伐り殺し

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-1869-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1869-JPはホーキングスケールにおける座標(0.0052 5417.33 874.228 7 β)の位置に存在する特殊収容ロッカーに収容されています。

体長10 cm以下のSCP-1869-JP-2実例はメトトレキサートを用いた薬学的手段により無害化して下さい。それ以上の大きさのSCP-1869-JP-2実例は被影響個人の腹部切開処置による回収後、3フッ化塩素及び制御された特殊ローラーにより無害化して下さい。無害化されたSCP-1869-JP-2は標準の有機廃棄物処理プロトコルに従って燃焼廃棄されます。捕獲された野生のSCP-1869-JP-2実例にも同様の処置を行う必要があります。

処置-1869は全てのヒトのSCP-1869-JP-1曝露を防ぐ唯一既知の外科的手法として知られています(添付文書を参照)。民間人への処置-1869の適用はクレア・プロジェクトの主要な活動の1つに組み込まれています。

説明: SCP-1869-JPは10×10×10 cmサイズの、木材を複雑に組み合わせて作られた気密性の箱です。SCP-1869-JPの側面には漢字に似た2つの未知のシンボルマークが刻まれています。SCP-1869-JP内部には合計300 ㎤分の空間が存在しており、ヒト(Homo sapiens)由来の生物学的部品が約52% 69% 83% 完全に充填されています。

SCP-1869-JPの周囲12km 58km 738km 3528km 範囲不明な領域内に存在する特定のヒトにはSCP-1869-JP-1と指定される異常現象が発生します。この現象の対象となるヒトの条件は未判明ですが、特定の生体物質を持つヒトは対象と成らない事が判明しており、理由の解明が進められています。

SCP-1869-JP-1の影響下に置かれたヒトは重度の苦痛・自律神経の異常・慢性的な嘔吐感・腹部の過剰膨張などの様々な健康異常を示します。加えて、被影響個人の体内には異常な実体(SCP-1869-JP-2)が出現します。SCP-1869-JP-2実例の特徴は以下の通りです。

  • 身体底辺に存在している神経系の中枢器官
  • 被影響個人への健康面での有害性
  • 有機的な付属肢1
  • 不必要であるにも関わらず存在する消化器官
  • 個体毎に大きく異なる体長(0.1 cm~52.8 cm)
  • 認識災害2

クレア・プロジェクト3の達成率は現在72%程度であると推定されます。主要メディアは既にSCP-1869-JP事象を「奇妙な伝染病」であると誤認する様に方向付けられています。SCP-1869-JP-1の被影響個人は概して協力的であり、SCP-1869-JP関連事象による社会混乱は2019年11月には完全に沈静化されると予想されています。
 
 
 
 
 

ERROR

The ukarayakara's portal does not exist.


エラー: ukarayakaraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2155090 ( 03 May 2018 07:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License