SCP-XXXX-JP - 驚きのショー

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png
circus2.jpg

SCP-XXXX-JP

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPに続く山道はカバーストーリー"土砂崩れ"を流布した上で封鎖し、一般人の接近を抑止してください。周囲には3人以上の警備担当職員を配置し、接近を試みる人間がいた場合には拘束を行ってください。また、SCP-XXXX-JPを用いた実験は現在禁止されています。

説明: SCP-XXXX-JPは富山県立山町の山中に存在するサーカステントです。内部には全20席の客席と簡素なステージ、開演中の注意事項について書かれた看板1が存在します。日中は特に異常な兆候を示しませんが、毎晩午前0時を迎えた際、内部の客席に座っている人間が存在した場合に活性化状態となります。SCP-XXXX-JPが活性化状態に入ると「世界一のマジシャン」を名乗る人型実体(SCP-XXXX-JP-1)が登場し、約30分間パフォーマンスを披露します。パフォーマンスが完了するとSCP-XXXX-JP-1は消失し、SCP-XXXX-JPは非活性化状態に戻ります。また、パフォーマンスの最中に「開演中の注意事項」に違反する行為を行った場合にもSCP-XXXX-JPの活性化は終了します。このため、公演内容の録画・録音は不可能です。

発見経緯: SCP-XXXX-JPは2019年7月、「遭難者が発見した謎のサーカステント」の噂が広まった事で発見されました。財団が存在を関知した時点では既に5人の民間人がSCP-XXXX-JP-1の活性化を体験しており、前述の異常性もその殆どが解明されていました。尚、5人の民間人及びその証言を聞いた人物は全員適切な記憶処理を実施済みです。また、少なくとも2019年5月の時点ではSCP-XXXX-JPは存在しなかったことが分かっており、いつ誰がどんな目的でSCP-XXXX-JPを作ったのかは不明です。

実験記録XXXX-JP: 以下はSCP-XXXX-JP担当チームによる実験の記録です。実験記録1-5は前述した異常性の検証が目的であり、特筆すべき事項が無い為省略されています。完全な記録は付属文書01を参照してください。

実験記録XXXX-JP-6
実施日: 2019年7月12日
被験者: D-11897(手品の知識は全く無い)
結果(実施者へのインタビューにより確認、以下同様): SCP-XXXX-JP-1は一般的な手品師の格好をして登場し、帽子からハトを出す、客に引かせたトランプの絵柄を当てる等、一般的な手品を披露した。D-11897は「手品というものを見た事が無かったため、楽しめた」と証言した。

実験記録XXXX-JP-7
実施日: 2019年7月16日
被験者: D-11900(元スリ師。ある程度手品の知識を持っており、簡単な手品を演じる事ができる)
結果: SCP-XXXX-JP-1は上半身裸で登場。トランプの束を放り投げ、その全てを空中で燃焼させて中からコウモリを登場させるなど、奇抜な手品を披露した。D-11900は「ちゃちなトリックなら見破れると思ったが、SCP-XXXX-JP-1のパフォーマンスは想像の上を行っていた」と証言した。
考察: SCP-XXXX-JP-1は観客の手品に関する知識に合わせ、パフォーマンスを変更している可能性がある。また、ここまでの実験より被験者に被害が及ぶ可能性が低い事が分かったため、次回より被験者をエージェントとする。

実験記録XXXX-JP-8
実施日: 2019年7月18日
実施者: エージェント・池田(学生時代、手品部に所属していた)
結果: SCP-XXXX-JPは活性化せず、SCP-XXXX-JP-1は登場しなかった。
考察: エージェント・池田は手品についてD-11900と同等程度の知識を持っていたため、実験記録XXXX-JP-2と同様の結果が得られると予想していたが、完全にあてが外れた。

実験記録XXXX-JP-9
実施日: 2019年7月19日
実施者: エージェント・池田
結果: 不明(実施者死亡のため)
考察: インシデント記録XXXX-JP-Aを参照

インシデント記録XXXX-JP-A: 実験XXXX-JP-9の最中、エージェント・池田は死亡しました。死因は不明ですがエージェント・池田の死体はペースト状にすり潰されており、何らかの異常な力が働いたとみられます。また、担当研究員である比嘉博士は当日SCP-XXXX-JPから約300mの地点にある山小屋にて待機していましたが、エージェント・池田と同様の死体となって発見されました。比嘉博士は死亡直前に「巨大なクラゲのような物体がこちらに向かってくる」という通信を残しています。ここまでの実験結果より、SCP-XXXX-JP-1は自身のパフォーマンスにて「必ず観客の想像を超える」事をモットーとしているのではないかと考えられています。実験記録8では観客であるエージェント・池田が「自身の想像を超えるすごい手品が見られる」と想像していたため何もせず、実験記録9では「何が起きるか分からない」と考えたため想像の範疇外である異常インシデントが発生したものと思われます。今後実験記録9の内容を知る者がSCP-XXXX-JPを活性化させた場合、XK-クラス:世界終焉シナリオの発生を含む大規模インシデントが発生する可能性が高いため、実験は無期限に凍結されました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Rhapsodyyyyyy's portal does not exist.


エラー: Rhapsodyyyyyyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2165171 ( 09 Jun 2020 11:32 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License