【アイデアメモ】その夢を思い出すこと毋れ

不特定個人の夢の中に登場する人型存在
その外観・容姿は"若年で顔のない日系人女性"として共通描写され、
夢の中の一場面に極自然に紛れ込む形で出現していることが報告される
また、その異常な容姿にもかかわらず、夢中で被験者が違和感を抱くことはほとんどない

この夢を見ている際中、現実では睡眠中の被験者の傍に上記人型存在が出現する
当該存在は顔を覆うような仕草のまま、睡眠中の被験者の顔を覗き込み、即座に消失する
(この部分は無くすか、あるいは気温の低下やノイズなどの怪現象としてしまっても)

上記イベントの後、覚醒した被験者が夢の中で目撃した女性の容姿を記憶していた場合、
あるいは不特定要因をきっかけとして思い出した場合、後述する新たなイベントが発生する

イベントの発生に伴い、被験者の脳内に非ユークリッド的構造状態で当該存在が出現し、
徐々にユークリッド的構造へと身体が展開される過程で、被験者の頭部を突き破る形で体外へと脱出していく
当然ながら、この体外脱出の結果として、全ての被験者は死亡する

体外脱出後、当該存在は地面に蹲り、顔を手で覆って泣くようなそぶりを見せる
そして、数分程度の後、自らの首を折って自決を行って死亡する

このイベントを目撃した人物は、多くの場合、いずれかのタイミングで当該存在が登場する夢を経験する
そして、この時も同様に現実に当該存在が出現し、以降で思い出し場合にイベントを引き起こす
なお、夢の中に当該存在が出現するのは、単にストレスやショックによる影響であると判明しており、
カウンセリングや記憶処理によって、夢への当該存在出現をある程度抑制することは可能である

ERROR

The amamiel's portal does not exist.


エラー: amamielのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2125181 ( 31 May 2018 16:09 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License