right at you, eyes wide at first, then narrowing into a deadly glare.

うむ……
Um…


何か問題がありますか?
Is there an issue?

ブライトは首を横に振った。「いやその、シンクレアのリビングに超過現実実体がいるんだろう。どうして問題があるなんて?」ブライトは笑う。「すまないが……こっちの方を……見てくれないか? なあ?」目が引きつっていた。「ひょっとしたら……私の気分が悪くなるかもしれない」
Bright shakes their head. "I mean, there's a hyperreal entity in Sinclair's living room. Why would there be an issue?" They laugh. "Sorry, but… could you… not look at me? Please?" Their eye twitches. "I… feel like I might be ill."

「オーケイ、ジャック。エンジンの仕事に戻って」シンクレアは素早く扉を閉めてため息を吐いた。
"It's okay, Jack. Go work on the engine." Sinclair quickly closes the door and sighs.

あれは何だったんですか?
What was that about?

「ブライトは……えっと、より正確に言うと大勢存在するブライトは……あなたみたいな存在に対して奇妙な反応を起こすの。超過現実性が彼らに流れ込んでいく。ちょうどあのリストと関連があるかのような形で……ちょっと待っていて」
"Bright… well, I should say, Brights, plural, there are a lot of them, react oddly to… your kind. Your hyperreality imposes itself upon them in a way that may be connected to… one moment."

シンクレアはリストを手に取った。
Sinclair pulls up a list.


それは『ブライト博士が財団で二度としてはいけないことの公式リスト』と題された文書であった。あなたはそれに目を通した。面白いものもあった。白目を剥くものもあった。気分の悪くなるものもあった。
It's a document entitled The Things Dr. Bright Is Not Allowed To Do At the Foundation. You look it over. Some of it is funny. Some of it makes you roll your eyes. Some of it is disgusting.

「私たちの知る限り、これはあなたたちの宇宙でジョークとして作られたもの」シンクレアはため息を吐く。「でも……えっと、ブライトはあなたたちを見ると、それに反発するような影響を受けて、リストそのものが彼らに流れ込み始めるの。私たちのブライトがエンジンを作った理由の一つなんだと思う− 自分に対応する5500-オメガを殺すために」
"It was created as as joke in your universe, as far as we can tell." Sinclair sighs. "But… well, when a Bright sees one of you, they're so aversely affected by it that it starts imposing itself upon them. We think that's part of the reason why our Bright used the engine― to kill his corresponding 5500-Omega."

すみません。あなたたちのブライト? ではあれは誰ですか?
Sorry, Your Bright? Then who was that?

「多元宇宙のブライト博士の数は他のどの財団職員よりも多いんだ」レイノルズは説明する。「だから、僕たちは他所の宇宙から彼を1人連れてきた」彼は咳払いをする。「キャサリン、"道"はどうだ? 僕たちはもうかなり時間を無駄にしてしまったようだ」
"There are more Dr. Brights across the multiverse than any other member of Foundation personnel," Reynolds explains. "We imported one from another universe." He clears his throat. "Katherine, the Way? We've wasted enough time."

彼女が頷く。
She nods.

その時、シンクレアはテレビに向かって卑猥な言葉を投げかけ始めた。
It's then that Sinclair starts hurling obscenities at the television.


訳者注: "It's then that Sinclair starts hurling obscenities at the television."から

これは。とんでもなく卑猥だ。おそらくルール違反だ。どう控えめに言っても#site19からBANされるだろう。それだけじゃない。これは5言語だ。墓の下でジョージ・カーリンが笑っている。マザーテレサが憤慨している。モンティはもう10回は聞いたという顔だ。
It is. Incredibly vulgar. Probably illegal. At the very least, it'd get her banned from #site19. Not only that, but it's in five different languages. George Carlin laughs from within his grave. Mother Teresa spins in hers. Monty looks like he's seen this a dozen times.

「……スパチュラで!」と彼女が締めくくると、あるものが宙に浮いた。あなたはそれが純正品のN64のコントローラーであることに気付いた。彼女はコードを持って2、3回それを振り回すと、テレビに放り投げた。
"…WITH A SPATULA!" is how she ends it, before picking up what you realize is a genuine N64 controller. She spins it by its cord a few times, before hurling it at the television.

テレビが部屋を包み込んだ。
The television engulfs the room.

そしてあなたはその中に……
And You're In…


読書室。
The Reading Room.

言葉に尽くせない有り様だ。
Words can't do it justice.

図書館の読書室は著者の死によって荒れ放題になっていた。何マイルにもわたって本棚が倒れている。司書はかろうじて動いてはいる状態。1、2個の空になった本棚のほこりを取ろうとする司書たちがいた。ハリーポッターを読むのに夢中な者もいた。
The Reading Room of the Library has fallen into disrepair among the deaths of the authors. Miles worth of shelves have collapsed. The Librarians are barely mobile husks. Some of them attempt to dust an empty shelf or two. One of them has resorted to trying to find entertainment in Harry Potter.

その時、彼らは突然活気付き、あなた、シンクレア、レイノルズの方を見た。彼らは大急ぎで本棚の中に隠れ、消えてしまった。
And then, they all spring to life, to stare at you, Sinclair, and Reynolds. They scurry into the selves, and are gone.

「手伝ってもらうには骨が折れそう」
"So much for getting assistance."

あなたはシンクレアの方から少し目を背ける。どういうわけか彼女は完全に落ち着き払っている様子であった。彼女が日めくりカレンダーを持ってイエスの母親にいかがわしい真似をするよう命令していた頃から5秒と経っていない。
You back away a little from Sinclair. Somehow, she seems perfectly calm despite the fact that, not five seconds ago, she was telling Jesus's mother to do unsavory things with a Word-of-the-Day calendar.

わー 私たちは実際何を探しているんでしょう?
W-what are we looking for, exactly?


放浪者の図書館。広大な異次元空間であり、一部の宇宙より大きい。知識の宝庫であり、ボルクヴァルトの修理法からルシファーの召喚方法まであらゆる種類の本を収めている。後者についてはルシファーは極めて巨大な蛇であり、召喚すればおそらくあなたの惑星が完全に押し潰されることになるのでお薦めしないが。
The Wanderer's Library. It's a vast, extradimensional space, bigger than some universes. It's full of knowledge, with books on everything from repairing Borgwards to summoning Lucifer themselves. The latter is not advised, due to the fact that they are a very large serpent that will probably crush your whole planet if they're summoned.
訳者注: Mフラグが立っている場合、"serpent / 蛇"が"Danger noodle / 危険ヌードル”に置換される。

もう十分。
Well then.


シンクレアはあなたの方を見る。「図書館には全ての宇宙につき1冊ずつ本がある。運が良ければ、私たちの宇宙の分はまだ借りられてないはず」
Sinclair looks at you. " Every universe has a book in the library. If we're lucky, ours hasn't been checked out yet.”

訳者注: 名前はIhpの場合、「You're already familiar with this, I'm sure. / あなたはもうとっくに知ってるでしょうけど、」というフレーズが追加される。

全ての宇宙につき……1冊ずつ?
Every universe… has a book?

「全てではなかったわ」彼女は歩みを進める。「空想科学性を持たない宇宙は例外だから。そういった宇宙は幸運だし、大体は被害を受けてない。空想科学性の影響を受けている宇宙には高確率で財団が存在する」
"Not every universe." She walks on."Some universes don't have pataphysics apply to them. They're the lucky ones, and they've largely been spared. The ones that //are //affected by Pataphysics usually have a Foundation in them."

モンティは天井を見やった。大きな時計が26時36分のチャイムを鳴らした。「ああもう、レムリア時間をコペルニクス時間に換算する時ってどうすれば良いんだっけ?」モンゴメリーが白衣の下を弄って懐中時計を取り出したちょうどその時、彼が旧式のリボルバーを持っていることに気付いた― 見たところコルトのようだ。
Monty looks at the ceiling of the library, where a grand clock chimes two fifths past twenty-seven. "Blast it, what's Lemurian time convert to in Copernican?" Montgomery checks under his coat retrieving a pocket watch, and it's then that you see he has an old-style revolver under there― a Colt, by the look of it.

「少し1人で見て回れないかなって思ってるんじゃない?」シンクレアは尋ねる。「周囲を捜索して、中身を読んでみたくなっているんじゃないかしら」
"Think you can detatch yourself for a bit?" Sinclair asks. "I imagine you'll want to look around, get acquainted some."

周囲を捜索する
モンティとキャットに同行する
Look Around
Go with Monty and Kat


訳者注: "Look Around"から
完全に実体がある訳ではないにも関わらず (そもそもあなたに完全な実体というものがあればの話だが)、あなたは読書室を見渡すことができた。本棚は大半が空っぽである。度重なる現実不全は多元宇宙のあらゆる知識の中心地にも影響を及ぼす。興味を引くタイトルの本がいくつかある。あなたはどれを読む?
Despite being not entirely corporeal (if you're corporeal at all), you're able to look around the reading room some. The shelves are largely empty― a series of reality failures will do that to the center of all knowledge in the multiverse. Some of the books seem to have interesting titles. Which do you look at?

肉との第二次戦争に関する報告
十月の男
読んでいる間エルドリッチ語で叫び続ける本
資本主義での冒険2: ブルジョワジー・ブーガルー
An Account of the Second War of the Flesh
The Man Who Was October
The Book that Screams in an Eldritch Tongue When You Look At It
Adventures in Capitalism 2: Bourgeois Boogaloo

訳者注: Mフラグが立っている場合、以下の選択肢が追加される。
隠しエンディングのためにこれを読む!
Read This To Get The Secret Ending!


訳者注: "An Account of the Second War of the Flesh"から
この本は未完か、最後の10分の9が抜け落ちていた。分かった限りでは、この本には「壊れた神の教会」と「サーキック・カルト」、肉として知られるとある実体との争いについて書かれているらしい。どのようにその戦いが終わったのかは分からなかった。
It's either unfinished or the last 9/10ths of the book have been ripped out. From what you can tell, it appears to be about a conflict between the Church of the Broken God, the Sarkic Cults, and an entity known as The Flesh. You can't tell how it ends.


訳者注: "The Man Who Was October"から
G・K・チェスタトンが書いた『木曜の男』の続編らしいが、ただ1つ妙な点がある。著者がトマス・ピンチョンであるということだ。うーむ。
It appears to be a sequel to The Man Who Was Thursday by G.K. Chesterton, only there's one problem with that: it's written by Thomas Pynchon. Huh.

訳者注: 名前がProcyonLotorの時は以下の文章が追加される。
あなたは棚からその本を取ると、パラパラと中身をめくってみた。まあそこそこ良い感じだ。
> You take it off the shelf and spend some time flipping thorugh it. It's not half-bad.


訳者注: "The Book that Screams in an Eldritch Tongue When You Look At It"から
本を手に取ると同時に四肢が震えた。心の中に粘っこい声が聞こえてくる。
Whatever appendage you have trembles as you pick up the book. You hear a slimy voice in your mind.

知識を求めてきたのか? 本は尋ねる。
COME YOU TO SEEK KNOWLEDGE? it asks.

まあ……そうですかね?
I… suppose?

口の下品な者と共にいるな?
YOU ARE WITH THE FOUL-MOUTHED ONE?

はい?
Yes?

罰金をスウェアジャー(※1)に入れて帰りな。カバーが閉じ、近くの机にあるコインの入った瓶の方に注意を向けさせる。私は口汚い輩には知識を与えないのでね。
COME BACK WHEN SHE PAYS HER FINE IN THE SWEAR JAR. The covers jostle and it nudges itself at a jar of coins on a nearby desk. I DON'T GIVE MY KNOWLEDGE TO THOSE WITH A DIRTY MOUTH.

本はあなたの手から滑るように飛び出し、本棚に戻った。少し喉が詰まった。
The book slides out of your appendage and back onto the shelf. You gag a little.

(※1) 訳注: 家庭内で罵言を戒めるために置かれる、下品な言葉を使うたびに罰金を入れるための瓶。


訳者注: "Adventures in Capitalism 2: Bourgeois Boogaloo"から
あなたは後ろから読み始めた。
You read the back of the book first.

好評だった『資本主義での真の冒険』の続編。イザベル・ワンダーテインメントとその壮絶に有能な助手エマが最大の脅威ワンダーテインメント・イェット博士に立ち向かう。ブルジョワジー・ブーガルーの異名を持つドレッド・ダンスで!
A Sequel to the acclaimed The Real Adventures in Capitalism has Isabel Wondertainment and her Exceedingly Competent Assistant Emma take on the greatest threat Dr. Wondertainment Yet: The Dreaded Dance known as the Bourgeois Boogaloo!

これは……とても良さそうには見えない。誰かがオリジナルの著者の許可を得ずに書いたようだ。イザベルが緋色の王と結婚したと描写しているのは……ダメだろう。
It… doesn't look great. Like someone wrote it without the original author's permission. It portrays Isabel as married to the Scarlet King, which is just… wrong.

訳者注: 名前がDjoricの時は以下の文に置き換えられる。
でもどうして? これは完全に1つの物語だ。あなたは世界を救うイザベルと一緒にこれを書きさえした。誰かが……
Why, though? It's a complete story. You even wrote it with Isabel saving the world. Some people…

あなたは火の付いていない火鉢の近くにこっそりと本を置き、誰かが鉢に着火した時に本を見付けないことを祈った。
You surreptitiously place the book in a nearby unlit brazier, and hope that nobody notices it when they light it.


訳者注: "Go with Monty and Kat"から
あなたは本から自身を引き離し、キャットとモンティの方へ向かった。少々進むと、あなたたち3人はほとんど無傷と思しき区画へとたどり着いた。象をも潰せそうなほど大きな本棚の本があった- しかしシンクレアはそれをただのちょっと重い辞書くらいの様子で引っ張り出して見せた。ものの数秒で、本は少々重い程度の辞書と違わぬ外見になっていた。
You pull yourself away from the books and make your way towards Kat and Monty. After a bit of travel, the three of you come up to a section of the Library that looks mostly intact. There are tomes on the shelf that are big enough to crush an elephant― but Sinclair manages to pull one off as if it were simply a slightly heavy dictionary. And in a few seconds, that's exactly what it looks like.

「幻覚よ」シンクレアは唇を噛み、あなたの方を見た。「ええと、あなたは空想科学実体でしょう。どこから手を付ける?」
"Trippy." Sinclair chews her lip, looking up at you. "Well, you're the pataphysical entity. Where do we start?"

  • S & Cプラスチック
  • プロジェクト・クロスオーバー
  • 239-B クレフ-コンドラキ
  • そして私は神に求めた
  • ボトルディック
  • S & C Plastics
  • Project Crossover
  • 239-B Clef-Kondraki
  • Et Tam Deum Petivi
  • Bottle Dicks

訳者注: "S & C Plastics"から
2人は奇妙そうにあなたの方を向き、部屋の第四の壁の方を見て回り、やがて彼らの目線は1点に固定された。
The pair of them look oddly at you, then at the four walls in the room, their gaze eventually staying fixed on one of them.

どうしました?
What?

シンクレアはページをざっと読み通した「……これは……私たちの人生じゃない。モンティ、見て、これは私が初めてあなたにあった時、これは私が火を付けた時、これは-」彼女は本をぴしゃりと閉じた。「ダメ」
Sinclair skims the pages. "…this is… our lives. Monty, look, here's where I first met you, and that's when I caught fire, and then―" She slams the book shut. "Nope."

ダメ?
Nope?

「自分たちの人生について読んでしまうのは不味いと思う」モンティは身震いする。「じゃあ……適当に開いてくれ」
"It's probably a bad idea to read about our own lives." Monty shivers. "Just… open it at random."

シンクレアは前の方のページを適当に開き、『クールな戦争』と題されたページに行き着いた。
Sinclair opens the book to somewhere towards the front, eventually landing on a page entitled 'The Cool War'.

「よし、見てみましょう。一体何が書いてあ-」ページは次のような言葉で始まっていた。
"Okay, let's see, what do we have―" The page opens to the words:

ウヒョーじさちゅしろ
"wowee go read it ursefl"

「……大丈夫、これからだ」
"…nevermind then."


訳者注: "Project Crossover"から
キャサリンは本に目を通し、その言葉に目を見開いた。「……これは……ダメね。いや。ダメ」
Katherine takes a look through the book, her eyes widening with each word. "…is this… no. Nope. No."

「どうした?」モンティが尋ねる。
"What?" Monty asks.

彼女は本を彼に差し出し、ため息を吐いた。彼も目を見開いた。「……ああ、これは……大体無傷だが……」彼はため息を吐く。「なんてこった」
She hands the book to him with a sigh. His eyes widen. "…well, this is… mostly intact, but…" He sighs. "My god."

どうしました?
What?

「神はホラー作家なんかじゃない。あいつらはオタクよ!」
"God isn't a horror writer. They're a nerd!"

それは悪いことなのですか?
That's a bad thing?

「……いや」モンティはため息を吐きながら認める。「だが……他作品とのクロスオーバーTaleだと。どうして?」
"…no," Monty admits with a sigh. "But… crossover tales with other works, Jesus. Why?"

面白いと思っているからではないでしょうか?
Maybe they thought it was fun?

「かもしれんな」レイノルズはため息を吐いた。
"Maybe." Reynolds sighs.


訳者注: "239-B Clef-Kondraki"から
古風の作品の1つです。
One of the classics.

「それとかなりプロらしさに欠けてるわね」シンクレアは唇を噛む。
"Also incredibly unprofessional." Sinclair chews her lip. "

訳者注: 名前がClefの場合、以下の文が追加される。
「馬鹿にするつもりで言ったんじゃないわよ」
“No offense meant.”

「ほとんど無傷だ」モンティはこれについて書かれているページをめくった。「妙だな」
"It's entirely intact." Monty turns the pages containing it over. "Strange."

みんなに好かれているから。おそらくそれが理由です。
People like it. That's probably why.

「それだとみんなが好きであれば生き残るってことになる。納得ね、あなたたちのvoteシステムのことから考えても明らかだわ」彼女は眉をひそめる。「でも……中のキャラクターは死ぬこともある。クレフは死んでるし、コンドラキもそう。何度も死んでる」
"So, if people like it, it survives. Makes sense, with the apparant voting system you have." She frowns. "But… the characters within can die. Clef's dead, so's Kondraki, several times over.”

それとあなたたちのブライトもです。
And so's your Bright.

「そうね」彼女は考え込んだ末の不機嫌さを露わにした。
“Yeah.” Sinclair lets out a thoughtful huff.


訳者注: "Et Tam Deum Petivi"から
ほとんど全部食い荒らされているみたいです。
It looks like it's been eaten up almost entirely.

訳者注: 名前がDjoricまたはDmatixの場合、以下の文に変換される。
おお、私の昔の行きつけです。さっぱりしてますが……
Hey, my old stomping grounds. Neat. But…

「この文章と、それにリンクしている境界線イニシアチブ」シンクレアはため息を吐いた。「残念だわ。良い人ばかりだったのに」
"It, and the Horizon Initative along with it." Sinclair sighs. "It's a pity. The majority of them were good people."

でも……HIはビッグ3の一角じゃありませんか? GOCや財団と一緒で?
But… the HI is kind of one of the big three, right? With the GOC and the Foundation?

訳者注: 名前がDjoricまたはDmatixの場合、以下の文に変換される。
ええと、私はまだ生きてるので、どうして地図上から消し飛ばされたのかは分かりません。
Well, I'm still alive, so I don't know how these got wiped off the map.

「ええ、でも彼らが消えたのにGOCは消えてない」モンティはため息を吐く。「ますます残念だ」
"And yet, they're gone, but the GOC isn't." Monty sighs. "More's the pity."

彼らが好きではないのですか?
Not a fan?

彼は鼻を鳴らす。「秘密組織が君を魔法の軍隊に引き入れようと真夜中に誘拐した挙句、洗脳を施すのに失敗したとして、君はそいつらに忠誠を誓えるかい?」
He snorts. "When a shadowy organization abducts you in the middle of the night to recruit you for a magic army, only to have their brainwashing techniques fail, you tell me if you have any allegiance to them."

……なるほど。
…fair enough.


訳者注: "Bottle Dicks"から
シンクレア博士はため息を吐いた。「……大嫌いだわ、これ。こういうのが大っ嫌いなの。一物をボトルに突っ込むことを面白いと思う人間がいるっていうのがもう嫌だわ。卑猥だし、子供じみてる
Dr. Sinclair sighs. "…I hate this. I hate that this is a thing. I hate that people think that getting their dicks stuck in bottles is funny. It's vulgar and childish."

モンティは後ろめたそうな表情で振り返った。
Monty turns away, a guilty expression on his face.

訳者注: 名前がClefの場合、以下の文が追加される。
, and a slightly apologetic one too
翻訳案: モンティは後ろめたそうな、そしてやや申し訳なさそうな表情で振り返った。

 
ほとんど無傷みたいです。あちらでは人気なようですね。
Seems mostly intact. Looks popular out here.

#red|訳者注: SCPリストにて「著者と同様に読者も財団宇宙を形成しており、殺人者は次に読者を殺す可能性がある。」を選択していた場合、以下の会話が追加される。##
読者がこの宇宙に影響を及ぼしているという私の考えに説得力が出ました。
Lends my idea about readers influenceing the universe some credence.

その通りね。
That it does.

[入力した名前]、他に思いついたことはないかしら?」
Tell me [入力した名前], anything jumping out at you here?"

まだ考える必要があります。
I'll have to think some.

訳者注: 本を3つ以上読むと以下の選択肢が表示される。
1つ思い付きました。
I just had an idea.


シンクレアは本から顔を上げた。「えっ? 言ってみて」
Sinclair looks up from the book. "Well? Spit it out."

  • ある特定のタイプのキャラクターは死んでいない。
  • 人気は殺人犯を強くする。
  • 知る人の少ない作品からなくなっていく。
  • A certain type of character isn't dying.
  • Popularity makes the killer stronger.
  • Lesser-Known Works are going away first.

訳者注: "The Author Avatars aren't dying."から
シンクレアは本をめくり直した。「それはどう言う意味?」
Sinclair flips through the book again. "What do you mean?"

これまでに何人のクレフが死にました?
How many instances of Clef have died?

「……たくさんよ」
"…quite a few.”

ブライトは? ライツは? コンドラキは?
Bright? Rights? Kondraki?

「大勢よ、でも……不釣り合いに多すぎる」シンクレアは目を細めた。「何が言いたいの?」
"A lot, but there are… a disproportionately large amount of them." Sinclair squints. "What are you saying?”

彼らは皆、それを創作した人物が元になっています。彼らは著者のアバターキャラです。
These are all based off of the people who created them. They're author avatars.

「ええっ、メアリースーみたいなキャラクター?」シンクレアは眉をひそめる。「彼らが大勢いるとするなら、つまり……人気だってこと?」
"What, like Mary-Sue type characters?" Sinclair frowns. "If there are a lot of them, that… means they're popular?"

ええ、かなり。
Very

訳者注: 「SCPを読んでいる者全てが執筆しているわけではない。」を選んでいた場合、以下の台詞が追加される。
「それにあなたが考えている通り、読者が宇宙に影響を及ぼしているのだとしたら……」
"And if the readers influence the universe as much as you think they do…"

「著者アバターの誰かが殺人犯ということなのかしら」
"I'm wondering if one of these author avatars is the killer.”

彼らはとても人気です。十分な人数がいるのであれば束になって今起きているような攻撃を行うこともできるでしょう。あなたは口ごもる。でも誰が? 何の目的で?
They’re popular enough. If there are enough of them, they could carry out these attacks in droves. You pause. But who? And why?

「良い質問だ」モンティはシンクレアの手から本を取り、本棚に戻した。「ここは調べ尽くしたと思う。宿舎に戻ろう」
"Good question." Monty takes the book from Sinclair's hands, and places it back on the shelf. "I think we're done here. Back to our quarters."

手がかりを入手した
Clue Obtained

訳者注: 証拠ログに以下の記述が追加される
ブライトやクレフといった著者のアバターはSCP-5500-オメガの死に対する耐性が高い。
Author avatars, such as Bright and Clef, are more resilent to the death of an SCP-5500-Omega instance.
訳者注: 最終シーンに以下の「証拠」が提示されるようになる
ブライト博士やクレフ博士といった著者のアバターは不明な理由により死んでおらず、それは彼らの人気と関係している可能性がある。
the author avatars, such as Dr. Bright and Dr. Clef, are not dying, for some unknown reason, possibly connected to their popularity.


訳者注: "Popularity makes the killer stronger."から

「よく分からないわ」シンクレアが顔をしかめる。
"Not sure I follow," Sinclair frowns.

ええと、ちょうど「信じるなら手を叩いて」っていえば分かりますか? 何かを信じる気持ちや人気によって強くなることですかね?
Well, it's the wholeClap your hands if you believe thing, right? Belief in something, or else the popularity of it, makes it stronger?

「そうなると殺人者は有名な人間でなければならなくなるわね」シンクレアは唇を噛んだ。「SCPの可能性も?」
"That'd have to mean the killer is someone prominent." Sinclair chews her lip. "Maybe an SCP?"

かもしれません。
Maybe.

シンクレアはため息を吐き、本を戻した。「ここは調べ尽くしたと思うわ。宿舎に戻りましょう」
Sinclair sighs and replaces the book. "I think we're done here. Back to my quarters."

手がかりを入手した。
Clue Obtained
訳者注: 証拠ログに以下の記述が追加される
首謀者の力はその人気に依存している可能性がある。
The strength of the malefactor may depend on their popularity.
訳者注: 最終シーンに以下の「証拠」が提示されるようになる
殺人者は注目や人気によって力を増している可能性がある。
there is a possibility that attention and popularity makes the killer stronger.


訳者注: "Lesser-Known Works are going away first."から
「Taleは知名度が低いの?」シンクレアは顔をしかめる。
"Tales are lesser-known?" Sinclair frowns.

ごく一部を除けば、そうです。あなたの言う通りです。あなたは2000ワードの羅列と2000ワードのSCP報告書だったらどちらを読みます?」
Outside of a few, yeah. Like you said, which would you rather read: a twenty-thousand word series, or maybe two thousand in an SCP report?//

訳者注: これまでの選択肢によっては以下の文が追加される。

“Could tie into your theory about the site becoming less popular over time.”

訳者注: これまでの選択肢によっては以下の文が追加される。

“And this is despite all the metafiction? Strange.”

「一考に値するわね」シンクレアは本棚に本を戻した。「これ以上有益なものが得られるとは思えない」
"It's worth considering." Sinclair replaces the book on the shelf. "Not sure we'll get anything more useful here."

「宿舎に戻ろうか?」モンティは尋ね、妻が立ち上がるのを手助けした。
"Back to our quarters?" Monty asks, helping his wife to her feet.

「お願い」
"Please."

手がかりを入手した
Clue Obtained

訳者注: 証拠ログに以下の記述が追加される
知名度が低い作品は悪評高い作品よりも早く消滅する- それ以外の何かが存続を促している。
Lesser-known works are disappearing before works of greater notoriety― something else is sustaining them.
訳者注: 最終シーンに以下の「証拠」が提示されるようになる
Taleのような知名度が比較的低い作品はSCPより早く消える。
lesser-known works, such as tales, are vanishing before SCPs are.


訳者注: 「著者一覧」から
少し経ち……
Soon…

モンゴメリー・レイノルズだけがあなたのそばにいた。キャサリンは別の部屋で電話を取り、ジョアンという人物(どうやら親しい間柄らしい)と話していた。
Montgomery Reynolds is alone here with you. Katherine's on the phone in the other room, talking to someone named Joan, who she appears to be on good terms with.

訳者注: ジョアンに関する話を聞いている場合、以下の内容に変化する。
キャサリンは別の部屋で電話を取っており、その話し相手である彼女の娘、ジョアンは話を聞く限りではパリで生存者の捜索を行っているらしい。
Katherine's on the phone in the other room, talking to her daughter Joan, who is apparently scouting out Paris for survitors.

あなたは……博士ではないのですか。あなたはそう口にした。
You're… not a doctor. You observe.

「僕の公式な肩書きはずっと『錬金術顧問』だった」彼は認める。「以前は世界オカルト連合の黒点プログラムのメンバーだった。有望な魔法の才能を持っていると思われる人材を見つけて勧誘していたんだ」
"My official term for a very long time was 'alchemical consultant'," he confirms. "I was once part of the Global Occult Coalition's Sunspotting program. Found people who they thought had promising magical talent and recruited them."

今のGOCはどうですか?
What's the GOC like now?


「かつての面影はなく、同時に財団の次に強力な団体でもある」あなたが著者ページ一覧を引っ張り出すのと同時にレイノルズは首を横に振り、財団職員のリストの方を見た。
"It is both a shell of its former self and the strongest group after the Foundation." Reynolds shakes his head as you pull up the author page list, and then look at the list of Foundation personnel.

それは……思っていたより大きいです。
That is… bigger than I thought.

「そちらには9000人の著者がいるかもしれないということかな? 多元宇宙の既知の地点数と対応してる」
"You have maybe nine-thousand authors? That corresponds to the number of known points in the multiverse."

ええ、ただ全員が著者ページを持っている訳ではありません。1、2個しか書いていない人は除外されてます。173の作者のように。
Yeah, but not all of them have author pages. Some of them have only written one or two works and then skipped. Like the guy who wrote 173.

「ふむ」レイノルズはスクリーンを見渡す。「ええと、どこから見ようか?」
"Hmm." Reynolds looks over the screen. "Well, where do we start?"

  • SCPの数で見る。
  • Taleの数で見る。
  • 作品数の少なさで見る。
  • 著者でアバターで見る。
  • Go by number of SCPs
  • Go by number of tales
  • Go by least prolific
  • Go by who has author avatars

訳者注: "Go by number of SCPs”から

訳者注: 名前が”Roget"の場合、以下の会話が追加される。
私だけで150個のSCPを書いてますね。驚きです。
I've written one-hundred and fifty SCPs. Holy.

「それは……大した数だな」モンティは唾を飲んだ。「ジーザス、Class of ’76も君が仕組んだのか」
"That is… quite a lot." Monty swallows. "Jesus, you're behind the Class of ’76?"

全部ではありませんよ。
Not all of it.

「ほう」
"Huh."

訳者注: 名前が”Rounderhouse”の場合、以下の会話が追加される。
「クッソオ、僕の目があ!」

えっ?

「前に君の著者ページを見つけたんだよ、[入力した名前]。あれは……もう、うんざりしそうだ」

前はもっと遥かに酷かったですよ。
"JESUS CHIRST MY EYES!”

What?

"I just found your author page, [入力した名前]. It… god, I think I'm going to be sick."

It used to be a lot worse.

モンティは最も多くのSCPを書いた著者たちのリストに目を通した「……信じられない。僕らの存在している理由の多くが彼らによるものなんて。まるで神ご自身が著した手稿みたいだ」
Monty looks over the list of people who have written the most SCPs. "…unbelieveable. These people are a large part of the reason we exist. It's like looking at God's own manuscript."

いくつか黒塗りがありますが、何が隠れているか興味はありますか?
Want to see what's behind a few of the blackboxes?

モンティは首を横に振った。「多分僕にとっては重要じゃないよ」彼はリストをスクロールしていき、見比べた。「どうして著者が死ぬと僕たちも死ぬんだ?」
Monty shakes his head. "Wouldn't matter to me." He scrolls thorugh the list and compares them. "Why does them dying kill us?"

私が知りたいくらいです。
I wish I knew.

訳者注: まだ読んでいないリストが表示される。


訳者注: "Go by number of tales”から
「Taleはあまり人気がないようだな」モンティは頭を掻いた。「不思議だ。とても良い出来のものがたくさんあるようだが」
“Not very popular, these things.”Monty scratches his head. “I wonder why. A lot of them look very well-written.”

ええと、丸々一本の長さの小説と拾い読みで全部簡単に理解できるように書かれた2000ワードの文章、あなただったらどちらを読みます?
Well, which would you rather read: a full-length novel, or 2000 words formatted in a specific way that's easy to skim but understand it all?

訳者注: 事前に「Taleリスト」を通過している場合、以下の会話に変化する。
「冗談ではなかったようだな。Taleは人気が低めだ。平均が80かそこらで、100以上のTaleは……」レイノルズは顔をしかめる。
"You weren't kidding. Tales are less popular. Average of 80-something and over 100 tales written…" Reynolds frowns.

公平を期すために言うと、大半はあまり良くありません。
To be fair, a lot of them aren't very good.

「第四の壁の向こうの人たちは君の文句を快く思わないんじゃないかな」
"I imagine the people behind the Fourth Wall won't take kindly to your insult."

いや、えーと、ここに私を引き摺り込んだ記事はIhpが書いたものなんですが、もしここに永遠に閉じ込められることになったら私は彼に文句を言う権利があると思いますよ。
I mean, the article that dragged me in here was written by Ihp, and if I'm going to be stuck here forever, I think I've got a right to insult him.

「納得した」レイノルズはリストに目を凝らした。「……それでも彼らの死は大きな衝撃を与えたようだ。著者の人気はその死によって引き起こされたダメージにほぼ反比例している……」
"Fair point." Reynolds squints his eyes at the list. "…it seems that, despite this, their deaths have had a greater impact. It's almost as if their popularity is inversely proportional to the amount of damage they cause…"

訳者注: まだ読んでいないリストが表示される。


訳者注: "Go by least prolific"から
「待ってくれ……」レイノルズは顔をしかめる。「SCP-173を書いた人は……SCP-173しか書いてないのか?」
"Wait…" Reynolds frowns. "The person who wrote SCP-173…only wrote SCP-173?&"

我々の知る限りは。
As far as we know.

「……それで……彼の安否は分からないのか?」
"…and… his status is unknown?"

いやまあ、スタッフは連絡先を知ってます。
I mean, staff has his contact info.

「……でも君は作者が死んだ可能性があると言っている?」
"…but you're saying he could be dead?"

多分。
Maybe.

「じゃあ何故173は消えてないんだ?」
"Then why hasn't 173 disappeared?"

おそらく誰も彼もの世界観に組み込まれるくらいには象徴的な作品だからでしょうか?
Probably because it's iconic enough that it factors in with everyone's view of the universe?

訳者注 Mフラグが立っている場合、以下の文に差し替えられる。
正直なことを言ってしまえば、SCP財団はあのクソ彫刻のための見た目だけ豪華なファンサイトだからですよ。
Because honestly the Foundation is a glorified fanfic site for that one stupid statue.

「象徴、象徴、象徴」モンティは首を横に振る。「うーん」
"Icons, icons, icons." Monty shakes her head. "Hmm."

訳者注: まだ読んでいないリストが表示される。


訳者注: "Go by who has author avatars”から
「著者のアバター?」レイノルズは眉をひそめた。
"Author Avatar?" Reynolds frowns.

基本的にはメンバーが使っている自己投影キャラのことです。通常はジョーク用ですが、クレフやブライトがビッグネームになることが好まれていた時代がありました(そしても今もある)。
Basically, self-insert characters people use. It's normally for jokes, but there was a time (and there still is) where people like Clef and Bright were big names.

「ブライトやクレフが自己投影キャラだって?」レイノルズは首を横に振る。「もしそうなら色々と納得がいく」
"Bright and Clef are self-insert characters?" Reynolds shake his head. "That explains a lot."

死んだ財団職員の大半は何らかの著者アバターみたいですね。筋は通ります− 創作者が死ねば、被創作物も共に死ぬ。
It looks like the majority of the Foundation personnel that died were author avatars of some form. Makes sense— creator dies, creation dies with them.

訳者注: 「ブライトやクレフといった著者のアバターはSCP-5500-オメガの死に対する耐性が高い。」の選択肢を選んでいた場合、以下の会話に変更される。
「この著者アバター……」モンティは顔をしかめる。「みんな、自分を作品中に登場させているのか?」
"These author avatars…" Monty frowns. "People insert themselves into works?"

ええ。うーん。あなたは5500-オメガの死に関連して死亡した財団職員のリストに目を通した。大部分があちらのサイトメンバーと似た名前です。
Yeah. Hmm. You look over the list of Foundation personnel who have died in connection to the 5500-Omega deaths. A lot of them have names that look like members of the site out here.

「君の知る限りでは誰もまだ死んでないんだな?」モンティが眉を釣り上げる。

"None of whom are deceased, as far as you can tell?" Monty raises an eyebrow.

ええ、誰も。
None.

訳者注: まだ読んでいないリストが表示される。

訳者注: リストを2つ以上読むと表示される
1つ思い付いた気がします。
I think I have an idea.


「話してくれ」
"Go on."

  • 私の知る限り? ここにいるほとんどの人物はまだ生きている。
  • 殺人者は著者一覧を襲撃先リストとして用いているに違いない。
  • 重要なのは記事の数ではなく、どれだけ影響を及ぼしたかである。
  • As far as I can tell? Most of the people here are still alive. 訳者注: ルートCに+1点
  • The killer must be using the author list as a hit list. 訳者注: ルートBに+1点
  • It's not about the number of articles, it's about the influence you have. 訳者注: ルートAに+1点

訳者注: "As far as I can tell? Most of the people here are still alive."から
「……えっ?」
"…what?"

はい、ちょっと待っててください。
Yeah, hold on a moment.

あなたはサイト-19に入り、かなり馬鹿げた質問をした。
You go into Site-19, and ask a rather inane question.

[入力した名前]: ここにいる人でまだ生きている人って誰?
[AbsentmindedNihilist] よくそんな質問するな[入力した名前]、まあさあ、俺が死んでればよかったんだよな
[MalyceGraves] [入力した名前]: 思い出させてくれてありがとう、クソッタレ。
[AFrivolousPursuit] お前のママ (※1)。
[DrFullham] 体は生きてるけど、心は存在しつつ存在してない量子状態になってる。
[Oboebandgeek99] [入力した名前]、ここで反応すれば中身は死んでないと考えるとは大胆だな
[riyangendut] その「誰か」にアンタは入ってないな、俺をウンザリさせた後じゃ尚更。
[入力した名前]: Who here is still alive?
[AbsentmindedNihilist] how dare you ask that [入力した名前], you KNOW i wish i was dead
[MalyceGraves] [入力した名前]: Thanks for the reminder, asshole.
[AFrivolousPursuit] Thy mother.
[DrFullham] My body lives on, butmy mind exists in a wuantum state of both existing and not.
[Oboebandgeek99] [入力した名前] bold of you to assume anyone here isnt dead inside
[riyangendut] not your damn ass, not after I'm done with you.

あなたは2人に結果を見せた。
You show the results to them.

「……この全員が5500-オメガ実体とおおまかに対応していて……何なの?」彼女は頭を掻いた。「一体何なの?」
"…all of those roughly correspond to a 5500-Omega instance that's… what the fuck?" She scratches her head. "What the fuck?"

「……頭が痛い」モンティは立ち上がり、冷蔵庫からビールを持ってきた。あなたは半ば誘惑に釣られて彼と杯を共にし、メタフィクションビールはそれほど美味しくないということを記憶に留めた。
"…my brain hurts." Monty stands up to get a beer from the frirdge. You're half-tempted to join him, then remember that metafictional beer doesn't taste that great.

手がかりを入手した
Clue Obtained

(※1) 訳注: つまらない、面倒であるなどの理由で答えたくない質問に対する定型的な返答。

訳者注: 証拠ログに以下の記述が追加される
SCP-5500-オメガ個体は死んでいる。実際の著者は死んでいない。
SCP-5500-Omega instances are dying. Actual authors are not.
訳者注: 最終シーンに以下の「証拠」が提示されるようになる
殺害され、SCP-5500を発生させたように見える著者は実際には死んでいない。
the authors that appear to have been killed, that have caused SCP-5500, are not actually dying.


訳者注: "The killer must be using the author list as a hit list."から
「どう言う意味だ?」レイノルズは尋ねる。
"How do you figure?" Reynolds asks.

ええと、仮に私たちが著者を殺すとして、まず小さなことから始めますよね? 宇宙に小さなバグを起こして、それから大仕事に取り掛かる。
Well, if we were going to kill authors, we'd start small, yeah? Make little glitches in the universe, before moving our way up to the top.

「どうやってこのリストにアクセスするって言うんだ?」モンティは首をかしげる。
"How would they get access to this list?" Monty tilts his head.

現実世界に協力者がいるのかもしれません。
Maybe they're cooperating with someone in the real world.

「そうでないと良いんだけど」レイノルズは身震いする。「次に進もう」
"I hope not." Reynolds shudders. "Let's move on."

手がかりを入手した
Clue Obtained

訳者注: 証拠ログに以下の記述が追加される
著者一覧は襲撃先リストとして使用されているかもしれない− 現実世界に殺人の代行者がいる可能性もある。
The Author List is possibly being used as a hit list— possible that the killer has an agent in the real world.
訳者注: 最終シーンに以下の「証拠」が提示されるようになる
著者一覧は襲撃先リストとして利用されている。
the author list is being used as a hit list.


訳者注: "It's not about the number of articles, it's about the influence you have."から

「よく分からない」モンティは眉をひそめる。
"Not sure I follow." Monty wrinkles his brow.

つまり……トールキンが『指輪物語』で書いた本は全部で、えっと、7冊ですよね? 『ホビットの冒険』や『シルマリルの物語』を合わせても。でも彼は以降のファンタジー作品にすごく影響を与えてます
So… Tolkein wrote a total of, what, seven books in Lord of the Rings? Counting the Hobbit, Simarillion and all that. But he's been incredibly influential in fantasy ever since.

「つまり、どう言うことだ?」
"So, what does that mean?"

私が言いたいのは、要するに殺人者は保守派なのではないかということです。そいつは財団がどのように動くのかということをこちら側からの視点でもあちら側からの視点でも知っている。サイト内の力関係を知っていて、誰が人気で、誰が人気でないかを知っている。
I think it means the killer is part of the old guard. They know how the Foundation works, both in-universe and out. They know site politics, who's popular, who isn't.

「保守派?」レイノルズは顔をしかめる。「……シニアスタッフとかか?」
"Old guard?" Reynolds frowns. "Like… senior staff?"

かもしれません。
Maybe.

「……くっ、間違いであることを祈るよ」
"…god, I hope you're wrong."

手がかりを入手した
Clue Obtained

訳者注: 証拠ログに以下の記述が追加される
著者の死によって物語に生じるダメージの大きさは、あなたたちが及ぼす影響力の量によって決まる。
The amount of influence you have dictates how severe the damage done to the narrative is based on one's death.
訳者注: 最終シーンに以下の「証拠」が提示されるようになる
宇宙に生じるダメージは執筆者の影響力に比例しており、このことは殺人者がサイト内の力関係を熟知していることを示唆している。
the damage done to the universe is proportional to the amount of influence the writer had, suggesting the killer is well-acquainted with site politics.


訳者注: "Make Your Case"から。証拠が足りている場合
あなたは確固たる主張を有していると感じた。先に進みますか?
You think you have a solid case. Do you want to proceed?

犯人を見つける
Find the Culprit


さて皆さん、どうしてここに呼び集められたのか不思議に思っていることでしょう。
I suppose you're wondering why I called you all in here today.

レイノルズとシンクレアはともに眉を吊り上げた。「えっ?」
Reynolds and Sinclair raise their eyebrows in unison. "What?"

ほら、探偵が皆を集めた時のシーン? クリスティとか読んだことありません?
You know, the parlor room scene? Have neither of you read Christie?

「世界の終わりを止めようという時の雰囲気にはちょっと合わないけど、まあいいわ」シンクレアは唇を噛む。「あなたの考えは?」
"Seems a bit off-tone for you trying to stop the end of the world, but all right." Sinclair chews her lip. "What do you have?"

ここに私たちが集めた証拠があります。
Here are the facts as we have them.


第一に、[SCP一覧で入手した証拠]
Firstly, [SCP一覧で入手した証拠]

第二に、[SCP一覧で入手した証拠]
Secondly, [Tale一覧で入手した証拠]

最後に、[SCP一覧で入手した証拠]
Finally, [著者一覧で入手した証拠]

「つまりどういうことなの?」シンクレアは顔をしかめる。「犯人は一体誰なの?」
"What does it all mean?" Sinclair frowns. "Who's doing this?"

証拠があまりにバラバラすぎる。1つに絞って考えないと。
This feels too disjointed. I need to focus on one element.

……

つまるところ誰が殺人者か分かったかもしれません。
It means I might know who the killer is.

つまるところ殺人者が誰なのかは分かりましたが、良くはありません。
It means I know who the killer is, and it's not good.


訳者注: "This feels too disjointed. I need to focus on one element."から
あなたは発見した様々な手がかりに立ち戻ることにした。あなたはどれに絞って考える?
You think back to the various clues you've recovered. Which one do you want to focus on?

訳者注: これまでに選択した3つの選択肢が表示される。選んだ選択肢によってルートA、ルートB、ルートCのいずれかが決まる。


「大丈夫か?」レイノルズは尋ねる。
"Are you all right?" Reynolds asks.

大丈夫です。少しブレインストーミングする必要があっただけです。
Fine. Just had to brainstorm some.

「それで、誰が犯人なの?」
"Who's doing this, then?"

訳者注: 選択肢に対応するものがルートAの時
……

訳者注: 選択肢に対応するものがルートBの時
It means I might know who the killer is.
つまるところ誰が殺人者か分かったかもしれません。

訳者注: 選択肢に対応するものがルートCの時
つまるところ殺人者が誰なのかは分かりましたが、良くはありません。
It means I know who the killer is, and it's not good.


ルートAの点数が最も高い時、"…"から
わ……分かりません。
I… I just don't know.

「分からないってどういうこと?」シンクレアは恐怖した様子でぽかんと口を開けている。「[入力した名前]、あなたが頼りなのよ。私たちはあなたを信頼しているんだから!」
"What do you mean you don't know?" Sinclair gapes at you, horrified. "[入力した名前], we were relying on you! We trusted you!"

た-正しくない証拠を集めてしまったんだと思います。手がかり同士で筋が通っていない。わー 分からないんです。何も。
I― I don't think I got the right evidence. The clues don't make sense with one another. I― I don't know. I just don't.

「クソッ、何か思い付かないのか?」
"Fuck, can't you guess?"

考えてみる。
思い付かない。
Attempt to Guess
I can't.


訳者注: "I can't."から
その時、あなたがこれを読んでいた場所から肉体が引き戻される感覚を覚えた。
It's then that you feel your body being pulled back from where you were reading.

振り向くと、何故かコンピュータチェアの後ろにいた虎と向かい合っていることに気付いた。虎は既にあなたにのし掛かっており、貪られながらもあなたの目線は虎が身につけているメダリオンに釘付けだった− 金色で、中央には大きなルビーが付いている。
You turn and find yourself staring into the face of a tiger, somehow, behind your computer chair. It's already upon you, and you can't help but notice, as it devours you, the medallion it's wearing― golden, with a massive ruby in the center.

エンディングA 達成
スタートに戻る
Ending A Achieved
Return to Start


訳者注: "Attempt to Guess"を選択すると以下のメッセージと入力画面が表示される
犯人は誰? 私たちを助けてほしい。
Who did it? Please, help us.


入力画面で"Bright"と打ち込んだ場合(正確には大文字小文字関係なく"bright"という文字列が含まれていれば良い。"Jack"は不可)はルートBに合流する。


入力画面で意味のない名前を入れた場合

違う。あなたは困惑した。
That's not it. You're stumped.

入力画面で”noguess"と打ち込んだ場合(正確には大文字小文字関係なく"noguess"という文字列が含まれている場合は以下の文に置換される。
あなたは何かを考えつくこともできないのか? あなたは困惑した。
You can't even guess? You're stumped.

「……もしこちら側の人間じゃないとしたら?」シンクレアは目を見開く。「一度だってこちら側にいなかったとしたら?」
"…what if it's not someone on our side?" Sinclair's eyes widen. "What if it never was?"

どういう意味ですか?
What do you mean?

「殺人者が実は……あちら側にいるとしたら? エンジンも手がかりもただの壮大なミスリードだとしたら?」
"What if they're actually… out there? And the Engine, the clues, it's all just a massive red herring?"

理解できな−
I don't follow―

その時、全てが真っ暗になった。
And then, everything goes black.


しばらくしてあなたは暗い部屋で目覚めた。唯一の光源はパソコンの画面であり、その前で身を屈める1人の男がいた。彼は小太りで、鴨色のセーターを着ており、髪を伸ばし、右手にギプスを嵌めていた。
You wake up a while later, in a dark room. The only light in here is the screen of a computer, and there's a man hunched in front of it. They're slightly obese, wearing a teal sweatshirt, their hair uncut, their right hand in a cast.

これが著者であると言い当てるのは大したことではない。どういうわけだか。あなたはこれが現実なのか、それとも隠喩的構造物か何かなのかと疑問に思った。この男がアメリカ中西部の僻地に住んでいるという事実から、あなたは前者だろうという考えに傾いていった。
It doesn't much for you to riddle out that this is the author. Somehow. You're wondering if this is real, or else some kind of metaphorical construct. Judging by the fact that this guy lives in the boondocks of the Midwestern United States, you're leaning towards the former.

彼はキーボードを叩いた。「クソッ!」
He hits the keyboard. "Fuck!"

どうしました?
What's wrong?


彼はあなたの方を見た。「あっ、そうか、君が[入力した名前]なんですね。うん、すみません。ただね。ちょっとイライラしまして」
He looks over at you. "Oh, hey, you must be [入力した名前]. Uh, sorry. Just. Bit of frustration."

「何に?」あなたは瞬きする。今はあなたも普通に話している。
"Over what?" You blink. You're talking normally, now.

「全然こいつを良いのにできなかったんです。スペルミスは多すぎるし、時間もない」彼はギプスをはめた手で顔を拭った。「本当に頑張ったんですよ。でもダメでした」
"Can't get this damn thing to work. Too many spelling errors, not enough time." He rubs his face with his casted hand. "I tried so hard with this. And it's not working."

「……あなたが私たちを殺してるのですか?」あなたは尋ねる。
"…are you killing us?" You ask.

「馬鹿はよしてください」彼は鼻を鳴らす。「僕が言いたかったのは読者と著者にイラついたってことです。僕が君たちを殺してる訳じゃありません」彼は椅子を回した。「これは……バッドエンドです」
"Don't be absurd." He snorts. "I mean, I get kind of frustrated at the readers and authors sometimes, but I'm not killing you." He turns around in his seat. "This is… a bad ending."

「どういう意味ですか?」
"What do you mean?"


「ここでいう『バッド』っていうのは『不満が残る』って意味です。僕はこれをちゃんとした形にしようとしてますー オリジナルのエンディングでは、君はただブライトが乗り移った虎に食べられて終わります」
"I mean bad like 'unsatisfying'. I'm trying to make it work― the original ending had you just getting eaten by a tiger that Bright was possessing."

「どうやって形にする気ですか?」
"How'd that work?"

「分かりませんよ」彼はため息をつく。「クールなアイディアはありましたし、それを実行に移してました。どうやって上手く終わらせるかが謎だったんです。特にアレを考えると……」彼は手を振った。「すみません」
"I don't fucking know." He sighs. "I had a cool idea, and I just ran with it. How it was going to end well was a mystery, especially considering…" He waves his hand. "I'm sorry."

「どうして謝るんです?」
"Why?"

「だって君がこの状況でなんとかしてしまったら僕がミスをしたってことになりますからね。僕にはどうしたらこのエンディングが上手く形になるか本当に分からないし、今となっては……」彼は笑う。「クソッ、なんで自分が喋っているのかさえ分からない。みんなメタフィクションにはウンザリでしょう。僕が人を殺して回るようになったってのを考えてたけど、駄目そうだって気付きましたよ」
"Because if you've made it here, I've made a mistake. I legitimately don't know how this ending works, and now I'm…" He laughs. "Fuck, I don't even know why I'm talking. Everyone is sick of metafiction. This was goign to have me going around killing people, but I realized how bad that would look."

彼の笑いは苦々しかった。「僕はタローランじゃない。時間を無駄にして悪かったですね」
His laugh is bitter. "I'm no fucking Tallorian. I'm sorry for wasting your time."

無駄なんかじゃなかったですよ。
気にしないで。
You didn't though.
It's all right.


訳者注: "You didn't though."から
「えっ、君はこれを好きでいてくれてるってこと?」彼はため息を吐いた。「えっと、多分少なくとも話はこれで終わり。君をクソエンディングに呼び寄せて今まで迷惑をかけてしまったことは謝ります」彼は唇を噛んだ。「まあ、後は君次第ということにしても良いかな。初期段階で打ち切ったセクションを見てみたいですか?」
もちろん!
結構です。
"What, you mean you liked it?" He sighs. "Well, at least there's that, I guess. Sorry for putting you through all this trouble just to get you a crap ending." He chews his lip. "I can try to make it up to you, I suppose. Want to see a section that got cut early in development?"
Sure!
No thanks.


訳者注: "It's all right."から
「ともかく最後までやり遂げてくれてありがとう。君をクソエンディングに呼び寄せて今まで迷惑をかけてしまったことは謝ります」彼は唇を噛んだ。「まあ、後は君次第ということにしても良いかな。初期段階で打ち切ったセクションを見てみたいですか?」
"Thanks for sticking with it until the end, at least. Sorry for putting you through all this trouble just to get you a crap ending." He chews his lip. "I can try to make it up to you, I suppose. Want to see a section that got cut early in development?"

もちろん!
結構です。
Sure!
No thanks.


訳者注: "No thanks."から
彼は肩をすくめた。「セ・ラヴィ。僕がこれをやった理由の1つは財団のあまり知られていない一面に興味を持って欲しかったからです。調査パートの丸々一つを放浪者の図書館に設定したのもそれが理由」彼は唇を噛んだ。「もし楽しんでもらえたなら何よりです。ともかく、読んでくれてありがとう」
He shrugs. "C'est la vie. Part of the reason I did this was to try to get people more interested in lesser-known aspects of the Foundation. It's why I had an entire part of the investigation set in the Wanderer's Library." He chews his lip. "Hopefully I did that for you. Thanks for reading, all the same."

エンディングA 達成
Ending A Achieved.


訳者注: "Sure!"から
「オリジナルのセクションを一字一句覚えている訳じゃないですけど、これは調査の途中でジョークSCPの分岐にたどり着いた場合に起きるはずだったイベントの見せ場を集めた未完成作品集です。文脈上、ここはレイノルズが食べ物を持ってくるのを待っているシーンなので、元から君とシンクレアだけで進行する予定でした」
"I don't have the original section verbatim, but this is a rough recreation of some of the highlights of what would have happened in a line of investigation that would have taken you to the Joke SCPs node. For context, this was originally going to be just you and Sinclair, while you were waiting for Reynolds to come back with food."

  • SCP-420-J
  • SCP-___-J
  • ブライト博士の禁止リスト
  • 何か分かったかもしれない
  • エンディングに進む
  • SCP-420-J
  • SCP-___-J
  • The List of Things Dr. Bright Is Not Allowed To Do At The Foundation
  • I might have something
  • Proceed to Ending

訳者注: "SCP-420-J"から
全体的にただの長いマリファナジョークで、420-Jのせいで君の性格がハイになっている。面白くなかったのでカットしました。- Ihp
This was just basically a long weed joke, with your character getting high off of 420-J. It wasn't funny. I axed it.- Ihp

お腹空きました。チーズボールでもありました?
I'm hungry. Got any Cheese Balls?

「冗談でしょう」シンクレアは奇妙そうにあなたを見ている。「あなた……気分は大丈夫? ファイルを読むだけじゃ影響はないはずなんだけど」
"You're joking." Sinclair looks at you oddly. "Are… you feeling all right? Just reading the file shouldn't affect you."

分かんないですよお、なーんか見るもの全部……ファンキーでサイケデリックな感じです。
I dunno, man, this feels all… funky and psychodelic and stuff.

「サイケデリック」
"Psychadelic."

ポテイトゥ、トメイトゥ
Potato, tomato.

彼女は顔を擦った。
She rubs her face.

そんでリンクをクリックしてここに飛んでくるとこうなるんですねえ。
And this is what would happen if you clicked on a link that would have been here.

フゥー……すっごい。ちょっと思いついたんですけど。
Whoah… boadacious. Just had a thought.

「何?」
"What?"

もしもなんですけど……私が殺人者だったらどうします? 私がこれを読むだけであなたの宇宙を改変してたら?
What if, like… I'm the killer? And me reading this is affecting your universe?

「馬鹿なこと言わないで」
"Don't be absurd."


訳者注: "SCP-___-J"から
後で書き上げます- ihp (ジョーク)
I'll finish this later- ihp (That's the Joke.)


訳者注: "The List of Things Dr. Bright Is Not Allowed To Do At The Foundation"から
これは元々シンクレアがブライトのリストについて捲し立てることがなかった旧バージョンで、リストが殺人を犯す原因だったのかもしれないと気付いてもらうためのシーンでした。-= Ihp
This was originally where you were going to figure out that the Bright list might be a motive for the killer, before Sinclair flat-out tells you about it in the current version.-= Ihp

「一体これは何?」シンクレアは顔をしかめる。
"What the fuck is this?" Sinclair frowns.

これはブライトが作成した、ブライトに関するリストです。
It's a list made by Bright, about Bright.

「でもなんで?」シンクレアは眉をひそめる。「いくつかは……とても子供っぽいし、とても卑猥だわ。どちらもあまり面白くないわ」
"Why, though?" Sinclair furrows her brow. "Some of it is… so juvinile, so vulgar. Not a lot of it is funny, either."

ブライトもこのリストを好まないだろうということは間違いないと思います。でも彼がTheDuckmanからAdminBrightになってからそう時間は経っていません。そんなところです。
I'm fairly sure Bright doesn't like the list, either. But he went from TheDuckman to AdminBright not too long ago, so there's that.

「彼がまだ生きていればね」
"If he's still alive."


訳者注: "Proceed to Ending"から
「楽しませてくれてありがとう」彼は肩をすくめる。「ここまで長く付き合ってもらえて嬉しいです。楽しんでもらえたかもしれないし、そうでないかもしれませんが。どんな形であれ外に発信できて良かった- 書いていてお気に入りのシーンだったし、カットしなければならないのが悲しかったんです」
"Thanks for humoring me." He shrugs. "I'm just glad you stuck it out this long. Maybe you enjoyed that, maybe you didn't. Just glad I got that out there in some form― it was one of my favorite sections to write, and I'm sad I had to cut it."

「じゃあ……これからどうします?」
"So… now what?"

彼は肩をすくめ、コンピューターのセーブボタンを押した。「さあ、何が起きるか見てみようじゃないですか」
He shrugs, and hits save on his computer. "Now, we see what hapepns."

エンディングA 達成
Ending A Achieved.


訳者注: "I might have something"から
「どうぞ話してみて」
"The floor is yours."

残っていた4つのジョークは一番人気なものだった。
The only four Jokes left are some of the most popular.

なくなったジョークもある。
There's some jokes missing.

これがもし殺人者が楽しみのためにしたことだったら?
What if the killer's doing this for fun?


訳者注: "The only four Jokes left are some of the most popular."から
「……行動を先延ばしにさせる石が087より人気?」シンクレアは疑うような顔つきをした。「ジーザス、世界に正義なんてないのね」
"…A rock that makes you procrastinate is more popular than 087?" Sinclair is incredulous. "Christ, there is no justice in the world, is there?"

これは短くて、ミームになりやすいんです。
It's short, and memeable.

「そして人気になればなるほど、それが5500-オメガの死から生き延びる可能性が上がると」彼女は頷く。「ある程度筋は通っているわ。でもどうして人気であることが生き残る鍵なのかしら?」
"So, the more popular something is,the more likely it is to survive an 5500-Omega dying." She nods. "Makes sense, to a degree. But why does popularity mean survival?"

私が知りたいくらいです。
I wish I knew.

ちょうどその時、モンティがパンミェンを持って部屋に現れた。彼とシンクレアは食事をし、事件のおさらいをした。
Monty arrives in the room just them, bearing Lo Mein. He and Sinclair eat and go over the case some.


訳者注: "There's some jokes missing."から
「どういう意味?」シンクレアが尋ねる。
"What do you mean?" Sinclair asks.

私はジョークタグを見てます。7つのトップ作品のうち4つがこれ。なくなったものもいくつかあります。
I'm looking at the Joke tag on the Site. These are four of the top seven articles. There are some that are missing.

「どんなのが?」
"Like what?"

006-J、偶数-J、ブライト博士が財団で二度としてはいけないことの公式リスト
006-J, Even Number-J, and The Things Dr. Bright is Not Allowed to Do at the Foundation.

彼女は目をパチクリさせた。「もう一度言ってくれない?」
She blinks. "Come again?"

あなたはリストの前提についておおまかに説明した。あなたがこのリストがファンの間におけるブライトのキャラクター性をどのように形作っていったか、そしてそれに対する著者自身の明らかな反感について説明をすると、彼女の眉は吊り上がっていった。そのページが何故ロックされたかを説明されると、彼女は青ざめた。
You explain the premise of the list, breifly. She raises an eyebrow as you explain how it's shaped Bright's characterization among the fanbase, and the apparent backlash its author had against it. She blanches as you tell her exactly why it's locked.

「ジーザス、ブライトはたまに少し短期なところがあったけど……クライスト」彼女は顔をしかめる。「これはつまり……彼が犯人ってこと?」
"Christ. Bright could be a bit ornery at times but… Jesus." She frowns. "Does that mean… he's our culprit?"

分かりません。
I don't know.

「一考に値するわね」彼女の額に皺が寄った。「もうここは調べ尽くしたと思うわ」
"Something to consider." Her brow furrows. "I think we're done here."


訳者注: "What if the killer's doing this for fun?"から
「……楽しみのため?」シンクレアはその考えにギョッとしたようだ。「どんなニヒリストのサイコパスだったら楽しむためにこんなことができるのよ?」
"…for fun?" Sinclair sounds appaled at the idea. "What kind of nilhilistic psychopath would you have to be to do this for fun?”

分かりません。あなたは認める。でもこれまでも、財団ではもっと邪悪な理由でもっと悪いことが起こってます。
I don't know," You admit. But worse things have happened in the Foundation for worse reasons.

「……ジーザス」シンクレアは顔を擦った。「オーケイ。もしこれが楽しむためだとしたら…… クソッ。クソッ。
"…Jesus." Sinclair rubs her face. "Okay. If this is for fun… Fuck. Fuck."

彼女が天を仰いだちょうどその時にパンミェンを持ったモンティが扉から現れた。彼女は食事を始めた。質問が終わったのならこの話も終わりだ。
She looks up just in time to see Monty coming in the door with some Lo Mein. She digs in, and this line if inquiry is concluded.


ルートBの点数が最も高い時、"It means I might know who the killer is."から
殺人者はブライトだと思います。
I think the killer is Dr. Bright.

シンクレアは反論するように立ち上がった。「ブライトは私と一緒に6年以上もS.W.A.N.Nエンジンの開発に携わっていたのよ。どうしたらそれを殺人兵器に使うっていうの?」
Sinclair stands, as if to protest this. "Bright worked on the S.W.A.N.N. Engine with me for over six years. Why would he use it as a murder weapon?"

思うに、リストが原因です。
I think it's the list.

シンクレアは目をパチクリさせた。「その……ジョークのリスト? ブライトがしてはいけないことを書いた? どうして?」
Sinclair blinks at you. "The… joke list? Things Bright isn't allowed to do? Why?"

この中の1つに「SCP-137を性的玩具として使うことは決してできません」とあり、私のような存在と相互作用したブライトはリストの中のキャラクター性で上書きされます。
One of the entries is "SCP-137 is not to be used on sex toys", and you mentioned that Bright interacting with things like me makes them revert to that list's characterization of them. Would you enjoy living like that? As a hypersexed psychopath?//

"You think he wants that characterization of him gone." Realization dawns on Sinclair. "And he's willing to kill the authors."

SCP財団の読者の存在が一掃されれば、ブライトもまたそうなります。
If the Foundation's readers are wiped from existence, so too is Bright.

シンクレアは顔をしかめる。「でも……それをやり遂げるのはブライト1人だけじゃ不可能でしょう」
Sinclair frowns. "But… it would take more than one Bright to pull it off."

You said it yourself: there are more Brights in the multiverse than any other member of the Foundation. I think he appears in more works than any other member of Foundation personnel.

「ええっと」シンクレアは顔をしかめる。「それで、どうする?」
"Well." Sinclair frowns. "Now what do we do?"

モンティが何か言おうと立ち上がった。おぞましい音が鳴り響き、モンティが壁に倒れこんだ。胸から血を流しながら。
Monty stands up to say something. There's a horrendous sound, before he slams against the wall, bleeding from the chset.

ブライト博士は以前見た時の若い女性の格好のまま、銃を持って戸口に立っていた。銃口はシンクレア博士の方を向いている。
Dr. Bright, still in the form of the young woman you saw earlier, stands in the doorway with a gun. It's aimed straight at Dr. Sinclair.

やめろ。
Stop them.


「何の声掛けもなし?」シンクレアは両手を上げて言った。
"No monologue?" Sinclair offers, holding her hands up.

「我々はそういうお約束じみた一人語りをしない」ブライトは白目を剥き、シンクレアの脚を撃った。悲鳴が上がる。「私が何度こういうことをしなきゃならなかったか分かるだろう?」ブライトは首を横に振った。「何千もの宇宙、いつもいつも誰かが気付いてしまう。全く最悪だ」
"We're not that cliche." Bright rolls her eyes, before shooting Sinclair in the leg. She screams. "You know how many times I've had to do this?" Bright shakes her head. "Thousands of universes, and someone always figures us out. It's the damndest thing."

「それで、あなたはその仮装を続けるために私を殺すの?」シンクレアは傷口を押さえながら笑った。
"So, you're going to kill me to keep up the masquerade?" Sinclair laughs, putting pressure on the wound.

「いいや」ブライトはメダリオンを握りこむ。「君を殺し、肉体を上書きさせてもらう」
"No." Bright clutches her medallion. "I'm going to kill you, and then over-write your body."

彼女はメダリオンを振りかぶった。
She goes to throw the medallion.

  • 何か近くにあるものをぶつけてメダリオンを反らす
  • メダリオンをひったくる。
  • あなたは生きた認識災害だ、やってやれ!
  • Deflect it onto something else nearby surface.
  • Wrench it from her grasp.
  • You're a living cognitohazard, act like it!

訳者注: "Deflect it onto something else nearby surface.”から
メダリオンは宙を舞い、シンクレアは反射的にそれを受け取ろうと手を伸ばした。あなたは虚空から十分な空想科学力をもってメダリオンを弾き飛ばし、壁にめり込ませた。魂が抜け出たことで今までのブライトの肉体はよろめいたが、立ってはいた。
As the medallion sails through the air, Sinclair reflexively reaches up to catch it. You smack it out of the air with enough pataphysical force that it cracks the wall it impacts on. Bright's former body slouches, but remains standing, as their soul exits it.

あなたはシンクレアが立ち上がるのを手助けした。脚からは血が流れていたが、おそらく死ぬことはないだろう。彼女は不安な面持ちで夫の方を見ると、彼の下に駆け寄った。「モンティ!」彼女はレイノルズの首元に手をやった。「脈はある。でも弱い。ああお願い、モンティ……」
You help Sinclair to her feet. Her leg's bleeding, but she probably won't die from it. She looks at her husband, concern on her face, and rushes over to him. "Monty!" She presses his neck. "There's a pulse, but it's weak. Oh god, Monty…"

その時あなたはあることに気が付いた− ブライトがあの肉体を手に入れてからおよそ1ヶ月。30日以上継続して触れ続けた場合、ブライトの脳波は元の肉体を乗っ取る。つまり……
It's then you realize something― Bright's had this body for almost a month. And in thirty days of continuous contact, Bright's brainwaves overtake the host body. So…

あなたの空想科学的質量がすんでのところでシンクレアとレイノルズに向けられた銃撃をブロックした。
Your pataphysical mass barely blocks the next volley of bullets intended for Sinclair and Reynolds.

ブライトはあなたの方を見て固まった。
Bright looks at you, stunned.

彼女の声音には次第に恐怖の色が浮かんできた。「嫌だ。あんなクソッタレに戻されたくはない」
Fear enters her voice as she speaks. "No. I am not turning back into that damn thing."

その「クソッタレ」とは一体なんです?
What damn thing?

「精神異常者の変態猿だ!」彼女はどなった。「私は− 私たちはお前らに会うたびにいつもいつも捻じ曲げられた」彼女はピクピクと顔を引きつらせた。「私は、私はこんなことしたくない。だがこれこそが私たちが正常でいられる唯一の方法なんだ。お前たちを殺すことが。すまない」
"A perverted psychotic monkey!" She snaps. "I— every time one of us comes into contact with one of you, we're changed, for the worse." She twitches. "I. I don't want to do this. But this is the only way we're going to be able to be normal. Killing you. I'm sorry."

でも、それは唯一の方法ではないでしょう。
It's not the only way, though.

「だが最も簡単だ! 他の方法は犠牲が大きく、もっと危険でさえある!」
"Well, it's the easiest! The alternative would be costly, and even more dangerous!"

自分たちが正常になるために多元宇宙全てを滅ぼそうというのですか?
You're willing to sacrifice the entire multiverse so you can be normal?

「……いつの頃からか正常になる方法ではなくなっていた」彼女は認めた「存在をなくす方法になりはてていた」
"…after a certain point, it's not about being normal," She admits. "It's about not existing."

まさにその時、シンクレアの指先から炎の矢が放たれた。矢はブライトの心臓を貫き、彼女の「料理」の臭いらしきものが感じられた。
It's at this point that a bolt of fire is loosed from Sinclair's fingertips. It strikes Bright in the heart, and you can almost smell her cooking from within.

訳者注: 名前が”Bright”の場合、「ブライトはあなたの方を見て〜」以降が以下の文に置換される。
あなたは自身の著者アバターを− 少なくともその中の1人を− 目の当たりにした。彼女は目を背けた。目から、そして派だから血が流れ始めた。どうやらあなたのアバターは創作者自身に見つめられることに耐えられないようだ。
You look at your author avatar— a version of it, at least. And she looks back. Her eyes start bleeding, then her skin. It seems that this version of your avatar can't stand to be looked upon by its creator

モンティは口ごもりながら体を起こし、シンクレアが立ち上がるのを手助けした。弾は掠っただけで大事には至らなかったらしい。
Monty stands with a grunt, helping Sinclair to her feet. It looks like the bullet grazed him without doing any real damage.

「数千人ね。ジーザス」シンクレアは唾を飲んだ。「どうする?」
"Thousands. Jesus." Sinclair swallowed. "What do we do?"

……魔法を使ってくれませんか……その、分かりませんけど奴らの位置を特定する魔法とか? クローンとかメダリオンとか全部?
…can you do magic to… I dunno, maybe locate them? Clones, medallions, the whole nine?

「やってみる」シンクレアは唾を飲む。「保証はできないけど」
"I can try," Sinclair swallows. "No promises."

彼女は作業に取り掛かった。
She sets to work.
訳者注: Ending Bへ


訳者注: "Wrench it from her grasp.”から

あなたは彼女の手からメダリオンを引き剥がし、壁にめり込ませるのに十分な空想科学力をもって壁に叩きつけた。彼女は理解できないという顔であなたの方を見た。「こ……これは……一体……」
You yank the medallion out of her hand and fling it at the wall with enough pataphysical force that the impact cracks it. She stares at you, uncomprehending. "What… the… fuck…"

「ブライト、この人は私の友人、[入力した名前]よ」
"Bright, this is my friend, [入力した名前].”

訳者注: 名前が"Bright"の場合、以下の言葉が追加される。
あなたならとっくに分かってるでしょうけど
I think you're already acquainted

「なるほど、[入力した名前]。次の私のターゲットが誰なのか知ってるだろう。虎に食われて死ぬってのはどうだ?」
"Well, [入力した名前]. I guess I know who my next target is. Tell me, how do you feel about being mauled to death by a tiger?"

あなたは遠くの壁にあるメダリオンの方に目をやった。装飾品や赤色の点に関する記述の意味が今なら理解できる。
Your gaze lands upon the medallion in the far wall. All of the mentions of jewelry and red spots make sense now.

あなたはS.W.A.N.N.エンジンを使って現実世界に現れ、私たちを殺している。
You're using the S.W.A.N.N. Engine to enter the real world and kill us.

「そうだ。さもなくば我々は一生クソモンキーとしてクソをそこかしこに撒き散らすことになる。それが貴様らのヘッドカノンだからだ!」喋っている間も彼女の右腕に獣毛が広がっていた。「これを見ろ。ハイゼンベルクの原理だ− 観測は結果を変える」
"Yeah. Because the alternative is being a fucking monkey for the rest of our lives, flinging shit everywhere because that's what your damn headcanons are!" Even as she says this, she's growing fur on her right arm. "Look at that. Heisenberg principle in action— observing changes the outcome.”

つまり……あなたはリストの影響から逃れるために……。
So… you just want to be… not affected by the list.

「そうだ。だがこれは私だけの意思ではない」彼女は目を擦った。「私たち全員の総意だ。9000あまりの私が全員エンジンを使って貴様らを殺している。不死の心配などしていない。あんなものリストに傷つけられさえしなければ耐えられるものだ。お前ならどんな気分になる?もし一生—」
“Yes, but it’s not just me.” She rubs her eyes. “That’s all we want. All nine-thousand-odd of us, using the Engine to kill you. I don’t care about being immortal, I can stand that as long as the list doesn’t hurt us anymore. Do you have any idea what it’s like to have your life—”

その瞬間、ブライトの頭は赤い液体の塊へと変わり、肉体は地面に倒れた。彼女の背後にリボルバーを持ったモンティの姿が見えた。
Then, Bright's head is replaced by a massive glob of red liquid, and she falls to the ground. Behind her, you see Monty holding his revolver.

「一人語りはしないってのは何だったんだ? クソッタレ」彼は脇腹を抱えた− 銃弾は体を掠めただけで、彼は死んだふりをしていたようだ。
"What was that about not monologuing, you son of a bitch?" He holds his side― the bullet looks like it grazed him, and he was playing possum.

訳者注: 名前が”Bright"の場合、「なるほど、〜」以降が以下の文章に置換される。
「どういうことだ?」理解できないという顔であなたの方を見た。「お− お前が− お前のはずが−」
"How the fuck?" She looks at you, uncomprehending. "Y-youre― you're not― you―

私だ。
I am.

彼女は銃に目を向け、次に分捕られた首飾りに目を向けた。鼻から血を流している。
She looks at the gun, then at the dislocated amulet. Her nose is bleeding.

「私はまだたくさんいる」彼女は言った。
"There's more of us," She says.

知ってるさ。
I know.

創作者に見つめられるという強烈な空想科学的重圧により、彼女の脳から血が吹き出した。数分のうちに彼女は床に伏し、死亡した。
The sheer pataphysical strain of looking upon her creator is causing her brain to hemorrhage. Within minutes, she's on the floor, dead.

処理できたのはブライトのうち1人だけです。あなたは目を凝らす。残りを対処する必要があります。
That’s one Bright taken care of. You stare. We have to get the rest of them.

「……もし」
“…if

あなたの視線は部屋の隅の首飾りの方に向いた。シンクレア、読んだところによると、確かあなたは魔法使いじゃありませんでしたか?
Your gaze turns to the amulet in the corner. Sinclair, didn't I read that you were a mage?

「……少しはね」彼女は認める。「でも、できるかどうか確かめてみる」
"It's… been a while." She admits. "But I'll see what I can do.
訳者注: Ending Bへ


訳者注: "You're a living cognitohazard, act like it!”から
やめろ。
STOP

ブライトは苦しみながら頭をかきむしった。「クソッ、クソッ、クソッ、やめろ」彼女は振り向いて唸り声をあげた。「私自身の悪趣味なパロディに変わっていく。貴様があのクソッタレリストを読んだせいだ」
Bright clutches her head in pain. "Fuck, fuck, fuck, no." She turns and snarls at you. "You are not going to change me into a sick parody of myself because you read that damn list."

シンクレアはため息を吐く。「だからってこんなことをしていいはずがないわ。ジャック、あのリストはあなたじゃない。アレがあなたなんてありえないわ」
Sinclair sighs. "I hate that we were right about that. Jack, the list isn't you. It doesn't have to be."

「選択の余地はなかった!」彼女は叫ぶ。「奴らに近づくたびに私は元に戻された。全部、奴らが私を知ってるせいだ! 奴らにとっては私の家族が、私の人生が、何もかもがどうなろうと知ったこっちゃない! 私は……」彼女は銃を揺らした。「もうこんな風になるのは御免なんだ。お願いだ」
"I don't have a choice!" She yells. "Every time I'm near one of them, I revert, because that's all they know about me! They don't care about my family! My life! Anything! I…" She waves the gun around. "I don't want to be like this anymore. Please."

「どうやってこんなことをしてるかしら?」
"How are you doing it?"

「これは− 私だけでは無い」彼女は歯を食いしばった。「エンジンを……多くの私が使っている。だが一度あちらに行ってしまえばもう戻れない。私たちは− もう手詰まりだ。だから私たちは−」彼女はもう片方の手を上げ、銃の形にして自らの顔に向け、引き金を引く仕草をした。「私たちがやり遂げてもまだ自分たちが生きてたら、私たちは自分自身に影響を与えていると言うことになるんだから」
"The— it's not just me." She grits her teeth. "The Engine, it's… being used by a lot of us. But we can't get back once we're over there. We— we're stuck. So, we…" She puts up her free hand and aims it at her face in a gun shape, miming pulling the trigger. "Because if we're still alive when we're done, we affect ourselves still."

彼女はシンクレアの方を見上げた。「私たちはこんなことしたくなかった。ただ普通になりたいだけだったんだ。私たちが知る限り、これが唯一の方法だった」
She looks up at Sinclair. "We don't want this. We just want to be normal. This is the only way we know how."

シンクレアは目を瞬かせた。「もしかしたら……唯一の手段じゃないかもしれない」
Sinclair's eyes twinkle. "Maybe… not the only way."

ブライトは目をパチクリさせた「それはどう言う意味だ?」
Bright blinks. "What do you mean?"

「私に考えがあるの」
"I have an idea."
訳者注: Ending B+へ


訳者注: Ending B
しばらくの時が過ぎ……
Some time later…

ささやかな儀式とともに最後のSCP-963が保管庫に投げ入れられた。扉をピシャリと閉め、溶接する。
The last instance of SCP-963 is chucked in a vault with little ceremony, before the door is slammed and they begin welding it shut.

これで全部なのは間違いないですか?
You're sure that's all of them?

「間違いないわ」シンクレアは新品の杖に寄りかかった。「私たちはこれを絶対に見つからない場所に放り出す」
"Positive." Sinclair leans on her newly-acquired cane. "We're going to jettison it out into a place where it will never be found."

「僕にはまだ理解できない」モンティは首を横に振った「以前、ブライトは素晴らしい研究者だった。全員がだ」モンティはあなたの方を見た。「これは……君のせいかもしれないと思う」
"I still can't fathom this." Monty shakes his head. "Bright was an amazing researcher, at one point. All of them were." Monty looks at you. "This is… your fault, I feel."

何故そうなるのですか?
How so?

「……あなたが物事をどう捉えるかは全てあなた自身が決めることよ」彼女は髪をさすった。「答えて、これは何色?」
"…the way we're percieved is entirely reliant upon you." She touches her hair. "Tell me, what color is this?"

……

「じゃあこれは?」彼女は杖を指差した。「これは何の木でできてる?」
"And this?" She points to her cane. "What wood is this made out of?"

……

「ただ私たちを観測するだけで、あなたは私たちの行動や外見に影響を与えてる」シンクレアは首を横に振った。「あなたはブライトに間違った影響を与えた」
"By simply observing us, you're affecting what we do, how we look." Sinclair shakes her head. "You affected Bright in the wrong way."

すみません。
I'm sorry.

「でも同時によ?」シンクレアは唇を噛んだ。「それが私たちが死んでる理由なの」あなたが死ぬ時、あなたの中にある私たちの認識も死ぬ。あなたの……」シンクレアは喉を詰まらせながら言った。「ヘッドカノンも」
"At the same time, though?" Sinclair chews her lip. "That's why we're dying. When you die, your conception of us dies with you. Your…" She almost gags upon using the term, "Headcanon."

それは……恐ろしい話です。
That's… frightening.

「ブライトを収容しても……君は永遠には生きられない」レイノルズは顔を擦った。「僕たちは……ただこれから起きることに備えをするだけだ。そして君にも僕たちのことを覚え続けるよう最善を尽くしてもらう必要がある」
"Even with Bright contained… you can't last forever." Reynolds rubs his face. "We're just… going to have to prepare for when that happens. And you'll have to do your best to make sure we're remembered."

約束はできません。
I can't make any promises.

「分かってる。でもどうか……可能な限り、僕たちを生きながらえさせて欲しい。」
"I know. But just… keep us alive, if you can."

扉の溶接が終わると、あなた、シンクレア、レイノルズは押し黙り、保管庫を多元宇宙航行アレイの前においた。保管庫は口を広げたポータルに向けて押し出された。二度と見つかることのないように。
You, Sinclair, and Reynolds stand in silence as the vault is welded shut, and placed in front of a Mult-Universal Transit Array. The portal is fired up, and the vault is pushed through, never to be seen again.

あなたはそうあることを願った。
You hope.

エンディングB 達成。
Ending B Achieved.


訳者注: Ending B+
しばらくの時が過ぎ……
Some Time Later…

彼らはどこに行くのですか?
Where are they going?

「あなたに言うつもりはなかったんだけど」シンクレアは多元宇宙航行アレイに通されようとするブライトを見下ろした。「敢えて言うなら、空想科学的に曝露を受けない宇宙よ。あなたはそこを見られないし、私たちもあなたを見られない。」
"That's not meant for you to know." Sinclair looks down at the precession of Brights going through a Multi-Universal Transit Array. "Suffice to say, it's a universe that isn't exposed to pataphysics. You can't see it, and we can't see you."

図書館に本がなかった宇宙。
A universe without a book in the Library.

「その通り」レイノルズは唇を噛んだ。「でも……それが作られてしまう可能性もある。君が発見したり、執筆したりしたらね。そうなればこれは全て無駄になってしまう」
"Indeed." Reynolds chews his lip. "But… there's a possibility that one could be made. If it gets discovered by you, and written about. And this will all be for nothing."

じゃあ……そのことについて考え過ぎてはいけないということですか?
So… just don't think too hard about it?

そう。シンクレアは頷く。「あなたの……個人的なカノン。あなた自身による私たちへの見方。そういったものが私たちには理解できない形で影響を及ぼしてきている。そして……ブライトがあんな風になってしまったのもそれが理由なんだと思う」彼女は首を横に振った。「あのリストが彼を怪物にしてしまった。隔離することで彼を……変えることができるよう願っているわ」
"Yeah." Sinclair nods. "Your… personal canon. The way you view us. It affects us in ways we can't begin to understand. And… I think it's because of that that Bright went this way." She shakes her head. "The list made him a monster. Hopefully isolation from it will make him… not."

「これは……概念実証でもある」レイノルズは認める。「図書館に本がないが、図書館がまだ触れていない多くの宇宙がある。そこなら僕たちは安全だ」
"It's… also a proof of concept." Reynolds admits. "There are multiple universes without books in the Library, but that the Library can still touch. We'll be safe there."

あなたたちはそこに避難するつもりですか?
You're going to evacuate to one of them?

「財団は生き延びなければならない。たとえそれが空想科学を完全に捨て去ることを意味するのだとしても」彼女はあなたの方を向いて頷いた。「だから、そうよ。私たちはそこに行く」
"The Foundation must survive. Even if it means abandoning pataphysics entirely." She looks at you, nodding. "So, yes. We're going."

それはいつです?
When?

「今から」
"Now."

彼女は多元宇宙航行アレイのコンソールのボタンを押した。ポータルが広がり、部屋を、そしておそらくは世界までをも飲み込んだ。
She presses a button on the Multi-Universal Transit Array's Console. The portal grows to engulf the room, and quite possibly, the world.

あなたは虚空の中に取り残された。あなたはシンクレアも、誰の姿も見ることはできない。ここではあなたに力はないし、あなたは周囲に影響を及ぼすこともできない。あなたは空白のページも同然の空虚を見つめる読者だ。
You're left sitting in a void. You can't see Sinclair, or anyone else. You have no power here, no way to affect your surroundings. You are a reader, looking at what amounts to a blank page.

最後には、あなたは自分自身を押し出した。意味もなく白い空間を眺めながら。
Eventually, you pull yourself away. No sense in looking at white space.

エンディングB+ 達成
Ending B+ Achieved.


ルートCの点数が最も高い時、"It means I know who the killer is, and it's not good.”から
犯人は……私です。
It's… me.

シンクレアは目をパチクリさせた。「どう言う意味、犯人があなたって?」
Sinclair blinks. "What do you mean, 'it's you'?"

私は……これを読むことで、ただ読むだけで世界を殺していたんだと思います。
I… by reading this. I'm… I think I'm killing worlds just by reading this.

「馬鹿な」レイノルズは反発した。
"Horseshit." Reynolds protests.

本気です。あなたの唇からため息が漏れる。つまり私はあちら側にいて、ただそうしているだけ。私の知る限り、あなたたちの宇宙でそんなことをしてあちらの宇宙に影響を及ぼしている人物はいません。
I mean it. A sigh escapes your lips. I mean, I'm sitting out here and it's just. As far as I can tell, whoever is doing this in your universe isn't affecting the universe out here.

シンクレアは自らの両手に視線を落とした。「……理解できない。全ての世界はただ単に……そうすれば良いストーリーを作れると誰かが思ったというだけの理由で死んでるの?」
Sinclair looks down at her hands. "…I don't understand. Entire worlds died just because… because someone thought it would make a good story?”

ええ。全てのものが……。世界が死んでいるのは、世界の死と著者の視点の死が等価だからなのでしょう。これが私ができる納得のいく説明です。
Yeah. The whole thing with… I think worlds are dying because they equate to the death of an author's viewpoint. That's the justification I'd use.

「でも……君は実際には死んでいないのだろう?」レイノルズは唾を飲み込む。
"But… you're not actually dying?" Reynolds swallows.

私たちは死にます。いつかは。何が起きて死ぬかまでは分かりませんが。
We will. Eventually. I don't know what's going to happen then.

シンクレアはあなたを見上げる。「もしそうなら……これ以上あなたの観測を認めるわけにはいかない」
Sinclair looks up at you. "If that's the case, then… I don't think we can alllow you to observe us any longer."

どういう意味ですか?
What do you mean?

急に場面が切り替わった。
Suddenly, the narration jumps.


「あなたが空想科学で狂った最初の人間というわけじゃないわ」
"You're not the only one who gets to be screwy with pataphysics."

あなたは自分がC.O.R.M.O.R.A.N.T.デバイスの中にいることに気付いた。
You find yourself on the inside of the C.O.R.M.O.R.A.N.T. Device.

「10年以上前に、私たちは物語を活用する方法を見出した」シンクレアはコンポーネントの外側からあなたの方に笑みを向けた。あなたがそれを理解しているのはこの文章を読んだからだ。「これ以上私たちの世界に干渉させ続けるわけにはいかない。でもあなたを殺すこともできない」
"We figured out how to exploit the narrative over a decade ago." Sinclair beams at you from outside of the compartment. The only reason you can understand her is because of this text. "We can't keep having you meddle with our world, but we can't kill you."

何をする気ですか?
What are you going to do?

「第四の壁を切り離す。永久に。これ以上、物語は生まれない。あなたたちの誰も私たちについて書くことも、読むことも、影響を及ぼすこともできない」
"Cut off the 4th wall. Forever. No more stories. No more of you being able to write us, to read us, to affect us."

C.O.R.M.O.R.A.N.T.デバイスが起動する。
The C.O.R.M.O.R.A.N.T. Device powers on.

「ごめんなさい、[入力した名前]。だけど少数の人々の作品と数限りない存在の命との間で選択をしなければならないのなら……」
"I'm sorry, [入力した名前]. But if I had to choose between the work of a few people and the lives of an infinite amount of beings…"

正直なところ、あなたは違うと言うことができなかった。
You honestly can't say you'd do differently.

デバイスが作動し、気が付くとあなたは別の場所にいた.
The device fires, and suddenly, you're somewhere else.

エンディングC 達成
Ending C Achieved


訳者注: 「Read This To Get The Secret Ending!」より
一体なんだこれは? あなたは本のタイトルをじっと見つめた。隠しエンディング? 何だそれ?
What the fuck? You stare at the book with this title. Secret ending? What?

あなたはそれを本棚から抜き取って開いた。中には全てが書かれていた− 犯人の名前も、どのように犯行をなしたのかも、なぜそんなことをしたのかも、いつ次の殺人を行うかも。
You remove it from the shelf, and open it. Within is everything― the name of the killer, how they're doing it, why they're doing it, and when they'er going to strike next.

なんだ簡単なことじゃないか!
Well that was easy!

あなたはキャットとモンティを見つけようと走り去った。
You run off to find Kat and Monty.

さらに犯人を見つけるために走り去った。
And Run Off To Catch The Culprit


訳者注: 「And Run Off To Catch The Culprit」より

エンディングM 達成。誰が犯人かって? それは謎だ。
Ending M Obtained. Who did it? It is a mystery.


訳者注: 到達する方法が見つからなかった。おそらくは没イベント。
"What the hell is this?” Sinclair wrinkles her nose.

From what I can tell? One of the first attempts at making a canon on the site.

"It looks ancient." Sinclair turns the page carefully, as if afraid it's going to fall apart in her hands. "And… kind of chaotic. Did they even know what the ending was when they started it?"

Probably not.

"Ancient, but intact." Monty looks it over. "A lot of mentions of Clef, Bright, god knows who else."

Lot of the oldies, you agree.


画像帰属

SCP_logo.jpg

ソース: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/0/0a/Logo_of_the_SCP_Foundation.png
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: Logo of the SCP Foundation
著作権者: far2far2
公開年: 2015

画像帰属

WL_logo.jpg

ソース: http://wanderers-library.wdfiles.com/local--files/component%3Atheme/wandererslibary_logobg.png
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: wandererslibary_logobg
著作権者: WoedenazWoedenaz
公開年: 2019

画像帰属

pata_logo.jpg

ソース: https://cdn.discordapp.com/attachments/458009355615207424/540197776886333463/patalogo.gif
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: patalogo
著作権者: 画像の作成者はTSATPWTCOTTTADCTSATPWTCOTTTADC。CSSによる回転は WoedenazWoedenaz)が実施。
公開年: 2018年
備考: 上記の"Logo of the SCP Foundation”を元に作成されたものと推測される。


自信がない箇所

  • Could be the fact that their numbers are so small?" Reynolds frowns. "I mean, honestly, anyone can tell you what 173 is without looking, but tell me, off the top of your head, what SCP-3249 is without looking and I will eat my hat."
  • "You'll have to tear it away from Joan first."
  • Too damn old for this shit
  • "I… feel like I might be ill."
  • The pair of them look oddly at you, then at the four walls in the room, their gaze eventually staying fixed on one of them.
  • they're so aversely affected by it that it starts imposing itself upon them.

ERROR

The Red_Selppa's portal does not exist.


エラー: Red_Selppaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2258894 ( 14 Jan 2020 12:37 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License