無縁墓地からの目覚め_22/07/30時点
評価: 0+x
blank.png

通知:


議論の凍結に伴い、以下の文書は2008年08月13日以降、更新が行われていません。
そのため、この文書に含まれている情報は、著しく現状に則していない可能性があります。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP現象経験者の発見を目的に、専用Webクローラーは世界各国の医療機関の心療内科受診者情報を検索し、テンプレートと一致する症例報告を監視します。経験者が発見された場合、対象は即座に確保され、重警備の財団施設で常時監視下に置かれなければなりません。

区域XXXにて新たな異常物品の発見、もしくは異常現象の発生が報告された場合、標準的調査の後でいずれも廃棄処理されます。また現在、SCP-XXX-JP現象に関する更なる議論の試みは凍結されています。

説明: SCP-XXX-JPは特定条件を満たした人物が定例的に経験する、異常な夢見現象の総称です。

これら夢の内容は共通して、蓋が閉じられた金属製の棺の中で、仰向けに寝かされた経験者が目を覚ます場面から始まります。特筆すべき要素として、棺は蓋側を底面とする上下逆さまになった形で地下深く埋められた状態にあり、この状況を経験者の大半が潜在的に理解します。そのため、単純な恐怖心や焦燥感を理由に、夢中の経験者は内側から棺を殴打する、引っ掻く、助けを求めて叫ぶ等の行動を共通して取りますが、いずれの場合も棺の破壊や脱出に成功することはありません。

SCP-XXX-JP経験者に共通する数少ない要素としては、家族や親戚等の身寄りがないか、あるいは社会的/集団的に孤立した立場にある人物像を有する点が挙げられます。しかしながら、性別・年齢・人種・出身地等、それ以外の要素に共通項を見出すことは未だできておらず、依然として正確な条件は未解明の状態です。

なお、留意すべき点として、財団は現在までに一切のSCP-XXX-JP経験者を発見・確保できていません。

hart_Island.jpg

区域XXX遠景

事案: 2006/04/26、アメリカ合衆国ニューヨーク州ハート島内の市営墓地区画(以下、区域XXXと指定)より、蓋側を底面とする奇妙な形で埋葬されていた、通常規格とは異なる金属製の棺群が現地作業者によって発見されました。

当該物品群の出土状況および基本構造は、SCP-XXX-JPに登場するとされる棺の情報と概ね合致しており、その内部には繰り返し行われたことが推測可能な、比較的新しい殴打痕や引っ掻き傷を確認できました。その一方で、いずれの棺も出土時点で空の状態であり、上述した内部状況にもかかわらず、生物が存在していたことを示唆する一切の痕跡を調査からは発見できませんでした。

更なる探査調査の結果として、最終的には同様の棺が268基発見されるに至りました。しかしながら、それらがいずれの時点、どのような手段で埋葬されたのか未だ判明しておらず、区域XXX自体にもそれ以上の異常性は確認されていません。

現在、新たな棺が不定期に出現・発見され続けています。

注記:


不可解な事実として、現在までに財団がSCP-XXX-JP経験者を発見・確保したという記録は、上述されている通り存在しません。

それにもかかわらず、経験した者の存在しない夢見現象がどのようにして財団に認識され、このような報告書が作成された後でオブジェクトとしての公式なナンバリングを獲得するに至ったのか、その理由は依然として不明な状態です。

かつて設けられた議論の場においては、この報告書自体が何らかのオブジェクトの性質によって生成された偽装文書であるとする意見や、全ての齟齬を過去改変や反ミーム的性質の結果と主張する意見等が挙げられたこともありました。それ加えて、報告書自体の削除やナンバリングからの再分類に関する議題までもが取り扱われていました。

しかしながら、当該状況に関する新たな議論の提起 - 取り分け、経験者たちの所在や実在性、そしてそれらが実際に消失していた場合の要因や往き先に纏わる議題 - は、無縁墓地における新たな棺の埋葬・出土を誘発する結果となりました。

この状況を踏まえた上で、SCP-XXX-JPに関する更なる議論、そして報告書自体の更新・削除・修正は凍結されるに至っています。

追記: 経験者1は自身の夢中における、棺の下方側、つまりは底面となっている蓋の向こう側から微かに聞こえる、"シャベルで土を掘削するような"と形容される音の存在を報告2しました。当該の掘削音はSCP-XXX-JPを経験する度に、棺へと徐々に近付いて来ているとも主張3されています。また、最初に掘削音を聞いてから十数回目の夢見に際して、経験者は"目覚めた際に棺は反転しており、蓋側が上面になっていた"こと、そして由来不明な"降下"感覚の後に続く明確な現実感の湧出を報告しました4。しかしながら、最終的に掘削音が棺まで到達したことを報告する実例は、現在まで確認されていません5


付与予定タグ: scp jp euclid 異次元 睡眠 地下




ERROR

The amamiel's portal does not exist.


エラー: amamielのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2125181 ( 31 May 2018 16:09 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License