蛇と焚書のカルテット: 終演

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


予定url: http://scp-jp.wikidot.com/quartet-prologue
予定タグ: tale-jp 蛇の手 世界オカルト連合 放浪者の図書館 チームコン20
rating: 0+x
blank.png

これは復讐の物語であった。


視界の果てまで、ビル並の高さがある本棚が立ち並んでいる。

しかし、それらはことごとく空っぽだった。本は一冊も収まっていない。巨大で空虚な本棚の谷間を、ラムダは相棒のレンジを探してふらふらと彷徨さまよっている。どこからともなく差し込む、黄昏たそがれのような弱々しい光が、その孤独な姿を照らしている。

盾役の自分を差し置いて、無茶ばかりするレンジ。

放浪者のシンボルもろくに読めなくて、しょっちゅう自分に通訳させるレンジ。

あんたはどうしたいのと尋ねても、お前が決めてくれとしか言わないレンジ。れっきとした人間だというのに、その振りをしているだけの自分以上に分からずにいるかのように──人としての生き方が。

「レンジ──どこにいるの」

子供っぽい口調とは裏腹にしっかり者と称されるラムダだが、今にも泣き出しそうなその声は、本当にただの子供のようだった。いつも"頼りない相棒"を引っ張ってきたラムダは、最早どこにもいない。少し前に目撃した光景に、彼女は思い知らされていた。自らの選択が招いた結果を。

かつての仲間たちの、血まみれの死体。

「アレン、ヒナ、パヴェル──シエスタ」

一人一人呼びかける。虚空に墓碑銘を刻むように。

(ごめん──私のせいで)

きっと彼らは、自分を裏切り者と憎みながら死んでいったのだろう。事実、その通りだ。自分のわがままが百歩蛇ひゃっぽだの手とGOCの排撃班、二組の復讐者を出会わせ、血で血を洗う復讐劇を演じさせた。

それなのに、自分だけがこうしてのうのうと生きている。

「レンジ、返事して!」

排撃班に発見される危険も忘れて、ラムダは相棒の名を叫ぶ。いっそ、排撃班の連中でもいいから、生きて姿を見せて欲しかった。しかし──。

「!」

本棚を回り込んだラムダは、息を飲んだ。排撃班の隊員たちの死体と、本棚にもたれている相棒の姿を見て。

慌てて駆け寄る。排撃班の隊員たちは、全員が額を粉砕されていた。レンジが一人でやったのか。見たところ、彼は大きな怪我はしていないようだが。

「レンジ、あんたはまた無茶して──」

ラムダの言葉が凍り付く。ぐらり、レンジの身体が傾き、倒れる。そこで初めて見えた。何らかの爆発物にやられたのだろう、レンジの身体が半分になっているのが。そんな姿になってもなお、レンジの手は獲物のネイルハンマーを握り締めていた。

「────」

頭の中が真っ白になるという感覚を、ラムダは身をもって知った。

よろよろとレンジの死体にかがみ込む。その懐から一冊の古文書が覗いているが、ラムダはそこまで気が回らない──この本なき図書館で、それはあまりに不自然な光景だと言うのに。

(私が、私がこいつを付き合わせたから──)

ラムダは今こそ思い知った。相棒に頼っていたのは、自分の方だと。

本当にレンジのためを思うなら、一人で逃げるべきだったのだ。こいつなら、百歩蛇の手に残るにせよ、どこかへ移るにせよ、きっと上手くやっていけただろう。正義だの信条だの、そんな大義名分にすがらない、適当で強いこいつなら。

ラムダの拳が震える──許せなかった。レンジを殺した世界も、相棒を守れなかった自分も。

何もかも、消えてしまえと思った。

その目から、漆黒の液体金属が流れ落ちる。否、涙などではない。人間ではない彼女に、そんなものは流せない。強烈な自己否定が身体の結合を緩め、崩壊を招いたのだ。それは、あたかも受け止めるかのように、開かれた古文書のページにこぼれ落ち──。

「消えろ、消えちゃえ、みんな、みんな、みんなみんなみんなみんなみんなみんな──!」


ラムダの慟哭どうこくに呼応するように、世界が歪んでいく。

公園の木々は生首を生やした植物にとって変わられ、散歩中の犬は鎖に繋がれた奴隷に変貌し、東京スカイツリーはねじれたピラミッドのような建物へと姿を変える。

誰もそれを異常だとは思わない。あらゆる文字が見たこともない象形文字に置換されても、元からそれを使っていたと皆が信じて疑わない。コロシアムでは人々が奴隷試合に熱中し、母親たちは嬉々として我が子を生贄に捧げ、通りでは偉大なる女王の3000歳の誕生日を祝うパレードが行進している。

最早、ラムダやレンジが生きていたことなど、誰も覚えていない。その喜びも、悲しみも。

それはある意味、究極の救いではないだろうか──。


こうして、彼らの復讐は終わった。
 

ハブページ | 終演 | 第一項


ERROR

The ykamikura's portal does not exist.


エラー: ykamikuraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2257305 ( 18 Jun 2018 09:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License