SCP-066-FR - そして均衡は保たれる(Deepl翻訳)

DeepLReverso Contextで翻訳しました。私は精度に責任を持てません☆
※原語版はこちら

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-066-FR

脅威レベル: 白 ○

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-066-FRはその性質上、移動することができないため、発見場所であるメルカントゥール山塊の洞窟に留め置かなくてはなりません。財団は、定期的なパトロールとレーダーによる常時監視により、SCP-066-FRへのアクセスを維持する必要があります。実体の存在する洞窟内には、少なくとも5人の武装した警備員が常駐しなければなりません。洞窟内に基本的な設備を整備し、常時監視が可能な状態にして下さい。

説明: SCP-066-FRは、高さ4m、幅6mの純金製の天秤です。
天秤の各皿には、左の皿には純度100%のルビー、右の皿は純度100%のエメラルドの直径1mの球体が乗っています。各皿の下の床には、対応する皿の上の球体と同じ素材でできた直径1メートルの円形の面が付属しています。
この天秤は、一般的な天秤のように、それぞれの皿にかかる重さに影響されないようです。それにもかかわらず、バランスはルビー球のある左側に極めて顕著に傾いています。

SCP-066-01-FRは、SCP-066-FRを通して発話する存在です。SCP-066-01-FRはSCP-066-FRを「利用」しており、その仕組みを知っていると思われることから、この2つの存在を区別することが可能でしょう。
SCP-066-01-FRの中心にあるアーチ状の部分を通して、SCP-066-FRに話しかけることが可能です。洞窟全体が次元の異常であるように見えますが、それがどこにつながっているのかを調べる実験はすべて失敗しています。
SCP-066-01-FRは、異常な繋がり方をした次元から来たと思われ、財団のメンバーと交流を繰り返してきました。

SCP-066-01-FRが述べたいくつかの事柄はすでに検証されており、彼が常に真実を語っていると信じるに足る十分な理由があります。ただし、セキュリティ対策として、SCP-066-01-FRで提供される情報はすべて検証される必要があります。

SCP-066-01-FRによると、SCP-066-FRは均衡を保つ役割を担っており、それぞれの皿に働く重量ではなく、それぞれの球体に関わる力の大きさに影響されます。

SCP-066-01-FRによると、エメラルドの球体は自然からエネルギーを得ているそうです。つまり、生物多様性の重要性、水や森林の状態、空気の清浄さなど、環境の良い状態に貢献するさまざまな要素が含まれています。
ルビーの球体は、人類の技術進歩からエネルギーを得ています。

これらの事実は、2011年の福島原発事故の際に検証されました。その後、数週間のうちに、天秤のルビーの皿はエメラルドの皿よりも地面に近い位置に移動しました。

  • scp
  • fr
  • Euclid
  • リュミエール騎士団
  • 自我
  • サイト-タブ

ERROR

The ykamikura's portal does not exist.


エラー: ykamikuraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2257305 ( 18 Jun 2018 09:42 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License