SCP-056-FR - その名が忘れ去られんことを(Deepl翻訳)

DeepLReverso Contextで翻訳しました。私は精度に責任を持てません☆
※原語版はこちら

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-056-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-056-FRは、サイト-タブ北棟の25m×10m×3mのチャンバーに収容して下さい。

いかなる場合においても、収容プロトコルを一つでも開発した人物は、SCP-056-FRに接触させてはいけません。SCP-056-FRと人間が接触することは、サイト-タブ管理官の署名入りの承認がない限り、固く禁じられています。

SCP-056-FRを観察し、会話するために、厚さ30cmのガラス窓をチャンバーの両脇に設置して下さい。

説明: SCP-056-FRは純金の粉に似た意識を持つ霧で、現在の体積は733.3m3です。霧は地面から数センチ浮いていますが、高度10メートルまで上昇することができます。

人間がSCP-056-FRに接触すると、本体から閃光が発せられ、接触した部位は現実と歴史から消去され、あたかも存在しなかったかのような状態になります。また、その部位が必要とされる、あるいは何らかの形でその部位に起因するすべての行為も、歴史から抹消されることになります。

欠損した部分と身体そのものとの間に介在する部分は、切り株のように瘢痕組織で覆われることになります。

患部が、それ無しでは現在の年齢まで生き延びることができなかった生存に不可欠な部位を含んでいる場合、SCP-056-FRによる欠落により、より早く死亡したであろう以前の自分自身に変化することになります。この場合、接触前の年齢と早められた死亡時の年齢の差によって、被写体は多かれ少なかれ腐敗したように見えます。

もし人間がSCP-056-FRに完全に入ることがあれば、その存在すべてが、すべての行動とともに消去されます。これには、子孫も含まれます。

SCP-056-FRおよび閃光の目撃者だけが、実体が歴史に起こした改変を覚えているようです。その中には、人類にとって有名な事象もあれば、単に無名だと思われている事象もあります。これらの改変は、閃光が終了すると同時に結果が現れ、その重要度によって既知の世界を大きく改変することが可能です。これらの改変の存在に関する証拠はないにもかかわらず、SCP-056-FRによってもたらされた改変を目撃した以下の人々の証言と嘘発見器テストから、それらはすべて実在すると思われます: [データ削除]。

SCP-056-FRはテレパシーでのコミュニケーションも可能です。
インタビュー056-EN-01を参照

SCP-056-FRは人間の有機物を吸収するたびに成長し、1キンタル当たり約0.001立方メートルの体積を増加させます。財団の計算によれば、1立方メートルの初期体積から、SCP-056-FRは時間とともにおよそ[データ削除]以上の人々を「消去」したことになります。

SCP-056-FRは、最初から収容された状態でグリム博士とエージェント・ナーム(当時は財団に知られていなかった)によって発見され、その後フランスの機動介入部隊デルタ-3(通称:ドラゴン)によって、現在のサイト-タブの場所で確保されました。その後、この場所はリュミエール騎士団の異常物体を収容する基地であることが判明しました。

グリム博士のエージェント・ネレムサへの通信を参照して下さい。

  • scp
  • fr
  • Euclid
  • リュミエール騎士団
  • 自我
  • サイト-タブ

ERROR

The ykamikura's portal does not exist.


エラー: ykamikuraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2257305 ( 18 Jun 2018 09:42 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License