【アイデアメモ】幻想

真相を嘲笑う妄想の怪物
我らが作りし空席

特定の条件を満たした人物のみが目撃するようになる怪物
如何なる観測機器を用いたとしても、実在性は証明されない

最初は夢の中で見つめる二つの赤い点の目撃から始まり、
悪化すると次第に現実でも干渉してくるようになり
話し掛けてくるまでに発展するが、誰もその姿も声も認識できない

基本的、被験者のそばに引き纏うような形で存在しているとされるが、
その見た目に関しては何れの被験者も正確な回答を行えない

怪物たちは被験者たちを何らかの要素に引き寄せようとする


記憶処理を受けた人間が対象となる異常現象
対象は失われた記憶を再起させようと試みる概念的存在に付き纏われるようになる

夢の中の禁じられた領域? 立ち入り禁止のテープが張られている?
そもそも、どういう経緯で失われた記憶を取り戻させようとしている?

記憶処理によって「空席」となったスペースに、妄想の怪物たちは席に着くべく
「偽りの記憶」を対象に取り戻させることで、自分たちの実在性を証明させようとしている
つまりは、実在性が空っぽの領域に割り込むことで、こちら側に顕現しようと目論んでいる

展開としては、記憶処理を行うことで見るようになる奇妙な存在群とする
(あるいは、記憶処理による産物というのを中盤まで暈して、そこを第一の視線誘導としたり?)
記憶を取り戻した被験者と、怪物と思われていた存在が再開を果たす、
まるで感動的な場面を演出として見せるが、その感動の再開自体が本来は実在しない事柄であり
怪物たちは現実へと顕現するだけに利用されているのでしかないのだ
(そのために、徐々に取り戻したはずの記憶の齟齬や矛盾に気付き始める)

記憶処理によって生じた夢への影響(上記の立ち入り禁止や白紙化)を説明しつつ、
その白紙化された空間を介して現実に顕現しようとする存在についての危険性を仄めかす?

もしくは、記憶処理の副作用として生じる「空想物の顕現現象」「入れ替わり現象」として
空席となった領域について、被験者が空想を行った結果、時折その空席に空想物が座ってしまい、
幻想が現実となって顕現してしまうというようにしてしまうというのも?


自分の記憶の中に空白を見つけたのならば、ヒトはそれが自分から欠けてしまった大切な何か、
つまりは、その空席にはきっと掛け替えのない存在が座っていたはずだと信じるだろう
よもや、何にもない平凡な日常の際中で、取るに足らないアノマリーの姿を目にしただけであっても

妄想の怪物は、記憶処理によって生まれたその空席が、どれだけ重要で掛け替えのない存在が
座していた場所であったのかを喧伝し、彼らを唆し、そして自らが重要な場所となった空席に座ろうとしているのだ

件の怪物は、財団による記憶処理を利用しており、
数多の失われた記憶を求める者たちを唆して現実へと顕現しようとしている

始めは夢の中で暗躍し、記憶処理によって失われている/偽られている空白の存在を直感させる
その後は、徐々に夢や現実の精神活動までに介入するようになり、偽の席に座るべきものの存在を思い出させる


睡眠中、夢の中で極稀に目撃される"白紙化"された空間(KEEP OUTみたいな感じでも)
覚醒後、目撃者はその空間について「自分から欠けた要素」の象徴であったと解釈し、
それに付随する形で「自分の記憶が失われている」という考え(事実)に至ることになる

この現象はあるタイミングから、突如として報告されるようになる
その裏に、異常な集団の存在が疑われるが真偽は不明


あるいは、過去に記憶処理を受けた全ての人物が、
突然に共通記憶を獲得し始めるようになるという展開も

記憶処理を受けたことで白紙化された領域を空席として活用し、
共通記憶を植えつけるために活用されてしまったという流れ


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The amamiel's portal does not exist.


エラー: amamielのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2125181 (31 May 2018 16:09)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License