光の探求者の日誌
評価: 0+x
blank.png

※ページ遷移構文を使用しています。コメントして頂くのは、このページのディスカッションがおすすめです。

シャルル・ド・ゴール空港第2ターミナルに降り立ったJALの旅客機、その搭乗口から天使は姿を現した。お嬢様の"福音の断章"が告げた時刻から1秒のずれもなく。毎度のことながら、その正確さには驚かされる。

天使の外見はごく普通の女性だった。まだ若い。俺より少し年上と言ったところか。滑走路を吹き渡る風に、つやのある黒髪をなびかせている。その無駄のない足運びから、武術の心得があるのが見て取れた。おそらくは日本人だろうし、やはりジュードーかカラテか。

一瞬、女性が顔を上げ、確かにこちらを見た。気付かれた? まさか。俺は管制塔の屋根に停まったカラスの目を通して見ているのだ。気付かれる訳が──いや、正体を考えれば、有り得ない話ではない。俺は右目の視界はカラスと共有したまま、左目の視界だけを自分の肉体に戻す。まずは主に報告を。

「お嬢様、天使を発見しまし──」

「まあ、ニコラ、ご覧なさいな!」

リュミエール騎士団ようする特殊能力者、"聖別されし者"のお一人で在らせられるマティルドお嬢様は、アイスブルーの瞳を輝かせながらくるくると周囲を見渡している。このお方こそ、身命をしてお使えすべき我が主──もっとも、ご本人は俺を「パートナー」とお呼びになってはばからないが。

「何て大きな飛行機なんでしょう。あら、あのお店はスターバックスかしら? わたくし、キャラメルフラペチーノが飲んでみたいですわ!」

ストラスブール分団領のグランドマスター"語らざる"ギヨーム様のご令嬢にして、自らも神に選ばれし者とは言え、まだ十代の少女である。しかも、騎士団の修道院で育てられたせいで、俗世には慣れておられない。ヨーロッパでも最大級のこの空港は、さぞ好奇心が刺激される場所だろう。

とは言え、今は任務に集中して頂かないと困る。

「お嬢様、観光は任務の後に──」

「あら、ごめんなさい。天使様はどちらに?」

天使が施設内に入ったため、俺は視界を梁上のネズミに移す。天使は入国手続きを済ませ、RERの駅に向かうようだ。そう告げると、お嬢様は目を丸くする。

「ニコラはすごいですわねえ」

「──こんなもの、ただの技術ですよ」

"共生"など、騎士団の実働部隊たる"探求者"なら使えて当然だ。"秘才"は騎士団秘伝の修練の賜物たまものとは言え、人間が文明の発達によって忘れた能力を思い出させたに過ぎない。福音の断章のような奇跡とは違う。

俺に特別な点があるとすれば、このお方の従者になれたこと──それだけだ。

天使に先回りすべく、人ごみをき分けて進む。お嬢様がはぐれないよう、お手を繋ぎながら。俺は気恥ずかしさを誤魔化すために──お嬢様は平然となさっているが──、数日前のことを思い出していた。

お嬢様が日課である"光の書"の黙読をなさっていた時のことだった。突如、お嬢様の頭上に光輪が現れ、その緩やかに波打つ金髪を 燦 然 さんぜんと輝かせた。福音の断章が発動したのだ。何度見ても、畏敬の念を抑えられない光景だ。

俺がいつものように"I-Light"──騎士団員に支給される情報端末──をお渡しすると、お嬢様は虚空を見つめたまま報告書作成アプリ"Æden"を起動して、指がぶれて見える程の速度で各項目を記入していく。そう、通常なら苦労して天使を探し出し、危険を犯して性質を探らなければ書けない報告書を、あらかじめ書いてしまえる能力。それが福音の断章だ。

内容は黙示録のごとく難解な表現が多いが、外れたことは一度もない。加えて、時刻や場所など、間違えようがない情報は常に正確だ。お嬢様はこの能力で多くの天使と接触し、騎士団に引き入れてこられたのだ。
 

 

  • goi-format
  • jp
  • リュミエール騎士団
  • scp-014-jp-j

 
リュミエール騎士団ハブ(Deepl翻訳) よろしければ、ご批評の参考にどうぞ。堕天使アザナエルはこの記事中に登場する「謎の忠告者」をモデルしています。

◆心配な点

1. 面白いでしょうか? ウリとしては、リュミエール騎士団という日本支部ではあまり知られていないGoIの実像、そこに属する人々のドラマ、アイスヴァインがフランスでもおちょくられる(?)ギャグ展開、かと思いきやまさかの超展開、といったところですかね。

2. リュミエール騎士団フォーマットが活きているでしょうか? できれば正体がアイスヴァインであることは、マティルドの「勿論、あなたをお迎えに上がったのですわ、アイスヴァイン様」まではバレたくないんですよね。

3. 分かりづらい点はないでしょうか? 要するに、アイスヴァインことエージェント・立花には本当にアザナエルという名前の堕天使が憑依していて、彼が神に対抗するためにマティルドをおびき寄せて勧誘したら、守護霊のジャンヌ・ダルクに阻止された・・・というストーリーです。

4. リュミエール騎士団に興味のない方にも楽しんで頂けるでしょうか?

5. 描写不足な場面はないでしょうか? なるべく文字数を抑えようと、かなり急ぎ気味に書いたので・・・。

その他、お気づきの点があれば遠慮なくご指摘下さい。可能であれば代案もご提示頂ければ助かります。

◆用語の翻訳について

リュミエール騎士団ハブを元に、基本的にはなるべく無難な訳を選びましたが、直訳ではどうしてもそぐわない用語は意訳しました。もっと相応しい訳があれば、ぜひご教授下さい。

昇位(Ascensions) リュミエール騎士団による異常存在の分類。第1昇位・能天使(知性が低いか、そもそも自我がない。動物や物品など)、第2昇位・力天使(人間並の知性を持つ。特殊能力者や人型実体など)、第3昇位・権天使(法則そのもの。異常空間やミームなど)、第4昇位・座天使(高次元の存在。神格実体など)。

本来の意味は「上昇」「昇天」。1~4まで順位が存在すること、順位が上がる程に神に近い存在になることから、地位という意味を含ませこのように翻訳しました。

唱別(Chœurs) 昇位のサブ分類。各昇位に4種類存在する。備えた能力、人間に対する態度などで分類される。本来の意味は「合唱団」「所属団体」「同意見の人々の一団」「曲目」「教会の内陣」など。ここでは神が指揮する「世界という合唱」のどの部分を担当しているか、というイメージでこのように翻訳しました。

秘才(Prodiges) 本来の意味は「神童」「天賦の才能」など。隠されていた才能、というイメージでこのように翻訳しました。


ページコンソール

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The ykamikura's portal does not exist.


エラー: ykamikuraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2257305 (18 Jun 2018 09:42)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License