【アイデアメモ】この手で直接

とある平穏な街で起こった複数の異常な殺人事件
事件の被害者は異常な実体だったが、事件の捜査・報道に関わったあらゆる人物は
その状態について違和感を抱くことなく、勝手に解釈して納得した上で対応に当たっていた

この殺人事件は通常の事件と同様、司法制度に則る形で対応が進み、
捜査から犯人とされる人物が逮捕されるまで継続する

逮捕された容疑者は一様に、対象の存在を悪夢に見るほど悩まされていたと報告し、
対象の殺害したことで自らは救われたなどのポジティブな反応を示す

加えて、司法解剖を行った検視官に関する聴取からは、遺体の異常性について
都合良く再解釈を行っていたものの、総じて「安らか」あるいは「嬉しそうな」表情をしていたと報告


今回の騒動の正体は、オネイロイ・コレクティブ製の新規サービスのβ版

人が悪夢を見るのは、その悪夢の原因が現実に未だ存在し続けているためであり、
それが取り除かれない限りは悪夢から逃れることはできない、という考えに乗っ取り
悪夢に登場する存在(の模倣体)を現実に出現させて、それを顧客自らの手で「殺害」してもらい
「自らの手で確実に現実から取り除いた」ことで悪夢を見なくて済むようにさせている

加えて、その際の模倣体には「被害願望」もしくは「死の願望」を持った夢界実体が
自ら進んでサービスに参加しているという背景もあり、結果的にwin-winとなっている

その後、オネイロイ・コレクティブより正式にサービス告知が行われて仄めかしてオチとする

ERROR

The amamiel's portal does not exist.


エラー: amamielのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2125181 ( 31 May 2018 16:09 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License