tale下書き「インシデント:夢の列島」

神は7日で世界を創りなさった。ならば、滅ぼすにも7日で十分だ。

-博士は財団日本支部に対して『SCP-835-JPの正体はこれだ!!』というミーム汚染を仕掛ける事により、職員の意識を反映して変動するSCP-835-JPを美少女キャラクターの形に固定化し、財団が制御しやすいよう存在そのものを書き換えてしまったのである。- SCP-835-JPについて、とある研究員

・SCP-835-JPのような「認識を反映して変動する異常存在」は、実は古来より日本中で跋扈している。“妖怪”等として語り継がれてきたそれらは、高度経済成長期を境になりを潜めていたものの、10年ほど前から再び活性化していた。
余りに数が多いため財団職員だけの認識数では到底無力化出来ない彼らに対し、財団は「プロトコル・ユルキャラ」を発動。
それらのキャラを「ユルキャラ」として国民の間で広め、「ユルキャラコンテスト」等の開催により人為的に「ユルキャラブーム」を創りだし、1億人分の意識を“杭”としてかれらを固定化した。

・SCP-928-JPは「夢は、みんながありのままの姿で見るものさ!
きみが夢を見れていないのは、ありのままでいられなくなっているからなんだ!
だから、ぼくはありのままの君と、ずっといっしょにいたいんだ!」
と主張して、各地の“ユルキャラ”を再活性化させ、そして自らの手で倒すことで彼らを吸収し始めた。

|connecting……_
|connecting…_

|access_granted

| 2026/12/9/02:02:26
| 43.956124,143.987846

| 【緊急回線8199/Bより入電】
|
| from: 宗谷 松眞/サイト-8199 管理官
| to: SCP財団日本支部全職員
|
| code: Heptagon
| object: SCP-928-JP
| state: AT LARGE

日本支部全職員に告ぐ。

SCP-928-JPが収容違反を起こした。

繰り返す。

SCP-928-JPが収容違反を起こした。

ヤツは今でこそエアロックに手こずって停止してるが、脱出するのは時間の問題だ。

たかがEuclidクラスの収容違反で何故コード:ヘプタゴンが出ているのか疑問に思う新人職員は、添付したサイト-8199内の映像を見て、理解し、その無駄口を閉じてくれ。

今のヤツはEuclidなんかじゃない。

別の何かだ。

機動部隊も、昨夜立ち寄った購買部の店員も、私の秘書も、みんな"一緒に夢を見せられちまった"。

融合に6時間かかるなんて報告書に書いた間抜けは誰だ? 60秒もかかってなかったぞ。

呪詛を吐いてる場合じゃない。責任を取るのはサイト管理官の義務だ。

2分前に管理者権限で、コード8199/VLCNを入力した。この地底サイトの直上、地下400m地点に撒かれた固定地雷1500個を起爆すれば、あいつがエアロックをこじ開けたとしても、上から殺到する岩盤で足止めできる。

私が稼げる時間はここまでだ。
その間に、全力で、ヤツを止める術を見つけるんだ。

頼む。ヤツを絶対に北海道から出すな。

頼む。

|…_
|……_

|access_lost

|bye.


北海道/網走市 2026/12/9/05:21:07
二藤 清/機動部隊ε-09("いきもの係")隊長 によるサイト-8199及びSCP-928-JPについての調査報告

調査隊第参班長二藤より、サイト-8199及びSCP-928-JPについての調査結果を報告いたします。なお本件では、伝達迅速化のために、以後SCP-928-JPを「対象」と呼称します。

現場に到着した際、すでにサイト内に生体反応は見受けられませんでした。そこでセンサーを用いた地中探査を行った結果、対象は上に登るのではなく、"下に潜っていた"ことが判明しました。対象は10本の爪で地中を掘り進め、パイプラインを寸断しながら南西方向に進んでいます。予想では今から5時間以内に夕張市直下に、12時間以内に津軽海峡直下に到達します。
行動目的は以前全くの謎ですが、私個人の見解と致しましては……対象は本州を目指していると思われます。
よって、以後は「対象の通過予想ルートの住民の退避」、「対象の本州進行阻止」、「対象の行動目的の解明」の3つを目下最優先事項とします。

なお、宗谷管理官の右前腕部がサイト-8199のエアロック付近で発見されました。周辺に見られた致死量の血痕の型が宗谷管理官のDNAと一致したことから、管理官は対象が進行方向を下に変えたのを察知して、最期まで「足止め役」に徹した結果、対象の攻撃により死亡したものと見られます。
対象は管理官殺害後に融合を試みたものの、即時逃走を優先したために完全融合を待たなかったのだと考えられます。

幸か不幸か、今回収容違反したアノマリーは対象1体のみです。人類のため、日本のため、そして我々より一足先にその命を捧げた宗谷管理官のために、一刻も早く対象を確保しましょう。

確保、収容、保護。

私からは以上です。


北海道/夕張市 2026/12/9/09:02:25
駒田 智史/十勝水道局職員 から局長への連絡

駒田です。緊急事案の発生を確認しました。
当局清掃員が下水管内で正体不明の肉片を発見。道警には通報済みです。直径50cmほどで、人の足のような部位も混ざっています。地区内の下水管排出口のうち37箇所で同様の物体が確認されていますが、数時間前から発生している断水との関連は不明です。
バイオハザードの可能性を考慮して、清掃員や作業員には肉片から距離を取らせています。
また状況が変わったら連絡します。


北海道/夕張市 2026/12/9/11:37:22
甲斐田 勝十/メロン農家 の証言(後に記憶処理済)

メロン農家始めたのは30年前くらいからかな。俺元々東京出身なんだけど、ここの土地柄に憧れて脱サラしてよ。今ではこの街もかなり寂しくなっちまったけどな。メロンってのは栽培の勝手が特に難しいから、最初は町村さんとこで住み込みのバイトから始めて、10年くらい働いてから独立したって感じだな。

農協に着いたのは10時頃だったかな。町村さん主催の定例会合が9時からあったんだよ。町村さん……ああ、この辺のメロン農家をまとめるリーダーみたいな人だった……スニーカーがトレードマークでね……頼り甲斐ある良い人だった。基本いつもニコニコしてたが、仕事のことで俺がヘマした時にゃ毎回本気で叱ってくれた。感謝してもしきれねえよ、本当に……。

話が逸れたな。とにかく予定は9時に農協だった。なのに道の途中で通行止め食らっちまって。なんでも「ここから先にある工場でなんちゃらっていうガスが漏れた」とかなんとか。でもあっちに化学工場なんて建っとったかなあ?

そんなこんなで農協に着いたんだが、したら玄関に██ン█がいたんだ。イベントでメロンの即売会に呼ばれてたらしい。うちもメロン農家だから、“ゆるキャラブーム”の頃には██ン█の人気に結構あやかってた節があってね。ありゃ町おこしとしては中々うまくやった方だろう。ふつう「ゆるキャラ」ってのはもっと可愛いもんなのに、██ン█ときたらただの熊の頭をメロンにすげ替えただけだってんだから。顔もおっかねえしよ。いまだにどうしてアレで人気が出たのかよくわかんねえんだ。徹底して定番の逆を行ったのがよかったんかねえ?

まあブームはすぐ終わっちまったが、今でもたまにアレはイベントに駆り出されてた。即売会にも結構人が来てたんで、その人混みを抜けて町村さんに指定された会議室に行こうとしたんだよ。

したら後ろで大きな物音がして、振り返ったら即売会用のメロンの棚がひっくり返ってた。職業柄、やっぱ一番最初に気にかけるのは作物のことだからよ、直ぐに駆け寄ってメロンを拾おうとしたんだ。ずっと床を見てたから、ほかの人たちが「棚をひっくり返したヤツ」を凝視してたのには気づかなかったよ。どうりで誰も拾おうとするやつがいなかったわけだ。

10個くらいのメロンが散乱しててさ、でも5個くらいは無事だったんだよな。だから拾ったんだ。メロン、メロン、メロンときて、4番目に拾っていたのは、

人の生首だった。

最初はそれがなんなのか気づかなくて、勢いで手に取ったもののどう見てもメロンじゃねえし、はっきり言ってなんかの冗談だと思った。
でも、ひっくり返してすぐ気づいた。

それが町村さんだった。

そして、町村さんの残りの身体は、██ン█の口の中にいた。

██ン█の口から、町村さんの両足が飛び出てた。スニーカーですぐ分かったが、それは分かったが、頭では何が起きてるのかを理解したくなかったんだと思う。

だってあいつは、ただの着ぐるみだろう?

だから、身体が先に動いた。
悲鳴も怒号も覚えてないんだ。どう考えてもあそこは阿鼻叫喚の地獄になってたはずなのに、ただ身体が勝手に、必死に、逃げる場所を探してて、何にも聞こえてこなかった。
気づいたら乗ってきた軽トラの運転席に戻ってた。一度あの場から離れたら、ほんとにあれが現実だったのかまた疑い始めた。そんな事せずに急いでアクセルを踏んじまえばよかったって、今では思ってる。

そしたら、あんなヤツがもう1匹いるなんて知らずに済んだのに。

席の真下にとてつもない衝撃を感じて、気づいた時には軽トラが横倒しになってたんだ。真っ先に思い至ったのはマンホールの破裂だった。確かにマンホールからの放出のせいで、その真上に駐車してた軽トラが吹き飛ばされたってのは間違いなかった。ただ、出てきたのは断じて下水なんかじゃなかった。もっと、もっと汚い、いや汚らわしいと言うべきか………

あの塊は
あの、肉の、塊は、

悪趣味なことに、███████そっくりだった。

横倒しになった運転席から出れずにもがいてたんだが、それを見てもう外に出る気も失せちまった。なんせマンホールから、やたらデカい耳と、長い尻尾を持ったあの████のパチモンが這い出てきたんだぞ?偽物のくせに、海外によくいる海賊版なんかよりよっぽど元の███████のデザインを守ってた。背丈と色は完全に████そのものに見えた。

その時、ちょうど農協の玄関からは██ン█が出てきた。二足歩行だったのが四足歩行に変わって、黄色い両眼はあらぬ方向を向いてて、胴体もぶくぶくに太ってて、全身を気味の悪い緑色した血管みたいな脈が、どくどく這いずり回ってた。歯茎と牙についた血の量を見るに、あそこに参加してた客は全員やられちまったらしい。

今思うと、なんであの2匹がまとめて自分を食い殺そうとしなかったのかは分からない。軽トラの下敷きになったおかげで上手い具合に姿が隠れたのか、それとも元から人喰いが目的じゃなかったのか……とにかくヤツらは、目を合わせた瞬間から、もうお互いのことしか視界に無いみたいだった。その異常な邂逅を目の当たりにして、俺には町村さんのことを悲しむ暇も、惨劇を恐れる暇もなかった。唯一できたことといえば……

熊のバケモンと█のバケモンの、狂ったサファリパークで死に損なっちまった自分の不幸を、ただただ呪うことだけだった。

先に仕掛けたのは熊のバケモンの方だ。
ヤツは████の方に、自動車みてえな速さで突進して、そのまま森の方に吹き飛ばした……はずだった。
でもあの████は、吹き飛んだ瞬間に、あの細長い尾っぽを地面に押し付けて、ぐわわっとたわませて、その反動で弾けるように宙返りした。そんで、手から生やした爪をアスファルトへ突き刺して、着地した。
ただの着ぐるみに、あんな芸当ができるか? 生き物ですら、あんな奇妙な動きをするやつ見たことないってのに。

██ン█の方は怒りが収まんないみたいで、野生のヒグマそっくりの眼球を光らせながら、足踏みして第二撃のタイミングを推し量ってた。それを見ても████は身じろぎもせず、爪を伸ばして██ン█をじっと見つめてた。██ン█が唸るように身体を震わせたり、眼をぐるぐる動かすのに比べて、████の方には一切無駄な動きがなくて、縦長の眼も笑った口元も能面みてえに張り付いたまま全く動かねえんだ。それはただただ滑稽で、不気味だった。

決着は、唐突に着いた。

ワインオープナーを知ってるだろう? 硬い瓶の唯一柔らかいコルク部に狙いを定めて、ドリルを回転させながら突き刺す。

████がやったのは、あれと全く同じことだった。

大口開けて突っ込んで来た██ン█の口ん中目がけて、尾っぽで地面を蹴りあげ、爪を突き出し、全身を回転させながら、飛び込んだ。

██ン█はいとも簡単に“開封”された。████は飛び込んだ勢いそのままに、██ン█の下半身を爆発させて飛び出てきやがった。辺りに緑の皮膚と、オレンジの果肉と、ヤツに食われた人の残りカスが散らばって、この世のものとは思えない匂いがした。

でも████は、あんなデカい鼻を持ってるくせに匂いには全く動じてない様子で、ぼぉっと██ン█の残骸を見てた。あの気味の悪い目付きがどうにも忘れられねえ。何も感情を推し量れねえんだ。
したら、████がその残骸に手をかざした瞬間に、散らばってた血や肉や人や毛皮やメロンが、一切合切████に引き寄せられて、くっついてったんだ。海辺の砂山が潮に流されて崩れていくさまを、逆再生してるみたいだった。まるで元から████だったかの如く、██ン█の破片から、町村さんのスニーカーまで、全てが████になっちまった。

ここまでが、ほんの5分ちょっとの間の話だ。

どうにもヤツは仕事終わりが早いと喜ぶタイプらしい。全てとひとつになった時、ヤツは、笑ってたんだからな。

俺が覚えてるのはここまでだ。そのすぐあと、やっと目で見たことに気持ちが追いついたのか、俺はひっくり返った軽トラの中で失神した。
悲しさより、恐怖より、怒りより、現実感の薄さをひしひしと感じてる。あんなショーの観戦者にさせられて、その上生きてるなんて、そんなおかしな事が現実なはずがねえだろう? 大体こんな事件……事件か事故かもよくわからねえが……あんたはどう報道するつもりなんだよ。え? あんた記者じゃないのか? まあそんなことはどうでもいい。とにかくだ。いくら23人も人が死んだからって、こんなのまともに信じる奴がいるわけねえ。その場にいた俺だってまだ完全には信じてねえんだからな。

でも
あれが嘘か誠かに関わらず、決まって最悪なのは

あの████もどきの笑い声が、今でも耳から離れないってことだ。


北海道/夕張市 2026/12/9/16:34:47
二藤 清/機動部隊ε-09("いきもの係")隊長 によるSCP-928-JP収容違反についての定時報告

報告は大きく分けて2つ。
1つめ、対象の知性について。我々は対象を軽視していたという他ありません。
サイト-8199脱出時、職員計56名と融合していた対象は、彼らの肉片を地中で自らの身体から分離し、自立行動する分体群として道内の下水管に散布していました。このSCP-928-JP分体は知性を持たず、外見もただの肉片に見えますが、自身が含む「融合元の人間の臓器」を限定的に蘇生させることで、代謝活動を行います。対象はこれを熱追尾システム撹乱のためのフレアとして用い、地中センサーによる居場所の捕捉を妨害したものとみられます。結果、我々は対象が未知の増殖能力を持っていると誤認し、その間に対象の夕張市侵入を許しました。回収した全ての分体は、現在ラボで解析中です。

2つめ、夕張市██区の農協センターにて発生した事案について。
対象は当該農協センター付近のマンホールから、突如として地上に出現しました。しかし、監視カメラの映像や各証言より、ここでは直接的な人的被害は及ぼしていません。この目撃情報を最後に、対象は現在行方不明です。
むしろ特筆すべきは、その場に居合わせた市のキャラクター「██ン█」の着ぐるみが、突如として未知の異常性を獲得し、農協職員など23名を殺害したことです。これは対象出現の2分前に起きた出来事であり、関連は不明ですが、この未知の異常存在についても我々は早急に調査を進める必要があります。現在財団データベースや他サイトの収容違反記録を精査中です。
今後はSCP-928-JPを「対象928」とし、この「██ン█」型アノマリーは「準対象01」に指定します。
準対象01は対象928によって破壊された後融合されたため、実質的に活動を停止していますが、今後も未確認の準対象が出現する可能性があることから、2時間後に全国のサイトに対して緊急コード: ヘキサゴンを通達します。

最後に、午前の会議で掲げた「対象の通過予想ルートの住民の退避」、「対象の本州進行阻止」、「対象の行動目的の解明」のうち「対象の行動目的の解明」について。対象928がなぜ準対象01と対峙し、戦闘して、融合に至ったのかは全くもって不明です。こちらも


ERROR

The masquerade120's portal does not exist.


エラー: masquerade120のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2248261 ( 01 Mar 2020 02:32 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License